2008年10月15日

死語

80年代に使われていた死語の追憶です。

SaturdayNightFever.jpg

「フィーバーする」という言葉をご存知の方は、既に30代以上の方々だと思います。ジョン・トラボルタ主演のディスコ映画「サタディ・ナイト・フィーバー」のヒットにより、「盛り上がる」状態のことを「フィーバーする」と呼ぶようになりました。
もう今では誰もこんな言葉を使っていないと思っていましたが、つい先日も大手新聞の社説欄でいまだに「オリンピックで北島フィーバー」という風に使われていました。日頃日本語の乱れを嘆く論説委員の方は、結構「昔の流行語」を大事に使い続けているようです。

toritsu001.jpg

「死語」にもいろいろあります。私は言語学者ではないので厳密な分類は出来ませんが、思いつくまま分類してみましょう。

(1)現在では存在しなくなったモノを表す名詞

(例)ちゃぶ台、赤チン
(2)古すぎて誰も使わなくなった表現
(例)モーレツ社員、やっこさん、あっと驚くためごろう、やったぜベイビー
(3)日本語としては存在するがある種の使い方が廃れたもの
(例)ワンマン(=今のバスは殆どワンマン)、ヤング(=カタカナで使うのは恥ずかしい)、グリコ(=お手上げの意味)
(4)一時の「時代の仇花」として消えた流行語
(例)ナウい、イマい、おやじギャル
(5)差別語に分類されて消滅したもの
(例)魔女っ子、土人、スチュワーデス

(5)はまた別の機会に記事にするとして、今回は「80年代に存在して今は死語」になった言葉を思い出してみることにします(順不同)。

==============================
胸キュン(分類:(4))何かに興奮すること。今の言葉なら「萌え〜」とほぼ同義。犯人を見つけると心臓が鼓動する超能力を持った女性警察官のドラマ「胸キュン刑事」により流行。後に、坂本龍一さんの曲「君に胸キュン」にも使用された。

マイコン(分類:(1))「マイクロコンピュータ」の意味ではない。「My Computer」の意味である。松田聖子さんより、ちょっと賢いとCMで説明されていた。

マドンナ議員(分類:(2))竹下内閣の消費税導入に反対するために、参議院選挙で大量当選した社会党系のおばちゃん議員。「まあ、どんな議員?」と誰かが寒いギャグをとばしていた。

ルンルン(分類:(4))うきうきしている様子。「花の子ルンルン」という、常時うきうきした少女が、言葉を話す犬を連れて旅に出るアニメから命名された。

タカビー(分類:(4))高飛車なこと。相手を見下した様子。そういえば、80年代はよく「タカQ」という服屋で紳士服を買ったが、最近はあまり店舗をみかけない。

ぶりっ子(分類:(4))可愛い子ぶること。内面はあまり可愛くない場合が多い。実は海千山千のアイドルが、観客の前では無垢な少女を装う様子から。歌手の松田聖子さんが発祥の元。

ほとんどビョーキ(分類:(3))何かに過度に熱中して、常軌を逸脱したマニアになること。この頃のは「ビョーキ」とカタカナ書きされるように軽度の症状が多かったが、21世紀の今日、本当に心の病気になる若者が多いことを遺憾に思う。

jugyou001.jpg

マル金・マルビ(分類:(4))イラストレーターの故:渡辺和博さんが著書「金魂巻」の中で創出した概念。日本人を所持金という尺度で勝ち組と負け組に分類したもの。

ノリピー語(分類:(4))歌手で女優の酒井法子さんが構築した言語体系。基本的に語尾に「ピー」をつけるが、不規則変化もある。
(用例:うれしい→うれピー、悲しい→かなピー、とてもうれしい→マンモスうれピー)

リハウス(分類:(4))引っ越すこと。女優の宮沢りえさんが白鳥麗子と名乗って黒板の前でこう語ったことから使われだした。

クリスタル族(分類:(4))前長野県知事の田中康夫さんの書いた小説「なんとなくクリスタル」(略称:なん栗)から。ブランド物に目がない人達のこと。「クリスタルキング」というグループも登場した。

美味しんぼ語(分類:(4))雁屋哲原作:花咲アキラ画の食事漫画「美味しんぼ」に出てくる味覚表現。主として栗田ゆう子(=主人公山岡士郎の奥さん)が使う。「まったり」「シャッキリポン」など。21世紀の今使うと、家庭内でも馬鹿にされることが多い。

三高(分類:(3))戦前の京都大学教養部のことではない。女性が男性に突きつける結婚条件のこと。「身長・学歴・収入」のいずれもが高くならねばならない、というもの。

どじでのろまな亀(分類:(3))生まれつき要領の悪い人のこと。堀ちえみさんが主演し大ヒットした「スチュワーデス物語」の中で、訓練生松本千秋こと堀さんが、風間杜夫演じる村沢教官に常時こう呼ばれていた。
==============================

以上、いくつか挙げてみました。分類を見ると(4)が多いです。どうやら、「流行語大賞」や「現代知識の基礎知識:若者用語」に取り上げられると、数年後には死語になる確率が高そうですね。
万一間違いや誤記、不明な点などありましたらご指摘いただけると助かります。

(本文と写真は関係ありません)
ラベル:80年代 死語
posted by シモン at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック