2008年11月26日

FM横浜ヘリ墜落事件

'87年8月2日に起きた痛ましい墜落事故です。

Helicopter InAir .jpg

'87年頃、FM横浜(現:FMヨコハマ)で「湘南ミュージックスカイウェイ」という番組がありました。毎週日曜日の夕方4時、ヘリコプターに乗ったDJ・石田紀子さんが上空から実況中継するという番組です。
この番組や、FM東京の夕方5時松任谷由美の「サウンドアドベンチャー」を聴く頃には、「あーもう日曜日も夕方なんだな」と実感したものでした。

「湘南ミュージックスカイウエイ。ヘリコプターは今、江ノ島の上空を飛んでいます…」
こんな感じのレポートと共に、和洋POPSを流していました。
当時の私は、友人の車に乗ってこのFM番組を聴くことが多く、たまにレポートされる地域をたまたま車で走っていると上空にヘリが飛んでいないか目で探したものです。

8月2日も、友人の車に乗ってこの番組を聴いていました。
「今日は茅ヶ崎の海岸に来ています」
DJの石田さんの声が聞こえてきました。私達は横浜付近を走行していたので、さすがに今日は遭遇しないよな、と聞いていると
「実は今日が私のラストフライトです。これまで聴いて下さったみなさん、有難うございました!それではこれから、私が自分でフライトして帰ります」
というようなことを言っていました。
もうこの番組で石田さんの声を聴くこともないんだなーと感慨にふけりながら、車窓の景色を眺めていたことを覚えています。


翌日、新聞の社会面を見てあっと驚きました。

「FM横浜のチャーターヘリ墜落 DJら死亡」

記事の本文には、
「湘南ミュージックスカイウェイ」放送中に」
と書いてあるのです。でも、番組自体は元気に放送していたはずなのに!?
実は事情はちょっと複雑で、以下のようなものだったそうです:

(1)事故の起きる数日前、放送内容は事前に録音
(2)事故当日は、デモフライトとして茅ヶ崎上空に飛来
(3)放送開始直前にヘリが墜落
(4)ヘリが墜落したとは知らないFM横浜が、録音番組をそのまま放送した

本当に、この飛行が石田さんのラストフライトになってしまったわけです。もしヘリが墜落したとわかっていたら、録音番組はお蔵入りとなり、放送されることはなかったでしょう。手違いとは言え、その最後の音声を聴くことができたことはある意味「幸せ」でした。
「湘南ミュージックスカイウェイ」は後任のDJが決まっていたそうですが、この事故で打ち切りになりました。

------------------------------------------------------------

もうあれから21年の歳月が流れました。
FM横浜は、一度名前を「ハマラジ」に変え、番組編成も大幅に変更しましたが、再び「FMヨコハマ」に戻っています。

(本文と写真は関係ありません)
ラベル:80年代 事故
posted by シモン at 00:00| 東京 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
怖い話ですね・・・。
Posted by デハ at 2008年11月26日 19:59
茅ヶ崎付近に霊魂が出て、未だにDJをやっている…と悪い噂を聞いたことがありますが…
Posted by シモン at 2008年11月26日 20:22
石井食品提供の湘南ミュージックスカイウェイは私の愛聴番組でした。
番組の中で流れる石井の豆腐ハンバーグのCM『和風?洋風?チューカフー!』というフレーズもまだ覚えています。
現在買い物に行くスーパーマーケットで、あの番組のテーマソング、Omens of Love が毎日のように流れています。
聞こえてくると心の中でDJの石田さんにいつも合掌しています。。
Posted by DKTOKYO at 2009年01月27日 02:31
DKTOKYOさん
コメント有難うございます。
「光陰矢の如し」といいますが、本当にあの頃からあっという間の20年ですね。
頭の中はあの当時のままですが、古い写真を見るにつけ時間の経過をしみじみと思い起こしてしまいます。
「石井のハンバーグ」懐かしい!CMだったことをコメントを見るまで忘れていました。
石田さんのことは、私も忘れたくありません。日曜の気だるい午後のひと時を、明るくしてくれた彼女に感謝しております。
Posted by シモン at 2009年01月27日 19:43
はじめまして。石田紀子(本名・上野典子)さんの事をふと 思い出して検索してここにたどり着きました。典子さんの印象が強烈に残っています それは 私は、浅草の出身なのですが、父親の仕事の都合で、中学3年間 大分にて過ごしました。2年生の時、机の順番は あいうえお 順で 私は、4番目 典子さんは5番目でした。日直の順番は、机順だったのですが・・・。私が日直を終えた次の日、典子さんが(彼女が日直の日) 私に「日直なんだから、ちゃんと仕事して下さい」って言われたんです。えっ 僕じゃないよって 彼女は、顔を真っ赤にして「ごめんなさい」って 34年経った今でも鮮烈に覚えています。彼女はバレー部に所属、細身でとても可愛い人でした。内またで歩いていた事も覚えています。その後、私も社会人となり、横須賀に住んで居た時の事です。勝田マラソンに出場前日、買い物で中央線に乗った時の事です。シートに見覚えのある女性が、男性と座っていました。えっ 上野さん?彼女も私をちらちら見ていました。思い切って声おかけたら 彼女でした。男性は弟さん。短い間でしたが、少し話をして別れたのですが・・・その後、友人から上野さんが芸能界に居て、ヘリの事故で亡くなった事を知ったのです。後日、実家を訪ね、お線香をあげてきましたが、婚約されていた事も聞き、涙が止まりませんでした。
Posted by BOS at 2009年08月22日 10:52
BOSさんはじめまして。
こちらで駄文を書いておりますシモンと申します。
石田紀子さんの御同級の方と拝察いたしました。故人と縁の深い方にご訪問いただいて恐縮すると共に有難く思っております。
あの事件のことは本当に昨日のことのように覚えております。何しろ、毎週耳に親しんだあのDJの方が、ということで頭が真っ白になった感触は今でも忘れられません。
どのような事件も、時を経れば風化するものではありますが、同時代人として記憶を留めておきたいと思い記事にしました。
瑣末なblogですが、よろしければまたお越しください。
Posted by シモン at 2009年08月22日 11:21
シモン様
こんばんは  今日、石田紀子さんの実家へ行ってきました。お線香をあげたら直ぐに帰るつもりでいたのですが 当時の事やらいろいろとお話していたら3時間も・・・ご両親も健在で安心しました。
Posted by BOS at 2009年10月05日 23:18
おはようございます。Capturedといいます。
この事件は私もよく覚えています。今思い返しても
しんみりしてしまいますね。
BOSさん、良いご功徳だったと思います。

雨ですが、今日も一日頑張りましょう(^^)/
Posted by Captuerd at 2009年10月06日 05:23
BOSさん

雨の降る中、ご遺族の方とお時間を共有されたことは故人にとってもご遺族にとっても昔を思い返す良き時間だったかなと想像いたします。

私も心の中でお線香を上げたいと存じます。

またこれからもコメントください。
Posted by シモン at 2009年10月06日 21:26
iPodでOmes of loveを聞いていてふと思い立って「石田紀子」で検索してみました。そしてここにたどり着きました。湘南ミュージックスカイウェイは毎週欠かさず聞いていました。もちろん事故の当日も。当時、勤務先の寮住まいであった私はこの番組を聞くために金沢区の幸浦にクルマで向かっていました。(当時は倉庫ばかりで、空き地も多い場所でした。)ドアを開け放してカーステレオのボリュームを上げて聞いていたことを覚えています。番組終了。石田さんの声を聞くこともできないかとガッカリしたものです。そして翌日の新聞。大きな大きな衝撃でした。 今でも石田さんの事を覚えている方々がたくさんいらっしゃるのですね。 合掌
Posted by エースナビゲーター at 2010年04月14日 21:47
初めまして。他局の番組の番宣で
当時この番組のテーマ曲だったスクエアの
曲を聴いて思い出して検索をかけた所
ここにたどり着きました。

本放送、仕事しながら聴きましたよ。
番組終了後すぐのニュースでそのまま伝えていました。「本当に最後だったんだな…」と
印象に残っています。
確かその時のニュースでは突風にあおられたとかで実際は横に乗っていたパイロットに操縦を交代した後で
本人が操縦していた時では無かったと
放送されていた記憶が有ります。
あの曲聞くとトラウマで最後の挨拶
思い出すんですよね。
Posted by あらんふろすと at 2010年12月14日 17:37
あらんふろすとさん
コメントありがとうございます。

あの事故は、
(1)普段の日曜日に普通に耳にしていたポピュラーなFM番組だったこと
(2)痛ましい事故が起きたにもかかわらず、収録されていた最終回が普通に放送されてしまったこと
で、いまだに私の脳裏に深く記憶されている事件ですし、私達と経験を共有する多くの当時のリスナーにとってもショッキングな出来事だったと思います。
Posted by シモン at 2010年12月14日 20:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック