2010年02月04日

漢文

受験科目の中で最も苦手でした。

kanbun.jpg

ちょうど今は受験シーズンの真っ盛りですが全国の受験生の方々は如何お過ごしでしょうか。

私の受験した大学は、理系にもかかわらず2次試験にも古典、それも漢文が課せられていました。さすがに配点の比率は低いものの。それでも0点を取るわけにも行かず、苦手な科目と格闘せざるをえませんでした。

taisoclub0001.jpg

漢文は、「ちんぷん漢文」という言葉の通り、一体何語か(=中国語ですが)さっぱりわかりませんでした。レ点とか「一」「二」という補助があって初めて読めた(=読めただけ)ものの、返り点などなしには到底理解できる代物ではなかったと記憶しています。

「七言絶句」とか「七言律詩」とかいう漢詩のスタイルは、日本文学に喩えて言えば俳句とか短歌のような定型詩だということは理解できましたが、白居易(白楽天)とか杜甫の詩のどこに感動すればいいのか、さっぱり響いてきませんでした。

そんな私が漢文に目覚めたのは、「漢文の日本語訳だけ受動的にやるのではなく、日本語の漢文訳をやってみよう」と気がついた頃からです。

次の漢文を日本語に訳してみてください(横読み→です):

白敷布的密林
今日再嵐吹荒
規則無用悪党
正義鉄拳炸裂
征征虎虎仮面

何の文章か分からない人も多いと思いますが、これは「タイガーマスク」(作詞:木谷梨男、作曲:菊池俊輔)の主題歌です。

rikujo_club0001.jpg

魚咥的銅鑼猫
追跡裸足駆了
愉快栄螺先生
皆様笑太陽笑
屡屡今日好天

これは、国民的アニメーション「サザエさん」(作詞:林春生、作曲:筒美京平)の主題歌です。

このように、漢文のリズムは日本語の詩は比較的移植しやすいのです。中国の国際社会への台頭と共に、中国語学習は避けて通れない現代において、受験生各位におかれましては益々漢文の素養を増進して頂きたいと願う今日この頃です。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 18:00| 東京 ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | 受験勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
走土俵稲妻了
照明炎的戦士
炸散筋肉光線
指向彼勝利道

韻を踏んでいませんが私も即興で
Posted by デハ at 2010年02月04日 19:35
キン肉マンのテーマですね。
私は漢文が苦手で(模試成績の波が大きく)入試問題に出る確率の低い大学ばかり狙いました。第一志望は現代文・古文・英語・世界史いずれも超長文で出題される大学です。そして本番では漢文は出ず、合格しました。
今では中国語を日常会話〜ビジネスで使う私も、未だに現代中国語と違う漢文は苦手です。しかもここ数年は仕事の関係上、中国語より英語へ回帰してしまいました。
Posted by HB at 2010年02月04日 23:03
私は逆に英語と数学が苦手で、かつ多くの大学が英語で脚きりするため、国語で脚きりするうちの大学しか入れませんでした。
日本史と古文・漢文で英語のマイナスを補っていたのです。
 そのためか、より偏差値の低い滑り止めは落ちて本命だけ合格しました。
 これで運を使い果たしてしまったらしく、その後いいことが何もありません。
Posted by デハ at 2010年02月04日 23:26
私のくだらない与太話にお付き合いくださって有難うございます。

>デハさん
即興、私よりずっと上手い!
韻は私も踏めませんので。
運はこれからですよ!!これからデハさんの人生楽しくなることを切に祈ってます。

>HBさん
私は中国語話せる人が羨ましくてなりません。
「対不起」だとか、中国人は絶対言わないような「非実用的中国語」しか私は知らないんです・・・謝謝。
Posted by シモン at 2010年02月05日 20:11
シモンさまへ

はじめまして 時々、観に来ています

ブログは とても興味深い内容で、

(いつも楽しませていただいています)

コメントも盛りだくさんで盛り上がっていて

羨ましい限りです。

シモンさんと たぶん歳も 同じぐらいかな? 

と思っています

ビートルズ来日の年に生まれました。

また 遊びにきます。


面子屋六文堂的店主 謝謝! 
Posted by メンコ屋六文堂店主 at 2010年02月08日 21:48
面子屋様、
無名Xと申します。
貴ブログ、早速覗かせて頂きました。

台湾に行きたくなりました。牛筋麺、美味しそうですね。

シモン様が貴殿のブログとリンクされることを祈りつつ

再見!
Posted by 無名X at 2010年02月08日 22:12
はじめまして。
私の世代では「パッチ」と呼ばれる角面子が主流で、「バトルフィーバー」や巨人、阪神の選手、アントニオ猪木らが描かれておりました。
Posted by デハ at 2010年02月08日 22:21
メンコ屋六文堂店主様、ようこそおいでくださいました。
コメントが遅くなってスイマセン。記事は日時指定で、バッチ処理で放り込んでいるので、記事が掲載されたときにいつもon lineとは限らないんです…

メンコって、小学生の時によくやりました。牛乳瓶のフタとか使ってやった思い出も(1年生の頃)。
私はビートルズ来日前年に生まれとります。でも、ほぼ同級生ということで、これからもよろしくお願い申上げます。

ここを閲覧してくださる皆さん、winechocoさんの「ワインカラーのときめき」同様、六文堂店主さんの「メンコ屋六文堂」を応援してください。
Posted by シモン at 2010年02月09日 20:11
しもんさま 無名Xさま デハさま 

ありがとうございます

リンクの件 こちらこそ どうぞよろしくお願いします

これからは チラ見で終らず コメントを書きますね。

これからも 仲良くして下さい。
Posted by メンコ屋六文堂店主 at 2010年02月09日 20:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック