2010年07月05日

伊豆大島

80年代、社員旅行で行きました。

izu_ooshima.jpg

私が伊豆大島に行ったのは、社会人になって間もない80年代後半の秋でした。
当時、年一回の会社の旅行があり、その年の目的地が伊豆大島だったのです。
総勢で40人ぐらいの一行が、前夜組と当日組の二手に分かれ、前夜組は前の日の夜に竹芝を出発する夜行船で、当日組は熱海からの高速船で伊豆大島に向かうのです。
私は前夜組で、東海汽船の二等客室で同期の友人達と雑魚寝しながら8時間、太平洋の波に揺られて夜の海を航走していきました。

we1.jpg

伊豆大島の元町港に着いたのは翌朝の6時でした。そのままホテルに直行し、朝風呂に入りました。私の人生で、朝ホテルに着いてそのままみんなで大浴場に入る、というのは初めての経験でした。天気も良く、朝日の差し込む温泉にみんなと浸かるのは気持ちの良いものでした。

ホテルの客室で時間を過ごすうち、当日組の一行が港に着く時間になったのでみんなで迎えに行きました。船上から手を振る一行が徐々に近づいてくる様子を、当時買ったばかりのVHS-C(コンパクト)のビデオカメラに納めました。

大島では、レンタサイクルをレンタルし、サイクリングロードを疾走します。当時既にかなり体力の落ちていた私は、元気な同期の自転車にどんどん遅れを取っていきました。運動能力の高い彼がうらやましく思えました。ちなみにその友人は先年会社を退職し、今では農業をやっているそうです。

伊豆大島のお土産というと、芳醇なミルクで作った牛乳煎餅(=牛乳石鹸のパッケージに似ていました)、あしたばの葉を入れたあしたば、椿油、といろいろありますが、やはり最も強烈なインパクトがあるのは「くさやの干物」でしょう。
「くさや」とは、伊豆大島近海で獲れるムロアジやトビウオを、くさや液という特殊な発酵液に漬けて天日干しにしたものです。
この液が非常に臭く、いわゆる「排泄物の臭い」がするのです。

人間の食べ物には、様々な「臭い食べ物」があります。鮒寿司、果物のドリアン、中国の臭豆腐、等様々ですが、「日本を代表する臭い食べ物」といえば、まずこの「くさやの干物」が一等賞です。
実際それを目の前にした私達も鼻が曲がりそうな臭気にダウンしかけたのですが、当時社内で美人・聡明で人気者だったK女史が「くさやの干物下さい」と二切れ買っていたのを見て、みんな驚いたものです。

nt01.jpg

伊豆大島の自然や食べ物を満喫し、東京に向かう船上の人となった頃には既に夕刻になっていました。
海に沈む夕日を見ながら、またここに来ようと思って以来20数年の歳月が流れましたが、あれ以来一度も大島の土を踏んでいません。
昨年大島に遊びに行ったという20代の女性社員に感想を聞いてみましたが、夏の観光シーズンにもかかわらず、島を訪れる観光客は少なかったそうです。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 18:00| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>美人・聡明で人気者だったK女史が「くさやの干物下さい」と二切れ買っていたのを見て

いや、美人で聡明な人は、許容範囲も広いんですよ。
心の狭い中年男性の私も、もっと自分を磨かねば・・・。
Posted by ラー at 2010年07月05日 19:44
私は数年前、八丈島に行きました。
伊豆大島よりちょっと遠いけど、
同じような雰囲気を持つ伊豆七島のひとつ
だと思います。
クサヤの干物はあのあたりの島の名物ですね。
慣れると美味しいですよ。慣れるまでが大変ですが。
Posted by 無名X at 2010年07月05日 20:20
伊豆大島では、「べっこう寿司」という、
唐辛子入りの醤油タレに漬けた寿司が美味しいです。
八丈島にも「島寿司」という、同じように漬け込んだ寿司がありますね。
Posted by A2Z at 2010年07月05日 20:43
大島以下伊豆諸島へは行った事がありませんが、良く火山噴火で住民が本土へ避難する島と言うイメージを持っています(シモンさんが行かれた時期は三原山噴火の直後と察します)。知人友人も伊豆半島へは行っても伊豆諸島へ行く人が居ないので、くさやも食べた事がありません。
台湾式の臭豆腐は、高温で加熱処理するとある程度臭いが抜けますが、加熱している間は周辺に強烈な悪臭を振り撒きます。一般的に油で揚げて食べますが、高温で処理する炭火焼の味が最も臭いが無かったです。一方中国で上海蟹と臭豆腐の蒸し物を食べた時は、臭豆腐の臭いがキツイのと上海蟹の泥臭さ、蟹味噌のくどさで食べられませんでした。
Posted by HB at 2010年07月05日 22:45
みなさんコメントありがとうございます。

ラーさん
>いや、美人で聡明な人は、許容範囲も広いんですよ
まさしく、その通りでした。
余裕があるんでしょうね。そういう人になりたいものです。

無名Xさん
八丈島は、黒潮の島ですね。私も5〜6年前。竹芝から船に乗って行きました。
今度は八丈島の記事を書いてみます。

A2Zさん
「島寿司」は伊豆諸島の名物ですね。
生の江戸前寿司と違い、漬け込んだタレの味があのあたりの魚とマッチして、実に美味です。

HBさん
その通りで、昭和61年に噴火して4年後のことでした。なので三原山の噴火口もまだ生々しかったです。
中華料理の臭い系の食べ物は、一部日本人には受け入れがたいものがありますね。
カニ味噌は、軍艦巻きで食べるのが一番です。
Posted by シモン at 2010年07月06日 20:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック