2010年10月30日

清水

先日、清水に出張に行ってきました。

nihondaira.jpg

「清水」という地名を聞いて思い浮かぶ単語は何でしょうか。

shimizu_nishi002.jpg

まずは「サッカー」でしょう。
Jリーグ清水エスパルスの本拠地であり、高校サッカーで全国優勝経験のある清水東、清水商業、東海第一(=現在は東海大翔洋)といった名門校がひしめいている清水は、まさしくサッカー王国です。

私の大学時代、清水東高校出身の友人がおり、教養部の体育の授業でサッカーをやった際、清水東出身ということで彼が模範演技をさせられました。今考えてみるとボールさばきが特別上手かったとは言い難く、リフティングも3回ぐらいやって誤魔化していましたが、当時の私達にとっては「さすが清水出身者」と思えたものです。

10年ぐらい前、エスパルスが経営難に陥ったことがあり、その頃その友人は「このままでは、ジュビロ磐田(=静岡県西部のJ1チーム)と合併して、名前も「エビロ静岡」になってしまう」とぼやいていたことがありました。実際その頃は横浜フリューゲルスが倒産し、横浜マリノスに吸収合併されて「横浜Fマリノス」になった経緯もあり、エスパルスも存続の危機だった訳ですが、なんとか持ち直して今日に至っています。

その時、清水エスパルスのスポンサーを引き受けたのが、清水最大の物流・商事会社である「鈴与」です。「鈴与」という会社は、年商900億円近くもありながら上場していない不思議な会社です。名前の「鈴与」は、代々社長の名前が「鈴木与平」という名前を襲名することから来ており、現在の社長が「八代目鈴木与平」だそうです。
この会社は、エスパルスの経営だけでなく、近年は航空事業にも乗り出し、「フジドリームエアラインズ」(略称FDA)という航空会社を立ち上げ、静岡空港をハブ空港として国内線の事業に打って出る、という行け行けどんどんな気質があります。まさに「清水次郎長の末裔」というところでしょうか。

サッカーに次いで「清水」で思い出すもの、といえば、「平成のサザエさん」的な国民アニメとなった「ちびまるこちゃん」でしょう。
作者のさくらももこさん(=私と同学年)の書く、至って平凡な昭和40〜50年代の小学生の日常生活は、同時代の私達にとって既視感(デジャブ)に似た親近感を沸かせる内容ばかりです。主人公まるこの、ぐうたらでトラブルメーカーなのに本人は至ってのんきな(=その割につまらないことで心配症になる)性格は、静岡県人の方には申し訳ないのですが、「典型的な静岡県東部・中部地方の性格」そのものではないでしょうか。私の交友範囲内ですが、ほぼ全員にこの性格が当てはまります。

shimizu_nishi001.jpg

清水市は、平成の大合併で2003年4月に静岡市に吸収され、その名前は「清水区」になりました。
その海の玄関である清水港は、神戸港・長崎港と共に「日本三大美港」の一つとなっています。

(画像はさくらももこさんの母校の記念誌から)
posted by シモン at 06:00| 東京 ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
清水一門 森の石松

『大きな喧嘩は大政だが 小さな喧嘩は小政にかぎる!』

学生の頃に自分の周りで流行り、
カセットテープで浪曲を聴きしましたね。
Posted by メンコ屋六文堂店主 at 2010年10月30日 13:13
メンコ屋六文堂店主さん、コメントありがとうございます。
♪清水港の 名物は〜 お茶の香りと 男伊達〜
浪曲、いいですね。木曜夜9:30にNHKラジオ第一で放送している「浪曲十八番」を毎週聴いてます。浪曲は、いわば大人の子守唄、ですね。
Posted by シモン at 2010年10月30日 19:35
清水エスパルスは、我が茨城県の鹿島アントラーズの好敵手です。確か清水に対戦成績では負け越しているはず。
獲ったタイトルの数は、うちの方が圧倒的ですが・・・。
Posted by ラー at 2010年10月31日 11:09
ちびまる子ちゃんでは、エスパルスの現監督の長谷川健太が同級生のサッカー少年として登場する回があります。その長谷川健太が監督になって以降のエスパルスは上位定着しており、落ち目のジュビロを抜いた感があります。
Posted by HB at 2010年10月31日 19:34
シモンさん
>ぐうたらでトラブルメーカーなのに本人は
>至ってのんきな(=その割につまらないこと
>で心配症になる)性格
恥ずかしながら私もその性格そのままの静岡県東部人です!

HBさん
長谷川健太監督になって、ひとつもタイトル取ってないんです。これも静岡県人の特技の一つです。今年は、名古屋グランパスで決まりでしょう。
Posted by Captured at 2010年10月31日 19:41
ま、父親殺した奴に蹴鞠披露した人が治めていた地方ですからね。
しかも、その「蹴鞠」の伝統が今も息づいています。
駿河地方の人間の性質を決定付けた人物は、「和製阿斗」だつたわけですね
Posted by デハ at 2010年10月31日 21:52
おはようございます!
デハさんそれは今川氏真のことですか?
清水でサッカーが盛んなのは信長の蹴鞠とは関係ないですよ。
県人の性格は、歴史よりむしろ温暖な気候のせいですね。
さっきまで雷でしたが、今から出社します(^^)/
Posted by Captured at 2010年11月01日 05:19
昨日(10/31)放映の「ちびまる子ちゃん」に、長谷川健太少年が登場してましたね。
その長谷川監督も今シーズン限りで清水を退団すると昨日報道がありました。
シモン様のこの記事に呼応するかの動きでしたね。
Posted by 無名X at 2010年11月01日 22:35
みなさんコメントありがとうございます。

ラーさん
鹿島アントラーズは現在V3でしたね。今年はちょっと優勝が厳しそうですね。

HBさん
どこのチームにも栄枯盛衰がありますね。Jリーグ開幕当初は、ガンバやレッズが上位に来るとは想像もできなかったのですが。
で、今年はグランパスですね。

Capturedさん
まああまり県民の性格のことは決めつけないでください。静岡県の人は平均的な嗜好を持つので広島県と並んでたばこの先行モニター地区に選ばれますよね。

デハさん
信長の前で蹴鞠を披露した今川氏真の心境は、仇敵という概念は既になく、達観していたんでしょうね。ある意味現実主義というか。

無名Xさん
たまたまそうなりましたね。
この記事自体を書いたのはだいぶ前なんですが・・・
Posted by シモン at 2010年11月03日 08:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック