2011年01月26日

キャプテンウルトラ

「ウルトラマン」と「ウルトラセブン」の間に放映された、等身大ヒーローのウルトラシリーズです。

captain_ultra.jpg

ウルトラシリーズは、しばしば「巨大ヒーローシリーズ」と呼ばれます。登場するウルトラマンだとかセブンだとかジャックだとかエースだとかタロウだとかレオとか(以下略)は、すべて身長が40mぐらいあるからです。
しかしそれはあくまでも地球人を基準にして考えた話で、宇宙規模で見れば身長40mだろうが2m弱だろうが大きい・小さいは誤差の範囲内かもしれません。
今回登場するのは、「ウルトラQ」「ウルトラマン」に続く、ウルトラシリーズ第三作目の作品「キャプテン・ウルトラ」です。

smzgk0001.jpg

キャプテンウルトラは、前の2作が円谷プロダクションによって制作されたのと異なり、東映が制作した特撮番組です。当時アメリカでは「キャプテンフューチャー」という番組がヒットしており、その日本版を想定して制作されたそうです。

あらすじを簡単にご紹介しましょう。
21世紀後半。民主党政権による子供手当てなどの少子化対策が功を奏し、再び人口が増大した日本地球人は、宇宙に進出して住居と仕事を探す「宇宙開拓時代」を迎えた。だが、宇宙には人類を待ち受ける数々の危険な宇宙人たち(=主としてバンデル星人)がいた。そんな敵から人類を守るため、結成された宇宙警察パトロール隊は、宇宙船「シュピーゲル号」で、戦いを繰り広げるのだった。

それでは登場人物です。

キャプテン・ウルトラ(演:中田博久):地球人。宇宙警察パトロール隊の隊長。得意技は、「着物の帯をくるくる」という技で、これを使われると相手は「あれー」と叫びながらくるくる回って着物が脱げてしまう。これは、後にキャプテンウルトラが「水戸黄門」に客演した際も、しばしば用いられた。

アカネ隊員(演:城野ゆき):地球人。女性。キャプテンウルトラに帯を脱がされないように、着物でなく宇宙服を着ている。第14話では、何故か出演していなかった。守銭奴として知られ、二言目には「あ!金。」と言う。

キケロ星人ジョー(演:小林稔侍):キケロ星人。頭にはいぼいぼがあり、常時海水パンツを履いている。12話で宇宙警察パトロール隊を辞め、刑事になった。

ハック(演:佐川二郎):ロボット。九九が得意で、「ハック」と呼ばれると即座に「72!」と返す。ハンチングにトレンチコート姿だが、犯人と遭遇すると正体を現し、ロボット刑事として活躍する。

バンデル星人:宇宙人。地球人からは悪役扱いされている。が、実はエリンギに似たきのこ型宇宙人で、バター炒めにすると美味しい。他のウルトラシリーズでは敵役の宇宙人は毎週代わっていたが、キャプテンウルトラではほぼ全編にわたりこのバンデル星人のみが活躍する。

・・・私の乏しい知識では、この程度です。

当時は、まだアポロ宇宙船が月に到達していなかったこともあり、人類の宇宙空間に対する知識が乏しい時代でした。なので、このキャプテンウルトラにも、今見るととんでもないシーンがありました。
たとえば、キャプテンがどうしてもシュピーゲル号の船外に出て作業をしなければならない場面に直面しました。するとジョーが
「大変だキャプテン!キャプテンの酸素ボンベが、からっぽだ!」
と叫びます。それを聞いたキャプテンは、
「よしわかった。これを使おう!」
と言い、ビニール袋のようなものをかぶり、宇宙船外で作業し、無事帰ってくるのです。さすがに戻ってきた時には
「あー苦しかった」
と言っていたような記憶がありますが、宇宙空間では「ビニール袋をかぶっていれば、息をしなくてもしばらくは平気」なんでしょうか。どなたか宇宙物理学に詳しい方のご教示を仰ぎたいと思います。

smzgk0002.jpg

円谷版「ウルトラシリーズ」が何度も再放送されるのに反し、東映の「キャプテンウルトラ」はなかなか再放送の機会がないのは、その後の人類の宇宙空間への知識が飛躍的に向上してしまい、数々の矛盾点が指摘される、ということもあるのでしょう。しかし近年ではCS放送「東映チャンネル」で2008年にデジタルリマスター版が放映され、カルトな人気を得たそうです。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 18:00| 東京 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | TVと映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
無念・・・。シモン様ともあろう方が、ウルトラQを忘れるとは・・・。
Posted by デハ at 2011年01月26日 19:59
デハ様、
>無念・・・。シモン様ともあろう方が、ウルトラQを忘れるとは・・・。

「ウルトラQ」「ウルトラマン」に続く、ウルトラシリーズ第三作目」と書かれておられますので、忘れてはいないようです。
Posted by ラー at 2011年01月26日 20:04
私のみおおとしでした。無念
Posted by デハ at 2011年01月26日 20:24
まあ、ウルトラQを知っていても、キャプテンウルトラを見落とす人の方が普通ですからね。
デハさまドンマイ
Posted by 無名X at 2011年01月26日 20:38
みなさんコメントありがとうございます。

キャプテンウルトラ、「ウルトラシリーズ」というよりは「光速エスパー」に近いような感じです。
いつか「ウルトラQ」も記事にしてみます。
Posted by シモン at 2011年01月28日 04:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック