2011年12月16日

仮面ライダースナック

スナック菓子を食べたくて購入した子供はごく僅かだったそうです。

rider_snack.jpg

2011年の今日。「仮面ライダー」という番組は、若いイケメン見たさのお母様たちが視聴率を支えていますが、70年代放映当初は、小学生の子供たちが熱狂していた特撮番組でした。

massgame01.jpg

石森章太郎(後に「石ノ森」と改姓)先生のヒット作となったこの作品、実は実写版特撮番組以上に原作の方はブラックな内容だったことは案外知られていません。
悪の組織・ショッカーの正体は、実は日本国政府だった・・・というシナリオは、反体制派の石森先生ならではのものです。手塚治虫先生の「鉄腕アトム」を、「原子力発電推進のプロパガンダ漫画」と見做していた石森先生がアンチテーゼとして描いた作品が「仮面ライダー」だったのです。「ライダー」に限らず、「佐武と市捕物控」「ゴレンジャー」など、石森作品の持つブラックな部分はTV化される際、すべてアク抜きされました。

1971年にカルビー製菓が発売した「仮面ライダースナック」は、それまでのスナック菓子にはない「新しい試み」を行っていました。
それは「仮面ライダーに登場する怪人たちのカード」をおまけとして添付したことです。

この商法は当時の子供たちにヒットし、お菓子自体はそれほど美味くないのに、爆発的に売れました。そしてそれらは、「仮面ライダーカード欲しさにスナック菓子を食べずに路上に捨てる子供の続出」といった形で、社会現象になりました。今は分別盛りの4〜50代の中年たちは、子供時代にそんな悪行をやっていたのです。

sosaku4401.jpg

「おまけ欲しさに(あまり欲しくもない)本体を買う」ことに誘導する商法は、「抱合せ販売」と呼ばれ、法律上は規制されているはずですが、実は今でも平然と行われています。
握手券や投票券ほしさにCDを買うファンに支えられてスターダムにのし上がった芸能界の集団、・・・ちょっと名前を失念いたしました。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 18:00| 東京 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
抱き合わせ商法と、グリコのオマケ・雑誌の付録との境界線は美味ですね。
Posted by A2Z at 2011年12月16日 22:03
私も米屋勤務時代、外米と魚沼の抱き合わせをやりました。
また、ガンプラと売れない模型の抱き合わせを小学生のときやられました。おかげでおもちゃやは黴の生えた古いモデルを一掃出来たみたいです
Posted by デハ at 2011年12月16日 22:03
握手券はともかく、200万円分もCDを買ってちょっと可愛い程度な前田敦子を一位にした奴の根性はくるっている。そんな金あったら車買えといいたい。また、どうみても前田より美形のメンバーがいるのに、前田が一位は納得できない。一人一票でやり直せといいたいです
Posted by デハ at 2011年12月16日 22:06
その当時でさえカードNO.1蜘蛛男にはプレミアが付いていました。小一だった自分はまだ小遣がなくて、学校でカードを見せ合っているのをうらやましく思っていました。やはりまずかったらしく、庭で焼いて埋めていた子もいましたね。当時こちらでは一年遅れの放送で、カードで情報を先取りしていました。
なお、テレ朝系は映らないため、平成ライダーは何の事かさっぱり?
Posted by A・2001 at 2011年12月16日 22:34
効果の程は分かりませんが、ファッション雑誌でも付録にブランドの財布とか小物を付けて売ってますね。ただ昔からスナック菓子の付録はどうみても本体より価値がありました。最近はCDと言う音楽ソフト自体DL全盛でスナック菓子レベルになったのでしょう。
例の握手会は、売れない頃は本当に会いに行けて牧歌的だったと想像します。有名になりメディア出演で多忙なのに立ちっ放しは苦痛なはずです。今なら街頭で総選挙の演説をした方が盛り上がるかも知れません。
Posted by HB at 2011年12月16日 23:05
デハさん

デハさんも、ご自身で抱合せ販売を経験されたんですね。

古くて売れないプラモデルの一掃セールは、私の近所の模型屋もやってました。1000円買うともれなく100円のプラモデルをプレゼント!という企画で、メーカーは忘れましたが「晴嵐」の模型をもらった記憶があります。
Posted by シモン at 2011年12月17日 08:31
A・2001さん

蜘蛛男はプレミアだったんですか。
私が唯一持っていた(=現在は散逸)、カビビンガはどうでしょうか。

庭で焼いて埋めるのはまだ良い方で、路上に散乱していました。あれは猫も食べなかったようですね(甘いですし)

平成ライダーは日曜朝という変な時間帯に放映されてますが、私はもちろん見てません。
Posted by シモン at 2011年12月17日 08:36
A2Zさん

おまけ・付録の商売と「抱き合わせ」の違いは何か、といわれると商法を調べないとわからないですね。
法律の専門家でないのでうーんですね。
Posted by シモン at 2011年12月17日 08:38
HBさん

売れない頃のAKBは、多分本当に握手してたんでしょうね。

今は握手券はオークションで取引されたり、某風俗業界が買い占めたりしているようです。

何事もメジャーになるとマイナー時代のコアなファンが離れていく(けどビジネスとしては成功する)という図式は変わりませんね。
Posted by シモン at 2011年12月17日 08:40
私が中学生のとき集めていたSB対決戦国時代シールのお菓子(餃子味)が劇的に不味く、さすがの私も犬に与えていました
Posted by デハ at 2011年12月17日 23:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック