2013年07月03日

ESPN

スポーツ専門の放送局です。

espn.jpg

90年代前半、まだインターネットがなかった頃、海外出張等でホテルの部屋での娯楽と言えばTVを見ることでした。
海外の国の多くは日本やアメリカのようにTVは娯楽ではなく教養番組が多かったため、自然と見るチャンネルは限られてきます。そんな時、よく見ていたのが「ESPN」というスポーツ専門のチャンネルです。
スポーツなら言葉の壁は抜きで楽しめるからです。

ogi01.jpg

アメリカという多民族国家には、様々なコミュニティが存在します。彼らは独自のコミュニティのためのメディアを必要とします。そのため、三大ネットワーク(NBC、CBS、ABC)の他に、ケーブルテレビが存在し、多局化していくことになります。ESPNはその中でもスポーツ専門にフォーカスしたテレビ局です。

ESPNは、80年代後半に放送を始めたNHKの衛星放送にも番組を供給します。BS-1で放送される海外のスポーツ番組は、殆どESPNのコンテンツを配信したものでした。
日本の地上波で放送されるスポーツ番組というと、それまでは野球・サッカー・相撲・ボクシング(かつてはキックボクシングも)・プロレス・水泳・陸上競技・体操・テニス・バレーボール・バスケットボール・卓球・ラグビー・スキーのジャンプ・フィギュアスケート、といったあたりが定番(*ただし、NHK教育「国体中継」で新体操・少年男子等のマイナースポーツを放映していたのは例外)でした。

ESPNで紹介されるスポーツは、まだ見たこともない世界のスポーツで満ちていました。
例えば、「オージーフットボール」。これは実にダイナミックなフットボールで、遠距離まで球が飛んでいく様子に圧倒されます。さすが不動産大国のオーストラリアならではのスポーツです。日本ではなかなか練習場自体が確保できないことでしょう。

海外出張で出かけていくと、よくそこでの「ご当地スポーツ」を放映していました。私はインドに頻繁に出かけていましたが、インドで最も盛んなスポーツと言えばクリケットです。お隣のパキスタンとの対抗戦では死人が出るとかで、互いの本国ではなくカナダで行われている程の熱狂振りです。
なのでESPNではかなりクリケットの勉強になりました。

ogi02.jpg

ESPNでは、普通のスポーツの他に、モータースポーツやアクロバット飛行選手権、ボウリングといったスポーツに力を入れています。
さらに最近注目されるのは「ネイサンズ国際ホットドッグ早食い選手権」で、日本では大食い選手権として知られる娯楽もアメリカでは「スポーツ」のカテゴリーに入っているようです。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(47) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
管理人殿
日本の時代劇専門チャンネルの元の様なものですかな?
大食いがスポーツですかwww土山しげるの漫画の元ネタはこれか?
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年07月03日 19:48
私は時代劇専用チャンネルで長谷川平蔵(鬼平犯科帳)を見ていました。
Posted by 無名X at 2013年07月03日 20:37
時代劇チャンネル引きたいなあ
Posted by デハ at 2013年07月03日 20:44
私は「必殺」シリーズですね。
あと、「江戸を斬る」も久しぶりに見たいです。
Posted by A2Z at 2013年07月03日 20:52
おぉっ!A2Z殿!同志よ!
私も「必殺」には五月蝿い男です(いつも五月蝿い?)子供の時、ジェームス・ボンドみたいになりたいと憧れていたのですが…歳をとったら中村主水…それも昼の中村主水みたいに冴えない人間になってしまいました
p(´ω`q)
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年07月03日 21:03
そんな、愛國赤旗党総帥さま、
昼行灯は私の方です。
そういえば菅井きんみたいな義母もおります。
Posted by A2Z at 2013年07月03日 21:12
再びA2Z殿
なるほど。しかしながら私の上司は「田中様」そのものでしたぞwww
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年07月03日 21:20
必殺仕事人なら、私は京本雅樹さんの大大大ファンですお姫様
Posted by まろん at 2013年07月03日 21:33
まろんさん、政樹です。

愛國赤旗党総帥さん、夜のお仕事お疲れ様です。
Posted by A2Z at 2013年07月03日 21:43
剣道が実践に役立つかどうかは別の話として、鬼平犯科帳を見ていると、剣道でも習っておけばよかったなと思うんですよね。

Posted by 田舎帝王 at 2013年07月03日 21:43
田舎帝王様
同感ですね。私も高校での武道は柔道一択しかありませんでした。
なのでまだ剣道の面をかぶったことがありません。

防護服に身を固めた剣道の方が、柔道よりも安全かも・・・なんて考えたら邪道ですね、剣道でなく。
Posted by ラー at 2013年07月03日 22:06
みなさん、時代劇お好きですね。
最近は地上波のドラマとしてはめっきり減ってしまいました

時代劇専門チャンネルのような専門のCATVが日本で普及し始めたのも80〜90年代初頭頃ですね(最初はMTVでした)

私は大川橋蔵さんの「銭形平次」が好きです。
学生時代京都にいた友人の下宿先のお隣が大川橋蔵宅で、俳優関係者を招いて年に一度園遊会が賑やかに行われていたそうです。
Posted by シモン at 2013年07月04日 04:45
おはようございます。

スポーツ界の話題というと、先日フィギュアスケートの安藤美姫選手が出産して父親の名前は明かさないという報道が話題になってました。
こちらにいらっしゃる方で安藤選手のファンの方には申し訳ないのですが、正直言って自分のことしか考えない人が本能のおもむくままに妊娠・出産したところで、アスリートはもちろん母親としても失格だと思います。
それを、ある種の女性評論家の人達などが「シングルマザー」だとか「新しい生き方」とかちやほやするのが信じられませんね。彼女たちは、自分の子供よりも自分のことを優先する人間、つまり大人でない子供なんです。
みなさんはどう思われるでしょうか。

「スポーツ専用チャンネル」というと、最近のNHKニュースウオッチ9(でしたっけ?)。ニュースをやらず、冒頭からダルビッシュが好投したとかなんとか延々10糞以上流した上に、番組の最後の方でもスポーツコーナーがあって、60分のうち優に30分以上はスポーツの話題で占有されています。キャスターの人が東大野球部出身だから趣味でこういう構成にしているかもしれませんが、あまりにくだらなくて最近は見ないことにしています。
Posted by FYI at 2013年07月04日 09:14
管理人殿
“大川橋蔵”の平次親分ですか…あれも替わりの出きないキャラだったな〜。風間杜夫や北大路欣也でもあかんかったね。主水や越前と同じでイコールだもんな。当人健在なうちは幸せですが死んだり辞めた後は辛いですね。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年07月04日 13:37
愛國赤旗党総帥さま

役者が役と切っても切れない関係ってありますね。

・大岡越前は絶対に加藤剛。
あと、源さんは大坂志郎、榊原伊織は竹脇無我、猿の三次は松山英太郎でないと。
(加藤さん以外は、全員鬼籍に...)

・水戸黄門は絶対東野英治郎。

・同様に、江戸を斬るは西郷輝彦と松坂慶子。

鬼平は萬屋錦之介さんだったり丹波哲郎さんだったりしますが。うーむ。。。
Posted by 無名X at 2013年07月04日 17:01
無名Xさん

再放送で見ましたが、丹波さんの鬼平はよかったですが、貫録がありすぎましたね。

Posted by 田舎帝王 at 2013年07月04日 18:41
田舎帝王さま

確かに…あれだと火盗改めよりもう一つ二つ昇進して若年寄ぐらいになってないと、という感じでしたね。

でも現実の平蔵自身、職務に私財を投じることはあっても昇進は固辞したそうです。
Posted by 無名X at 2013年07月04日 19:06
みなさん
ヨロキンの平蔵見るのも、東野英治郎さんの水戸黄門の最後の「かっかっか」という豪快な笑いを見るのも、やはり一つは「このドラマを見ていた幸せな自分」を垣間見る思いに重なるんですよね>あくまでも自分

時代劇というフォーマットが、過去の時代を通じた現代批判とわかっていても、ついつい「安定して」視聴していたのは当時(=放映当時ね)が如何に勧善懲悪が出来ていた時代だったかということの裏書きかもしれません

逆の言い方をすれば、今はグローバル化とやらで「金を儲けた方が勝ち!(=または、如何に楽して金を得るか)」みたいな価値観に傾いていて、時代劇で描かれていた時代の日本社会とは価値観が変わって来たことの傍証かもしれません。
時代劇を楽しんでおられる方々は、昭和時代の「有徳思想」を保持されている・・・ということですかな。

FYIさん
ミキティは単なる槍万のDQNなので、ハナから論外です(名古屋の皆さんスイマセン)
Posted by シモン at 2013年07月04日 20:04
今はグローバル化とやらで「金を儲けた方が勝ち!(=または、如何に楽して金を得るか)」みたいな価値観に傾いていて、時代劇で描かれていた時代の日本社会とは価値観が変わって来たことの傍証かもしれません。

いやいや、むしろ、江戸時代中期以降なんかは今の禿鷹ファンド顔負けの相場師が濡れ手に粟の一攫千金を狙っていた、世界に類を見ないぐらいの市場原理主義社会が形成されていましたよ。

なにせ、世界で一番最初に先物取引を行っていたのが江戸時代の日本ですからね。

行き過ぎた市場原理主義に対して歯止めをかけようとしたのが、享保の改革を推し進めた徳川吉宗であり、寛政の改革を推し進めた白河宰相であり、天保の改革を推し進めた水野忠邦ですからね。

明治維新以降、西洋的資本主義がアジアのどこの国よりも早く定着したのも、江戸時代に発展した経済社会があってのことだと思っています。

昨今、TPPとかグローバリゼーションと、それに対峙するローカリゼーションの葛藤が報じられていますが、グローバリティズムとローカリティズムとの葛藤こそが日本という国を作り上げてきた一つの力だと思っています。

遣唐使の廃止と平安時に花を開いた国風文化

日宋貿易を主導した平家政権と土地に根差した封建体制を確立した源氏政権

日明貿易を主導した足利義満に対して日明貿易の停止をした義持政権。

南蛮貿易や朱印貿易を行った織田、豊臣、徳川家康政権に対して、鎖国政策へと舵を切った秀忠、家光政権。

市場原理主義による重商主義と日露貿易を模索していた田沼政権に対して、農本主義に舵を切りなおした松平定信

参院選の焦点の一つであるTTPも、長い日本の経済史から眺めると、ニュースで見るのとは別の見方ができると思います。
Posted by 田舎帝王 at 2013年07月04日 21:45
追伸

ミキティですが、芸を見せてどこともわからぬ男の種を生むなんて、これこそ、中世社会に芸を見せて春を売った、白拍子や漂泊の旅芸人みたいじゃないですか。

Posted by 田舎帝王 at 2013年07月04日 21:52
う〜ん、田舎帝王さんの洞察は深い!
ニュース9とやらの比ではありませんね。
そんなコメントを目にすることができるここに集うのは大きな喜びというものです。
Posted by A2Z at 2013年07月04日 21:53
FYIさん
父親が誰かもわからないような子を産む倫理観のかけらのない女を支持する声があることに絶望を感じます。
また、貫通罪と尊属殺は是非復活させ、死刑を適用し、どこかのチビに報いを受けさせたいです。
Posted by デハ at 2013年07月04日 22:20
無名X殿
意義ありですwww私は黄門様は西村派です。理由は格好良いからですwww金さんやボンドと同じです。名前と役割が同じだけで後は各々にあった芝居すりゃ良いんです。後は視聴者が採点すりゃ良いんですよ。失敗例は弥七です。中谷さんと内藤さんね、あれはあれで良い役者なんですがタイプ違うのに殆ど同じ事させたでしょ?初代は「元祖!」ってフィルター掛かるもんだから二代目以降は不利ですよwww別に東野黄門を貶めてはいません。東野黄門は殿様より田舎爺の要素が強く西村黄門は殿様ぶりが強く商人としては都会の大店の隠居って感じ…本来殿様なんだからそっちの方が自然に見えませんかねwww
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年07月04日 23:19
僕も黄門様と言えば二代目の西村さんが一番好きでしたね。

品があるというのか、妙な艶っぽさがありましたね。


Posted by 田舎帝王 at 2013年07月05日 05:25
水戸黄門に関しては、東野英治郎さんがその定型フォーマットを確立したという意味では東野黄門を支持する人も多いでしょう
西村黄門の方が殿様臭が芬々と漂ってきますが(偽黄門やったこともありましたね)
里見浩太郎はやはり黄門様でなく助さんがお似合いですな(格さんの横内正同様)

Posted by シモン at 2013年07月05日 05:27
東野黄門は、一般人にも「クソジジイ」と言われていましたが、西村黄門は、「ご隠居様は一体・・・?」と、水戸黄門ではないものの、高貴な人間、庶民であっても豪商として扱われていた気がします。
西村黄門は、高橋英樹の金さんと似ています。
橋幸夫の金さん、いかにも遊び人でしたが、高橋金さんは、奉行かどうかは別として、少なくとも武士であることはみえみえでした。
 その点、杉良は遊び人の金さんとしても、名奉行遠山景元としても、ちゃんとらしく見えました。松方弘樹は奉行でも遊び人でもなく、ヤクザに見えました。
 初代の中村梅之助は、いくらあっしは金さんだ、私は奉行だ、と言っても黒門町の伝七親分にしか見えませんでした
Posted by デハ at 2013年07月05日 06:26
余談ですが、里見浩太朗は、映画版(黄門は月形龍之介)で格さんをやっており、黄門、助さん、格さんを全て演じたたぶん唯一の俳優です。しかし、助さんにしか見えません。亡くなった祖母は西郷頼母や西郷隆盛、松平長七郎も「助さん」と呼んでいました
ちなみに、里見氏が格さんのときの助さんは、東千代之介でした。
Posted by デハ at 2013年07月05日 06:29
おはようございます!^^
里見浩太朗の実家は私の近所です。つまり富士宮出身です。
豪雨の中、今日一日頑張りましょう!!
Posted by Captured at 2013年07月05日 06:48
デハ殿
金さんの考察は面白い。なるほど全て言われてみればその通り。「伝七親分云々…」でクソ笑いましたwwwこれは伝七親分をやったという“フィルター”も掛かってはおりますが、そして私には金さんは梅之助だと今でも思ってはおりますが…梅さんは伝七親分の方が当たりという事になりますな。そういえば坊さんと一緒になった私の妹は「ヨヨヨイの親分」が一番好きでしたwww
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年07月05日 06:49
中村梅之助は「気前が良くて2枚目でちょいとヤクザ」ではないとおもいます。優しそうなおじさんで、2枚目じゃないし全然ヤクザじゃないし。やはり、2枚目でちょいとヤクザで、殺陣も巧くてかっこいい杉良金さんがいちばん好きです。すきま風もヒットしましたし。あ、あしたの歌の方かな?杉良も新吾親分の印象が強いですからね。「ちょいとヤクザ」なのがミソで松方みたいに完全にヤクザでもダメなんです。橋幸夫はただの遊び人、梅之助は優しそうなおじさん、高橋英樹は旗本の部屋住みに見えました。
Posted by デハ at 2013年07月05日 08:00
デハ殿
う〜ん…金さん論は貴殿の言う通りかな。お奉行様の部分と遊び人の部分の二面性とそれの使い分け出来る容貌と演技力が必要。この“二面性”を演じきれるのはこの二人しかいない。本質的な演技力や奉行の迫力で梅さんの方が上と思っていましたが…主題歌に「…チョイとヤクザな…」とありますから…遊び人も色々ありますが梅さんは確かにヤクザは入ってませんね。(それどころか共産党だよなあのお方はwww)〉“優しそうなおじさん”ですな。
余談ですが松方さんは完全にヤクザだとありましたが本物に言わせるとあんなヤクザはいないそうです「アレはバーテンだwww」とのことです。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年07月05日 08:28
松方さんがヤクザに見えたのは、「HOTEL」で東堂支配人をやった時にそう思いました。
あのホテルは暴力団に乗っ取られていたんだ…そう思うと、毎回毎回高島政伸が
「姉さん、事件です」
とか言っていたのもうなずけます。
(あのホテルは毎回毎回宿泊客に謝罪してましたね…そんなホテルに泊まりたいと思うかというと)
出演者も、赤坂晃のように犯罪者になった人もいれば、沖田浩之みたいに死んじゃった人もいて、散々でした。
Posted by FYI at 2013年07月05日 09:10
ESPNの飛行ショーといえば、数日前に見た映像が忘れられません。

http://www.youtube.com/watch?v=tvWdWF0712Q&bpctr=1372985705
Posted by FYI at 2013年07月05日 09:27
愛國赤旗党総帥さん、成駒屋はあの容貌だからいいんですよ。
倅の梅雀は、親父に輪をかけた柔和な容貌ですが、江戸時代の黄表紙を見ると、あのような容姿の人が遊び人として、登場するんです。
例えば、山東京傳作「江戸生艶氣樺焼」に出てくる人物(艶二郎)をご覧ください。梅之助に生き写しですよ。

梅之助、梅雀というと、ここでも以前書かれていた、真田太平記に家康・秀忠と、本当に親子の役で登場したのが、良かつた。
Posted by 百足衆 at 2013年07月05日 12:03
百足衆殿
「チョイとヤクザな…」というフレーズがあるのであぁいうやり取りに落ち着いたって事でwwwま、それでも私は梅之助さんの方を好みますが。
真田太平記の家康は平八郎(加藤武)との掛け合いが見せ場の一つだったと思います。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年07月05日 18:43
愛國赤旗党総帥さま
加藤武といえば、「真田太平記」の本多平八郎のほかに「風林火山」の諸角豊後役も良かったですね。
Posted by 無名X at 2013年07月05日 19:31
無名X殿
本人も役も80歳前でしたね。大河の出演者では最高齢かな?
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年07月05日 19:59
加藤武は、横溝作品で手を打ち、「そうか!わかった!犯人はあいつだ!」と叫ぶ警部です
Posted by デハ at 2013年07月05日 20:17
大岡越前は、妻・雪絵(宇都宮雅代→平淑江)以外は、基本的に役者の交代はありません。
 片岡千恵蔵、大坂志郎、松山英太郎が亡くなると、父上、源さん、三次も亡くなったことになるのです。しかし、彼らは死んでも物語から決して消えることはありませんでした。
「雪絵・・・今日は父上の墓参りに行って来る」と言って、新レギュラーの小松政夫と出合ったり、迷宮入りした事件が「源さんの残してくれた資料」により解決したり、久しぶりにタヌキにきた客がとんぺいを見て「嗚呼あの三次が死んでしまったなんて・・・」と嘆いたりする場面が死後のシリーズにもありました。
これは黄門が交代するとリセットされ、助さん格さんが独身に戻り、最初か最後に高松に行く水戸黄門との最大の違いです。
 幸か不幸か、伊織先生は番組完結後に亡くなったため、作中では死にませんでした。

それにしても、北町時代おちこぼれだつた赤垣(小松政夫)を更生したりがお奉行の最後の仕事になりました
Posted by デハ at 2013年07月05日 20:25
上野駅の近くに、今でも黒門町が残っているのに感動しました。
よー、よよよいよよよいよよよいよい よよよいよよよいよよよいよい めでてぇなあ〜という伝七親分の声が聞こえてきそうな町でした
Posted by デハ at 2013年07月05日 20:31
デハ様

片岡千恵蔵の大岡忠高は絶品でしたね。
82年の第六シーズンまで出演されてました。
多羅尾伴内と同じぐらいのハマリ役でした。
Posted by A2Z at 2013年07月05日 20:39
高橋元太郎さんは
黄門様ではうっかり八兵衛、
大岡越前ではすっとびの辰という
似たような役をやってますね。

ウルトラマンでアラシ隊員がセブンでフルハシ隊員だった石井伊吉さんみたいなものでしょうか。
Posted by 無名X at 2013年07月05日 20:44
うっかり八兵衛は喧嘩に弱いけど、すっとびの辰は腕っぷしが強い設定というのが面白いですね
Posted by 田舎帝王 at 2013年07月05日 21:07
そういえば、水戸黄門を演じた人は、大久保彦左衛門と吉良上野介も演じることが多いようです。
この3名のうち、2名を演じた人は多いです。
西村晃と月形龍之介は全部やってます
Posted by デハ at 2013年07月05日 21:11
田舎帝王さん
微妙にキャラ変わってたんですね!

デハさん
3人とも「ご隠居」って雰囲気だからでしょうねえ
Posted by シモン at 2013年07月05日 21:39
西村晃の吉良が殺されたとき「こんないいおじいちゃんを殺すなんて浪士は酷い奴だ」と思いましたが、月形龍之介のときは、「よくやったぞ!」と思いました。

昔の東映では、彦左衛門と水戸黄門を除き、いいおじいさんは片岡千恵蔵が、悪い爺さんは月形龍之介が演じるようになっていました。
また、ヒーローは錦之介で、そのサポート役のいい人が千代之介でした。

後年、東映アニメでは、主人公は神谷明、その親友や兄は田中秀幸、父親か敵のボスは柴田秀勝が演じることが多く、神谷と錦之介、田中と千代之助、柴田と月形の役柄が見事に重なっていました。
Posted by デハ at 2013年07月05日 21:56
柴田秀勝さんは、グレートマジンガーで兜剣三と闇の帝王の二役をこなすという離れ技をやってのけましたね。
Posted by シモン at 2013年07月05日 22:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック