2013年09月13日

ちり紙交換

古新聞一山でトイレットペーパーをもらいました。

chirigami_kokan.jpg


「毎度おなじみの〜ちり紙交換車で〜ございます。古新聞、古雑誌、衣類のぼろ切れ、ダンボールなどがございましたら、お近くの交換車まで、お気軽にお声かけください。はいありがとうございます・・・」
という録音された音声を流しながら、住宅街を巡回するちり紙交換車は、最近めっきり見かけなくなりました。

neya03.jpg

かつての東京には、70年代までは住宅街に行商に来る人はかなりいました。
冬場の焼き芋屋や、豆腐を売りに来る人、野菜の直売車もありました。80年代に入る頃から、スーパーで手軽にどんな食材でも手に入るようになってから、食べ物を売りに来る人は少なくなり、物干し竿を売る「竿竹屋」と、ちり紙交換車が住宅地を巡回する常連となりました。

ちり紙交換という業種が成立していたのは、製紙会社による古紙需要のためです。
木材から新しい紙を作るのに比べて、古紙再生技術を活かして古新聞等から紙を再生する方がコストが安かったため、製紙会社は多くのちり紙交換業者から古紙をよい値段で買い取っていました。今ほど環境問題が顕在化する以前から、製紙業界ではリサイクルの構造が進んでいたわけです。

ところが、90年代の半ば以降、古紙の価格が下落します。採算が合わなくなったため、古紙回収をした換わりに提供していたトイレットペーパーを提供できなくなると、回収業者に古紙を提供する人が減り、どんどん悪循環に陥っていきます。 
このため、全国の自治体では激減した古紙回収業者に代わって資源ごみとして古紙回収を始めます。

時代が進んで21世紀になると、中国での古紙需要が高まり、古紙の価格は高騰します。
すると今度はゴミ集積所に出された古紙を持ち去る業者が現れました。その中の何%かは、おそらく元々古紙回収をしていた人たちも含まれていることでしょう。
行政側から見たら、「不法に行政の財源である資源ゴミを持ち去る者」になりますが、持ち去り業者から見たら「自分たちの仕事を取り上げたのが行政側だ」という言い分なのだと思います。
古紙をゴミとして出す住民側から見れば、一旦ゴミとして出してしまった以上、どこが回収しようが自分たちには直接関係ない、と無関心でいる人が結構多いのではないでしょうか。

neya04.jpg

最近は情報メディアのペーパーレス化が進み、我が家も新聞の定期購読をやめてネットでの閲覧サービスに移行しました。まます少なくなる古紙の世界で、その市場を取り合うビジネスは複雑になっていくように思えます。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 🌁| Comment(39) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
学校や町内会の資金集めで古紙回収をしているところもあるので、それをよその回収業者が盗むことは大問題です。

ゴミを出す一般市民の中には、古紙泥棒の問題を苦々しく見ている人もいるでしょうね
Posted by 田舎帝王 at 2013年09月13日 08:48
今日も蒸し暑い朝の甲府です。
「古紙泥棒」先月、町内会の輪番でごみ置き場の監視員が回ってきまして、小生はちょうど古紙の日に担当となりました。
お隣の奥さんと二人で立っていたところ、見かけない顔の初老の男性が、軽トラックで乗りつけ、周囲をうろうろしながら物色しようとしていました。
あれは今から思い返せば、古紙泥棒だったのだろうと思います。
私たちが監視していた時間は、7:00から8:00までだったので、ひょっとしたら、8時過ぎに乗り込んで、盗んでいったかもしれません。もしそうだったら、無念です。
Posted by 百足衆 at 2013年09月13日 09:15
中国の経済成長で、古紙のほかに
銅線やマンホールを盗んでいく窃盗団が横行しましたね。

板橋区では、古紙窃盗団に「カラーボールをぶつけます」というキャンペーンを数年前に起こしていましたが、今はどうなんでしょう。
Posted by FYI at 2013年09月13日 09:38
私も町内会の見張り番で立ったことがありますが、
リヤカーを引いた自転車に乗った老人が、当然のように新聞紙を載せて走り去って行く姿を唖然と見送るしかありませんでした・・・(役立たず)
Posted by ラー at 2013年09月13日 12:10
後藤真希の弟の祐樹を中心とする窃盗団もマンホールや電線を盗み、傷害罪まで犯した強盗傷害罪集団です。やはり育ちが悪く芸能界でちやほやされたやつは死んでも性根は治らないでしょう。
いかにも頭が悪く粗暴な顔、荒んだ家庭の人間だとわかる顔です。
Posted by デハ at 2013年09月13日 12:26
高級自動車やオートバイの窃盗団は、中国や韓国系の外国人による国際窃盗団がかかわってるそうです。
彼らは、電子的な施錠とかは開錠されてしまう機器を所持しているそうです。

バイクの窃盗犯は尾崎ナントカのような未成年の不良だけかと思ったら、そうでもないらしいですね。
Posted by A2Z at 2013年09月13日 12:40
バイク窃盗団の手口は
1.中古バイク買取のチラシを貼る
2.剥がされていないバイクは持ち主の管理がぬるいと見て盗む
だそうです。
敷地内に置いてあっても盗まれるそうです、ご用心。
Posted by とおりすがり at 2013年09月13日 14:45
デハ氏の言うように、芸能人崩れで犯罪者になった奴は酷い。元々育ちの悪い奴が一度もてはやされて転落するから、たちが悪い。
エイトマンの歌を歌っていた克美茂は殺人犯だし。
そういえばエイトマンの漫画家も拳銃不法所持で捕まったらしいが、こっちはたちが悪くない、ただのマニアだ。
Posted by 燈台森 at 2013年09月13日 18:01
芸能人崩れみたいなものですが、
元体操選手の岡崎聡子がまたもや覚醒剤不法所持で捕まったそうです。
やはりお酒なんかと一緒で、常習性があるとやめられないんでしょうねえ。
ノ○Pはどうなんでしょう・・・
Posted by ラー at 2013年09月13日 18:07
トルコ事件の真犯人(今日捕まった方)、芸能人で反核を叫ぶ山本○○参議院議員に顔が似てますね。いえ山本さんには何も落ち度はありません。

トルコの首都はイスタンブールと勘違いしている人が多いですが、アンカラです。
Posted by A2Z at 2013年09月13日 18:12
「街にいる怪しい人達」というテーマで書かせていただきます。

私がいた工場の斜め向かいに、一軒焼肉屋さんがあったんですが、とても不味い屑肉ばかりで、殆ど誰も行きませんでした(唯一金子さんという同僚だけが贔屓にしていましたが)。
そこの主人が50代半ばぐらい、眼光するどく、客が来ると「らっしゃい」と睨みつける。
今から思えば、あれは私の工場を監視するために北から派遣された人に違いない、と勝手に確信しています。
Posted by 無名X at 2013年09月13日 18:27
でもまあ日本に生まれて良かった
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130913-00000002-jct-soci

これはヒドイ
Posted by 燈台森 at 2013年09月13日 19:54
燈台森さん

唖然です。
殺人を肯定するなんて、日本ではあり得ません。
Posted by 無名X at 2013年09月13日 20:06
台風が接近しています。
15日から16日にかけて、山梨も大雨になる見込みです。
皆さんも用心してください。

さて、今日は総帥さんが不在ですナ。
今日は、町にいる犯罪者談義、ということで、お題が組まれているようですが、ピッキング犯人が甲府市内にも多く出没しているようです。
先日は、いきなり浮浪者風の男が我が家のベルを鳴らし、「500円ください。」と言ってきたときは、唖然としましたが、「無償で渡す金など、一円もない。」と怒り、玄関を閉めました。
その後何か嫌がらせをされるかと、窓から様子を覗いていましたが、何もせず、まっすぐに引き返していきました。
あれは本当に失業者だったのだろう。500円ぐらい恵んでやるべきだったかな、と細君に話したところ、「駄目ですよそんなことしたら何度でも来るから。」と言われました、さすがに細君は賢い。
どこかの国と一緒です。
Posted by 百足衆 at 2013年09月13日 20:18
みのもんたの次男の顔も犯罪者顔ですね。
親子共々生理的に受け付けられません。
Posted by ラー at 2013年09月13日 22:01
Pは親も弟もヤクザ、元夫はシャブ中と、これ以下はないような家庭環境です。子供もおそらくは。
問題を起こす芸能人、Y口、K護・・・みな荒んだ家庭の出身です。

上流階級出身ながら倫理観のない時計みたいな名前の人は残念です。
あ、もう1人いましたね、上流階級出身の超ダメな人・・・。芸能人ではありませんが。

私は、正直、下層階級の奴らは獣か昆虫同様に見下しているので、犯罪を犯しても腹もたちません。左翼活動家上がりの政治家も同様です。

しかし、あきらかな上流階級、あきらかな純日本人なのに、売国行為や不貞なことを繰り返す人の存在は悲しすぎます。
Posted by デハ at 2013年09月13日 22:07
デハさま
上流階級出身の、一人はぽっぽさんだと思いますが、もう一人は誰ですか?
Posted by ラー at 2013年09月13日 22:18
古紙回収は持ち去りが多い。
これを防ぐには、古紙に鳥もちを塗っておき、知らずに持ち去ろうとした犯人の手をくっつけてしまうと、良い。
私は実際にこの方法を実行している。
Posted by 藤原 at 2013年09月13日 22:47
藤原さん
とても良い方法ですね。
早速私も実践してみます。
御指南ありがとうこざいました。
Posted by 菅原 at 2013年09月13日 23:00
柳川家老の娘
Posted by デハ at 2013年09月13日 23:04
えー、蒲池さんって家柄いいんですか?
Posted by ラー at 2013年09月13日 23:09
菅原さん
返礼ありがとうございます。
これは古紙持ち去りを防ぐためのとても良い方法です。
他の人には内緒でお願いします。
Posted by 藤原 at 2013年09月13日 23:11
藤原さま
とても立派なご人格と拝察致しました。
これからも是非ごかすふやてに
Posted by 菅原 at 2013年09月13日 23:20
田舎帝王さん
コメントありがとうございます。

町内会や学校関係は資金確保が喫緊の課題ですからね。
まさに大問題です。
Posted by シモン at 2013年09月14日 07:11
百足衆さん
コメントありがとうございます。

違法行為に介入するのは市民の正義なんですが、怪我をするのも怖いし、あまりご無理をなさらないように。
Posted by シモン at 2013年09月14日 07:13
FYIさん
コメントありがとうございます。

カラーボールって結構高いんですよね、数千円程度。
盗まれた古紙より高かったりします。
Posted by シモン at 2013年09月14日 07:14
ラーさん
コメントありがとうございます。

私も同じ状況だったら同じことになったと思いますよ。
Posted by シモン at 2013年09月14日 07:15
デハさん
コメントありがとうございます。

芸能界にいる人の出自は、やはり常人とは異なっているんで、あまり私人としてはつきあいたくない人が多いですね。
Posted by シモン at 2013年09月14日 07:17
A2Zさん
コメントありがとうございます。

バイク窃盗団って結構多いみたいですよ。
ご用心。
Posted by シモン at 2013年09月14日 07:18
とおりすがりさん
コメントありがとうございます。

手口を教えてくださってありがとうございます。
一種のマーキングなんですね。
Posted by シモン at 2013年09月14日 07:19
燈台森さん
コメントありがとうございます。

エイトマンは犯罪の匂いがプンプンする作品でしたね。エイトマン自身、核物質を違法廃棄してたみたいです。
Posted by シモン at 2013年09月14日 07:20
ラーさん
コメントありがとうございます。

常習性のあるものにはまるのはよくないですね。
私も酒を減らさなくちゃw
Posted by シモン at 2013年09月14日 07:21
無名Xさん
コメントありがとうございます。

さすがに「北のスパイ」は考えすぎなのでは?
単に客入りが悪かったから人相も悪かったんでしょう。
Posted by シモン at 2013年09月14日 07:23
藤原さん
コメントありがとうございます。

その手段では、まともな回収員まで被害に遭うので駄目です、やめましょう。
Posted by シモン at 2013年09月14日 07:24
菅原さん
藤原さんの真似はしないでください。
Posted by シモン at 2013年09月14日 07:24
はじめまして。
タイムリーに、福岡ローカルTVで福岡市の資源ゴミの持ち去り禁止条例制定についてやってました。
今までは、注意はできたけど強制力がなかったため条例を制定しようということになったんですが、生命線を絶たれるからとホームレス支援団体なんかが反対してました。
映像では、中国人の業者が車で回収して中国に輸出していました。
Posted by 福岡人 at 2013年09月14日 11:18
福岡人さん
コメントありがとうございます。

中国バブルもそろそろ臨界点にさしかかってますので、それを境に資源窃盗犯等がいなくなることを希望します。
中国以外の新興国では、こんな窃盗団はおそらく出現しないでしょう。
Posted by シモン at 2013年09月15日 12:19
そうだ、あびる優。窃盗自慢してた奴。
デハ氏は大嫌いだろう。
Posted by 燈台森 at 2013年09月16日 23:44
よくおわかりで
Posted by デハ at 2013年09月17日 16:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック