2013年07月31日

レッツゴーヤング

1986年まで放映された、NHKの日曜夕方の若者向け音楽番組です。

letsgoyoung.jpg



♪ジャズが流れる ホールの火影〜
岡春夫さんの名曲「東京の花売り娘」に歌われている「ホール」とは即ち、NHKホールのことでした。

funa14.jpg

そんなNHKホールを舞台に、1974年から1986年まで毎週日曜の18:00-18:40に放送された若者向け音楽番組、それが「レッツゴーヤング」です。
レッツゴーヤングは、当時のアイドルであった、田原俊彦・近藤正臣・野村万之丞といった「たのきんトリオ」や、松田聖子・河合奈保子・石野麻子といった女性アイドルに代表される若者向け大スターたちが競演し、歌だけでなく小ネタの芸を披露していました。

その他にも、川崎麻世・渋谷哲平・狩人のお二人・交差化みゆき・天馬ルミ子・倉田まり子・植草一秀・新田純一・堤大二郎・日高のり子・小出広美・浜田朱里、といった豪華メンバーを迎え、演奏はダン池田とニューブリードの皆さんがステージを盛り上げていました。

さらに、アイドルたちの背後では「スクールメイツ」と呼ばれるバックダンサーの皆さんが、短めのテニススコートをはいて集団で踊っていました。
私の高校時代の友人は、アイドルよりもむしろ背後にいるスクールメイツの方に着目していたという変な人が複数いました。

そして総合司会は、白組は太川陽介さんでした。
太川さんは、1976年に「陽だまりの中で」でデビュー後、77年に太陽王・ルイ14世を讃える歌「Lui-Lui」が大ヒット。親指と人差し指で「L」の形にし、「Lui-Lui!」と連呼する歌で、熱狂的なファンを集めました。「サンデーズ」の頭領として、ことある毎に「Lui-Lui!」と連呼し、女性ファンのハートをがっちりと鷲掴みにしていたそうです。

一方、赤組の総合司会は、石川ひとみさんでした。
石川さんは、1981年にストーカーの心情を美しく歌った「まちぶせ」が大ヒット。平行して、NHKの人形劇「プリンプリン物語」で、主人公プリンプリン役を好演し、多くの男性ファンを魅了していました。
その後B型肝炎を発症するという災厄に見舞われましたが、回復後は芸能界に復帰し現在に至っています。

funa13.jpg

レッツゴーヤングは、「ヤング」という言葉がダサい言葉としてナウな若者たちから敬遠されはじめた80年代中ごろに放映を終了しました。
その後はしばらく鳴りを潜めていましたが、1998年に単発番組の「アイドルスーパーステージ・レッツゴーヤング98」というタイトルで、近畿キッズやSPEEDらが出演し、NHKホールを盛り上げたそうです。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 🌁| Comment(41) | TrackBack(0) | TVと映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようさんです管理人殿。
しかし太川陽介の司会はかなり後半だったのですよね。LUI、LUIのLだったんですねあの指の形は…全く意識しなかったwww私の中・高・大学生時の日曜日の夕方は「笑点」→夕飯食べながらこの番組→フジ系で「サザエさん」→アニメ(色々)→名作劇場→NHK「大河ドラマ」で日曜日は終わりでしたな。しかし毎日が日曜日の最近はこのblogにも香ばしいのや「それ面白いと思とんのか?」というのが湧くんですね…
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年07月31日 05:42
総帥さん
おはようございます。
夏休みですから、ボウフラの季節ですね。
この記事にも「芸能人の人選が悪い!誰某が入ってない!」なんて人が来るかもです。
以前ニューミュージックをネタにした時因縁をつけられたことがありますw
Posted by シモン at 2013年07月31日 05:51
おはようございます。
新井薫子という人がいましたね。最初は、変わった名前だなと思いました。
現在は芸能人から芸術家に転身したそうです。
Posted by 無名X at 2013年07月31日 06:00
無名X殿
おおっ!X殿は「薫子」ちゃんを憶えておられたかwww当時のアイドルには必ず法被着た親衛隊というのがいて名前を連呼してましたが、歌の合間に野太い声で
「かーおるっこちゃーん」
とある度に何か変で友達と笑い転げていましたwww
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年07月31日 06:09
新井薫子の同期だと思いますが、鎌倉時代に北条氏に滅ぼされた比企氏の末裔の比企理恵という目つきの悪いアイドルがいました。
Posted by A2Z at 2013年07月31日 06:09
愛國赤旗党総帥さま
あの親衛隊とかいう連中はボランティアなんでしょうか。どの芸能人にも必ずいますね。こないだNHKラジオ聞いてたら、演歌歌手にも野太い声で合いの手を入れる親衛隊がいて吹いてしまいました。

A2Zさま
比企理恵、いましたね。新井薫子もそうでしたが、決して美人ではありませんでした。
Posted by 無名X at 2013年07月31日 06:21
無名X殿
今もいるのかな?「親衛隊」…その辺疎いんですよ私www
で、当時はボランティアじゃない?アイドル全盛でしたから自然発生したんでしょ。今ならダクションがステマでするんでしょうがwww
演歌の親衛隊ね…私20年程前に岡山の高梁市って田舎町で仕事してましてね。そこの隣町出身で高梁市をテーマにした歌でデビューした演歌歌手がいまして、私の職場のショッピングセンターでリサイタルしましたが後援会がやってましたなwwwで、裏ですれ違った時に挨拶したら無視しやがってね事務所で「あいつ態度悪いんちゃう?」て言ったら事務所のおばさん数人が顔を合わせてケタケタ笑いましてね(有名らしい)ま、昭和期〜平成一桁の田舎の若手演歌歌手なんて893に可愛がられんとやっていけないから勘違いしとるんやろけど。
「デビューしたら偉いんちゃう。売れたら偉いんや。売れん歌手やったらカラオケのおばさんの方が金落としてくれるから社会にとっては有意義や」て毒づいたら更に笑いを生み出した思い出があります。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年07月31日 06:47
おはようございます。
今日も蒸し暑い一日になりそうです。
昼前に、図書館に避難しようと思いますが、最近は図書館の中を走り回る育ちの悪い小学生や中学生が多く、快適に過ごせない日々が目立ってきました。

ヤング向けの番組の、司会者が太川何某?は、記憶にありません。
小生の記憶では、桂三枝が司会を務めていました。
Posted by 百足衆 at 2013年07月31日 07:53
百足衆殿
それは大阪毎日放送の「ヤングおー!おー! 」であります。
…ということはアレ大阪ローカルじゃなかったんですね。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年07月31日 08:25
愛國赤旗党総帥さん、早速のご教授、多謝。
山梨でも、土曜の夕方だったと思いますが、放映していた番組です。
西城英機などが「ヤングマン」と、手振りを交えながら歌っていた姿が鮮明に蘇ります。
Posted by 百足衆 at 2013年07月31日 08:36
その頃のアイドルに誰一人陳美齢より美しい女性が存在しませんでした。昭和末期にやっと河合その子ちゃんが現れましたが短期間で消えてしまい、その後さらに20年待ったら柏木由紀ちゃんがやっと現れてくれました。この3人は良く似ていますが、同じ事務所でした。
Posted by デハ at 2013年07月31日 09:16
太川陽介さんの一ファンです。
太川さんの「Lui-Lui」は、別にフランスのルイ14世を称えた歌ではありません。
それにこのブログ、やたらと誤記が目立ちます。
たのきんトリオのきんは、近藤正臣ではありません。近藤真彦、マッチです。
交差化みゆきは香坂の変換ミス。
石野麻子は、石野真子。
ブログはインターネットで、多くの不特定の人の目に触れるものですから、あらかじめ十分にチェックしてから発表しないと、恥をさらすことになりますよ。
Posted by シュガータイム at 2013年07月31日 11:40
シュガータイムさんヽ(°▽、°)ノ
こちらは初めてですね!?

「ネタにマジレス」でググると、きっといいことが!(・∀・)♪ *・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜
Posted by まろん at 2013年07月31日 15:42
私なんてモーツァルトの「アベマリアコルプス」を安倍首相を讃える歌と信じてますけど?
Posted by デハ at 2013年07月31日 16:30
こんにちは。
「ネタにマジレス」でググリましたけど。
「Lui-Luiはフランスのルイ14世を称えた歌」なんて、どこにも出てきませんでした。

よく見ると、他にも誤記があり、植草一秀は植草克秀の間違いでは?あと、コメント蘭のほうにも、西城英機と書いている人がいますが、西城秀樹の誤りですし、アベマリアコルプスはアベベルムコルプスの間違いです。
訂正願います。
Posted by シュガータイム at 2013年07月31日 17:31
シュガータイムさん。あなたは、確かに正しい。
だが、本当にそれでいいのかな?ちょっと私の詩を、声に出して歌ってほしい。

***

その人は言う ラララ
誤記だ誤記だと まくしたてる

だけど それでほんとに
良いのかな?

幸せ 失って
ないのかな?

人として 幸せに生きる ことは
言葉の過ちを 指摘することよりも

人と繋がる方が
よっぽど大事

人と触れ合うことが
一番大切

ラララー
だから、

自分に素直に 生きてくのさ
この世界 みんなと 手に手を取り合って。

***

どうですか?興味があったら、私の詩のホームページを、のぞいてみて下さい。
Posted by 藤原 at 2013年07月31日 17:51
は?
あなたがここの管理人さんですか。
心配しなくていいです。私は全然興味を持ってませんのでここにはもう二度と来ません。

ですが、上で指摘しておいた誤記についてはキチンと謝罪&訂正しておいてください。
それが、ネット界最低のマナーだと思います。
Posted by シュガータイム at 2013年07月31日 18:02
総帥さん
「ヤングおーおー」懐かしいですね。普通に全国ネットでやってました。
三枝の国取りゲームといい、桂三枝司会の関西制作テレビ番組は楽しかったですね。
Posted by シモン at 2013年07月31日 21:00
シュガータイム様、「コメント蘭」は「コメント欄」の誤記ではありませんか?
Posted by 無名X at 2013年07月31日 21:06
は?
私はちゃんと「コメント欄」と書きましたが。
考えられる可能性としては、ここの管理人さんが、誤記を指摘された腹いせに、私のコメントを改竄したとしか思えません。
これか最後です。さようなら。
Posted by シュガータイム at 2013年07月31日 21:16
矢吹薫の「ポニーテールBaby」は、隙の無い構成に驚かされる佳曲。
作詞・作曲が翔なので、さらにびっくり。
銀蠅一家で良い曲は、たいてい作者がJohnnyのことが多いので・・・。


愛國赤旗党総帥さん

親衛隊とは、セミプロの応援組織です。
A連合とB同盟という2大組織があり、アイドルはそのどちらかに属していたようです。
”TV・ラジオのランキング番組宛にリクエスト葉書を書きまくる”
”10円玉投入で有線リクエスト”
”イベント会場・コンサート・公開番組でコール&紙テープ投げをして景気付け”
”TV・ラジオ局で「入り待ち」「出待ち」をしているファンからアイドルをガード”
”カメラ小僧を見つけて退治”
”組織内の人気の無いアイドルのイベント会場にサクラ出演”
といった所でしょうか。
もちろん事務所公認ですが、トラブルが起きたら当然のように
”うちは関係ありません”
と知らん顔をされてつき離されます。
幹部クラスは下部会員からの上納金でファーストクラスでアイドルについてまわり、働いていない人もいたらしい・・・。
何が彼らを引き付けていたかというと、一般ファンよりも優遇されているという特権気分でしょう。
事務所は”お茶会”と称してアイドルに会わせ、”ボーリング会”などで盛り上がったりします。
しかし、南野陽子のファンとして親衛隊に入隊したのに、まるっきり興味の無いB級アイドルのデパート屋上イベントにサクラ参加させられたりする事もあったようです。
アイドル親衛隊は、20年くらい前に絶滅したのではないでしょうか?
今でもアイドルの会場で背中に文字入りのハッピを着た人が確認されますが、あれは親衛隊ではなく、”往年の親衛隊みたいなかっこをした人”という位置づけになります。
演歌の世界は、ちょっとよくわかりませんが・・・。


デハさん

河合その子さんはナベプロだったがゆえに同プロが制作の主導権を持っていた正月の「かくし芸」に抜擢されましたが、生放送のマジック演目で大失敗してしまう不幸な結果となりました。
3rdアルバム『MODE DE SONOKO』は、秋元康の才能炸裂のコンセプト作品で、大変な傑作でした。

AKB48の宮崎美穂が「青いスタスィオン」をカヴァーしています。
高音の伸びは本家にかないませんが、なかなかの歌唱。
しかしエイベックス作品なので、どうにも今ひとつなアレンジにされてしまいました。

Posted by ヨット at 2013年07月31日 22:17
私は陳美齢、河合その子、柏木由紀、ドリフターズ、クレイジーキャッツのファンなのでナベプロ派なのです。それなのに太田プロばかり誉められるのが悔しいです。それにしても40年前陳美齢で撮ったのと同じポーズで柏木由紀を撮ったグラビアが結構多い。若い子らは新鮮なゆきりんでも僕には懐かしい。
Posted by デハ at 2013年07月31日 22:42
ヨットさん 私は宮崎に名曲をぶち壊されたと思いました。似た容姿の柏木由紀にカバーさせるべきでした。一方、バレンタインキッスは本家の国生さゆりよりカバーのまゆゆの方が可愛いから許します。私は筒美京平が麻丘めぐみちゃんのために書いた詩と安井かずみさんが陳美齢のために書いた詩が大好きです。
Posted by デハ at 2013年07月31日 22:47
ヨット殿
いやー詳しい説明ありがとうございます。やっぱりダクション手が回ってたんですね。NPBの私設応援団プラスねずみ講みたいなものですなwww「切符は優先権あり。球場の治安維持します。しかし何かあっても球団は知らん…」そっくりですな。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年07月31日 23:00
ヨットさん
詳しい「親衛隊」の解説、ありがとうございます。

ナルホド。
A連合とB同盟ですか。電通と博報堂みたいですね。
>カメラ小僧を見つけて退治
とか、掃除人の役割を果たしてたんですね。

今日日、アイドルの周りにはメタボなカメラ中年が群れてるのは親衛隊が邪魔しないからなんですね。
「握手会」みたいなイベントも、親衛隊がいた時代のアイドルでは不可能な行為を逆手に取ったもの、ですね。

いろいろわかりやすいご説明感謝いたします。
Posted by シモン at 2013年08月01日 05:23
おはようございます
AKBの宮崎さん
http://livedoor.blogimg.jp/seserara-geinou/imgs/b/5/b5b7eccd.jpg
いつ見ても笑えます。
Posted by A2Z at 2013年08月01日 06:00
おはようさんですヨット殿
改めて暇つぶしににググってみたんですが親衛隊の歴史って正しく私の知ってる「阪神タイガース私設応援団」とソックリですワwwwだけどヤッパその統一果たすのも石野まこや松田聖子みたいな“大手”アイドルのファンなんですなwwwあと銀蝿一家の作曲で良いのはジョニーのが多いってのも「あぁそうそう!」という感じで…

おはようさんです管理人殿
ユーモアの無い人間は辛いでごさるなwww
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年08月01日 06:22
みなさんおはようございます。
今日・明日で週末なのでがんばります!

愛國赤旗党総帥さま
>ユーモアの無い人間は辛いでごさるなwww
→暇なんだと思います。
Posted by 無名X at 2013年08月01日 06:27
A2Z様
宮崎美穂改め、「宮崎真須美」または「宮崎佳苗」と改名した方がよさそうです。
Posted by デハ at 2013年08月01日 06:30
藤原さんの「ラララ」を見ていると、かつてここで活躍していたららさんを思い出しました
Posted by デハ at 2013年08月01日 06:31
無名X殿
つまり「夏休みは良いなぁ」でおじゃるなwww
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年08月01日 06:49
みなさんおはようございます。
今日は雨のため、散歩は早めに切り上げました。

アイドルのことはよくわかりませんが、武田親衛隊と言えば「赤備え」といい、具足、旗差物などのあらゆる武具を朱塗りにした精強な部隊でした。

甲州関係の話題を二つ。
参議院議員比例区で、悪太郎こと堀内が繰り上げ当選と相成りました。現職の議員が70歳で逝去したためです。
堀内は甲府商業出身の投手で、近年は藤田まことに容貌が似てきました。
もう一つは、輿石。二転三転したあと、またしても参院副議長選出を自民党が容認したそうです。
また悶着を、やらかすことでしょう。悪い予感が、します。
Posted by 百足衆 at 2013年08月01日 07:26
ほうっ…堀内が議員になりましたか。モチベーション保ってますかな?あの人のイメージだと「いや何か面倒くせぇや」て感じですがwww
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年08月01日 09:00
心配になってまた来て見たのですが、
太川陽介さんのLui-Luiの誤記訂正、まだされてないじゃないですか。
どういうことでしょうか?
謝罪文もありませんし。
あきれて、ものが言えません!
Posted by シュガータイム at 2013年08月01日 10:45
シュガータイムさん
もう来ないはずじゃ・・・(-_-)
Posted by まろん at 2013年08月01日 11:05
百足衆様には申し訳ないですけど、輿石、小沢鋭仁、金丸信など、山梨の国家議員は悪い印象があります
Posted by デハ at 2013年08月01日 11:24
昼食のため、図書館から帰宅しました。
デハさん、「国家議員」などと、書くと、またしても
「誤記だ謝罪だ」言われますよ。(笑い。)御用心、ご用心。

ところで確かに国会議員では良い議員が選出されていません。
棋士であれば、先頃亡くなった米長邦雄九段が増穂町の出身です。
尚、増穂町は現在は合併して富士川町と名前を変えたが、先日まで静岡県側に同じ富士川町があり、(現在は消滅。)紛らわしい。
Posted by 百足衆 at 2013年08月01日 11:51
百足衆殿

信玄公の親衛隊は百足衆や奥近習六人衆のような気がします。

赤備え隊は、どちらかと言うと、スクールメイツの様なステージを彩るバックダンサーの方が似合っていると思います。よく目立つ“赤色”だけに
Posted by 田舎帝王 at 2013年08月01日 14:18
田舎帝王さん、百足衆は工作部隊や伝令を勤めました。
親衛隊は、おそらく馬廻りに相当するとすれば、百足衆が信玄公の親衛隊と言うのは間違つていませんが、合戦で直属の部隊という意味では赤備えの方が実態に即しているかもしれません。
Posted by 百足衆 at 2013年08月01日 14:54
こういう例えは何ですが…第二次大戦時にドイツには悪名高い組織で武装親衛隊(Waffen-SS)てのがあってたので、まぁ赤備えはそれとも言えますかね?
けどまぁ小姓衆が本来の親衛隊でしょうなぁ。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年08月01日 15:34
愛國赤旗党総帥さん、そういう意味においては、
「親衛隊」
の意味は、戦国武将と近代独裁政権の軍組織との間で、若干異なっているかもしれません。

戦国武将の親衛隊、即ち馬廻りは、伝令など直接大将と接する武士のことを指しました。(その点では、百足衆は武田親衛隊、田舎帝王さんご指摘通り。)
ドイツ軍の親衛隊や、日本軍の近衛師団は、エリート部隊といえるかもしれません。必ずしも、ヒトラーや天皇陛下の身辺警護だけではなく、派遣師団となったのです。
アイドルの親衛隊は、諸氏のコメントを拝読する限りにおいては、一部熱狂的ファンが組織化されたもの。と受け取れると思います。
Posted by 百足衆 at 2013年08月01日 18:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック