2013年09月11日

学校給食

公立学校の義務教育課程では、学校給食が提供されます。

gakko_kyusyoku.jpg

小学生の皆さんも、夏休みが終わって早くも2週間が経とうとしています。
平常の日常生活に戻った小学校生活の中の楽しみは、「給食を食べること」だった人も少なくないはずです。

ada03.jpg

学校給食は、明治22年に山形県の私立小学校で、貧困児童を対象に提供したのがその始まりだそうです。
以後、大正年間を経て戦前は米飯による給食が主流でしたが、戦後米国から大量の小麦粉と脱脂粉乳の供給を受け、1970年代中頃までは学校給食の主食はパンでした。

学校給食に使われた食器は「先割れスプーン」という匙でした。これは、先端部分が三叉に分かれているスプーンで、これによって食物を突き刺して食べることができたのです。
ただし、このスプーンは使いにくく、食器に顔を近づけて食べる「犬食い」でないとなかなか器用に食べ物を口元に運べなかったため、80年代にPTAが糾弾され、形状が使いやすいように改良されたという経緯がありました。

70年代前半以前に学校給食を食べた人が必ず述懐するのは、鯨食です。「鯨肉の竜田揚げ」は、最も一般的な学校給食のメニューでした。他にも「大豆とひじきの煮つけ」だとか、「椎茸と高野豆腐のおひたし」のようなメニューがほぼ月に2〜3回のローテーションで回ってくるので、あらかじめ配布された献立表に嫌いなおかずの載っている日は気分も落ち込みがちだったそうです。
学校によっては、月に一回「特別給食の日」があって、その日だけプリンのようなデザートが出ることが楽しみだったそうです。70年代後半以降、食生活が豊かになりほぼ毎日デザート付の給食が日常化するようになって、そのような「特別給食の日」は消滅しました。

学校給食に欠かせない牛乳の容器も、ガラス瓶からテトラパック、そして普通のパック容器へと進化を遂げました。
ガラス瓶だった時代は、給食当番が給食室に行って牛乳を受け取ったあと、誤って廊下で落としてしまい全部割れ、その日のクラスは牛乳なしだった、などといった事件も起きたそうです。
ガラス瓶の牛乳に「ミルメーク」という粉を加えるとコーヒー味になる、というギミックもついていましたが、パック牛乳の時代には普通にコーヒー牛乳がパックとして提供されましたので、ミルメークという製品そのものを見かけなくなりました。

ada04.jpg

義務教育の学校給食費を支払わない親が急増しているという話が巷に流れるようになってから何年も経ちます。
彼らの言い分は「義務教育は無償のはずだから」ということのようですが、ルールで給食費を払うことが何年も前から決まっており、かつ殆どのまともな父兄が支払っているのですから、これは明らかに「食い逃げ」以外の何者えもありません。
自分で都合の良いようにルールを捻じ曲げ、抗弁する。こんな発想は、かつての日本人には皆無だったのですが、最近はいろんな点で日本社会の「価値観の多様化」が進んでしまっているようです。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(52) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
未納問題とか、アレルギー問題とか、宗教的な問題とか、手間がかかるようになった割には給食費の未納で予算は火の車らしいですね。

いっそのこと、給食を無くすのも一つの手立てだと思うのですが、無くしたら無くしたでクレームのオンパレード。

人間と言うのは我儘なものです。
Posted by 田舎帝王 at 2013年09月11日 07:50
アナフィラキシーショックアレルギーの子供にアレルゲンの入った給食を提供して事件になるというケースが多発してますね。
蕎麦アレルギー、イカアレルギー、ピーナツアレルギー、実に様々です。
アレルギーを持つお子さんに罪はない(当然)ですし、命に関わることなので、本人が自衛するだけでなく周囲の大人が配慮しなければならないと思います。

そんな問題もあって給食の費用負担が大きくなることを、未払いの親にも知ってもらう必要はあるでしょうね。
アレルギー問題は、症状を持たない子供の親たちこそ認知すべき問題だと思います。
Posted by FYI at 2013年09月11日 08:47
どこかの自治体では、お金がないから給食とも呼べない給食が提供されているみたいだね。

給食を出すための給食では、本来の給食の持つ目的や意味が損なわれているような気がします。

昔、学校の先生から「一人の不心得者の為に多くの人たちが迷惑をこうむる」と教えられてきましたが、この際、これを実行するべきじゃないのかと思うのです。
Posted by 田舎帝王 at 2013年09月11日 09:39
朝夕はだいぶ暑さが和らぎ、涼しさを感じる今日この頃。
ようやく秋らしい季節に向かおうとしています。

戦後の日本は、一部の不心得者を利するために、多くの人が税金で支えなければいけない社会を作ってきました。
それは、高度成長や好景気の時には意識されませんでしたが、ここへ来て、「本当にそれで良いのか。」という段階に来たと思います。
給食費を払わない親は、詐欺罪、横領罪で逮捕すねきなのです。
と書くと、「デハサンか」と思われるかもしれませんが、まともな人間は、常に社会に対し、毅然と処断されることを覚悟で、まじめに生きているのです。
冷蔵庫で寝転がったり、給食費を滞納して損害をもたらした人間は、相応の罰を受けなければ、まともな人間たちまで精神的な被害をこうむることに、なる。
れんほうが、鬼の首を取ったように防災費用を削減する、そんな熱意があるなら、給食費不払いの親を処断してほしかった、むしろそういう政策をしていたら、民主党もここまで嫌われることは、なかつたように思えます。
Posted by 百足衆 at 2013年09月11日 10:11
ここは、給食費不払いを「悪」と決め付けている人が多いですね・・・
そもそも、なんで粗悪な給食を、そんなに良いものと見てるのでしょうか!?
・給食は、子どもに対する強制です。
・子どもがつぐので、衛生的には最低です。
・そしておかずも一品のみ。食べても食べなくても給食費を取られる
これって、明らかにおかしいでしょ!?

レストランでも、しっかりしたところなら、
「もしお口に合わなければ、お代はいただきません」
言うところが、ほとんどです。そうでなければなりません。
なのに、粗悪な定食である給食を食べさせられ、お金を払えというのは、注文してもいないのに勝手に出された料理でお金を強用される「押し売り商売」じゃないでしょうか!?

それを気に入ればお金を払ってもいいですが、全然いいと思わなかった場合は支払わないのは当然かもしれないな〜という感じです。
Posted by まいくんのママ at 2013年09月11日 11:55
給食を作る現場も随分と合理化されています。昔は学校単位で調理していて、給食のおばさんの雇用形態は正式な現業公務員でしたが、徐々にパートに切り替え、最近は給食センターに集約し民間委託とか外食産業と変わらなくなっています。
そうであれば、いっそ民間の大手が参入すれば良いと思いますが、給食のレシピは意外と高カロリーで手が込んでいる上、最近は過敏なまでに食の安全が問われるので難しいと思います。いっそのこと弁当に戻しても良いのでしょうが、家庭の事情で弁当を持って来れない子供への配慮問題が出るでしょうね。
Posted by HB at 2013年09月11日 22:14
給食はあった方が良い。
上で衛生面が指摘されているので、配膳は担任の先生がやるべき。
給食費は、今より3割程度安くした方が良い。
アレルギーが問題になっているので、オカズは5〜10種類ぐらい用意し、その都度選ばせるのが良い。
Posted by 藤原 at 2013年09月11日 23:28
おはようございます!

>まいくんのママさんへ
酷い屁理屈ですね!
だったら私立の学校に行かせてください!

他のみなさん、今日も頑張りましょう(^^)/
Posted by Captured at 2013年09月12日 06:07
デハさんや総帥さんが留守だと、ユニークな考えの人が来ますね(´_`)

なんとかさんのママさん!
それ勝手過ぎでしょ!食べたんだったら払うべきでしょ!(`Д´)

藤原さん!(前も来ませんでしたか!?)
お金がいくらあっても足りんわそれ!(`Д´;)
Posted by まろん at 2013年09月12日 10:22
おはようさんです。いや〜休みって本当に良い物ですね。遅い夏休み明けて仕事したら嫌になったワwwwとは言うものの今日、明日も休みでねwww明後日から地獄が始まる。
…が1日2日空けたら又気違いが湧いてるね。まろんちゃんので全部終わってるけどね。ただ少しだけツラレとやろうか…藤原さん〉配膳は担任の先生がやるべき。
この上教師にやらせるんかい?ただの下僕やないかい。

あと一人名前言うのも恥ずかしい人〉・子どもがつぐので、衛生的には最低です。

はぁお宅のお子さんはそんなに汚いの?可哀想どすなwww

〉「もしお口に合わなければ、お代はいただきません」
言うところが、ほとんどです。

フハハハハハwwwじゃやってみろよ。警察一直線が“ほとんど”でごわりますなwww
ハイ。後は無視。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年09月12日 11:38
私達が小学生の頃の給食はスネークマンショーのデビィド・ボウイのアルバムのネタじゃないけど「良い物も有ったけど悪い物も有った(分かるかなwww)」そりゃ仕方ないけど食い合わせのバランスは考えて欲しかったな(栄養と違うよ)筑前煮とレーズンパンとかケンチン汁とコッペパンとか。限られた予算での遣り繰りは分かりますが。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年09月12日 11:57
昨日今日と、郷土史研究会の寄合があったのであまり来ておりませんでした。おかしな書き込みがあったことは認知していましたが、時間がなく、放置していましたが、captuderさん、まろんさん、愛国総帥さんが反論してくれて、我意を得たりという処です。
どうも昨今の日本、「割とどうでもいい人間を、まともな人間が全力で支える。」という、おかしな構造に、なっています。
かくいう私も、介護が必要になったら、延命などせずさっさと天に召されるように遺言をしておくつもりですが。
たとえば民主党がやった「子供手当て」。あれは酷い。近所の人間で、もらった子供手当てで学校休ませて家族でデズニーランドに行った家族がいる。そういったお金は、真面目に精勤した人達の税金だということを、理解していたら、子育てのためのための用具や食品、書籍に費やすべきで、レジャーに使うべきではないことが、すぐわかるはずだが、こういった馬鹿親たちから投票してもらいたいばかりに、くだらない政策をぶち上げた、小沢は本当に悪人と言ってよい。
アレルギーの問題も、給食に限った話ではなく、飯を食うたびにそういった危機に陥るなら、給食費を免除してもらってお弁当にすれば良い。「忙しくてお弁当が作れない。」と云うアレルギー親もいるかもしれないが、子供の命を優先するなら他人の飯に任せず自分で処置するしか、ないように思う。
こういったもろもろのことを、「公立だから。」「義務教育だから。」と勝手な理屈をつけて、学校側に押し付け、問題が生じれば騒ぎ出す親を見ていると、虫唾が走るというものだ。
Posted by 百足衆 at 2013年09月12日 12:08
藤原氏の発言は矛盾している。だが、どちらかに絞れば賛同できる。コストの削減か、衛生の徹底。どちらかに絞れば実現可能。3割安くして衛生も徹底は虫がいい。
Posted by デハ at 2013年09月12日 12:21
バイキング店で子供がこねくりまわしているのを目撃して以来その不衛生さがトラウマになり二度と利用していないので、子供による配膳が不衛生だという意見には賛同できる。食堂を作りパートに配膳させた方がいい。高校や大学、私立はそうなっている。しかし、料金を3割安くした上では無理だ。私は値段が上がってもいいから衛生をとりたい。
Posted by デハ at 2013年09月12日 12:25
総帥さん
私が経験した変な組み合わせの給食というと、
「酢豚とマーマレードパン」「かんぴょう巻と牛乳」
ですね。
あと「千キャベツ」といって、単に千切りしたキャベツのみ。調味料なし。しかもおかずこれだけ、あとはパンと牛乳。という日がありました。
Posted by ラー at 2013年09月12日 12:26
そういえば、パンを早食いして窒息死した子供がいましたな。
学校が管理不行き届きで親に訴えられたみたいですが、そんなの親の躾なのでは!?と思いました。
Posted by A2Z at 2013年09月12日 12:35
デハさま
衛生とコストと栄養バランスを両立させる妙案があります。
「カロリーメイトを配る」方法です。
ビタミン剤も加えると、なお良いでしょう。
Posted by ラー at 2013年09月12日 12:42
ラー殿
〉「千キャベツ」といって、単に千切りしたキャベツのみ。調味料なし。

何じゃとて?仙台球場のメニューであるか?県なり市なり学校なりの予算の問題でしょうかね?

まぁ突き詰めれば「子供や保護者のニーズの多用紀に対応仕切れない等の理由により」廃止し弁当持ち及び学生食堂化の推進てのが妥当かね。ま、そこで「義務教育だから〜」て騒ぐバカもいましょうが…学校への出入り業者も儲け口を確保出来るし衛生面も守れるしね。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年09月12日 12:51
あと此処で云う衛生面てのは精神衛生の部分もあると思いますが正直学生当時、配食を仲間がやってたことに嫌悪感は有りませんでしたがデハ殿がいうバイキングで他所のガキがコネクリ回したのは確かに嫌だwww以前書きましたが私は食物を粗末にする奴、オモチャにする奴は嫌いですので。“精神”て書きましたが以前食品応援で巻き寿司を作りに行きまして私みたいに不器用な素人は運搬でもさせれば良いのに「皆で気持を一つに…」とでも云う“精神”でしょう…作らされましてねwwwあの手の裏を見たら“ソレを”食えなくなるて言うでしょうwww…そういう訳だwww

ラー殿
名案ではあるなwwwで左巻きBBAが「お食事しなが友達と楽しむという…」とかて騒ぐんやろなwwwどないせい言うんやwww
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年09月12日 13:05
まあ、給食廃止・食堂や弁当屋さんの出入り、という方向に進むでしょうね。
義務教育の提供するものも、時代によって変わっていく、ということで。

デハさまや総帥さん同様私も外食に精神的衛生を求める方です。
昔岩手にわんこそば食べに行った時、混んでもいないのに順番に席に座らされて、その隣のガキが一杯ごとの汁を「ガバッ!ガバッ!」とやたら勢い良く捨てやがるんで、こっちに飛沫が飛んできてエライ往生したんですが、親は見てみぬフリ。
10年経った今も忘れられず、被災したとはいえわんこそばだけは支援に行く気がしません。
Posted by ラー at 2013年09月12日 13:22
ラー殿
至れり尽くせりになったから人間が考えることしなくなっちゃったんですよ。「こういう時はどうすべきか?」なんてのを親が分からないのじゃ教えも出来ないしね。いつか書いたドツキ漫才と同じで何らかの前提を分かっているっていう前提が無いんですよ。
こないだ人がいないので暫く職場でレジをやったんですよ。
「\800になります。カード払いですね?お支払は一括で宜しいですか?」とやったらお客さん笑い出してね。わかるでしょ?で、
「『確認しなかったけど分割希望ならどうするつもりだったの?』なんて投書が来ることあるんですよ。どうやって\800を分割するんだよ(分割は1回の払いが\サン以上)」
お客さん「投書を書く時間が勿体無いワwww暇な人ねwww」てな具合でね。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年09月12日 13:57
総帥さん
「至れり尽くせり」を前提にしてしまい、
「なんでもお客さんが不満に思えば相手の落ち度」
という風潮になってしまったのも嫌といえば嫌ですね。

投書といえば、いまだに新聞に「投書欄」であるんですね。
twitterとかmailとかじゃなく、封書で送られた「投書」には、いろいろ味わい深い作品があるそうですw
Posted by A2Z at 2013年09月12日 14:54
A2Z殿
「至れり尽くせり」を求めるのは良いんですよ。ただ「サービスは対価価値」て考えも輸入しないとダメだったんですよ。ハッキリいってチップね。あれがあるから概念としては分かるのよ「人を動かすのは銭」ってのが。そしてそれを超えた所に“善意”や“愛”があるんやって。寧ろ其だからこそ“金が全て”じゃ無いて気持伝わるんじゃないかな?


“味わい深い作品”て何よ?www一種の皮肉かな?www
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年09月12日 15:14
総帥さん
そうですね。その対価の考え方がおばちゃんたちに通じるかどうか・・・

「味わい深い作品」たとえば「アンニョーン イエローストーン」でググッてみてくださいw
Posted by A2Z at 2013年09月12日 15:57
スゴイのがいますね。

***

サービス三流懲りた新幹線
主婦 佐藤 安子(岐阜県 59歳)

 3月下旬、2泊3日の東京巡りをして、たくさんの楽しい思い出を胸に、東京発「ひかり」に飛び乗りました。

 空席が多かったので荷物を右の座席に置いて腰を下ろしました。
 その時、車掌さんが検札に来ました。

 私の切符を見て、4千円余りを支払って下さいとの事でした。

 グリーン車でした。

 財布の中は2千円少々しか入っていませんでした。
 自由席を3両歩きましたが、全部満席。

 疲れが出て、それ以上空席を探す気になれません。
 出入り口のドア近くにバッグを置いて腰掛け、足は対面の壁にくっつけて疲れを癒しながら考えました。

 切符は、金券ショップの格安店3点を回って買った9300円のものです。
 車掌さんは横を通っても声をかけるでもなく、むなしい1時間50分でした。

 180円の切符を買っても「ありがとうございます」という言葉をかけてくれる私鉄の駅員さんがいるかと思えば、JRは1万円近い切符でも空席の案内もありません。
 二度とJR新幹線は利用したくありません。

 サービスは三流です。

(2002年4月7日 名古屋版)

***

このおばちゃんに、「サービスの対価」って言っても絶対に通じないでしょう。
Posted by ラー at 2013年09月12日 16:12
ラー殿
で、このBBAはどうして欲しいの?自由料金で空いてるグリーンに座らせろっての?或は自由席で空いたらソコを確保した上で教えろっての?クソ忙しいワ。それ以上に新聞はどういう意味で此を載せたかやね。本気か?煽りか?馬鹿曝しか?還暦前のBBAが本名曝して自爆としか見えませんがwww岐阜の方ですか?中日新聞ならあの辺は9割近いから近所じゃ1年は笑い者ですなwww孫は「おばあちゃん恥ずかしい」

A2Z殿
それもググってみましワ。ヤッパ香ばしいのかな?
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年09月12日 17:07
いやはや、高齢者の新聞投稿は、昨今の若い人たちがインターネットに不潔な画像を投稿して、「炎上」するのに、近いものが、ありますナ。
私も、このホームページに投稿する際は、「炎上」しない様、十分気をつけねば。
Posted by 百足衆 at 2013年09月12日 18:57
田舎帝王さん
コメントありがとうございます。

学校給食は、徐々に時代に合わないものになってしまったようです。
マズローの三角形に示される通り、人間の欲望レベルは徐々に上がっていくものなので。
とはいうものの、まだまだ需要は大きいでしょう。過渡期の軋轢みたいな感じでしょうか。
Posted by シモン at 2013年09月12日 19:25
FYIさん
コメントありがとうございます。

アレルギーの問題は、難しいです。それを常時監視していなければならない(=昼食時も!)先生というのも以前に増して負担が増えました。
現実解は、アレルギーの生徒さんだけはお弁当を持参するのがいいんじゃないでしょうか。
まさか全てのアレルギーに合わせて食事を作る、なんて無理でしょうし。
Posted by シモン at 2013年09月12日 19:27
百足衆さん
コメントありがとうございます。

>、「割とどうでもいい人間を、まともな人間が全力で支える。」という、おかしな構造

それ、言えてますね。いえ高齢者の皆さんは、「お疲れ様でした」という感謝の意味で全力でお支えしなければいけないんですが、そうではなく、「不心得モノのレベルに合わせて社会全体に負担がかかる」という、田舎帝王さんも言われた構造はおかしいし、改善しないと不味いですよね。
Posted by シモン at 2013年09月12日 19:30
まいくんのママさん

頭おかしいんじゃないですか?
義務教育の成果もなかったみたいですね。
Posted by シモン」 at 2013年09月12日 19:31
HBさん
コメントありがとうございます。

合理化は進んでるんでしょうね。
あと、お弁当に切り替えるとしても全員揃って「弁当!」という横並び主義は具合悪いでしょうね。
アレルギー持ちだとか、宗教上の理由とか、ある意味「少数派」の人達に弁当を促す、という方が良いと思います。
Posted by シモン at 2013年09月12日 19:33
藤原さん
コメントありがとうございます。

先生にやらせちゃダメですよ。
生徒が配膳を学ぶんです。衛生観念も。
それをやらないから、外食で平気で周囲に迷惑かける子供ばかりになってしまう。
Posted by シモン at 2013年09月12日 19:48
Capturedさん

管理人の代理をありがとうございます。
あと一日で3連休ですね。
Posted by シモン at 2013年09月12日 19:49
まろんさん
コメントありがとうございます。

正論ですね。珍しく?www
Posted by シモン at 2013年09月12日 19:49
デハさん

どこの自治体も財源が赤字で、HBさんがおっしゃるように合理化が進んでいます。
衛生を担保するとしたら、給食でなく食堂になりそうですね。
Posted by シモン at 2013年09月12日 19:50
A2Zさん
コメントありがとうございます。

新聞の投稿記事は、一時私もはまったことがありました。
選考委員は何を基準に選んでるんでしょうねww
Posted by シモン at 2013年09月12日 19:52
ラーさん
コメントありがとうございます。

観光客向けのわんこそば屋はキチキチに詰められてしまうので、美味しく味わえないですよね。
もっとも「観光向け以外のわんこそば屋」があるかどうかわかりませんが。。
Posted by シモン at 2013年09月12日 19:53
百足衆殿
老師は今の処(これも失礼な言い方だがwww)気にしなくても良いでしょう。あぁいう気違いはお山の大将化して位とか年齢とかが下の人間の話を聞かなくなったそして話をして貰えなくなった人間がなるんですよwwwただね古いと言われようが「コイツは勘違いしておる」と思ったら叱り飛ばすのも老人の役目。さじ加減難しいねwww
少し長い引用を…故海音寺潮五郎氏のエッセイです。記憶頼りですので意訳になりますが…
「私はこのペンネームと鹿児島出身。更に普段から着物を好むので頑固爺みたいに思われてるが実はそうでもない。ただあの敗戦後それまで若い者にガミガミ言ってた年寄りが自信を失い間違った若者に注意も出来なくなったのを見て考えを変えた。新しい物を取り込んで変革をしたり新しい物を生み出す柔軟な頭は我々年寄りは敵わん。しかしその新しさに対して年寄りには豊富な経験がある。其を捨ててまで迎合したら我々年寄りは不要な存在になる。そう思い私は若い者に嫌われようが経験からの知識・知恵を出す頑固爺になることに決めたのだ…

安心して百足衆殿は時には頑固爺になっとくれやす。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年09月12日 19:55
総帥さん
コメントありがとうございます。

長い休みの後、結構私もへこたれる方なんですが、このblogに書き込みに来て、英気を養ってくださいwww

まあすぐ慣れますよwww
って私が話すまでもないかwww
盛大に草を生やしてますwww
Posted by シモン at 2013年09月12日 19:56
総帥さん、お心遣い感謝。
いやもう既に頑固爺になつてしまつてます。(苦笑い。)

世の中に正しく意見できる老人が減りましたな。渡辺恒雄は間違えている老害です。石原さんは過激でなければなあ。
Posted by 百足衆 at 2013年09月12日 20:13
老師殿
いや、回りや組織が抑えれるかどうかですよね。裏もありますしね。
例えばナベツネなんかあの人いなけりゃ読売も赤くなってますよ。彼処の社会部(嘗て黒田軍団てのがありましてね)出身の大谷ってのが批判してましたから良い所も有るんでしょうwww面倒見も良いと言いますしね。典型的な大悪党で認めれる所も有るんですがね…ただもう「野球や相撲みたいな大衆娯楽には口出さんでくれ」って処でね。影響力が有るから庶民から離れてしまう。
慎太郎はなぁ、作家挙がりなんだから表現に気を付けてくれやwww馬鹿でキツイ表現してるんじゃなくてワザワザキツイ表現選ぶからなぁ…
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年09月12日 20:28
給食と言えば。「鯨の竜田揚げ」をまた食べてみたいです。
Posted by 無名X at 2013年09月12日 21:43
何か、頭のおかしいコメントがありましたが、プライベートとパブリックの境界も見分けがつかなくなったアホが居るんですね。

あんな母親に育てられた子供の先行きも見えますねw
Posted by 田舎帝王 at 2013年09月12日 22:41
何か、頭のおかしいコメントがありましたが、プライベートとパブリックの境界も見分けがつかなくなったアホが居るんですね。

Posted by 田舎帝王 at 2013年09月12日 22:43
ご当地グルメ給食がいい。
浜松なら鰻給食とか。私の住まいは神奈川ですが、
もし鰻が食べれるなら、浜松に引っ越しても、良い。
Posted by 藤原 at 2013年09月12日 22:47
田舎帝王さま
同感です。レストランで、大騒ぎしている子供(当然他の客もいる)を野放しにしている親子に遭遇することが最近多くて、困りますね。

藤原さま
ご自身は給食を食べる訳じゃないですよね?
Posted by 無名X at 2013年09月12日 22:58
無名X殿
そうやね。ガキがガキをこさえてるようなものやからね。今回発生した気違いも煽りやろうけど反対意見だすなら直近の生き死にが関係しないなら端から見て恥ずかしいかどうかを考えてからやって欲しいね。仮に乞食するならするで乞食らしくすれば同情もするやろにテメエの義務を放棄して他人に権利だけ主張するんやから集りのたぐいやで…
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年09月12日 23:23
田舎帝王さん
「公私混同」・・・都合のいい時には権利の主張、都合の悪いときには責任を周りに押し付けるという発想ですね。
こういう人が増えて困ります。
Posted by シモン at 2013年09月13日 05:56
藤原さん
鰻がお好きですか。給食とは関係なく、神奈川県内の鰻店でお召し上がりください。
Posted by シモン at 2013年09月13日 05:58
無名Xさん
鯨の竜田揚げ、あれは独特の風味があって、好き嫌いがありました(私はどちらでもないです)。
ところで国際司法裁判所の調査捕鯨中止云々の裁定はいつ出るんでしょうね。
Posted by シモン at 2013年09月13日 05:59
総帥さん
ガキがガキを作る。これ単細胞生物の細胞分裂と一緒ですわwwwいやホントwww
そんな人が見ず知らずのblogに凸したり新聞に投書したりするんです。
Posted by シモン at 2013年09月13日 06:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック