2013年10月03日

暗殺

要人などを不意打ちで殺害することです。

ansatsu.jpg

暗殺は、英語でAssassination(アサシネーション)と言い、その語源は古代イスラム世界の暗殺団が「アサシン」という名前だったことに由来しています。「アサシン」は「ハッシッシ」つまり「麻薬」を意味しますが、麻薬を使って相手を殺したのではなく、麻薬で高揚した気分で暗殺しに行ったからだそうです。

日本語で、暗殺という言葉がいつ頃から使われ始めたかは私はよくわかりません(昔は「謀殺」「誅殺」と言ったと思います)が、発音が似ていることから「アサシネーション」を翻案したのかもしれません。

ans_01.jpg

暗殺という行為は、古来洋の東西を問わず頻繁に行われています。
日本の有名な暗殺された人物を列記すると、
・蘇我入鹿
・源実朝
・織田信長
・井伊直弼
・坂本竜馬
・大久保利通
・伊藤博文
・原敬
・犬養毅
・浅沼稲次郎
等がいます。
一方海外では、
・シーザー
・ジュリアーノ・メディチ
・リンカーン
・ケネディ
・キング牧師
・朴正煕
・ジョンレノン
・ベニグノ・アキノ
等等、列記にいとまがありません。
さらに、暗殺されそこなった未遂事件(例:レーガン大統領暗殺未遂事件)や、暗殺の疑惑のある事件(例:ダイアナ妃事件)まで取り扱うと、それだけで専門のblogが書けてしまうので、この辺にしておきます。

そんな数々の暗殺事件の中で最も有名な暗殺事件は、1963年11月の「ケネディ大統領暗殺事件」でしょう。
何しろこれは、当時のアメリカ合衆国の現役大統領が、テレビで殺害される一部始終を実況放送されるという歴史上初めて(=今のところ最後)の事件だからです。
しかも、この事件の下手人や黒幕については様々な憶測が渦巻き、いまだに真相は完全に解明されていないわけですから、映画にもなるわけです。
最近になって、ケネディ大統領狙撃の瞬間の鮮明な画像や、検死後の写真が公開され、法医学関係者でなければ気分を悪くしてしまうような映像に眩暈を覚えてしまうのですが、幸い当時のテレビ受像機は白黒で解像度も低かったので、放送当時は多くの視聴者が胃の中のものを戻してしまうという事態には至らなかったようです。

それにしても、犯人は本当に米政府の発表通り、オズワルドの単独犯行だったのでしょうか。
あまりにも大胆な狙撃に加え、犯人のオズワルドが拘束直後にジャック・ルビーという男に射殺されていること、さらにそのルビーも刑務所内で病死したこと等が、すべて「口封じ」に見えることから、陰謀悦が早くから流布されてきました。
その下手人の候補は、
・マフィア
・軍産複合体
・KGB
・カストロ
・ダレス元CIA長官
・ジョンソン次期大統領
・ニクソン
と、多くの候補者が提示されています。映画「JFK」は、二番目の「軍産複合体」の陰謀論という立場で製作されました。
私個人は、「ジョンソン主犯説」を支持します。その理由はまたの機会があれば書いてみようと思います(私自身が消されない限り…)。

ans_02.jpg

日本人は、どんなに悪政を行った人間でも殺されるのは可哀想だという心理が強く働きますので、「暗殺者側を讃える」ということは滅多になく、唯一の例外が「蘇我馬子を暗殺した中大兄皇子」のみです。
一方、海外には暗殺者を英雄と讃え、なおかつその被害者の母国に対しても英雄として扱うように強要する国があるそうですが、管見にしてどこのことなのかよく存じません。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☔| Comment(70) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようさんです。
数時間後に仕事スタートやのに寝れんwww…
「テロはテロを呼ぶ」と言ってね手段としては嫌いだね。只、曾て政友会て政党が有って分裂する前に7人の総裁、6人の首相を輩出したがその6人のうち4人が暗殺食らってるんですよね。伊藤、原、高橋、犬養ね。何れも一廉の人物ですよ。逃れた首相は田中義一と西園寺。田中は“満州の件”で先帝陛下の逆鱗に触れて頓死、西園寺は…あの人は長い割には何をやったんや?
暗殺されるてのは良くないがそれだけ「真剣にやらなあかん」て空気は必要かもな…とはいえ気違い元首相と馬鹿元首相も暗殺されないてのは高い民度ですな。辞める度に自身か身内がぶち込まれるか殺されるか亡命するよな国じゃマトモな政治家は出ないからね。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年10月03日 05:58
後ねえ、私どうしてもケネディの偉さが分からん。ベトナムの泥沼に足突っ込んだのはあの人じゃない?イメージ悪いがニクソンの方が業績多いと思うがなぁ…
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年10月03日 06:14
山口ニ矢は、取調べの際、
Q「左翼が憎い気持はわかるが、それなら何故宮本委員長(共産党)をやらなかったのか?」に対し、
A「宮本委員長の危険性はすでに国民が知っている。浅沼委員長のように親しみやすい人物の方がより多くの人間の支持を得てしまう。よって浅沼委員長を狙った」と答えました。
当時17歳でした。
当時から少年法があったのに山口氏は名前を晒されています。
少なくとも人の死を伴う事件の場合は未成年でも名前を晒すべきだと思います。
Posted by デハ at 2013年10月03日 06:34
シモン様。
私が尊敬する「ガンジー」が抜けているのが残念です。
ネルーの娘のガンジー首相と、その息子のガンジー首相も抜けています。
また、本能寺の変は暗殺なのでしょうか。合戦を伴う死を暗殺に含めると範囲が限りなく広がり、源義経なども皆暗殺になってしまうと思います。
Posted by デハ at 2013年10月03日 06:37
総帥さん
おはようございます。今日も仕事頑張りましょう。

戦前の日本の右翼は過激でしたね。でもって現在は、高い民度を保ってるため、安心して失政が出来ます(?)

私のケネディの評価もそれで、単に若くして大統領になったとか黒人で初めて大統領になったとかいうことと執務能力はどうやら無関係のようです。
(しかし、予算が通らなくて政府機関閉鎖って一体・・・民間じゃ、9月〆で検収できなかったら首ですぜ)
Posted by シモン at 2013年10月03日 06:37
もしクネクネが安重根の像を建てるのであれば、金載圭と文世光の像を、クネクネ本人の像の両脇に建てなくてはなりませんね。しかしこれで本人も暗殺されたら「東洋のケネディ一家」と賞賛され、傍系子孫が利用しかねない危険があります。気にいらないババアですがそれを防ぐためにも暗殺だけはされて欲しくないです。
Posted by デハ at 2013年10月03日 06:40
デハさん
おはようございます。

デハさんを思い浮かべながら、浅沼書記長を書いた割には肝心のガンジーが抜けてましたね。
パキスタンのブット首相も暗殺されてますし、インド・パキスタン方面は首相になるのは死刑台の第一歩だったんですが、幸いシン首相(=タイガージェットシンとは無関係)は無事でなによりです。

山口二矢さんの「功績」は、その後の政治テロ殺人に終止符を打った、ということかもしれません。もっとも、ロッキードの児玉被告の家にセスナで特攻した人もいましたが・・
Posted by シモン at 2013年10月03日 06:42
デハさん

>金載圭と文世光の像を、クネクネ本人の像の両脇に建て

→日本人が某国と同等の民度・メンタリティならホントにやってますよねそれ。
ここ読んだ誰かが某国大使館前にそんな像を建立したりしてw(=良い子はやめてください
Posted by シモン at 2013年10月03日 06:45
セメントや銅がもったいないので、日本人はやらないと思います。
Posted by デハ at 2013年10月03日 06:49
暗殺の枠を広げると、忠臣蔵・豊田商事・オウムNo.2村井・・・なども入って来そうです。

ケネディ暗殺については、落合信彦の「二〇三九年の真実」がヒットしました。
落合著作は「話半分」「あれはエンタメ」で片付けられてしまう事も多々ありますが、オズワルド単独犯行説だと生じる矛盾をいろいろ書いているので、
「なるほど、ケネディ暗殺は疑惑があるのだな」
と知る取っ掛かりとしては面白い。
テレビの”世界の衝撃ニュース”系特番は、結構この手の本を参考にしているのでは。
Posted by ヨット at 2013年10月03日 08:37
おはようございます。
本日も、昨日に続き、10月にしては暑い朝の甲府市内です。

ケネディ大統領の暗殺は、衝撃的でした。
なにしろ、私もテレビで実況中継を見たからです。
犯行は、2発目の弾丸が、ケネディの後部からではなく、前から撃ち込まれたことが、怪しい。
実際、ケネディの奥さんの、ジャクリーヌ夫人が、車の後部に這い上がって、ケネディの脳の破片を、(発作的にでしょう、)かき集めていることからも、前から撃たれたことがわかります。

よって、後方から狙ったオズワルドの他に、前方にいた人物がとどめを刺した、と見て間違いないでしょう。
Posted by 百足衆 at 2013年10月03日 08:44
ヨット殿

ノビーさんの本てのはまぁ落語・漫画の類ですwww俺も結構真剣に読んだな…ただ仰る通りで我々物好きが真剣に考える取っ掛かりにはなりましたね。漫画も“益あり”てのは此処ですね。ただ情報化が進みすぎて我々素人を本気にさせてくれる作家が出にくくなりましたね。ノビー、柘植久慶、五島勉…
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年10月03日 08:56
よく考えてみれば素人を本気にさせてくれる作家てのは先程挙げたある意味“とんでも”系だけじゃありませんね。“とんでも”系と思わせただけで格落ちですね。最強の素人を騙した作家は少なくとも戦後では司馬遼太郎でしょうね。我々の周りの人間が語る「坂本“竜馬”」や「信長」は“司馬文学の中の”ものですからねwww又もやくだらない枝葉を繁らせてしまいました。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年10月03日 09:20
総帥さん

現実の信長や龍馬は、確かに司馬さんの筆を経て輝いているというところはありますね。
信長公記を書いた太田牛一が史実に徹していて(=それゆえ資料的価値は高い)、それでは面白くないからと小瀬甫庵が書いた「小説・信長公記」が流布したために、墨俣の一夜城のような「楽しい」歴史が出来上がったと思います。
そういう意味で、司馬遼太郎は甫庵であっても牛一では決してないですね。
Posted by A2Z at 2013年10月03日 10:39
A2Z殿

あぁそうそう!そういう事を言えば甫庵こそ司馬遼や吉川英治を上回る“歴史詐欺師”ですねwww其を上回るのが中国4000年ならうようよいるでしょうね。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年10月03日 10:57
白髪三千丈の国ですからねw
Posted by ラー at 2013年10月03日 11:04
私は白髪三千丈や中国4000年の例えば例えば大げさであってもさほど腹がたちません。4000年前はともかく3000年前にはすでに文明があったからです。ところが100年前まで未開だったことが明らかな国が中国4000年、わが国の2700年を上回る半万年の歴史を主張することは噴飯ものです。
Posted by デハ at 2013年10月03日 13:01
歴史になぞったフィクションを楽しむのは文化的な事です。我が国では“水戸黄門”“金(キム違うよwwwさん”“越前様”昭和期の“中村主水”“吉宗様”etc…歴史の浅いメリケンにも“サンダース軍曹”“ハリー・キャラハン”etc…エゲレスにも“ジェームス・ボンド”“ハリー・パーマー”があります。ただどれも「メロディこんな人良いなメロディおったら良いな…」という“漫画”“落語”です。しかし彼の国はそのフィクションを自ら信じ込むのは兎も角それを更に関係ない他国に信じることを強要する“お宅”“ストーカー”の国です。存在自体フィクションになってくれれば助かるのに…
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年10月03日 13:27
織田信長がひ弱だったかもしれませんが、徳川家康がイケメンだったり、明智光秀が外人だったりは有り得ないと思います。鉄骨娘は背が高かったので正解ですが。
Posted by デハ at 2013年10月03日 13:34
デハ氏
鉄骨娘って、ひ弱な信長のドラマで猿をやった人の奥さんのこと?
何か重病に罹ってるらしい。
Posted by 燈台森 at 2013年10月03日 15:08
司馬遼太郎氏は、歴史小説界の名プロデューサーだと思ってます。

織田信長も坂本龍馬も、司馬氏の手によって英雄となった歴史的な人物ですからね。

それ以前は、信長は秀吉や家康の噛ませ犬程度の扱いだったし、龍馬に至っては、全く無名の人物でしたからね。


日本史史上、1,2を争う人気者をプロデュースした手腕は称賛に値するものと思っています。
Posted by 田舎帝王 at 2013年10月03日 16:00
田舎帝王殿

実際に龍馬を書き始めた時周りは「今更何で龍馬?」だったそうですな。新撰組と云えば近藤勇だったのが→土方歳三
木戸孝允や西郷さんの影になってた大村益次郎に光を当てた(私は司馬さんの幕末物での最高傑作は“竜馬”じゃなくて「花神」だと思う)りね。ただあの人の物は面白すぎるんで一種の狂信者みたいなの産んじゃうんですよwww
松山千春が「俺は武田鉄矢嫌いだから“龍馬”も大嫌いだ」とかね。
私事ですが曾て私も“竜馬狂”の創価学会員に軟禁された事あるので“創価”は大嫌いで“龍馬”も素直に評価出来ませんwww今でこそ草生やしてますがその時は本気で家に「火を着けてやろう」と思いましたからねwww
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年10月03日 16:44
総帥さん

鬼平が来ますよw
Posted by A2Z at 2013年10月03日 17:08
あぁ仕事終わり…終わり早いのは良いが始まり早いのは嫌だね。
メロディ仕事の始まり遅いが良い〜仕事の終わりは早いが良い〜

A2Z殿

けどね、ホントに怖いと云うかムカつくよ?彼奴等、他人の話は理解しようとせんし、口は達者やし、その場で打ち砕いたらもっと面倒臭いの来るしね。不良の喧嘩みたいやでwww
貴殿も体験してみよう!信濃町でバテレンの格好か「南無阿弥陀仏」の旗持ってウロウロしてみ?甲子園のライトスタンドで読売のユニフォーム着て歩き回るのより怖いよ。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年10月03日 17:59
今日は、郷土史研究会の勝頼分科会に行ってきました。
武田勝頼は、愚将ではなく、家臣団の離反に足を掬われた、という説で纏まりました。
信長も、決して合戦一辺倒だったわけではなく、調略を最大限に活用し、武田氏を解体・圧迫していった、というのが史実のようです。

さて、龍馬。私は「竜馬が行く」という、司馬遼の、大河ドラマを見たときは、ふうんと思った程度でした。主演は北大路欣也。武市半平太の役で、高橋英樹が出ていました。しかしあれこそが、日本史における「竜馬の覚醒」だったんでしょうな。

その頃は、新撰組と言えば、近藤勇でした。土方よりも、肺病病みの、沖田総司の方が、人気がありました。
Posted by 百足衆 at 2013年10月03日 18:18
百足衆殿

「竜馬が行く」てキャストは良いですが「科白が凄い早口で分かりにくかった」とか問題もありましたが裏番組で“次郎長三国志”かな?があってソイツに食われたのが低迷の要因の一つだったと親父が言うておりました。清水次郎長:中野誠也、森の石松:山田吾一、黒駒の勝蔵:今井健二 でしょ?次郎長は兎も角、山田吾一さんの石松と勝蔵親分のイマケンさんは観てみたいなwww
今は群像物と云えば@に忠臣蔵Aに新撰組ですが実は次郎長物の方が新撰組より遥か人気あったそうですね?70年代に入ってから逆転したとか(ま、強いて云えば次郎長一家は暴力団で新撰組は武装警察だもんな)だから68年の“竜馬が行く”“次郎長三国志”は人気ドラマの分岐点でもありましたかね?
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年10月03日 18:55
次郎長三国志、私も見たかったです。
この時代の映像は殆ど残ってないようですね。
NHKでも番組保存をほぼ全番組で行うようになったのは80年代に入ってからだと聞きました。
Posted by ラー at 2013年10月03日 19:51
竜馬賛美はテロリスト賛美です。
竜馬は、和歌山藩から金を騙し取った詐欺師で、海賊です。
薩摩の、いやわが国肇国の宝である天逆鉾を勝手に引き抜いた文化財破壊者でもあります。
私は日本中の5000万人が竜馬を支持しても私は支持しません。
大嫌いです。
戊辰戦争で会津が滅びたのも西南戦争で薩摩が滅びたのもみんな竜馬のせいです。

会津と薩摩が手を組めば、私の理想とする尚武で封建的な社会が完成していたと思うと無念でなりません。
今年の痩せた西郷のセリフではありませんが、会津と薩摩は武士の国なのです。

文化財を破壊するテロリストを英雄視する竜馬ファンは恥ずかしくないのでしょうか。韓国人のメンタルと変わりありません。
Posted by デハ at 2013年10月03日 20:10
ラー殿

理由は幾つかあるんですってね。
@フィルムが高くてオイソレと買えないので一定期間過ぎると更に上に録画した(家庭のVHSじゃねーよwww)
A保管環境が悪くて再生不能(湿気吸ってノリみたいになったとか。余談ですが90年代の野球アニメの「童夢くん」てのは水没してパーになったらしい。どんな環境や?)
Aは兎も角@は問題やね。要するに作品の文化“価値”よりフィルムという素材“価値”を優先したということやね。勿体無い。大河なら「花神」「新平家物語」「樅の木は残った」「天と地と」辺り、以外なら佐藤慶が財前五郎やった「白い巨塔」山口崇の「天下御免」とか観たいね。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年10月03日 20:14
老師
勝頼公は、個人的戦闘力や勇猛さなど「武」の部分では信玄公をも超える名将でした。
しかし、武田氏の正統な後継者ではなかったため親族衆に軽んじられ、また、なまじ武力が強く緒戦で勝ち進んだため、引き際を誤り、滅んでしまいました。


しかし、武田は滅んでも新羅三郎義光以来の尊い血は、永遠に不滅です。
 勝頼公の息女、貞姫は、古河公方の子孫である高家・宮原義久に嫁ぎ、晴克という子を残しました。
 晴克の「晴」は、武田晴信の「晴」です。
 また、宮原家とはそもそも、関東管領上杉憲政が幼かったため、繋ぎで管領に就任した公方の弟に始まる家系です。
つまり、宮原家は、武田・足利・上杉の正統を継ぐ日本一のサラブレット家系なのです。のちに織田・大友の血も加わり、最終的には足利家を継承しています。
 勝頼公の血は、武田のみならず、上杉・足利をも飲み込んだのです。このように血統、DNA的には、勝頼公は信玄公に勝るとも劣りません。
 一方、今川を通じてもと長尾の上杉家にも武田の血が受け継がれています。上杉家当主に、謙信公の血は一滴も流れていませんが(長尾政景の血は流れている)、武田の血は脈々と流れているのです。
 さらに、会津松平氏の家臣団は、実は武田・上杉遺臣の連合体で、徳川由来の家系はわずかでした。
保科自体が武田遺臣で、会津に残った上杉遺臣を吸収したためです。
Posted by デハ at 2013年10月03日 20:21
総帥氏
昔の人はテレビ番組は消え物と位置づけてたらしい。
ウルトラマンでもグリーンなんとか言う怪獣が最後に光線で燃やされるシーンがあって、そのときに本当に焼却処分になったというぐらいです。
Posted by 燈台森 at 2013年10月03日 20:26
御大

私も先程書いた経緯もありますがwww龍馬てのを手放しでは称えれないのよ。
先ず第一に数年前に西郷さんのお手紙が大量に発見されたそうな。当然龍馬との物もありますが内容が龍馬が東北地方を周り「甲藩の人情はこうだ」「乙藩は去年不作だったから…」「丙藩の調練を観たが…」てな内容が多かったそうな。…と云うことは西郷さん=薩藩のお金で斥候旅行しとったて事になりますよね?
あと薩長同盟ね?龍馬てのは只の浪人なんですよ。ニートが早い話アメリカとロシアの仲介出来ますか?相手にされんと思う。龍馬信者は「いや利害が関係ないから私心を捨てて仲介出来たんだ!」と言いますが世の中の大同団結てのは普通利害が一致するからやるわけでしょう?運良く龍馬は小五郎とも仲が良いから西郷さんの指令でそうするよう動いたんじゃないの?西郷さんも幕府時代は凄まじい寝業師やからね。
更に私は歴史上の人物でデハ殿みたいに大嫌いてのはあまりいないんですよ時代の常識はそれぞれ違うし立場も有りますからね。でもね一人だけどうしても好きになれない人間がいます。(長いので続く)
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年10月03日 20:35
確かに「歴史上最も嫌いな人を挙げよ」という問題にはなかなか答えられないですね。
Posted by 無名X at 2013年10月03日 21:00
で、その好きになれない人間は勝海舟です。胡散臭い。あの人は頭良いのだろうが徹底的に主流派に乗れなかった人だからね。拗ねてばかりいましたからね。「薩長同盟、大政奉還は龍馬がやったことさ」てのが“竜馬が行く”の出だしでしたが大政奉還は龍馬→後藤象二郎→山内容堂→徳川慶喜て事に成ってますが証拠あるんかな?最初ですが後藤象二郎が挙げちゃいかんのか?後に土佐藩の負債を蒸気船や建物、機械を譲る代わりにすべて岩崎弥太郎に押しつけるという豪快さ考えれば後藤象二郎の発案としても納得出来るじゃん?(私を軟禁した学会員が後藤を「手柄横取り男」と批判してたから余計かんじるね)で、不遇の海舟が「龍馬がやった!」つまり龍馬の師匠はこの俺だ。「俺って偉いお」てやりたかったんじゃない?

であとはデハ殿の書いた紀州藩の事も乗ってない財産を「アル!」と強弁し…まるで強盗詐欺師ですよ。どう考えても良い死に方したとは思えないんですがwww
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年10月03日 21:11
書き忘れ…同盟の仲介は利害の一致云々と書きましたが証明出来ることが最近あったじゃないですか?アメリカのシリア爆撃を防いだのはプーチンて事になってますがそのアメリカにロシアを取り次いだのは安倍ちゃんじゃないですか?“龍馬”じゃありませんよ。利害が一致したから安倍ちゃんも米露を取り次いだんですよ。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年10月03日 21:17
燈台森殿

消えもの…今だったらドラマの中で食べられる物を指して言いますね。「ザ・シェフ」の中でそういう表現有ったような記憶が…
ま、テレビてのは“電気紙芝居”て活動屋にはバカにされてましたからね。特にウルトラマンとかは“ジャリ番”なんて最底辺扱いね。有名な実昭寺監督(此処でよく話題になる清水絋治氏を演劇の美空ひばりと高く評価)も個人的にはウルトラマンなんてそんな扱いだったのに“銭になる”と分かった途端に大事そうにしましたからねwww
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年10月03日 21:30
シリア政策といい、内政といい、
どう考えてもオバマが名大統領とは思えませんね。

安倍ちゃん、なかなか重要な外交やってますね。目的は中韓封じ込め?
Posted by A2Z at 2013年10月03日 21:32
マスコミは消費税上げたから安倍総理を悪者扱いです。
いろんなブログでも3年間選挙がないのが残念とか書かれています。しかし本当は野田のせいなのに。その野田は増税に狂喜してアメリカで講演したそうです。
 マスコミと言うのは、韓国が言いがかりでわが国をおとしメントするのと同じように安倍氏を陥れようと企んでいますね。
Posted by デハ at 2013年10月03日 21:48
オバマを応援した小浜市長が憎い。
尖閣は日本の領土、中国朝鮮と対峙するためにも韓国は日本と仲直りしろ、と言ったマケイン氏こそ大統領に相応しかった。
「民主」とつくものは胡散臭い。
アメリカ民主合衆国、大ブリテン民主王国、仏蘭西民主共和国とはいわないが、朝鮮民主主義人民共和国、民主カンボジア、独逸民主共和国など「民主」とつく国は全て悪の独裁国家だった。
 民主商工会も、日本・アメリカ・韓国の民主党も悪の組織だ。
Posted by デハ at 2013年10月03日 21:51
西郷さんは薩摩では英雄視されているけれども、私の思想からすれば不忠者なんですよね。
徳川幕府を倒した島津家が鹿児島幕府を開くこと、島津忠義が将軍になることを阻止してしまった。
Posted by デハ at 2013年10月03日 21:58
“やらせてみましょう”でやらせたら取り返しつかない事になったて訳よ。麻生さんが「日本経済は全治3年」てその3年が民主党政権。仮に増税でもまだ余力あったやろに…みんなの党の渡辺喜美(売国奴)のおとっつあんのミッチー…あんまり好きやなかったけどリクルートの後で良いこと言ったよ。「社会党に政権渡してみたら?て言うけどね障子って知ってる?あれは一ヶ所破ったら全部張り替えないと駄目なんですよ。分かってる?」
渡しちゃったんだよねー…
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年10月03日 22:07
幕藩体制てのもね〜…あの時代は中央集権化しないと切り崩されますよ。英米仏に…
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年10月03日 22:10
そこは海江田信義の精神でチェストでごわす
Posted by デハ at 2013年10月03日 22:52
総帥
それではミッチーは松下禅尼に叱られます
Posted by デハ at 2013年10月03日 23:02
デハ殿

www富司純子の事ですか?いきなり難易度の高いネタをwww
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年10月03日 23:39
ミッチー息子は、 とても頭が悪そう。 ワルソー条約に加盟した方がいい
Posted by 燈台森 at 2013年10月04日 04:44
松下禅尼のエピソードは、徒然草に書かれてますね。

息子の時頼が味噌を嘗めながら酒を飲んでいたなんて話も徒然草には記されてます。



Posted by 田舎帝王 at 2013年10月04日 04:51
ヨットさん
コメントありがとうございます。

「2039年の真実」・・・その時にならないと、米国の秘密情報が公開されないんですよね考えてみると。
落合信彦さんの本は、総帥さんも書いている通り、ある意味「楽しい想像」の本かもしれませんが、面白いですね。
Posted by シモン at 2013年10月04日 05:38
百足衆さん
コメントありがとうございます。

世代によって、印象に残った暗殺事件は様々ですね。
私はJFK暗殺の時は生まれていませんでした。
映像で見た暗殺事件は、未遂でしたがレーガン大統領の事件が印象に残っています。
Posted by シモン at 2013年10月04日 05:40
A2Zさん
コメントありがとうございます。

小瀬甫庵は、慶長年間の司馬遼太郎だったかもしれませんね。
Posted by シモン at 2013年10月04日 05:42
燈台森さん

鷲尾いさ子さんは、膠原病だそうです。早いご快癒をお祈りします。

グリーンモンスは、着ぐるみが燃やされて残ってないそうですね。
Posted by シモン at 2013年10月04日 05:43
無名Xさん

確かに、「歴史上一番嫌いな人」はなかなか迷いますね。ヒトラーでないことは確かです。
Posted by シモン at 2013年10月04日 05:44
田舎帝王さん
コメントありがとうございます。

司馬遼太郎はまさに「プロデューサー」でしょうね。彼がいなければ3年前の大河ドラマも放映されなかったでしょう。

松下禅尼は、質素倹約・質実剛健、ひょっとしてドイツ人だったのかもしれません。
Posted by シモン at 2013年10月04日 05:47
デハさん

海江田信義に、出来損ないの末端子孫をチェストしてもらいたいですね。
Posted by シモン at 2013年10月04日 05:48
総帥さん

まさに、あの時代は中央集権でガバナンスしないと、列強に対抗できなかったでしょうね。

現代は、地方分権が日本社会全体を活性化させるか…と期待していたのですが、橋下はどうやら失速のようで、地方分権自体がしぼんでしまったようです。
Posted by シモン at 2013年10月04日 05:52
おはようございます!
勝海舟は、子供の頃、犬にあそこを食いちぎられてますからね!怪しいのは多分そのせいです!

今日出社すれば週末です(^^)/
Posted by Captured at 2013年10月04日 07:01
道州制とか議論されてますがそもそもカリフォルニア州より小さい日本を分権化する必要があるのか?と思いますね。中韓みたいな犯す気満々の国が近くにあって土地の買収や選挙権にまで要求してる連中です。掠め取られますよ。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年10月04日 07:53
日本は大和、蝦夷、熊襲の連邦にし、日本列島及び南部樺太連合皇国、通称日本と改める。鉄道は大北部鉄道(GNR)、東京北東鉄道(TNER)、東海道中部湘南鉄道(TMS)、大西部鉄道(GWR)に再編します。
Posted by デハ at 2013年10月04日 09:23
少々リベラル色のある私の方が中央集権派でウルトラコンサバティブな御大の方が分権派ですか…
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年10月04日 09:41
古くから「中央」を自認する京都を中心とする東は関東から西は福岡県までの人間は、東北地方と鹿児島県を弾圧・差別してきました。朝敵の烙印まで押しました。アテルイ、安倍貞任、藤原泰衡、伊達政宗、伊達慶邦、松平容保、島津義久、西郷隆盛らはこれに反発して滅ぼされました。しかし東北人や薩摩隼人こそ尊皇・護国の武士なのです。帝を戴くことに異論はありませんが、伊達政宗や島津義久、松平容保や西郷隆盛の悲願を今こそ達成したいと思います。また、先に挙げた制度は英国をモデルにしたもので前例があります。
Posted by デハ at 2013年10月04日 10:07
基本的に戊辰戦争と西南戦争で東北地方と薩摩を痛めつけた京都と山口県の人間を嫌う私が例外的に安倍総理を支持するのは、保守思想が近いだけでなく、彼がみちのくの英雄、安倍貞任の弟、宗任の子孫だからです。
Posted by デハ at 2013年10月04日 10:11
安倍氏の伝説は聞いた事あるが…作家の安部譲二曰く「その東北の乱から九州に逃げたのが安部で山口でヘタッタのが安倍だ」とか言うとったね。まぁ自民嫌いだからねあの人はwww
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年10月04日 12:16
本日は涼しい日となりました。
昨日、山梨県の生んだ名バレーボール選手、東京オリンピックで見事ソ連を破り金メダルを果たした、河西昌枝さんが亡くなりました。
鬼の大松の猛特訓の中、艱難辛苦に耐え、見事栄冠を主将として手にした河西さんは、私とは同級で、高校時代から有名でした。
私も、いつ何時天に召されても全く不思議はないなという感慨を、新たに致しました。
もし、ある日から突然、私の投稿が無くなりましたら。そういうことと、お察しください。
Posted by 百足衆 at 2013年10月04日 12:27
老師殿

それは120年後と云うことで。で、その場合は「畳の上」をご希望ですか?ヤッパリ男なら!腹の上ですなwww
総帥もそうとう冗談が好きなので…
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年10月04日 14:12
総帥氏
百足氏が真面目に受け取って腹を探しに行ったきりですぜ。
責任取って下さいよ!?
Posted by 燈台森 at 2013年10月05日 00:37
燈台森殿

フハハハハwww
メロディどうせ死ぬなら腹の上…男の果たせぬロマンよ
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年10月05日 01:04
おはようございます。
どうもここには、まろんさんといい、総帥といい、年寄りを戯言でからかう輩がいて、困りますな。(笑い。)
そういえば、昭和天皇の侍従だった有名な人が、そういった理想的な来世への旅立ちをされたと記憶しております。
Posted by 百足衆 at 2013年10月05日 07:06
それ言うならどうせ死ぬなら腹の上…男の果たせぬマロンよ
Posted by デハ at 2013年10月05日 07:42
おはようさんです。
教師は固いので気を悪くしたかと心配しましたwww
果たせぬのがロマンです。其を追い掛けるのが男であります。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年10月05日 07:52
御大

今、書き込んでる途中に「アレ?」と気付いたんですが先手を取られたアルよ…
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年10月05日 07:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック