2013年11月16日

イディオム

受験勉強で覚えなければいけない熟語が沢山ありました。

cry_for_milk.jpg




英語のリスニングをしていると、単語自体は平易なので簡単に聞き取れるのに、意味がさっぱりわからない、ということがしばしばあります。これは、いわゆる「イディオム」という、英語の中で独特の言い回しが、ある特定の状況や物を指していることを知らないことから来ています。
逆のケースを考えてみましょう。日本語の単語だけに精通した外国人に、「勝負はまだ一回の裏だ」と言っても、多分チンプンカンプンのはずです。そう考えると、外国人どころか地球外からやってきたバルタン星人Jrは、高度な日本語の熟語をマスターしていると言えるでしょう。

mimi02.jpg

さて、11月も半ばということは、受験生の皆さんにとっては本番に向けて最後の第4コーナーを曲がり、バックストレートの最後の疾走の時期だと思います。この時期、私はかなり沢山のイディオムを丸暗記した記憶があります。
流暢な英語を聞き取り、喋る。という本来の目的は置いておいて、ここは「試験によく出るイディオム」を列記してみます。

crying over spilt milk
直訳:こぼしたミルクで泣く
模範解答例:名月をとってくれろと泣く子かな
*小林一茶が訳しました。

Watch your p's and q's
直訳:あなたのpとqに気をつけろ。
模範解答例:礼儀に気をつけよ。
*p=please, q=thank you の意味なんですね。

I'm all ears
直訳:私の全体は耳です。
模範解答例:是非聴かせてください。
*ダンボの耳という奴です。

play it by ear
直訳:耳で遊ぶ
模範解答例:臨機応変に対応する
*余談ですが、私の昔の上司が、部下に業務指示を出すのに、いつも「臨機応変に対応してくれ」と言ってました。そして、私なりに臨機応変に対応した挙句、「なんで俺に報告せんのや!」と叱責される、というところまでが定型業務化していました。

step down
直訳:下に降りる
模範解答例:辞任する
*単に「降格する」なんていう意味じゃなく、もっとシビアなんですね。

all thumbs
直訳:全部親指
模範解答例:不器用な
*親指がなくても何もできませんが…

drop someone a line
直訳:誰かに線を落とす
模範解答例:誰かに手紙を書く
*dropは「手紙を書く」という意味があるそうです。

まだまだ一杯ありますが、それはコメント欄に投稿してもらうことに致します。

mimi04.jpg

外国語のイディオムを勉強しようと思ったら、日本語の熟語を「これ、英(仏・独・露)語でどう言うんだろう?」と、いつも考えていることが大切だそうです。
さて、バルタン星人が日本でなく米国にやってきたら、「野球はまだ一回の裏だ!」は、どう表現したでしょうか?

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☁| Comment(24) | TrackBack(0) | 受験勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
英語独特な言い回しで苦労の最前線に立たされているのは通訳の人たちですよね。

特に、映画なんかは独特な台詞回しを使うことが多いですから、このあたりの訳し方のさじ加減ひとつで、作品が面白くなったりつまらなくなったりしますよね。


Posted by 田舎帝王 at 2013年11月16日 07:37
田舎帝王さん
おはようございます。

字幕といえば戸田奈津子さんですね。
映画では、短い日本語に訳さないと観客が文字を目で追えないので、長い言い回しの時は苦労するそうです。
Posted by シモン at 2013年11月16日 07:52
快晴の、甲府市内です。
今日の「ごちそうさん」、大量の鯛を、綺麗に食べ尽くしため以子(あんず演)。徐々に、後妻のお静さん(宮崎美子演)、妹ののり子(演技者不明。)に、なつかれて、きたように思います。

サテ「イディオム」というと、私の教師仲間の英語の先生がいました。「ア ホエール イズ ノーモア ア ホース ザン ア フィッシュ イズ」と、必ず授業の冒頭で唱えるので、「ホエールさん」という綽名を頂戴していました。
文字通り、時々、吼えていたことも、ありました。(苦笑。)
Posted by 百足衆 at 2013年11月16日 08:41
百足衆様

揚げ足を取るつもりは、毛頭ありませんが、
「A Whale is no more a fish than a horse is」
が、正しいイディオムでは、ないでしょうか。

意味は、「鯨は、馬同様、魚では、ない」と、なります。
Posted by 藤原 at 2013年11月16日 19:42
今日は小春日和の、甲府市内でした。

藤原さん。鯨は、馬でも魚でもないのだから、私の語順でも、「鯨は、魚同様、馬では、ない。」と、正しい答えに、なりますが。
Posted by 百足衆 at 2013年11月16日 19:48
実は、今でも入試や期末試験の夢を見てうなされるときがあります。

I am( ine) 私は元気です
の()内に「f」と書けば良いだけの期末テストを出題していた某大学に通っていた友達が羨ましかったです。
 その友達は名門旧制の出身でもちろん満点でしたが、推薦で入った連中はこのレベルでも大半は追試だったそうです。

あえて校名は出しません。
Posted by デハ at 2013年11月16日 21:58
今日は二度も地震がありましたね。
英語のイディオムには、全く自信がありません。
Posted by ラー at 2013年11月16日 22:26
ラーさん。
先ほど挙げたのがセントポールでないことをここで明かします。
ところで、
直訳すると
セントポールは輝くだろう、今宵輝くセントポール
セントポールは輝くだろう、今宵輝くセントポール
セントポールは輝くだろう、今宵輝くセントポール
陽が沈み去り、月が昇る頃、セントポールし輝く

のイディオムは一体・・?
立教の学生は夜遊びのときだけ活躍する、ではないですよね
Posted by デハ at 2013年11月16日 23:03
百足衆さん
コメントありがとうございます。

演技者不明の義妹は、高畑充希さんですね。

諺の語順は、藤原さんのご指摘が正しいです。鯨が魚に間違えられるからでしょうね。
Posted by シモン at 2013年11月17日 06:08
藤原さん
コメントありがとうございます。

英語の詩を書かれてみたら、如何でしょうか?
Posted by シモン at 2013年11月17日 06:09
デハさん
コメントありがとうございます。

私も何故か受験まで間近なのに、世界史の暗記がまだできてなくて焦る夢を見ることがあります。

その某大学ってどこでしょう。渋谷か文京区あたりにある大学ですか。
Posted by シモン at 2013年11月17日 06:12
ラーさん
コメントありがとうございます。

デハさんはよく某大学の歌詞をご存知ですね。野球の応援の音楽は有名なんですが。

セントポール=聖ポール=マッカートニーのこと
と理解すればよくわかります。
Posted by シモン at 2013年11月17日 06:14
シモン様。
渋谷区(青学、國學院)や文京区(東大)にそんな学校があるわけがないです。城南地区のどこか、とだけ言っておきます。
Posted by デハ at 2013年11月17日 08:12
デハ様
城南というと、私の知ってる人に城南国際大学の学生がいるんですが、その人は米国人留学生なので、そのような問題を出されたら逆に「う〜ん?」と考え込んでしまいそうです。
Posted by ラー at 2013年11月17日 08:51
城西国際大学の間違いでは?ちなみに仮面ライダー一号本郷猛は城北大、ストロンガーは城南大の出身です。城南地区は世田谷区大田区目黒区品川区を指す地区名だと思います。(港区、渋谷区、杉並区の一部も指す場合あり)
Posted by デハ at 2013年11月17日 11:39
不肖私は目黒区にある単科大学出身です。
理系の悲しさ、英語力はたいしたことなかったのでデハさんのいう英語の試験が簡単な大学は、私のところのことかも知れません。
Posted by 菅原 at 2013年11月17日 12:15
1回の裏で思い出しましたが、スポーツ由来で覚えているのはit's not cricket(フェアじゃない、卑怯な)くらいです。
大学受験は、文法(特に時制)を理解すれば大体はいけたはずです。ただ長文読解ばかり出す大学もあり(特にミッション系)長文の中にイディオムを使った引掛け問題を出して来ました。
Posted by HB at 2013年11月17日 14:44
菅原さんのところではないですね
Posted by デハ at 2013年11月17日 19:15
テイク イントゥー アカウント
考慮せよ 考慮せよ

ラン アウト オブ
無くなった
ラン アウト オブ
枯渇した

アップ イン ジエアー
具体的には 何もない

ぱぺらっつーqっw
Posted by 藤原 at 2013年11月17日 22:16
ラーさん
コメントありがとうございます。

最近は海外から日本の大学に来て、そのまま日本に就職する学生も増えましたね。まさにグローバル時代です。
Posted by シモン at 2013年11月18日 06:02
菅原さん

青蛙の目蒲線沿線ですね。
Posted by シモン at 2013年11月18日 06:03
HBさん

「it's not cricket」コオロギじゃない、と誤解してました。ご教示ありがとうございます。

かなり引っ掛け的な表現が試験に出てきたようですね。自分は気付かなかったのですがw
Posted by シモン at 2013年11月18日 06:04
藤原さん

最後の一行が不明ながらも、よいイディオム詩ですね。
Posted by シモン at 2013年11月18日 06:05
デハさん

で、どこでしょうか?その大学って。
Posted by シモン at 2013年11月18日 06:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック