2013年12月24日

Merry Christmas, Mr.Lawrence

坂本龍一さん初の映画サントラアルバムです。

merry_christmas.jpg



今日はクリスマスイブです。
昨日が天皇誕生日でお休みだったので3連休となった方も多かったのではないでしょうか。
今日は平日ですが、なんとなくお祭り気分の人も多いと思います。

naka05.jpg

クリスマスイブといえば、80年代の頃は恋人と過ごすために大金を投じてレストランやホテルの予約、プレゼントの購入に忙しかった青少年が多くいました。
そもそもクリスマスイブは、キリストの誕生日の前日に指定されている日、というだけで、逢引に最適な日というわけではありません。しかし欧米では年始よりもむしろクリスマスにお休みする会社も多いですし、とかく「休暇の日」として国際的に認知されているようです。

ですので、この日は日本の会社は平日でも、何の用事がなくても女子社員たちは定時になると急いで帰宅しました。実際に彼氏とデートに出かけた人も多かったと思いますが、ケーキを買って自宅で食べたり、女子会と称してその日特に予定のない女友達だけで会食したりという人たちも多かったはずです。
とにかく、その日だけは残業をしていると男性社員から「彼氏いないんだな」と思われることが辛かったからだそうです。



一方私は、クリスマスイブの夜には「戦場のメリークリスマス」のサントラを流して(一人で)聴いてることが多かったです。
実はこのblogも始めたばかりの頃に記事を書いているのですが、この頃の読者はデハさんしかいませんでした。

naka06.jpg

インドネシアのガムランに触発されて書いたと言われるこのサントラ音楽は、東洋でも西洋でもない純音がエレガントに響いてくる佳品です。
2010年代になって、ようやくこの音楽のような静謐なクリスマスイブを過ごす日本人が増えてきました。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☁| Comment(45) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
1年で2番目につまらない日が今年も来てしまいました。
自分の置かれているみじめな境遇を味わう嫌な日です。
Posted by デハ at 2013年12月24日 07:23
坂本龍一は、自分は外国に住み、電気を使い放題使っているくせに原発反対と左翼に同調する好ましくない人物です。
また、独逸も、原発反対、原発0と叫びながら、仏蘭西が原発で発電した電気を使っている偽善国家です。
 独逸、仏蘭西、露西亜には三国干渉の恨みがあります。
そもそも、アメリカの陰謀により大恩ある大英帝国と手を切らされ、独逸と組んだばかりに我が国は破滅しました。英国と組んでいる間の我が国は全盛期でした。英国とは君主をいただく島国、武士道と騎士道という共通項があり、それがよかったのだと思います。大陸国家の独逸はやや違います。

 考えてみると、我が国にプラスの影響のみを与えた国は、英国だけです。
 独逸・アメリカはよい影響も与えましたが、悪影響も大きかったです。
 仏蘭西・伊太利は、実は思ったほど大きな影響を与えていません。食い物とか、高級品などが中心で、庶民生活や政治・軍事にほとんど影響を与えていません。

我が国の文化は、我が国独自の文化に、古代においては中国・印度、近代になってからは英国・独逸・アメリカのものが加わって熟成されたと思われます。
 そして仏蘭西はスパイスかトッピングのような感じで華を添えたのだと思います。

 しかし朝鮮人から教わったものなど何一つありません。逆はたくさんありますが。
 奴らが教えた、盗まれたと主張するものは全て中国人か印度人が考えたもので、奴らのものではないのです。
Posted by デハ at 2013年12月24日 07:34
酷寒にして快晴の、甲府市内の、朝です。
今朝の「ごちそうさん」。アレ、話が繋がらない?と思いきや、昨日も、放送があったらしい。祝日なのでお休みと思っていた私は、ギャフンと、なりました。
近藤正臣は、昔の部下が亡くなった事を聞き、衝撃を、受ける。め以子(杏演。)のところに、和枝(木村演。)から、おむつが、届くが、いずれも糸が抜けてしまう。
という回でした。

サテ、デハサン。怨むな嫉むな、クリスマス。貴殿が基督教徒ならひたすら祈るも良し、そうでなければ無視すれば良し。「憎むな、殺すな、赦しましょう。」これからは、これをモットーに生きると、良いでしょう。
しかし、朝鮮人は別です。「海女は朝鮮が起源。」として、世界遺産登録を、目指すとか。笑止。
Posted by 百足衆 at 2013年12月24日 07:51
そうか、最初はデハさんだけだったんだ、読者。
Posted by 燈台森 at 2013年12月24日 10:26
シングル・ ヘル、シングル・ヘル…バテレンとお菓子会社の陰謀じゃー
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年12月24日 10:48
総帥様、
ケーキ会社もです。

憎い、憎い、キリスト教も、お菓子会社も、ケーキ会社も、高橋大輔も。
Posted by 藤原 at 2013年12月24日 10:56
老師のお言葉ありがとうございます。なんとなく提婆達多みたいですね。月光仮面、レインボーマン、コンドールマン、ダイアモンドアイの境地ですね。
Posted by デハ at 2013年12月24日 12:28
藤原さん 高橋大輔を憎いと思ったことは一度もありません。
Posted by デハ at 2013年12月24日 12:29
デハ様。
私は、顔が、小塚崇彦選手に、似てると、言われるので、てっきり小塚崇彦選手が、五輪代表になると、期待していたからです。
もしデハ様が、高橋大輔選手に好意を寄せられていたのでしたら、撤回して、謝罪いたします。

申し訳ありません。申し訳ありません。
他意は、ないのです。
つい、口が滑りました。
この年寄りを、どうかお許しください。
Posted by 藤原 at 2013年12月24日 12:36
百足衆さま
「怨むな嫉むな、クリスマス。」
この名フレーズ、とても気に入りました、ありがとうございます。
私もついクリスマスは他人が羨ましく思ったことが多々ありますが、お言葉に従います。

総帥さま
「ジングルヘル、ジングルヘル」の「ヘル」は、マジンガーZのドクターヘルですね。
Posted by A2Z at 2013年12月24日 12:42
藤原さん
私の家は、丹羽家の家臣でした。かつて、丹羽家は織田氏の家臣だったことがあります。そのため、私は一貫して「主筋」にあたる織田信成選手を応援しているのです。他の選手に好き嫌いはありませんが、不義の子を孕んで憚らない安藤選手だけは許せません。私がそういう価値観を絶対に認めない保守主義者であることは皆さんおわかりですね。
Posted by デハ at 2013年12月24日 14:32
我輩は、安藤美姫よりキモヨナの方が嫌いです。
Posted by 燈台森 at 2013年12月24日 15:25
高橋大輔さん合格おめでとうございます。
Posted by 菅原 at 2013年12月24日 19:58
仕事の合間から…

藤原殿

新しい芸を得ようとしてますねwww成り済ましとは考えつきそうで考えつかなんだ。しかし、お笑いではまだまだ負けませんぞ!

A2Z殿

そう。ヘル博士“一人”では何も出来ませぬワイ…
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年12月24日 20:13
部屋でクリぼっちのラーメン食べてます。
Posted by ラー at 2013年12月24日 20:13
灯台森さん
そもそも日本人でないので論外です。
Posted by デハ at 2013年12月24日 20:14
映画にはチトうるさいこの私。当時中学生だった私は当然観に行った。正直中坊には難しかった。ドンパチ無いんだもん。(今、観たら評価変わるかも)たけしの役は本当は勝新太郎だったそうな。でも黒澤同様、大島でも制御不能だったろう。坂本は…ダイコンだった。佐藤慶が酔っ払って大島家に
「アレは俺の役だろう!?」と電話掛けてきたそうな。管理人殿や百足衆殿の評価はあまり高くないようだが彼は正真正銘の天下の名優の一人である。素直に彼を使ってたら良かったのに…デビッド・ボウイ、勝新太郎、佐藤慶のキャスティングなんて濃いメンツのガチホモ映画…観てみたかったようなwww
さて、音楽は良かった。坂本の全盛期は此処から始まったとも言えるか?しかし私は彼は嫌いだ。デハ殿の※の通りでテメエは嘗てイエローマジックでバクダッドな電気を使いながら原発廃止を騒ぎ
「僕たちは一般人だから代案なんかいらない。嫌な物は嫌とだけ言えば良いんだ」…テメエは一般人じゃねぇ。一般人を煽れる何かの広告塔だろうが?専門家ではないが外に影響有る者が其では無責任だろが?オマケにシナの犬になり何かのイベントでチベットだかウィグルのミュージシャンとの共演拒否しとる。トラップに嵌まっとるんやろね。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年12月24日 23:14
あの映画はタレントのビートたけしが映画監督の北野たけしになるきっかけにはなった。何故彼は短期間に名を上げたか?スタッフに大島組の者を使えるようななったからよ。とは、言っても最初は言うこと聞かなかったらしいがね。
ま、私は彼の映画を観たこと無いからその辺の評価はくだせませんが…
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年12月24日 23:19
モローン ゾフッ ゾフッ
&ミキ。

藤原さんが成りすまし芸に進む中、
私が藤原さんの詩を

引き継ぎましょう。引き継ぎましょう。

そおーん スイッ スイッ
坂本教授

中共ワンワン 犬なのです!
Posted by 菅原 at 2013年12月25日 03:04
百足衆さん

「サテ デハサン
 怨むな嫉むな
  クリスマス」

見事な俳句ですね。季語はクリスマス。
Posted by 菅原 at 2013年12月25日 03:09
総帥さん

いや、私は佐藤慶さん好きですけどね。
ただ、この映画は芸達者な俳優さんたちで固めるよりは教授+たけしで良かったんだと思います。
芸達者といえば、戸浦六宏さんが良かったですね。

「メリークリスマス、ミスターローレンス」で連想ですが、アラビアのロレンスを演じたピーター・オトゥールさんが先日亡くなりました。
NHKの9時のニュースではやってませんでしたが・・
Posted by シモン at 2013年12月25日 05:43
菅原殿

貴殿のも見事なストーカー芸(悪口違うよ。寧ろ逆の意味です)です。千利休も言いました
「他人と違う事をやりなさい」
私は最初はお二人はタイミングと言い、文体と言いそれこそ“成り済まし”と思っていました。恐らく私一人ではないでしょう。
因みにポエムに関しては藤原殿にある狂気(悪口違うよ)が足りませんが、百足衆殿の発言を俳句に例えるとは伊達に詩人に付きまとってはおりませんねwww
しかし!お笑いではまだ私も負けませんぞ!
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年12月25日 05:47
菅原さん

私も総帥さん同様、貴殿は藤原さんと同一人物と思っていましたが、アクセス解析するとお二人のIPは居住されている都道府県が別なので、他人と確認いたしました。
それにしても「藤原愛」に満ち溢れていますね。
Posted by シモン at 2013年12月25日 06:00
おはようさんです。管理人殿

今日は休みなんやけど外出するんで早起きなんですが、あぁそうですか…佐藤慶さんはどうしても“例の肩書きみたいな”のが先行してしまいその辺の揶揄が多かったので…
そう、大島組の客分とも言うべきで別格ですな。六宏さんが筆頭格かな?大島監督ってのは素人を拾い上げるのが上手いと評判の方で戸浦六宏さん(元教師だっけ?)連れて来たときは現場では
「大島は本物のチンピラ連れて来たか?」
と思われたそうな。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年12月25日 06:02
管理人殿、菅原殿

〉私も総帥さん同様、貴殿は藤原さんと同一人物と思っていました

そう…おのれ菅原!よくも数ヵ月、我等を謀った。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年12月25日 06:06
てか、ロレンスお亡くなりですか?昨年の引退も最期を感じてたからか…
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年12月25日 06:19
きよーん とっとっ
京都大学。

戸浦六宏さんは、大島渚監督と、京都大学の学友だそうです。
どちらも、そういわれてみれば教養人。この映画でも、他の役者より英語が格段に、上手かったです。
坂本龍一は、英語以前に日本語が下手で、何言ってるのか字幕を出して欲しい、思いました。

菅原君。私の詩を継承する気概や良し、しかしまだまだ修行が足りません。この程度では、シモン様、デハ様、総帥様の目は、欺けませんよ。

アラビアのロレンスは、亡くなった元妻と最初のデートに行った時に、見ました。野球ばかり取り上げて、Peter O'Tooleの死を報じなかったNHKが憎い、憎い。糾弾されるべき、でしょう。
Posted by 藤原 at 2013年12月25日 07:05
藤原殿

おはようさんです。皆、影があるんやね…て言うか
〉坂本龍一は、英語以前に日本語が下手で、何言ってるのか字幕を出して欲しい、思いました。

観た時に思った事はこれwwwラストエンペラーは字幕で観たから支障は無かったね(私は洋画派ですが基本は字幕で観ます)
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年12月25日 07:32
快晴ながら酷寒の、甲府市内の、朝です。
今朝の「ごちそうさん」め以子(杏演。)の許に、め以子の一家が、やってくる。
会話の中で、め以子はうっかり、近藤正臣の存在を、口を滑らせてしまう。激怒するめ以子の父。(演者不詳。)
という、話でした。

サテ菅原さん。
「サテ デハサン 怨むな嫉むな クリスマス」
自分では、意識せずにフト口をついて出た言葉ですが、ご指摘のように、見事な俳句に、仕上がっています。
俳句というよりは、風物詩ですナ。毎年の季節の便り、のような感がある、我ながらなかなか良い句だと思います。「デハサン」のところは、「総帥」でも適用でき、使い勝手が良い秀句だと思います。
Posted by 百足衆 at 2013年12月25日 07:50
老師殿

小林一茶的ですね。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年12月25日 08:07
百足衆さま
鬼ですね。
Posted by ラー at 2013年12月25日 08:30
ラー殿

…言われてみれば貴殿の仰る通りキツイ一言であるな…しかし!貴殿も仲間でアルぞ!
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年12月25日 08:34
総帥さん
意外にも私の下らん芸を評価してくださって有難うございます。
ラストエンペラーはまあまあ良かったですが、ベルトリッチの次作・シェルタリングスカイは綺麗な砂漠で英知してるだけの凡作でした。

藤原さん
精進に励みます。ショオーン ジンッ ジンッ。

百足衆さん
これからも毎年聖夜の季節にはこの句を詠みましょう。セイント聖夜です。
Posted by 菅原 at 2013年12月25日 08:58
多分私は来年も、再来年も
「怨むな嫉むな クリスマス」
になりそうです。
Posted by ラー at 2013年12月25日 12:28
ことしは、このフレーズが聞けただけでも収穫でしたね、男性陣。
Posted by FYI at 2013年12月25日 14:06
FYI様

怒るよ。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年12月25日 14:29
菅原君

「精進に励みます。ショオーン ジンッ ジンッ。」
ダメだ!ダメだしを、する!!

もっと、ビールトスのへルタースケルターの最後のように、「あがっ ぶりすたらそま ふぃがっ!」のような、魂の叫びを、詩にしてほしい。
そうでないと、私の境地には、近づけないことに、なる。
Posted by 藤原 at 2013年12月25日 14:48
藤原さん

あべし!ひでぶ!たわば!

いつまでも、藤原さんの背中を、追い続けて行きます。
Posted by 菅原 at 2013年12月25日 17:41
〉いつまでも、藤原さんの背中を、追い続けて行きます。

藤原殿

アッー
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年12月25日 19:40
菅原くん。
先ずは総帥様の後を追いかけると、良い思う。
歴史と政治、さらには文学映画、何にでも詳しくてかつ、自分の意見を持っていらっしゃる総帥様の後を追いかけることは、菅原くんにとっても糧となろう。
Posted by 藤原 at 2013年12月25日 20:16
藤原殿

後、後、言うんじゃないwww
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年12月25日 20:25
藤原さん
ご指示に従います。

総帥さん
後、後言わない代わりに、私の連帯保証人になってください。いえ、100万円で結構ですwww
Posted by 菅原 at 2013年12月25日 21:40
菅原殿

わざわざ“連帯”を付けるのがミソだな…阿呆
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年12月25日 22:22
おはよう。今から、乾布摩擦です。
Posted by 百足衆 at 2013年12月26日 04:40
単なる保証人なら引き受けましょうか?

百足衆さん
心頭滅却ですね。
Posted by シモン at 2013年12月26日 06:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/382096563
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック