2014年07月28日

教科書から消えた唱歌・童謡

80年代以降、小学校の音楽教科書から姿を消した歌が多数あります。

syoka00.jpg

夏休みで、実家に帰ってきた大学三年生の娘がずっとiPhoneをいじっているので
「しばしも休まず、だな」と「村の鍛冶屋」の一節を引用して諭したところ、
「なんだそれは」というので「お前、『村の鍛冶屋』小学校で習わなかったのか」と聞くと、
「知らん!」と答えられました。
90年代の小学校では、既に「村の鍛冶屋」は音楽の教科書から姿を消していたのです。

ttai_zz01.jpg

「村の鍛冶屋」は、日本の田舎にあった鍛冶屋=金属加工業者の作業の様子を歌った唱歌です。
「暫しも休まず槌打つ響き 飛び散る火花よ はしる湯玉・・」
労働に打ち込むことの賛歌であるこの歌が、何故封印されたのでしょうか。私は、80年代のドイツ映画「Uボート」の冒頭のシーンで、潜水艦基地に響き渡るハンマーの音や、飛び散る火花をくぐって自艦に赴任する艦長のシーンを思い出しました。
あくまでも想像に過ぎませんが、「村の鍛冶屋」は、「軍国主義時代の軍備増強に励む日本を想起させるから」という理由で、教科書から削除されてしまったのかもしれません。

ポニーキャニオンから発売された「教科書から消えた唱歌・童謡」(歌:みみず児童合唱団他)には、昔はさかんに歌われたのに今では教科書から消えてしまった20曲の唱歌や童謡を収録しています。
ではそのそれぞれの曲について、削除された原因を推察してみましょう。

「この道」:♪この道〜は〜 いつか来た道・・ああそうだよ〜軍国主義への道だよ〜 と、軍国主義復活を想起させるために削除されました。
「待ちぼうけ」:木の根っこにトラップを仕掛け、兎が来るのをじっと待つ男。硫黄島の要塞戦を想起させるとの理由で、削除されました。
「かなりや」:カナリア諸島攻略作戦を想起させるので、削除されました。
「靴が鳴る」:軍靴の足音が聞こえてくるので、削除されました。
「背くらべ」:軍備拡張競争を想起させるので、削除されました。
「十五夜お月さん」:日本軍の夜襲によるバンザイ突撃を想起させるので、削除されました。
「浜千鳥」:♪濡れた翼の銀の色 の一節が、零戦に代表される日本軍機を想起させるとの理由で削除されました。
「月の沙漠」:ナチスドイツ軍のロンメル将軍を想起させるので、削除されました。
「野菊」:♪遠い山から吹いて来る の一節が、「神風」を想起させるので、削除されました。
「雪の降る街を」:シベリア出兵を想起させるので、削除されました。
「めだかの学校」:♪そーっとのぞいて みてごらん の一節が、盗撮を想起させるので、削除されました。
「夏は来ぬ」:「(終戦の)夏は、来ない!来ぬ!」と、あくまで徹底抗戦を想起させるので、削除されました。
「村の鍛冶屋」:(前述)
「村祭」:村祭りで、若い女性たちが中年男性たちに囲まれてセクハラされる場面を想起させるので、削除されました。
「汽車」:中国語では自動車の意味なので、間違いやすいため削除されました。
「桃太郎」:侵略戦争を肯定した童話の歌なので、真っ先に削除されました。
「埴生の宿」:ソチ五輪で金メダルを取った羽生選手を想起させるので、削除されました。
「赤い靴」:♪異人さんに連れられて 行っちゃった の一節が、拉致問題を想起させるので、削除されました。
「てるてる坊主」:3番に、首を切断する残酷なシーンがあるため削除されました。
「われは海の子」:連合艦隊を想起させるので、削除されました。

ttai_zz02.jpg

このように、教育界では一部勢力の圧力によって教科書の記述内容などが書き換えられているようで、不本意といわざるを得ません。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☁| Comment(29) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようさんです。

いやぁ今日明日は非番でね。非番の日は安心して早く目が覚める。
さて、中々強引な解釈の展開ですが一部
「有り得るかもな」
て思えてしまうのが今の世の中です。何時だったか
「零式戦闘機の零は敵を零にするまで戦うという意味なのです。恐ろしい(ま、敵は零にせなアカンのは当たり前やけどな)…」
て、ほたえた馬鹿も居ましたし。実際には
「鍛冶屋なんか町ではもう見ないから分からん」
とかでしょうな。三輪明宏が嘆いてましたが漱石が教科書から外されたのも
「今の子はよう読まん」
て理由ですからね…
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2014年07月28日 05:18
総帥さん
おはようございます。

「零式戦闘機の零は敵を零にするまで戦うという意味」
・・・アホかいな。ですね

「埴生の宿」が削除された理由だけはなかなか思いつきませんでした。
Posted by シモン at 2014年07月28日 05:37
おはようございます。

埴生の宿…ホームレスの家庭に配慮して、削除されました。
Posted by ラー at 2014年07月28日 05:56
おはようございます。「アイアイ」は絶対残さなくてはなりません!なぜならこの歌を習うため我が日本人は老若男女全てアイアイが猿だと認識しています。しかし外国人はアイアイを猿と認識出来ない人が多い。このことは生物学、自然科学の分野においての日本人のアドバンテージになっているのです。作詞した相田裕美さんに国民栄誉賞を与えたい。
Posted by デハ at 2014年07月28日 06:23
「むすんでひらいて」もフランス陸軍の体操に源をもち帝国陸軍でも採用されていたのでそのことをサヨクが知れば消されますね。
Posted by デハ at 2014年07月28日 06:27
御大

記憶に間違いがなければ“結んで開いて”てジャン=ジャック・ルソーやろ?作詞。左翼の元祖みたいな人やがなwww
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2014年07月28日 06:43
あ、ごめん。作曲どした。恥ずかしくて穴が有ったら挿入てしまいたいです。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2014年07月28日 06:45
「村の鍛冶屋」三番の歌詞です。普通の労働賛歌と思いますが、人によっては富国強兵を煽っていると映るのでしょう。

刀はうたねど大鎌小鎌(以下略)
Posted by HB at 2014年07月28日 06:46
鎌と金鎚…。
Posted by デハ at 2014年07月28日 09:10
デハ様
鎌と金鎚。
私には、わかります。
私には、わかります。

昨日の、長崎県で起きた、不可解な事件の、ことですね。

長崎は、今日も雨だった。ならまだしも。

長崎は、今日も殺人事件だった。

では…
Posted by 藤原 at 2014年07月28日 11:13
藤原さん

教科書から消えた唱歌に代わり、自分が作詞した歌が教科書に載ればチャンス!と思ってませんか。
Posted by 菅原 at 2014年07月28日 12:24
福岡は今日も飲酒運転と発砲でしょうか…。この2つ、突出しています。
Posted by デハ at 2014年07月28日 12:49
サヨクは佐世保の米原潜から出る放射能の影響で凶行が起きる、いや軍靴の音、米国や自衛隊のヘリの発する高周波のせいだといいかねません。吉良はオプスレイは有害な高周波を出すから反対だと言ってます。サヨクは米国ヘリの墜落は悪く言うが仲間の毎日新聞ヘリ墜落は悪く言わない。
Posted by デハ at 2014年07月28日 12:53
デハどん、そのとうり。
毎日新聞社の記者が、お土産のクラスター爆弾をアンマンの空港ではぜかして、尊いアンマン人空港職員の方が亡くなった時も、筑紫哲也は毎日新聞社は棚に上げてアメリカのせいにばっかしてたっけね。
Posted by ファンタジスタ・サブロー at 2014年07月28日 15:14
デハどんが、
テポドンに見えました。
Posted by ラー at 2014年07月28日 17:15
やや暑さが和らぐ、と云われた割には、相変わらず酷暑猛暑の、甲府市内。
今日の「花子とアン」。
「この嘉納伝助が、一度は惚れて嫁にした女や。手出しする奴がおったら、俺がただじゃおかんぞ!」
と、伝助が、男気を見せた。なんて潔くて男らしいのだろう。引き際の良い男は、美しい。デハサン総帥さんも、手本とされよ。
という、回でした。

サテ、ファンタジーなんとかさん。
普段は、貴兄の奇矯な言動に、困惑する私だが。あの、ヨルダン空港での毎日新聞社カメラマンによる手榴弾爆破事件と、その後の毎日新聞社の対応の、酷さには、聊か同意である。
あの時、筑紫はこう言い放った「すべては、戦争を起こした、アメリカにある。」と。
戦争を起こした張本人は、元々クエート侵攻したイラクだろう。それ以前に、空港爆破事件は毎日新聞記者の落ち度だろうが。それを社として責任取らず、本人を懲戒解雇しただけで社に責任ないとし、その後クラスター爆弾に言及する、毎日新聞や恥ずかしと、云えよう。
Posted by 百足衆 at 2014年07月28日 18:03
デハ様

>アイアイ
そういえば、日本人が猿だということをアピールしようとして、はからずも自分の方が猿に近いということを世界に発信してしまったサッカー選手がいましたね。

どこの国かは、失念しましたがw
Posted by 無名X at 2014年07月28日 18:16
総帥さん、デハさん。
サヨクの気分になって、歌詞に難癖とかいくらでもつけられますね!楽しい楽しい!(〜そして空しい)

郷ひろみ「君たち女の子」性差を助長するな!ジェンダーフリー!!

山口百恵「真っ赤なポルシェ」真っ赤は正しいが、ポルシェはダメだ!トラバントにしろ!

松田聖子「青い珊瑚礁」赤い珊瑚礁にしろ!

・・・という感じじゃないでしょか。
Posted by A2Z at 2014年07月28日 18:32
みなさんこんばんわ。
筑紫哲也は間違っています。悪いのはアメリカではありません
イラクがクウェートに侵攻したのも、シナ・朝鮮が日本を馬鹿にするようになったのも、シナが内蒙古や西蔵への侵略を強化したのも、アメリカで民主党がでかい顔しているのも、アフガンでタリバンが仏様を殺したのも、全てソ連が亡くなったからです。
 それまでは、ソ連の脅威に怯え、ソ連を悪者にしておけばよかったのに、その重石がなくなったら、隣の国をいじめ余裕ができてしまったのです。
アカは許し難い存在ですが、その親玉のソ連は今思えば必要悪でした
まさに鎌と金槌なのです。

ソ連は存在していいけれども、我が国や西欧には、アカは存在してはなりません。
Posted by デハ at 2014年07月28日 19:30
追伸
連合艦隊と言えば「我は海の子」は実際に海軍で愛唱され、海軍の軍歌集に入っていることもあります。

無名xさん
 白人たちは大笑いでしたが、本人は笑われているのが自分だとはついに気づきませんでした。

サブローさん
 そうです。毎日新聞は他人事のように報道していました。珊瑚を破壊して報道した朝日新聞にも劣る卑劣な新聞です。悪い新聞はたくさんありますが、朝日・毎日・道新は廃刊に追い込み、南日本新聞を全国紙にした方がいいです。

A2zさん
もともと赤い仮面ライダーV3は喜ばれそうですね。
Posted by デハ at 2014年07月28日 19:34
デハ様
同意です。

アンマンの空港爆破テロ事件の犯人を糾弾せずにアメリカのせいにした筑紫哲也の論理で行けば、
今回の長崎高一女子殺害事件の真犯人は、解剖模型が不完全だったから、ということになってしまいます。

なんでも、悪いことを他人に転嫁する論理は、正直やめて欲しいです。
今回の長崎の事件も、犯人の置かれた境遇とかを探るまでもなく、極刑が妥当です。江戸時代なら。
Posted by ラー at 2014年07月28日 19:37
今気付きましたが、
>みみず児童合唱団
ですか・・
Posted by 無名X at 2014年07月29日 05:13
おはようさんです。

まあ日本にジャーナリズムは有りまへんな。有るのは情報の商業主義だけです。先帝陛下御健在の時分マスコミ間で
「天皇の戦争責任」
てのを議論する事が浮かんでは消えましたな?やるんなら徹底的にやれば良いんですよ。でもいつも中途半端だったでしょ?其をやればマスコミ…特に
「朝日、毎日のそれはどうだったんだ?」
てブーメランが飛んで来るからですよ。あの戦争はアメリカを相手にしたら勝てないてのはプロ(軍人、特に上層部)は皆分かってたのに国民を扇動して代議士と一緒に前に進むことしか出来なくして、負けたら真っ先にGHQに摺より
「知らん顔しとる」
ってのは年寄りは皆知っとるし、古い新聞を図書館なんかで調べた学生でも知っとる。
「ネタがなけりゃ造れば良い。バレたら知らん顔すりゃ良い」
ってのが体質なんですね…とは言うものの私もジャーナリスト志望だったのよ学生時は。

と、チと怖いお話をしましたが、
いやぁ、昨日は早朝に一発だけかましてそれきりにごめんなさいねwwwいやぁ、第四時朝鮮征伐に行って略奪してたもんでwww夢中になってたからwww
あんまり良い趣味じゃないのは分かってるけど私も“大俗物”なんでねフハハハハハwww
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2014年07月29日 05:21
総帥様
北朝鮮出張、くれぐれも、

お気をつけて下さい。
お気をつけて下さい。
お気をつけて下さい。
お気をつけて下さい。

四回行かれるとの事。なので、

四回言いました。
四回言いました。
四回言いました。
四回言いました。
Posted by 藤原 at 2014年07月29日 05:57
宗匠

いや、今日もやねん。今日は古本屋に掘り出し物探しに行くつもりだったんですが上司が
「一緒に行こう」
てな…あんなもん一人で打つものなんだから一人で行くもんやのに
「寂しい事言うなよ」
て言われてね…
司馬遼太郎の父親(じい様だったかな?)が米相場が好きで財産がスッテンテンになるくらい負けたそうやけど、ある時期に恐ろしい程当てたそうや。…たら死んだそうやwww
この3ヶ月26万、16万、3万、7万だワwww
「見よこの膨大な資源を。此で私は3ヶ月は戦える」
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2014年07月29日 06:21
総帥様。
北朝鮮出張、くれぐれも、

お気をつけて下さい。
お気をつけて下さい。
お気をつけて下さい。
お気をつけて下さい。
お気をつけて下さい。


通算、五回行かれるとの事。
なので、五回言いました。
Posted by 藤原 at 2014年07月29日 11:21
藤原さん

「なので、五回言いました」
のフレーズが、五回リフレインされてませんね。

やり直し。
Posted by 菅原 at 2014年07月29日 21:00
菅原君

了解。総帥様に、指示しておきます。

ところで。
Posted by 藤原 at 2014年07月29日 22:00
菅原さん
藤原さん。

きっかり21:00と22:00に投稿されていますね。なんかすごいです。
Posted by シモン at 2014年07月30日 04:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/401583653
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック