2015年01月31日

蜜柑

林檎と並ぶ代表的な冬の果物です。

mikan.jpg

早くも、2015年も今日で一ヶ月が経過しようとしています。まさしく時が経つのは早いものですね。
この一ヶ月、日本列島にもいろいろなことがありました。

jan602.jpg

そんな一月の週末のひととき、コタツで蜜柑を食べながら過ごされている方も多いかと思います。蜜柑は日本の果物界に於いて、林檎と肩を並べる「代表的な冬の果物」として定着しています。

日本の代表的な蜜柑は温州みかんです。温州とは中国の地名ですが、実際の温州みかんの原産地は中国ではなく日本の不知火海沿岸が原産なのだそうです。
「温州」の文字通り、日本国内では温暖な地方が産地で、愛媛、和歌山、静岡が生産量の上位トップ3です。東海道線を通る湘南電車のカラーリングは、温州みかんの果実と葉の色にちなんでいるそうです。この辺はデハさんが詳しいはずです。

中学校の国語の教科書に採用されることが多い、芥川龍之介の短編に「蜜柑」という作品があります。
横須賀発上り二等客車(=湘南カラーではない筈です)に乗車した「私」が、たまたま乗り合わせた田舎娘の所作がいちいち気に障っていて、この田舎娘がわざわざ閉めてある窓の戸を開けたために蒸気機関車の煙を満面に浴びせられて咳き込んでしまい、思わず怒鳴りつけようと思っていた瞬間、この娘が蜜柑を窓から投げて、線路沿いに見送りに来ていた弟たちの労に報いた。その時の「鮮かな蜜柑の色」と共に「私」の心には朗らかな心が広がっていった。
というお話です。

この話は、他人事としては面白いと思いましたが、現実世界では先日仕事で新幹線に乗車した時、隣の席に乗り合わせた女性客が蜜柑の汁を私の顔面に飛ばして来て、
「何すんだこのBBA!」
と口にはさすがに出さなかったものの、ギロっと睨みつけてしまいました。まだまだ芥川の境地に達するまでは遠い道のりです。

jan601.jpg

しかしもしこの果物が林檎だったらどうなったでしょう。
汽車によって加速された林檎が凡そ五つ六つ、汽車を見送った子供たちの上へばらばらと空から降って来て、受けきれずに顔面を痛打し鼻血を出した・・・などという結果になったかもしれません。やはり蜜柑の良さは、手で皮がむけるというソフトな点にもあると思います。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(37) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ミカーア 観!缶!
未韓直人。

デハ様に憧れて、安倍さんが湯川氏の素性を教えた、デハ様、エリエリラマサバクダニ。
エコエコエコエコ
Posted by 藤原 at 2015年01月31日 05:57
藤原さん

とても良い詩ですね
Posted by シモン at 2015年01月31日 06:16
おはようございます。芥川は、蜜柑ですか。
柑橘系文学としては、ゴリラーマン著の檸檬と比較して、やや影が薄いですね。
しかし、「猫である」漱石先生こそ、炬燵に入って蜜柑を書くべきだったのではないでしょうか。
太宰が「林檎」を書いて。

いや、そうではありません。
似あう果物の文学を書いても、読者をKОする迫力はありません。
ゴリラーマンが、あの顔で、あの文体の檸檬を書いたからこそ、不朽の名作となったのです。
もし、同じ内容で樋口一葉や与謝野晶子が書いたとしても、「女性の視点のかわいらしい作品」で終わったと思います。
Posted by デハ at 2015年01月31日 08:00
デハさん

そうですね。文学を度外視して雰囲気だけで判断すれば、どちらかというと檸檬に似合う顔は芥川の方ですね。

梶井さんは、・・・バナナが似合うw
Posted by シモン at 2015年01月31日 08:30
シモン様
ゴリラーマン似の梶井と、オールバックの芥川。
近藤と土方。意外と同志だったのかもしれません。
それで柑橘系なんですね。
Posted by デハ at 2015年01月31日 08:35
デハさん

新鮮組ですね。
Posted by シモン at 2015年01月31日 09:21
シモン様
血を吐いて死んだ、沖田役の中島敦も、新選組に入れましょう。
Posted by デハ at 2015年01月31日 10:37
そうですね。
山月記の出てきた虎は猫科ですから、炬燵で蜜柑ですね。
Posted by シモン at 2015年01月31日 10:47
中国で食べた蜜柑は、温州みかんの味と似ていますが、実の大きさが小さく、大抵小枝と葉っぱ付きで売られていました。
Posted by HB at 2015年01月31日 15:27
そうですか…管理人殿はお姉さんに汁を飛ばされたのですか…

ごめんなさい。ワクワクしてしまいました。

昔の人はホンマに中国の温州原産と思ってた人が多いみたいですね。私のオヤジも
「実は違う…」
と昔、蘊蓄を垂れてました。
横山光輝三國志でも宦官が
「温州ミカンです」
と紹介する場面ありましたから、あんな大先生でもそう思ってたんですかね?
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年01月31日 15:57
HBさん

なるほど、中国の蜜柑は葉っぱつきですか。
ドカベンの岩鬼を思い出しました。
Posted by シモン at 2015年01月31日 16:37
総帥さん

お姉さんではなく、齢60+の蝦蟇ガエルに毒液を飛ばされたのです。

横山大先生の頃はwikipediaが無かったので、誤解されていたのでしょう。
Posted by シモン at 2015年01月31日 16:38
管理人殿

すいません。時々、極稀に変態の虫が顔を出す事が有るので。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年01月31日 19:17
晴天時々曇天の一日となった、甲府市内の一日。
今日の「マツサン」父兄参観で、エマ(子役演。)は、両親を、讃える作文を、読む。

という、回でした。
サテ総帥さん。時々、極稀にまともで、普段は変態が、実態。
では、困りますゾ。精進、精進。
Posted by 百足衆 at 2015年01月31日 20:35
昔の小説には、列車の切符や車両に「○等」という表現が出て来る事があり、わかったようなわからないような、今ひとつイメージがつかめません(笑)。
Posted by ヨット at 2015年01月31日 23:17
ヨット様、日本の鉄道はグリーン車と普通車と表記しますが、ヨーロッパは客車の車体に1とか2とか露骨に「等級」が書いてあります。
インドに至っては3等車では、菅原君のような人が車内に七輪を持ち込んで焼き魚を作ったりしています。
ふぉげらっふぉげらっ。
Posted by 藤原 at 2015年02月01日 03:03
ヨットさん、
さらにその3等車の外側に、切符が買えない藤原さんたちが貼りついて移動しています。
Posted by 菅原 at 2015年02月01日 03:33
そういえば、インドで日本の新幹線を走らせる話を以前読んだが、時速200キロ以上の列車で“アレ"をするのだろうか?

Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年02月01日 04:42
総帥さん、
新幹線でアレをすると言えば、のぞみ号がこだま号を追い抜くために
「駅を飛ばす」
ことですか。

確かに、変態の虫ですね。百足衆さんの言う通り、精進精進。
Posted by 菅原 at 2015年02月01日 04:47
菅原君

この、だらくそ!だらくそ!ぱげ!ぱげ!かわずやまの、ごんぎつね!
総帥様に、謝れ!謝れ!誤れ!謝れ!陳謝せよ!
なーにが、精進精進だ!S液を進める、という意味なのは、お見通しだ!
インドでS液を時速200kmphで飛ばせと、総帥様に勧めるのか君は!
だらくそ!だらくそ!ぱげ!ぱげ!かわずやまの、ごんぎつね!
Posted by 藤原 at 2015年02月01日 05:10
阿呆!早朝からなにを言うとる!
「新幹線にも人がぶら下がるのか?」
という至極単純な疑問や。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年02月01日 05:29
総帥様

前に新横浜駅で、ぶら下がりはしませんでしたがよじ登って感電した人がいました。

後藤さん殺されたみたいですね。
Posted by ラー at 2015年02月01日 05:34
ラーさん

"様“は、やめとくれやすwww"さん“でええワ。最近は私も崩して幾通りか使い分けてますから。

冥福は祈りましょう。
ただ、同情するけどヤッパリ"しきれ“ないな…
ジャーナリストてのは"山師“みたいなモノで当たる筈の無い"モノ“を一発当てて金と名誉を得る仕事やん?失敗したら
「馬鹿か?彼奴は?」
て事をやり、当てたら
「彼は天才だ。英雄だ」
て、称賛されるんや。彼は其に賭けて「職場」で死んだんや。これぞ「男子の本懐」よ。身内は堪らんと思うがね…私も
「死ぬなら職場で死ぬのも良いかな?」
と言ったら
「私達は11時迄仕事して帰るんですよ?恐いから止めて下さい」
と女性従業員に言われたがねwww

で、朝日の連中が性懲りもなく行ってるやろ?今度は「男子の本懐」じゃすまんよ。人質ビジネスする気満々なのが分かってるからね。今の状況で会社の命令で行って"見殺し“にされて政府の責任みたいに叫んでも所謂
「馬鹿丸出し」
ですからね。案外此れが"朝日“が"落日“になる切っ掛けになるかもね。




ビジ←これ消えん。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年02月01日 06:10
総帥さん、
まあ新幹線によじ登って感電死してJRを訴えるのと大差無さそうですよね今度のケースは。
Posted by ラー at 2015年02月01日 06:35
おはようございます。
後藤さん、やむを得ない帰結だったとは言えご冥福をお祈りします。

安倍政権批判する人がいますが、これが民主政権だったら、大金ふんだくられて二人とも殺害されて、その後誘拐される日本人がさらに増えたことでしょう。

Posted by シモン at 2015年02月01日 07:05
ラーさん

上手くタトエヤwwwインド人もビックリやwww
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年02月01日 07:07
そうそう、今日から5日間の冬休みでアル。本当は10連休の筈が
「店が廻らん」
という事で2回に分けられてしもた。しかし、私の不眠症は続くのであるんであるんでアル。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年02月01日 07:12
ここにたむろするネトウヨの皆さん。あなたがたが、後藤さんを死に追いやったのですよ!?そういう自覚ある!?
イスラム国の人達は、こういうサイトも念入りにチェキラしてます!!そこにこんな書き込みが!!では日本と敵対しよう!!
…誰だって、そう思うハズ!

イスラム国の人達も、日本人と一緒に「花燃ゆ」を見て、ああアメリカは、この頃から悪い国だったな、と思いを共通に出来れば、今回のような事件は起きなかったハズ!

後藤さんのお母さんも、その思いをイスラム国の人達に伝えたかった一心の悲痛な叫びだったのに…それを茶化しやがって!!

イスラム国の人達が、日本人を狙うなら、皆さんは「自己責任」で、真っ先に標的になって下さいね♪顔1(うれしいカオ)
Posted by まーくんのママ at 2015年02月01日 09:03
イスラム国の皆さん、↑このおばさんからお願いします。
Posted by 菅原 at 2015年02月01日 09:41
シモン様
僕らのIDを登録し、一見さんや敵対者が入れなくしてください。
Posted by デハ at 2015年02月01日 10:46
人質とか覆面男が規制対象ばかりか、〆切や期限まで表現自粛されると日常生活が送れません・・・
Posted by HB at 2015年02月01日 11:24
デハさん

該当者のHNをNGワードにしますので、みなさんもコメントの中で使用はお控えください。
Posted by シモン at 2015年02月01日 11:43
HBさん

懸賞の「五等」までもが自粛だとか。むむむ
Posted by シモン at 2015年02月01日 11:44
あらwww学識豊かなまーくんのママさんやないですかwww御待ちしておりました。是非お教えください。貴方の書き込みに関してでございますよwww
どうやって井伊大老に処刑された松陰先生がその翌年に大老を暗殺して更にその井伊に処刑されたのですか?貴方に言わせると小学生で
「知ってて当然」
の知識なんですよね?自分の発言をキッチリ説明出来なきゃ、他人を批判する資格は有りませんよ?
先ずは其処んところから宜しくwww私も暫くは暇やから付き合うたるでwww
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年02月01日 13:18
晴れ時々曇り、寒冷の甲府市内。
今朝の「5分でわかる今週のマツサン」を見ようと、すると、NHKは特別報道番組を、やっていた。後藤氏が、男子の本懐を遂げたらしい、との事だつた。

サテまーくんのママさん。
私たちが後藤氏を殺したのではなく、自称イスラム国の黒覆面の男によって殺されたことは、明白である。どうも貴女は、誰が誰を殺したかを誤解したまま、見当違いの方向に批判の矢を向ける傾向が強すぎるやうに思える。それでは無辜の人を手当たり次第に殺すイスラム国の黒覆面と大差ない。
今後の発言は、慎まれよ。
Posted by 百足衆 at 2015年02月01日 14:03
今日も「花燃ゆ」の日でしたね。
Posted by 無名X at 2015年02月01日 17:27
「花燃ゆ」は、
「仁」+「花男」に、「BS大岡越前」も加わっていよいよ混沌としてきました。

Posted by シモン at 2015年02月02日 05:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック