2015年02月02日

ファイヤーマン

1973年に日本テレビ系列で放映された特撮テレビ番組です。

fireman.jpg

2月は火事の多い月です。暖房器具の消し忘れに加え、日没時間帯が昼より長いため、放火犯が暗躍する時期だからです。英語で消防士のことを「ファイヤーマン」(fireman)と呼ぶのは、そのような紅蓮の炎と戦うからです。

bbb010.jpg

1973年は、円谷プロダクションにとって記念すべき年でした。円谷プロ創立10周年記念年だったのです。
それまでは、東宝の特技監督として臥薪嘗胆していた円谷英二監督が、晴れて独立して円谷プロダクションという制作会社を設立し、10年目を迎えていたのです。

この年に制作された記念番組は、「ラビットパンダ」でお馴染みの「ウルトラマンタロウ」、セスナが宙返りすると物理法則を無視して巨大ロボットに変身する「ジャンボーグA」、そして本作の3本で構成されているのです。

では簡単に登場人物を紹介しましょう。

岬大介(演:誠直也):主人公。別名ミキサー。地質考古学研究室の田所博士の元で働いていた青年。だが実態は地底人で、テレスドンを操って地上に攻撃を挑むが日光に弱い人達とは別人種。マグマエネルギーでファイヤーマンに変身する。

海野軍八(演:睦五郎):地球科学特捜隊の隊長。本名はムツゴロウなので、普段は干潟で生活している。呉軍港で謎の爆沈をする。

水島三郎(演:岸田森):宇宙工学の第一人者。冷静沈着にして知性的だが、内職でレーシングカーも製作しており、その運転手に向かって「郷、お前、MATに入ってダメになったな。」と言い放つ。

だいたいこのようなメンバーが、毎回毎回古代恐竜の生き残りの怪獣と戦っていました。

jan603.jpg

ファイヤーマンは、体温1,000℃、真っ赤なボディと真っ赤な目玉をしていましたが、思想自体は地球を保守的な観点から守ろうという意識に溢れていました。
決して、怪獣そっちのけで政権批判をする、などという愚行に走らなかった点、同じ赤でもいろいろいるということが子供心にも理解できました。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(34) | TrackBack(0) | TVと映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。
岬・海野・水島と、主要人物はみんな海に関係がある苗字ですね。
Posted by ラー at 2015年02月02日 05:21
おはようさんです。

観てはいませんでした。当時何を観てたのかな?が、何気に凄いキャスティングですね。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年02月02日 06:47
今年一番の冷え込みとなった、甲府市内。
昨日の「花燃ゆ」
金子の、胸のボタンを所望する文だが、麻生祐実に拒否される。兄寅次郎に会った帰り、壇ふみがにこやかに迎えると、そこには金子のボタンがあった。
という、回でした。それにしても壇ふみはにこにこし過ぎる。認知症か。

サテラーさん。海無し県の山梨県としては、羨ましい苗字です。
サテ総帥さん。そうそうたるメンバーが出演してもつまらない番組もあります、典型例が、「花燃ゆ」ですナ。
Posted by 百足衆 at 2015年02月02日 08:09
おはようございます。
ファイヤーマンは最期は敵の最強円盤を道連れに自爆して死ぬという悲惨なものでした。(物体xという名前でした)

ウルトラマンのリメイクだそうで、初期のストーリーが似ていました。
ちなみに、子供ショーのレッドマンの方は、ウルトラセブンの企画名及び本名と同一です。

 ファイヤーマンは、大人になってから見ました。
 岸田さんがやはりいいですね。

 岸田さん、レーシングカー造りの夢を果たせませんでしたけど、郷兄ちゃんが、鶴太郎と闘いながらも、ちゃんと研究を重ねていますよ。
「超ウルトラ兄弟」という映画で、郷兄ちゃんとアキちゃん夫妻に引き継がれた坂田モータースに、岸田さん、ちゃんと遺影として登場していて、感動しました。
しかし、ファイヤーマンでは「村野由紀18才〜!」とは絶叫しませんでした。

お姉さんが芬蘭の河馬だったり、忙しいためか、若くして亡くなりました。
 非常に残念でした。
Posted by デハ at 2015年02月02日 08:10
今頃気づいたけど、誠さんてアカレンジャーやね。で、此は'73で'75にゴレンジャーね。数字的には失敗した作品の主役やのに再起用してもらえたてのは当人の実力やろうけど、テレビにも製作本数とか勢いが有る時代やったんやね。ま、ゴレンジャーに関してはあたしゃアオのファンだったけどね。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年02月02日 14:38
総帥殿、あっほんとだ。
アカレンジャーって、前からアカい人だったんですね。
Posted by 燈台森 at 2015年02月02日 14:57
ゴレンジャーは、赤と青のダブル主役でしたね。
私は黄色が一番好きでした(カレーでなくラーメンだったら尚更…惜しい!)

一番存在感が薄かったのが「ミド」レンジャーですね。水戸市民としては、歯がゆい思いです。
Posted by ラー at 2015年02月02日 16:53
今ならアマーイ顔の役者使ったんでしょうが、強い正義の味方は強そうな顔してた時代やしね。子供心にも説得力はあったね、誠さん。嘗ての芸能界喧嘩三強(誠直也、渡瀬恒彦、石立鉄男…だっけ?)の一角やからね。アオの宮内さんにしてもアマくは無かったし、藤岡弘、なんかも
「見るからに…」
て感じの役者やからね。
ま、歴史と違ってこういった架空人物はある意味どうとでもしてくれたら良いては思いますが、観るものに納得をさせてくれんとな。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年02月02日 17:37
総帥さん

確かに。
そういう意味では、北斗隊員の高峰圭二さんとか、甘いマスクでホントの大丈夫なのかなと思いました。

ミドレンジャーの伊藤幸雄さんもその傾向の甘い顔でしたし、「太陽にほえろ!」ではボン(宮内淳さん)とか、本当に仮面怪人や犯人を逮捕できるのかちょっと不安でした。
Posted by 無名X at 2015年02月02日 18:05
無名Xさん

言われて思い出したワwwwウルトラマンは昭和期からアマかったな。最初の黒部さんと団二朗さんはモデル上がりやったしな。他は役者やけどタロウの篠田三郎さんなんかは演る前からスターやったけど"爽やか二枚目“で売れてたし、高峰圭二さんなんかも自分で分かってて
「俺みたいな頼りなげなので良いの?」
と、オファー受けた時に思ってたそうですね。余談ですが、あの人は役者として過小評価やね、タイムスリップして野武士と戦う場面で隊長の元隠密同心と一緒に馬を駆らせ、片手で馬を操りながら銃を撃つ場面なんか見直すと相当鍛えられたんやろね。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年02月02日 18:34
総帥様、無名X様

自分としては、帰りマンの時の郷さん=団次郎さんが違和感でありました。
カッコ良すぎ。当時で言えば、草刈正雄かこの人か、という感じでしたね。
もちょっと野武士系、それこそ池田駿介さん(南隊員)の方がストーリーには合ってたかもしれません。
エースの高峰圭二さんは、長いこと「ビューティフルサンデー」の田中星児さんと混同してました。「星司」だからでしょうねきっと。
Posted by A2Z at 2015年02月02日 18:51
A2Zさん

其処んところは何らかのスタンスの違いが有ったんでしょうね(お題のやつは円谷製作だけど誠さん使ってるけど、此は岸田森ありきで作って主演も岸田さんの意見やったて、言うしね)。

ウルトラマン=円谷
ライダー、戦隊=東映

だから、役者を抱えていたしノウハウも有った東映と役者は直接抱えてなかったけど、其れだけにフリーハンドに選べた円谷…だから其処んところに何か考えも違ったのかな?
ただ、何かで藤岡弘、が
「ライバルはウルトラマン?馬鹿言っちゃいけないwww彼処は金が有ったからね。ライダーの制作現場なんて何時もピーピーだったからどうやって金を使わずに迫力出すかでスタッフも役者も必死に知恵を絞ってた」
て言ってた…本体は桁違いで逆だと思うんですがね?
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年02月02日 19:15
総帥さんA2Zさん

なんとなくですが、
青レンジャーの立ち位置は、ウルトラの岸田もりさんに近いかも?

尚私が好きなのは、小林昭二さんです。「あきじ」さんだそうですね。
Posted by シモン at 2015年02月02日 19:35
A2Zさん
私的には、あのカッコいいダンディーの郷さんが、タッコングの回で
「ウルトラマンになれ!ふんっ!」
と焦って醜態を見せてるのはアリですけどね。
Posted by シモン at 2015年02月02日 19:46
おいおいアメリカの赤レンジャー、逮捕されたぞ殺人容疑で!
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150202-00010011-jisin-ent
Posted by 燈台森 at 2015年02月02日 19:53
管理人殿



「ウルトラマンになれ!…」
www…だが、ああいう真面目に滑稽なのは良いな。セブンはシリアス過ぎて子供の私には辛い事が有った。郷さんはパトをサボって境内で団子を食ったり岸田隊員(西田健…何気に名優だがこの方も最近ヤバ気なんだよな)との仲が良いのか悪いのか分からん絡みとか適度な馬鹿さ加減が良かった。タロウはやり過ぎだったな。
処で特撮ファンの間でよく突っ込まれるこの場面ですが、基地で隊長にボイスレコーダー公開されてるのにこの発言の直前に止められてる…

@あの直後にレコーダーが壊れた。
Aウルトラマンが超能力みたいなので、壊したか声を消した。
Bやはり隊長は聞いた。で、事実は知ったが大人の事情で公開は止めにした。

どれか!?
基本はAかな?しかしBにした方が隊長の引き継ぎで伊吹隊長が時々正体を知ってる風な発言をしてた事に合点がいくし、
「後の展開に含みも持たせられて良い」
と当blogの座付作者としては思うんだよなぁ。


Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年02月02日 20:34
総帥さん
C隊長だけでなく、隊員全員が聞いていて、その後の郷さんをからかうネタにした。

だと思います。
帰マンが矢鱈とピンチに陥ったのも、戦闘中にそのトラウマが蘇ったせいでしょう。ナックル星人も、別に秋ちゃんまで殺すことなく、その時の郷さんのボイスを再生すれば容易に倒せたと思います。
Posted by A2Z at 2015年02月02日 20:43
あっ総帥さんなんてタメ口すいませんでした、総帥様でしたねごめんなさい。
Posted by A2Z at 2015年02月02日 20:45
たこーん ぐっ! 具っ!
タッコング。
「早くウルトラマンになりたい」byべムラー。

独り言を言う人が、多いです。
ストレス社会だからでしょう。マットならなおさらです。
73年当時、カセットテープは15分しか録音できませんでした。3倍速モードはそれからです。ドルビーノイズリダクションシステムもその後です。なので、

録音できなかった、ことでしょう。
録音できなかった、と思われます。
隊長も、命令無視した団隊員に、
「この、だらくそだらずかわずやま。菅原君のような、隊員だ」
思ったことでしょうが、ウルトラマン変身の呪文は、聞き取れなかったと

推察いたします。
拝察いたします。
ほげらっ ほげらっ。
Posted by 藤原 at 2015年02月02日 20:51
「ファイヤーマンは消防士って意味だよな。」後に東大首席で卒業する小学生のYは言いました。「へえーそうなんだー。いっつも火いつけてまわってるから放火魔かと思ったー。」僕ら、いかにも知能指数が低そうな群れが周りを取り囲んで言いました。
たしかに初期の十二話まではウルトラマンやセブンに近く、SF性やストーリー重視で見ごたえがありました。「ジュラ紀に落ちた少年」でも過度に子供が活躍して何の話か分からなくなる様な事はなかった。
子供とてバカではない。自分と同じか、それより下のレべルじゃなく、ワンステップ上の世界を覗きたい好奇心にみちています。
でもそれは円谷一が亡くなり、製作体制の縮小により「子供を出して大騒ぎさせれば人気が出る!」と言う変な円谷プロの慣例に従いウルトラマンタロウ化してゆくのでした。
最後の輝き、十二話「地球はロボットの墓場」は脚本が岸田森でハードな展開とサービスシーン(アンドロイド少女・芦川 よしみ(子役)の水浴びヌード)もあり、人間だと思いこんでいた水島博士(演:岸田森)が病室で彼女の壊れている姿を見るシーンは「すごいなあ」と思いました。
ところが翌日学校で天才小学生のYが「壊れたなら、なぜ壊れたかを視聴者にだけでも説明がなければいけない」と言ったものだから(いい気分になっていたのに水を差して)と機嫌が悪くなりました。
十年後、京都の学校へ通っていた僕は再放送を見て「ああ、やっぱりあいつの言っていた事はそのとうりだったな」とその時やっと小学生の頃のYの頭脳に追いついた気がしました。
Posted by A・2001 at 2015年02月02日 20:59
A2Zさん

「さん」で良いよ。私も最近崩してるから。手柄を建てた時は「閣下」と呼んで貰おうかwww
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年02月02日 21:08
A・2001さん
特撮を、リクツでしか理解できない人は不幸ということですね。
東大や京大を首席で卒業した為れの果て、もとい究極の進化形が、藤原さんです。
Posted by 菅原 at 2015年02月02日 21:21
そwww特撮、SF、時代劇は突っ込み処を探すのも楽しみであるんであるんで有ります。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年02月02日 21:28
たしか鳩山由紀夫も東大をよい成績で出ていたような・・・。
Posted by デハ at 2015年02月02日 23:38
ミズポは主席どすえwww
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年02月03日 00:04
首席ではなく、
Posted by 菅原 at 2015年02月03日 02:29
金日成主席。。
Posted by ラー at 2015年02月03日 05:04
誤字
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年02月03日 10:00
総帥さん

「主席」の方が共産圏の親分ぽくて、合っているのでは?
(「首席」は自称みたいですし)
Posted by 無名X at 2015年02月03日 11:16
無名Xさん

あら?あれ自称なの?と思ってググってみたんですが…正直よく分からないね。中には戦後の東大法学部卒は「点数を付けない」ていうのも有るし…実際に彼女は卒業に6年費やして司法試験合格は更に2年後ですから(ま、それでも関西ローカルの私は足元に及びませんが)?ですな。
余談ですが、彼女の親分の土井たか子は同志社(関西私大の雄)ですら怪しいようですが。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年02月03日 12:06
百足さんも、山梨県立害虫大学を首席で卒業したみたいですな!
Posted by ファンタジスタ・サブロー at 2015年02月03日 12:26
寒冷清涼なる甲府市内。

またファンタジーとかいう害虫が涌いてきましたナ。啓蟄には、まだ早い。

サテ総帥さん。人の価値は学業にて図るべからず。という、典型例が、鳩山さんであり、瑞穂女史ということですナ。
Posted by 百足衆 at 2015年02月03日 17:04
日曜日深夜のMXが熱い。日曜深夜24時(月曜になるが)から円谷劇場ウルトラQ2連発!。
Posted by ムルラ at 2015年02月28日 16:10
ムルラさん

ウルトラQいいですよね。
微妙な時間帯に放映されているのもいいですよね。
Posted by シモン at 2015年03月01日 07:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック