2015年05月03日

Dr.スランプ

1980年から「週刊少年ジャンプ」に連載された、鳥山明さんの漫画作品です。

dr_slump.jpg

「なんでも発明するマッドサイエンティスト」が登場する作品は、古今東西を問わずいくつもあります。
アメリカの映画作品「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のエメット・ブラウン博士(通称ドク)、日本では古くは「鉄腕アトム」を作った天馬博士(注:よく間違われますが、御茶ノ水博士はアトムの運用のみです)、「名探偵コナン」の阿笠博士博士などがその典型的な例でしょう。

may04.jpg

80年代の劈頭を飾るロボット漫画「Dr.スランプ」は、そのようなマッドサイエンティスト・則巻千兵衛博士を主人公として始まった新感覚の漫画作品です。
では簡単に登場人物をご紹介しましょう。

則巻千兵衛:主人公。28歳独身の科学者、発明家。タイムマシンなども完成させるが、女性と一回も手をつないだことがなかった。人間型ロボット:則巻アラレを完成させる。時々劇画調の顔になる。

則巻アラレ:則巻千兵衛が作った人間型ロボット。視力が弱く、ボストン型の眼鏡を着用している。当初は4頭身だったが、成長と共に縮んでいき、3頭身となる。「ほよよ」「んちゃ」「キーン」といった独特の言葉を発する(ある意味、藤原さんの詩の世界とも共通する)。馬鹿力。

則巻ガジラ:天使。通称「ガッちゃん」とも呼ばれ、同じ頃週刊少年サンデーに連載された「タッチ」の上杉達也としばしば混同された。排泄物に興味を持ち、棒で突く。

山吹みどり:アラレが通う中学校の女性教師。後に則巻千兵衛に求婚され、結婚する。

木緑あかね:アラレの同級生。中学生のくせに酒・タバコを常習する不良少女。

皿田きのこ:近所に住む幼児。80年代のハウスマヌカンに流行った髪型(オカッパ+刈上げ)で、サングラスをかけ三輪バイクを乗り回す。

スッパマン:宇宙人。梅干しを食べ、毎回酸っぱい思いをしながら正義の味方へ変身を遂げている。

ニコチャン大王:宇宙人。名古屋弁をしゃべる。宇宙船を修復し、母星に帰還する日を待っている。

これ以上は書ききれませんのでこの辺にしておきますが、このような面々が「ペンギン村」を舞台に毎回毎回、一話読切りの騒動を起こしていたのでした。

一見荒唐無稽なこの漫画作品は、作者・鳥山明さんの卓越した都会的なタッチの描画で、たちまち80年代漫画界の寵児となりました。
アラレちゃんのかけていた眼鏡は社会現象になり、同じく漫画家の高橋留美子さんをはじめ、多くの人たち(特に女性)がこの「アラレちゃん眼鏡」の愛用者となったのです。

may05.jpg

鳥山さんは、本作に続く作品「ドラゴンボール」で、一躍漫画界の頂点に達しました。
しかし、徐々にシリアスな内容に深化していった「ドラゴンボール」に比べ、あっけらかんとしたギャグの世界に徹した本作の方を好む読者も多いそうです。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(36) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Drスランプにおける則巻博士の立ち位置は、
ドラえもんのドラえもんそのものです。

のび太がメガネをかけていたので、アラレちゃんもメガネをかけることになりました。
Posted by ラー at 2015年05月03日 07:36
木緑あかねは、次のDBでブルマになりました
Posted by 龍玉 at 2015年05月03日 08:09
本作では、鳥山明担当のジャンプ編集者をドクター・マシリトと言う悪の科学者にデフォルメしていました。
Drスランプも、結構早くからアニメ化され連載も4年続きましたが、ドラゴンボールの連載が決まったせいか、最終回が打ち切り漫画みたいでした。
Posted by HB at 2015年05月03日 08:49
デハーン 燦燦
デハ様 どぶろっく!

という訳で、大河ドラマ「花燃ゆ」に、どぶろっくという人が、島津久光公の丸十のマークをつけて、登場だそうです。
ラー様にも、朗報です。どブロックの片割れは、三つ葉葵のマークで慶喜公だそうです。

愚かなる 大河ドラマを めでよ人々 もう憂。
Posted by 藤原 at 2015年05月03日 08:59
鳥山明は、同じ鳥類のとり・みきとしばしば混同されました。
Posted by 燈台森 at 2015年05月03日 09:15
コレを止めたくて、その交換条件が新連載(DB)てのが定説だワナ?どっちにしても鳥山センセは楽は出来なかったワケだ。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年05月03日 10:21
総帥殿
結局DBも、延々と続く格闘+戦闘力インフレ路線に辟易して止めたいばっかりだったみたいですね。実際Z終了後のアニメ版は、やる気満々のフジテレビ側が作っています・・・。

フジと言えば、近年視聴率が崩壊してドラマも報道もバラエティもダメ、唯一数字が獲れるのがアニメだそうです。
Posted by HB at 2015年05月03日 11:42
鳥島編集者は編集長を経て今は鳥島取締役だそうです。小泉純一郎に似ています。
Posted by デハ at 2015年05月03日 12:06
濁酒とは何ですか?まさかお笑い芸人が慶喜公と久光公なのですか?幕府と薩摩を愚弄しています
Posted by デハ at 2015年05月03日 12:08
HB殿

作者としては人気が有るから長期連載させてもらえるんですが、起承転結間違えたら続けさせられるのよね。老害扱いされてる作者も本質はコレの人が多いのかもね。週間連載だと20〜30、月刊誌でも50くらいが緊張度を保てる限界か?

此と「マカロニほうれん荘」はかなり長い間ホンマに面白かっただけに後半のグダグダが辛かった。「スランプ」は千兵衛さんの結婚までかな?アレはテコ入れのつもりやったんやろうけど…夢が叶うと後は惰性やね。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年05月03日 12:50
上の数字は巻数です。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年05月03日 13:22
デハ様、デハ様

芸人だから悪いとは、言いませんが、ドラマ歴皆無の芸人が
チョンマゲつけて、慶喜公と久光公を演じるドラマが、
一応時代劇の最高峰である大河ドラマというのが、

解せません、解せません。

大河ドラマのスタッフは、

反省せよ!はっ
反省せよ!はっ
反省せよ!はっ
反省せよ!はっ
反省せよ!
Posted by 藤原 at 2015年05月03日 15:04
もしかしたら、木緑あかねのヒントは「あばしり一家」(永井豪)の赤黄みどりかも・・・・?

スッパマンは、痛々しいだけのキャラでちょっと複雑かなと。
作品中では全くどうしようもなく、とにかくダメなヤツのままで。
なんかいい思いをするとか、珍しく活躍する回とか、そういうのが無かったように思います。
アニメ版「忍者ハットリくん」の獅子丸みたいな・・・・。
Posted by ヨット at 2015年05月03日 15:33
ヨットさん
スッパマンにニコちゃん大王と、痛いキャラが二人もいて、DBのミスターサタンの様な役回りはなかったかと。

あと、作品柄こすい悪党はいても、アラレちゃんとガッちゃんの遊び相手になるばかりでしたが、一度だけ二人の好物の名を付けた犬が不良に蹴っ飛ばされて、アラレちゃんがぶち切れるシーンがありました。
Posted by HB at 2015年05月03日 16:57
今、漫画界一の痛いキャラというと、水島新ニです。

ドカベン像が「ケツバット」としてtwitterでネタにされると、
「像を撤去しろ!」と激昂してるらしいです。
Posted by 菅原 at 2015年05月03日 17:20
名探偵コナンは、登場人物全員が何かしら痛い。
Posted by 燈台森 at 2015年05月03日 18:06
ちょっと違うねんな菅原さん

最初に言っとくと、水島新司さんてのは実績・功績は兎も角として、今や漫画界で老害No.1やと私は思っている。でも、あの件はあの人の肩を持たざるを得ない。あの像は水島御大の好意で商店街に置かさしてもらってるワケですワ。で、ケツバットで変に盛り上がったのは兎も角、地元の“自称"書道家のニートが其れを使ってスタンプだかステッカーだかを勝手に売りだそうとしたんですよ。今回、特に深いのは
@著作権料無しで商店街にキャラクターを貸した。
Aニートが勝手に其れを使って商売しようとしている。
此に関して言えば好意で故郷の商店街にロハで貸したのに関係ない第三者が
「金儲けに使おうとしている。金が絡んで無いからキッチリ管理してないんじゃないか?」
ていう不信感も水島御大も持ちますよ。
ま、最初に僅かでも権利料を取ってれば商店街もこのニートに圧力をかけたでしょう。しかし其れをすれば
「なんや水島は地元に冷たい。守銭奴か」
てなったやろうね。一人のノータリンが全てを壊すの図ですなwww


Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年05月03日 19:36
はっはははのは。
菅原君、否、ガワラ君。
総帥様に、完全否定されてしまったようだな!

だらくそ!だらくそ!ぱげ!ぱげ!かわずやまの、枝野幹事長!
Posted by 藤原 at 2015年05月03日 21:12
おはようさんです。

今日は堅気と同じで休みでね、GW中唯一の休日です。

昨日のカキコに関してやけど
「無料が全て良い結果を導くワケやない」
てことやね。金を使う場合は真剣に考えるやろ?
有名な石田三成の話が有るワナ?
「淀川辺利の葦に一定区間毎に税を掛けさせて下さい」
言うて、秀吉から権利を貰った。その区間の葦の権利を買った百姓・町人は葦が成長しきるのを待ってから刈って製品に出来たワケや。其れまで勝手にしてた時期は早い者勝ちだから、未熟なまま刈ることが多々あったから貧弱な簾や屋根材が多かったワケやね。
最初から形だけでも新潟商店街が権利料を払ってれば、この馬鹿者に圧力掛けるなり訴訟に持っていくなりの正統性が出る…或いは其れ以前に管理、監視をキッチリやろうって気になり、水島御大の気分を害する事は無かったやろね。
此は私の仕事にも関することでね。何でもかんでもサービス(タダ)にさせて無理をさせて、結果的にサービスの悪化を導く…更に結果的にDQN的な人間を増やすみたいなのをヤッパリ防ぎたいのよ。楽したい、金が欲しいじゃなくて。

Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年05月04日 06:05
「なんでも無料がいい」と錯覚する人とか
「1円でも払えばお客様は神様」と勘違いしている人は多いですね。

「無料だから自由に転売してもいい」
という考え方、コンテンツの無断転載する人と同じ脳の人だと思います。

これは転載がしやすくなったネット時代の弊害かもしれませんね。
Posted by 無名X at 2015年05月04日 06:37
かざーん じしっん じしっん
大噴火。っどかあーん

箱根、蔵王が危ないです。危険大です。
富士山も。

菅原君のせいです、せいなのです。
水島先生、どうか錨を沈めてください。
Posted by 藤原 at 2015年05月04日 07:20
曇り空となつた、甲府市内の空。
昨夜の「花燃える」桜田門外の変は、説明だけで終わり、桜田門外ではなく、桜田論外の変、となった。

という、回でした。
サテ藤原さん。富士山が噴火したら、大変ですナ。小生、もう長生きは望みませんが。
Posted by 百足衆 at 2015年05月04日 08:37
ドクターストップアバレちゃん、名探偵ドイル、三休さん、ウガンダの少女ハイチ、ダイマジンガー、天才バカボンド、楽しいノーミン一家、建設巨人イエオン、怪傑おしし仮面
Posted by デハ at 2015年05月04日 08:47
デハさん

「ノーミン」はスージー甘金先生の漫画作品です。
http://photozou.jp/photo/show/2300358/206513381
Posted by シモン at 2015年05月04日 09:17
愛国赤旗総帥様

くだんの馬鹿者は、西原信也というニートです。
ケツバットステッカーを売り出す、と言ってたやつです。

昔、サザエボンという馬鹿らしい企画がありましたが、あれと一緒です。
マッドアマノの写真パクりコラージュも同じようなものです。
Posted by ケツバット反対派 at 2015年05月04日 10:36
ああそうそう。漫画家と同じ苗字やったと憶えてた。

インタビュアー「書家と云うことですが作品を出展されてませんね?」
西原「作品はいずれ出しますが、現在私の頭の中に有ります」

んな事いうたら私もミュージシャンやがなwww頭の中には色々作品も有るで。ホントやで。本当にホントやでwww
まあ筋金入りのニートやね。

「お祭り行こうかな?」
と思ってたのに俺の休みは必ず天気が悪くなるな…
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年05月04日 14:07
総帥さん
実は昨日〜今日と富士宮に来てました。
昨日は天気良かったけど今日はときどき雨でしたね
(もう帰路に就きました)
お祭りは6日までですか・・・
またいつかオフ会、やりましょう。

水島さんも、ホークスの選手の顔を無料で描いていて、外人助っ人さんの顔で揉めたという歴史があるので、なかなかおおっぴらに理由を公表できないんでしょうね多分。


Posted by シモン at 2015年05月04日 14:58
昨日米沢で上杉祭に行き帰り前田慶次郎の墓参りして帰りました。福島山形県境にはゴリラ注意の標識がありました。今日から6日まで連勤です。今度は東京で集まりましょう。
Posted by デハ at 2015年05月04日 16:21
デハさん

ゴリラ注意報は京都の丸善書店にも必要ですね。

お仕事お疲れ様です。次回は東京駅付近にてやりましょう。
Posted by シモン at 2015年05月04日 16:34
ヨットさん、
HBさん

私はドラゴンボールはあまり読んでなかったので(=疲れるのでw
アラレちゃんの方が気楽でよかったです。

DBにしろ筋肉マンにしろ高橋るーみっくワールドにしろ、連載が続くとどんどんシリアスになっていく漫画世界は私にとっては酸欠状態なんです。
Posted by シモン at 2015年05月04日 16:37
ああ、次は東京に出てみたいねwww

実は私もDBはあんだけ人気有ったのに殆ど読んでないんですよ。最初はちょっと迷走してたでしょ?で、あまり興味持てなくてパラパラ…で“レッドリボン軍編"から“桃白白"退場までかな?真面目に読んだの。理由は管理人殿と同じです。…ていうか、どっちかってえとマガジン派だったかな?私は。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年05月04日 17:36
アラレちゃんは未成年の飲酒喫煙、シモネタ、排泄物の氾濫、不衛生な環境など、教育によくなかった。ドラゴンボールの初期の方が良かった。が、宝探しが終わり、格闘漫画になってしまい、可愛いプーアルが悪者に食べられてしまい、二度と見るものかと思いました。それにブルマの不貞にも腹がたちました。飲茶とプーアルだけ応援していました
Posted by デハ at 2015年05月04日 17:48
〉連載が続くと…シリアスになる…酸欠状態…

そうやね。「男塾」もそうやった。
ただ逆も有ってね、ドラマなんかじゃ延命の為に「必殺」なんかは「…仕置屋稼業」辺りからコメディ要素を増やし始めたし「水戸黄門」も西村編から忍者増やしたりしてバラエティ色を増やしたからね。
尤も「必殺」はやり過ぎて演者自身がやる気無くしたし、「水戸黄門」も馬鹿馬鹿しくなっちゃったけどね。
ま、さじ加減でしょうね。
ジャンプの漫画はネタに困ると「トーナメント」するのよね。「キン肉マン」「魁男塾」「ドラゴンボール」も「幽々白書」までwww其れを上手く切り抜けたら、そこから更に連載は長期化したね。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年05月04日 18:01
御大

教育に良いもので面白いものって何れくらい有ります?www文部省推薦映画で面白いのって有りましたっけ?www
別物ですよwwwドリフも初期のルパン三世も
「教育に悪い」
番組ですよwww
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年05月04日 18:30
水戸黄門然り、刑事コロンボ然り、ブラックジャック然り。
連載に耐えるためには、「様式の美」に収束する方が、芸術的な深化を遂げるより「正しい」発展の方向のようです。

モーツァルトが落ちぶれたのも、ピアノ協奏曲K466二短調の芸術指向以降のようで。

「中庸」が最もバランスの取れた、芸術家生存中の成果刈り取り方法なんでしょうね多分。
Posted by シモン at 2015年05月04日 23:04
まあ一言で云えば
「分を弁える」
って事ですかね。管理人殿はモーツァルトを引っ張ってきたけど下世話な私は…ツェッペリンとかディープ・パープル、或いはキース・リチャーズだなwwwあの辺の偉い処は娯楽に徹したことやね。環境とか動物愛護だとか世界平和とかの能書きは殆ど垂れなかった。だから作品の良し悪しだけで話が出来る。ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ミック・ジャガーなんかはその辺胡散臭くなっちゃった。
その辺この鳥山センセは良いね。こんだけ有名になってもその手の話しは一切しない。この手の人が政治的な話を真剣に始めたら大概落ち目やね。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年05月05日 00:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/418135497
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック