2015年07月26日

シェイプアップ乱

1983〜85年にかけて週刊少年ジャンプに連載された徳弘正也さんの漫画作品です。

shpeup_ran.jpg

80年代は、ちょっとした体操ブームでした。
それまでの「ラジオ体操」と異なり、「エアロビクス」「シェイプアップ体操」という新しい概念が導入されたのです。85年からNHKの朝の番組の中で放映された「さわやかシェイプアップ」を見て、均整のとれた体を体操で作り出そうと思っていた人が多かったそうです。

jul25.jpg

「シェイプアップ乱」は、そんなシェイプアップ体操ブームの中で描かれた漫画作品です。
では登場人物を簡単にご紹介しましょう。

寿乱子:主人公。中学時代は肥満体だったため、重量上げなどのウェイトトレーニングでシェイプアップに成功するも、やり過ぎて筋肉がつき過ぎてしまい、凄まじい破壊力を持つ女子高校生。目高高校に通い、勉学は苦手だが、スポーツ万能。

原宗一郎:主人公の家に居候する遠い親戚。すぐに海綿体状の組織に血液が充満し、テントを張るのが得意。運動神経は鈍いが、成績は優秀で、浪人後は東京大学に入学する。

樋口左京:イケメンながら清貧で至って真面目な男子高校生。拳法部に所属する。主人公のボーイフレンドでもある。強靭な胃袋の持ち主で、少々腐敗した食べ物も平気。

真行寺ひろみ:主人公の友人の財閥の令嬢。「名探偵コナン」の鈴木園子に相当する。原宗一郎に好意を抱く。

華歩ルイ子:走るためだけに生まれてきた、アフリカの少女。主人公の同級生。当時のアメリカ人スプリンター:カールルイスに似た外見をもつ。

このようなメンバーが、毎回ドタバタのギャグを週刊少年ジャンプの紙上に展開していました。

本作品を描いた徳弘正也さんの画風は独特で、好き嫌いが極端に分かれる傾向を持っています。また、ギャグの表現は当時としてはかなり過激かつグロテスクで、良家の子女は眉を顰めました。
「もっこり」という言葉の発祥は、長い間北条司さんの「シティハンター」だと思われていましたが、実はこの擬態語を最初に生み出したのが本作品なのだそうです。

jul51.jpg

作者たちに競争意識を持たせ、打ち切りシステムを導入していることで知られる週刊少年ジャンプの編集ポリシーのため、本作品は85年に打ち切りとなりました。
最終回では、主人公の乱が目覚めると次のページに突如作者が登場し、作者の上京話と連載中の苦悩が描かれて大団円を迎えるというシュールなものでした。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(40) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようさんです。

こら又微妙な作品を出して来たねぇwww私が高校生時やったかな?友達で此れを絶賛してたの居たけど、私はどうもねぇ…この人の作品全般に云える事やねんけど、面白くない事はないねんけど描写がねぇ…下ネタは好きやねんけど私には合わないのよね。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年07月26日 05:25
しぇいーぷ あっぷ! アップ!
アプリケーションプログラム。おふぃす!

この漫画が連載されていたのは、知っています、知っています。
ですが私は、むしろ少年サンデーの「男大空」を、読んでいました。
「△で受けて、○く攻めて、□く押さえる」
これぞ、神骨憲法の真骨頂なのです、
ほげらっ ほげらっ。
Posted by 藤原 at 2015年07月26日 05:49
何か卑猥ですね…
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年07月26日 06:04
Posted by 菅原 at 2015年07月26日 06:05
おお!百足衆殿が出ておられたとは!
Posted by 燈台森 at 2015年07月26日 06:11
生理的にこの作者と漫★画太郎とマキバオーは受け付けませんでした。あとはバスタード、剣心、幽遊白書も絵柄が少女漫画だったので嫌いでした。スラムダンクはストーリーはジャンプ王道(ラストははひどい)けど絵柄はマガジンでしたね。
Posted by デハ at 2015年07月26日 06:17
小中学生男子を対象にした雑誌がいつのまにか中高生女子に乗っ取られてしまい、寂しい。
Posted by デハ at 2015年07月26日 06:19
この人が描いた「ジャングルの王者ターちゃん」に出てくるターちゃんの奥さんヂェーンの劣化ぶりに対抗できるのは、「美味しんぼ」の栗田ゆう子ぐらいしかいません。
Posted by 無名X at 2015年07月26日 06:34
おはようございます。
一話完結で、ジャンプでの掲載順位は常に打ち切りボーダーラインだったと記憶しています。
兎に角、この作品と、ターちゃんは絵柄がお下劣すぎて今も受け付けません。

ルイ子と言えば、この頃から日本の駅伝にケニア人留学生が出てきて、余りの速さに賛否両論でしたね。
Posted by HB at 2015年07月26日 07:04
無名Xさん
ジャンプでは、ジェーンが天地真理で、たるるーとくんの河合伊奈(いよなちゃんの母)がアグネスでしょうね。
Posted by デハ at 2015年07月26日 08:21
真夏の炎天下となつた、甲府市内。
昨日の「まれ」まれ(土屋大鵬演)は、フランスに行く夢を断念し、小日向文世の卒業ロールケーキを作るが、「不味い」と、烙印を押される。

という、回でした。
サテ燈台森さん。私は「花燃える」には、出演していませんゾ。もし出ると、すれば、甲府勤番士の幕臣・高木東助の役で、出たいですナ。
「黄金の糸 幕末甲州金始末」は、花燃えるの、1,000倍は、面白い。
Posted by 百足衆 at 2015年07月26日 09:14
のちのヤングマガジン「天然少女萬」のプロトタイプのようなイメージです。
第1話の出来が完全すぎて、それ以降があまり記憶にない。
Posted by ヨット at 2015年07月26日 09:22
絵柄とネタが苦手でした。なので、あまり読んだことがありません。

鼻燃ゆは羊羹作りですか〜。まさか昔一度作ったことの「伏線回収」なんでしょうか?

後に、おにぎり作りの伏線も回収されるのか?
Posted by A2Z at 2015年07月26日 15:55
総帥さん

そうです、微妙な作品です。この一作で消えるかと思ったら、「ターちゃん」が続けて連載されたときはちょっと意外でした。

下ネタにも、万人受けするのとどうでないのがありますね。
Posted by シモン at 2015年07月26日 16:06
藤原さんも菅原さんも、「男大空」お好きですね。

鬼堂凱・・・
Posted by シモン at 2015年07月26日 16:07
百足衆さん

燈台森さんは、菅原さんのリンクに「老師」と書いてあるのでそこに反応したんでしょうね。

幕末甲州金始末、面白そうですね。読んでみます。
Posted by シモン at 2015年07月26日 16:08
デハさん

乗っ取られたといえば、いつの間にか大河ドラマも家庭婦人に乗っ取られていますね。ライダーなんかも・・・。
Posted by シモン at 2015年07月26日 16:09
無名Xさん

漫画のヒロインは結婚すると横幅が広がるのはデフォなんですね。
Posted by シモン at 2015年07月26日 16:10
HBさん

大学駅伝なんかはケニア人留学生頼みみたいな大学がありますよね。

ターちゃんの絵柄は、ワイズミューラーに訴えられてもおかしくないレベルでした。
Posted by シモン at 2015年07月26日 16:13
ヨットさん

初回で知的エネルギーを使い切ってしまう漫画ってよくありますよね(典型例が、柳沢きみお。初回だけ奇想天外、あとウジウジ)。

「天然少女萬」は何故か実写版しか見たことがありませんw
Posted by シモン at 2015年07月26日 16:15
A2Zさん

なんか、捏造エピソードの伏線とか言われても全然面白くないですよね。

羊羹で高杉晋作に急を告げる!って、羊羹の中に手紙でも仕込んで食べさせるのでしょうか。
Posted by シモン at 2015年07月26日 16:17
共産党や民主党の思考パターンだと調布の飛行機墜落も安倍総理大臣のせいになるんだろうなあ
Posted by デハ at 2015年07月26日 23:31
デハさん

実際、共産党の元市議とやらがそう言ってたそうです。
事故を政治利用って、不謹慎ですよね。
Posted by シモン at 2015年07月27日 04:41
薄曇り乍ら、暑い日に向かう、甲府市内。
今朝の「まれ」小日向文世は、まれ(土屋大豊演)に、美味しいケーキの作り方を伝授する。

という、回でした。
昨日の「花燃える」美和は、銀姫(田中演)に、美味しい羊羮の作り方を伝授する。

という、回でした。日曜連続テレビ小説「みわ」恋と高杉のドキドキ羊羮大作戦の巻。という方が、ふさわしい。
Posted by 百足衆 at 2015年07月27日 09:18
白足衆サンウインク

ネッ、面白かったっしょ目がハート
次週、椋梨の魔の手は、小田村伊之助の処刑に「!!」
伊之助を救うため、美和が奔走します「!!」
必ず見てねキャラクター(万歳)
Posted by 花…もゆバニー at 2015年07月27日 10:24
いやあ、昨日は朝鮮征伐が面白くてな。金曜と日曜で3万円が28万円に化けたもんでね、イタリアンのディナー取っとったもんやからくだらんドラマ観れんかったワwww
ああ、まろんちゃん辺りに話し相手でエエからいたら奢ったのにwww
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年07月27日 11:12
サテ花燃えるさん。
私の筆名は百足衆であり、白足衆では、ありません。
その論理では、貴殿は「花白む」さんに、なってしまう。それで、よいですかとナ。
Posted by 百足衆 at 2015年07月27日 14:33
総帥さん

イタリアンのディナーって、ピザーラですか。
Posted by 菅原 at 2015年07月27日 14:42
馬鹿者!それはただの宅配ピザじゃないかwwwアレは家で食うものだ。「文ちゃんショウ」も観れるではないか!ちゃんとしたイタリアンレストランだぞ!レストランであんな番組流す分け無いだろう!
しかしなんだな、わたしみたいにアルコール駄目な人間はああいう所は様にならんな。飲み物は水をがぶ飲みしてた。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年07月27日 14:57
総帥さんと菅原さんのやり取りを読んで、
イタリア語のスポーツ新聞や漫画雑誌が置いてあり
ペリエがセルフサービスの大衆イタリアレストランで、
高い所に取り付けられた14インチのテレビで「花燃ゆ」が
イタリア語の字幕放送されてるシーンが脳裏に浮かんで笑えました。
Posted by ラー at 2015年07月27日 15:11
百足衆サンウインク

失礼しましたハート2(われている)
尚、ワタシも花燃えるサンでも花白むサンでもなく、花…もゆバニーといいますウインク

さーて、来週の「花燃ゆ」はー?
伊之助に処刑どくろの危機が迫る!
鞠からそれを聞き、奔走に走るマラソン美和!
決起する高杉ダンス

の三本です「!!」

来週も、見て下さいね〜メロディ
ンワチュチュOK!2
Posted by 花…もゆバニー at 2015年07月27日 15:20
美和殿
大奥の廊下を走らないように!
Posted by 燈台森 at 2015年07月27日 16:30
サテ燈台森さん。
死せる孔明、生ける仲達を走らす、と故事にありますナ。

花燃えるでは、奥の美和が、銀姫を走らすのでしょう。

ですかナ、花…もゆさん。
Posted by 百足衆 at 2015年07月27日 17:59
総帥さん

つまり、洋食屋でナポリタンだったのでは。
Posted by 菅原 at 2015年07月27日 18:44
菅原君
この、だらくそ!だらくそ!ぱげ!ぱげ!かわずやまの、調布軽飛行機!

総帥様が食べたのは、ナポリタンでは、ない!

つけナポリタンだ!富士宮の近く、富士市の、高級グルメだ!

総帥様、総帥様、このように、よく菅原君には言いくるめて置きましたので、国産鰻を、朝鮮征伐のお金でよろしくお願いいたします!
ほげらっ ほげらっ。
Posted by 藤原 at 2015年07月27日 19:30
このだらくそだらくそ、かわずやまめ!
ちゃんと前菜から始まってスパゲッティや肉料理が小皿で幾つも出て来たのだ。くだらん事を言うと二人とも私の股間の大鰻を君たちの娘さんと奥さんにご馳走するぞ!
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年07月27日 19:49
総帥さん、つけナポリタン私も食べてみたいです。
ラーメンのつけ麺みたいな感じですか?
Posted by ラー at 2015年07月27日 20:11
いや、知らん。今初めて知った。て、言うかラーメンでもつけ麺て良いか?ふつうのやつの方が好きだが。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年07月27日 20:17
ナポリタンも、普通のナポリタンの方が美味しそうです。
Posted by A2Z at 2015年07月27日 20:56
かけ蕎麦よりもざる蕎麦の季節ですね。
Posted by 無名X at 2015年07月27日 21:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック