2015年08月01日

セイカノート

キャラクター文具が人気商品の文房具メーカーでした。

seikanote.jpg

今日から8月です。まさに日本列島は盛夏の真っ只中という季節です。

jul32.jpg

小学校の夏休みには、宿題が課せられていました。8月30日まで放っておき、31日に一気に仕上げる、という人も少なくなかったようですが、私はせっかちで不安要素を後に残すのが嫌いだったので、7月中に宿題は終えるようにしていました。
当時は「夏休みの友」という定番の宿題帳の他に、自由研究が課せられていました。その研究内容は、「セイカノート」というキャラクターが表紙に登場する学習帳に書き留めて提出した記憶があります。

セイカノートは、1920年に創業した「濱田末七商店」がルーツです。1957年に商号を「セイカノート株式会社」に
改め、以降キャラクター商品を主題にしたノートや文具で売り上げを伸ばしていきました。
主力商品は、上述した「キャラクター学習帳」以外にも、キャラクター塗り絵、キャラクター折り紙、キャラクタースケッチブック等がラインアップされていました。「キャラクター塗り絵」は私が小学校1年生の頃、姉が持っていた一冊にこっそりイタズラし、少女漫画の主人公(名前は失念)に髭を書き加え、額に蒼白の縦線を加えたところ姉に見つかり張り倒された記憶があります。

セイカノートのようなキャラクター商品を扱った文具企業には、他社では「万創」が有名です。
70年代、「万創の飛び出す絵本シリーズ」は、通常の二次元平面を飛び出して、怪獣や恐竜が立体的に競りあがってくる、という画期的な構造でした。60年代から70年代初頭は、まだ著作権という概念があまり定着しておらず、キャラクター商品という版権にあまりお金を使わずに済んだようですが、その後「キャラクターが登場するTV番組のスポンサーにならないと版権を使わせてくれない」という事態になり、セイカノートも万創同様TV番組にCMを出す企業になったのです。

セイカノートがスポンサーし、商品化された特撮作品やアニメーション作品には、「仮面ライダーシリーズ」や「秘密戦隊ゴレンジャー」に始まる戦隊シリーズ、「機動戦士ガンダム」や「美少女戦士セーラームーン」といった戦士モノ、「魔法の天使クリーミーマミ」や「お邪魔女ドレミ」などの魔女っ子シリーズがありました。

jul26.jpg

しかし、少子化が進んだことに加え、キャラクター文具の人気が徐々に翳りを見せる中、2000年にセイカノートは株式会社バンダイと業務提携を結び、その傘下にグループ企業「株式会社セイカ」として取り込まれます。
2009年3月、バンダイはセイカの解散を発表し、その事業はサンスター文具に引き継がれました。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
万創の「飛び出す絵本」は、本来のセル画とは異なり、小松崎画伯が描いた顔や衣服のしわや鼻の穴や鼻の下の線までリアルに描かれた子供心には不気味な怖いシロモノでした。
Posted by デハ at 2015年08月01日 06:18
セイー カノト!カノト!
かのと 丑。ひのえうむゎ!

今、NHK-BSをつけたら、「コメディ馬鹿大奥」をやっています。私は、テレビを消しましたが、菅原君は見ていると、思います。知的水準がちょうど良いので。
Posted by 藤原 at 2015年08月02日 18:07
熱帯夜と蚊取り線香の匂い漂う、甲府市内の夕べ。

今晩の「花燃える」。BSで、視聴。

むうう。


8時からの人、見ないほうが、良い。否、見てはいけない。
Posted by 百足衆 at 2015年08月02日 19:24
百足衆殿に代わって、私が解説しよう!

美和(旧名ふみ)に、意地悪女がむくなしに毒を飲ませろ!とささやく。
むくなしの酒に毒を入れる美和。むくなしは酒を美和に進める。
我慢して一気のみする美和、不死身。だが牢屋に入れられる。
銀姫が来て、美和にビンタ。美和は、伊之助は私の初恋の人と話す。
銀姫が代わりに牢屋に入り、無和は伊之助の牢屋に急ぐ。
グズグズ話をする二人だったが、伊之助は「高すぎがいる」という。
処刑の日。鞠がきて、高杉さんが挙兵したそうよと無和に伝える。

という、回でした。今までで、一番下らないかも。
Posted by 燈台森 at 2015年08月02日 21:11
おばんです。

ホンマに晋作の挙兵を台詞一つで片付けよったかwww私達は歴史として結果を知ってるからその段取りや経過、そしてその間にあるドラマツルギー等を面白く観れるかどうかが大切な訳やねん。それを台詞一つで片付けるとはやはり今年の大河のプロデューサー、脚本家、監督はセンスが無いかヤル気が無いかだなwww
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年08月02日 23:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/422681170
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック