2015年09月02日

FIATパンダ

1980年に発売開始されたFIAT社のハッチバック車です。

fiat_panda.jpg

最近の20代前半ぐらいの男性は、テレビ・女性・車に対する関心は、80年代当時のその年代の人達に比べ、1/10程度に減少しているそうです。
時代の変化によって世代の価値観が変わる事はごく自然なことで、あと20年も経てばSNSやゲームに関心のない世代が出現してもおかしくありません。

aug102.jpg

80年代の若者にとって、車、特に外車を保有するということは一種のステイタスでした。
外車といっても、ベンツやBMWはもちろん、アウディやフォルクスワーゲンといったドイツ車は高くて手が出ない人が殆どでしたので、当時イタリアのFIAT社から発売・輸入されていた「FIATパンダ」は、「100万円台で買えるお手頃な外車」として、「POPEYE」や「HotDogPress」といった若者男性向けファッション雑誌に紹介されていました。

FIATパンダは、オイルショック後に経営不振に陥っていたFIAT社が燃費の有利なコンパクトカーとして開発した車です。設計者は有名なデザイナー:ジョルジェット・ジウジアーロの率いるカロッツェリアの「イタルデザイン社」でした。
コスト削減のため、ちょうど戦時中に建造された日本海軍の海防艦のような直線的なデザインで、すべての窓は平ガラス、ボディーは直線と平面だけで構成された角型車でした。
このような直線的な車が、丸みを帯びた動物として知られる「パンダ」の愛称を得た理由は、中国市場を意識していたからだそうです。日本市場に打って出ることを想定していた場合「ゲイシャ」あたりの名称になったかもしれません。

80年代初頭は、まだ工業における品質向上施策が確立されておらず、たとえばソフトウェア開発の世界では「ステップ数あたりテスト項目何件、摘出不良何件」といった基準しかありませんでした(*現在のソフトウェア開発の世界で、いまだにこの基準を使うのは既に時代遅れです)。
自動車産業も同様で、特にイタリアやフランスといった地中海に面した国々では、自動車の品質の安定が大きな課題となっていました。

こういった背景を知らずに、初期費用の安さで「FIATパンダ」を購入した若年層のユーザーは、後に「修理代」というランニングコストの負担を強いられることになります。
FIATパンダも、見た目は直線的でシンプルな故障知らずの構造と思いきや、電気系統や冷却系等で様々な故障を発生しました。さらに、湿気の多い日本の環境条件に合わない部品が使われていたことで、経年劣化も本国より速いペースで進みました。

しかし、多くのイタリア車ファン(フランス車ファンもですが)は、「手間が掛かれば掛かるほど愛おしい」という考えを持っていました。
その個性的なフォルムを保有する代償として、少々の不良率の高さは十分許容範囲だったそうです。

aug104.jpg

現在、FIATパンダは2011年に発売された3代目になっています。
故障率は低減されましたが、フォルムは至って平凡な形となり、しかし最初の悲願通り、中国市場で割と売れているようです。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☁| Comment(23) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
パンダの色にするとパトカーになってしまう
Posted by デハ at 2015年09月02日 06:47
雨となつた、甲府市内。
今朝の「まれ」まれ(土屋大鵬演)の店に、アルバイト募集の貼り紙を見て、女性が応募するが、まれは断る。

という、回でした。
サテデハサン。パンダが日本に来た頃は、日中国交正常化の中、とても中国との関係は、良好でした。田中角栄の業績と、言える。と同時に、コーチャンのピーナツによって、失脚させたのは、アメリカであろう。日本はこれからもアメリカの傘下で平和維持をしていかなければ、ならない。上納金が増やされそうです。その一部が、新安保法案であることを、国民の多くは察知している。
Posted by 百足衆 at 2015年09月02日 09:02
総帥の愛車はラビットパンダ
Posted by デハ at 2015年09月02日 09:21
総帥さん

とても良い車ですね。
Posted by 菅原 at 2015年09月02日 09:49
パンーッ ダ!ダッ!
段田段。カクグヮリ!

菅原君、相変わらずのだらくそぱげかわずやまの東京五輪エンブレムっぷりを発揮しているな。
ただ単に、「とても良い」だけでは、具体性に、乏しい!
「花燃ゆ」で、高杉晋作がただ「撃てー」と言ってるだけのシーンと、ほぼ同レベルだ!そんなことでは、総帥様のラビットパンダが、如何にデザインに優れ、デートカーとして最適なのか、すこしも記述したことに、ならない!

しかし、ラビットパンダのデザインは、酷似している車は他にないだろう。デザインとは、かくありたいものである!
Posted by 藤原 at 2015年09月02日 10:09
すると、軍艦においでは、戦艦の場合、3砲塔前部集中のネルソンが、空母では左に艦橋があり、かつ飛行甲板がへの字になって水平でない赤城が、最も優れたデザインとなる。大鳳やミッドウェーは英国のアークロイヤルに似ているのでだめだということになる。余談だが米空母レンジャーは艦尾両舷に細い煙突が3本ずつ天に突き出しており、子供の頃はV6レシプロエンジンだと思っていました。扶桑も似た戦艦がありません。
Posted by デハ at 2015年09月02日 10:47
藤原さんの愛車はウルフ777
Posted by デハ at 2015年09月02日 10:48
デハさん

アイオワは、大和の真似ですね。
Posted by 菅原 at 2015年09月02日 11:13
菅原さん
サウスダコタの方が似てる。アイオワはそれを引き伸ばしたもの。ちなみに伊勢はワイオミングの真似。
Posted by デハ at 2015年09月02日 11:38
老師

ほな貴方は安保法に反対ですか?以前書きましたがアレは
「直接関係無くとも他国を殴る法」
ではなく
「そう見せ掛けてるので他国に殴らせない法」
だと思いますがね。其れと互助会になるので負担を分担することにもなるので国防がリーズナブルになるという利点もあります。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年09月02日 14:43
晴れ間が広がり、暑さもやや戻ってきた甲府市内の午後。

サテ総帥さん。
私は、一部市民団体の主張のように、安保など結ばず、憲法9条を墨守さえしていれば日本は他国に攻められない、などという考えは、毛頭持ちません。
日本が平和を維持できてきたのは、ただ単純に、アメリカの傘下に入り、守られてきたからであることは間違いないでしょう。
しかしアメリカも、一方的に守るばかりで自分が攻められても日本が助けてくれない状況が、そろそろ軋みを生じてきた。つまりアメリカ一国で、日本を守ることがそろそろ怪しくなってきた。
そこで、互助会なのでしょう。
自衛権を持つ国には、単独も集団も同じように権利はあると思うが、日本はなまじ憲法9条があるばっかりに、個別自衛権はなんとか確保したものの集団的自衛権はなかなか理解を得られないでいる。

歴史に学べば、多くの国は他国に攻められて初めて「あの時、ああしておけば。」と悔やむことが多い。
現在の日本がそのような状況に、近い。
Posted by 百足衆 at 2015年09月02日 15:54
サウスダコタは、潜水艦対策でどっちが前だか後ろだかわからないように設計したと聞きました。
Posted by 燈台森 at 2015年09月02日 19:47
来週の「高杉晋作の遺言」
是非見てもゆ!

戦艦大和の物真似は、武蔵ですよね♪
Posted by 花…もゆ at 2015年09月02日 20:23
大河ドラマでいえば、「シエ」のさらに劣化コピーが「花もゆ」ですかね。
Posted by 菅原 at 2015年09月02日 21:06
FIATと言う会社自体、旧ソ連やユーゴと言った共産圏や、昔のスペインの様に工業化が遅れていた国に出資や技術供与した歴史があるので、中国市場を狙うのも必然でしょうね。
その影響からか、イタリアの労働組合が赤化して生産性がガタ落ちしてイタ車の品質が落ちたと言われています。
Posted by HB at 2015年09月02日 21:21
HBさん

イタリアといえばトマトの赤ですね
ロッソ・ポモドーロ。
Posted by シモン at 2015年09月02日 21:51
イタリア車のオーナーの私が来ましたよ♪
やはり、アルファロメオに代表されるイタ車は赤!!
でもFIAT Pandaは、赤が似合わない車なんですよね。
故障率は、…今のもけっこう壊れます。
Posted by ラー at 2015年09月02日 22:00
フェラーリ、ランボルギーニ、フィアットの小さくてリトラの車、水戸は赤、マセラティとデトマソとフィアットバルケッタは黄色、パンダは白が似合う。ランチアは緑系のストライプ。そしてイオタは黒
Posted by デハ at 2015年09月03日 09:09
軽い、脳梗塞を感じたため、本日の投稿は、ご遠慮させて下さい。
Posted by 百足衆 at 2015年09月03日 13:58
百足衆さん

お大事に。
Posted by 菅原 at 2015年09月03日 14:30
お大事に。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年09月03日 14:36
老師の快復を祈念いたします
Posted by デハ at 2015年09月03日 15:25
白足衆サンウインク

お大事に「!!」脳に負担をかけないで下さいねキャラクター(万歳)

日曜日には、元気に花もゆ見るもゆバニー「!!」
Posted by 花…もゆバニー at 2015年09月03日 17:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/424646969
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック