2015年09月10日

蒲生氏郷

陸奥黒川城主となった近江出身の武将です。

Gamo_Ujisato.jpg

滋賀は「近江商人」の出身地です。「買い手の立場に立った商売」を基本とする近江商人の商法は、現代でも大丸・高島屋・ワコールなどの会社に脈々と続いています。

ei_01.jpg

その近江商人の代表的出身地のひとつ、近江国蒲生郡日野に生まれた戦国武将が蒲生氏郷です。幼名を鶴千代といい、当初六角氏に仕えていましたが、観音寺城の戦いで六角氏が滅ぶと、織田信長の人質となります。信長の鶴千代に対する評価は高く、娘の冬姫を娶らせることを約束します。信長が烏帽子親となって元服した鶴千代は、忠三郎賦秀を名乗ることになります。14歳で大河内城の戦いで初陣した賦秀は、冬姫を娶って日野に帰国します。

その後は柴田勝家の配下となり、姉川の合戦・伊勢長島攻め・朝倉攻め・小谷城攻略・長篠の合戦・有岡城の戦い・天正伊賀の乱と、名だたる合戦で次々に武功を挙げていきます。武功だけでなく、信長の元で得た城下町開発の手法により、領内の行政・経済の改革を行い、日野城下は大いに繁栄していきます。

本能寺の変が起き信長が自刃すると秀吉配下となり、賤ヶ岳の戦いでは北伊勢方面で滝川一益の軍と対峙します。その後小牧・長久手の戦いで武功を挙げた氏郷は伊勢松ヶ島(現松坂市)に12万石に加増・転封されます。この頃に賦秀から氏郷に改名しているのは、「秀吉」の「秀」の字を下に置くことを遠慮した為だそうです。
またこの頃キリスト教の洗礼を受け、「レオン」の霊名を得ています。キリスト教への信心は深く、イタリア人宣教師を家臣に迎えたり、ローマヘ使節団を派遣しようとしています。

小田原の合戦で武功を挙げた氏郷は、伊達政宗に代わって陸奥国会津黒川城主となります。小田原出陣の頃に所用したと伝わる「鯰尾兜」は、その独特な形と漆黒の色で、あたかも中世ヨーロッパの悪魔を連想するような兜です。
兜に見られる芸術嗜好は、和歌にも造詣が深く、また茶道において利休七哲の一人に数えられるほどでした。

ei_02.jpg

1595年(文禄4年)、氏郷は京で病に倒れ、大徳寺に葬られました。享年40歳、まだ若すぎる死でした。短いとは言え、大河ドラマで主人公に取り上げられるべき人物の要件は十分に満たしているように思えます。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☁| Comment(103) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
台風一過、快晴となつた、甲府市内の未明の空。
三日月が輝いている。だが、栃木県は歴史上始まって以来の、大雨らしい。無事を祈りたい。

蒲生氏郷の眼力は、信長に愛され、秀吉からは恐れられたそうです。氏郷の早世は、秀吉配下による毒殺説もありますナ。

サテ、今回の写真。百足競争ですナ。これは私、百足衆への、メッセヱジと受け取らせて頂きました。
Posted by 百足衆 at 2015年09月10日 05:12
昨日の台風は湿った暖かい風ではなく、冷たい風が吹き荒れた不思議な台風でした。

蒲生氏郷は信長の寵愛を一身に受けた武将ですね。
豊臣政権下では伊達氏の押さえとして黒川城に入城するが、奥州のならず者である政宗に程々手を焼いたとか。

政宗からの嫌がらせがストレスとなり、それが早死にした原因じゃないかと思ったことがあるぐらいです。

氏郷の出身地である近江は商売上手が上手く「売り手良し、買い手良し、世間良し」をモットーに全国展開した商人集団が近江商人ですね。

西武鉄道も近江商人の系譜を受け継いでいますが、株式問題で世間様と売り手様に迷惑をかけた堤一族は近江商人の面汚しと思っています。





Posted by 田舎帝王 at 2015年09月10日 07:32
蒲生氏郷が優れた人物であったことは認める。だが、よく書籍等で「レオというキリシタンだったので優れていた」みたいなかかれ方をするのは納得できない。まるで非キリシタンは無能で劣っているかのような書き方だ!だいいちキリシタンが進出しなければ戦争は起きなかった。キリシタンは平和、平和とお題目を唱えるが実際はキリシタンが平和を壊した!キリシタンは自害するな、同性愛禁止と叫ぶが、キリシタンも自殺するし、キリシタン国の奴らは同性愛を公認し、人権とかわけのわからない理屈を非キリシタンに押し付ける!やはり君主や父祖への忠孝を第一に、キリシタンを排除した徳川時代が一番良かった。日本がだめになったのはキリシタンのせいだ!珍しく毛利に味方するが、輝元公に城の修理を命じられてサボって処刑された熊谷や、長宗我部に追放された一条が福者とは納得できない。陳美齢でさえ列していないのに、信仰と直接無関係に処刑された熊谷が殉教者はおかしい。(日本人でない人は伴天連信者でも構わないし、伴天連信者でなければ不孝になる。)第一熊谷の先祖は法然上人の直弟子なのに伴天連に屈するとは不孝だと思う。不忠不孝を増長し東洋の美学日本の歴史を破壊した伴天連が憎い。蒲生氏郷は伴天連信者だが仏教も保護し日本の伝統を守り家臣に信仰を強要しなかったことと、文武にわたる有能さはあっぱれであり、これは氏郷が氏郷だから立派なのであって、伴天連信者だったから立派だったのではないのです。
Posted by デハ at 2015年09月10日 09:33
あの時代のクリスチャンてのはファッションの部分が有るね。戦後の左翼と同じやね。秀吉や家康の脅し一発で捨てたクロカンや政宗がそうやろ。たしか氏郷もそうやったね。そういうのは毒が無い。私の地元の高山右近みたいな真剣なのね。神社仏閣を破壊しよる。此が大友みたいな国主クラスだと洒落にならん。宗教てのは思想の根本になることがあるから“徹底"したら文化大革命みたいになるのが怖い。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年09月10日 10:29
凄い雨でした・・・
ちょうどこの写真みたいな感じに。

蒲生氏郷といえば、佐竹義宣から会津領を取り上げた人物というような認識ですね(水戸では)

蒲生も佐竹も、大河ドラマの主役はおろか脇役としても出てこないことが多いです。
Posted by ラー at 2015年09月10日 11:25
ラーさん
政宗は佐竹、相馬と戦ったのに名前しか出ませんでしたね。芦名ですらちょい役。最上目立ち過ぎでした。
Posted by デハ at 2015年09月10日 11:52
デハ殿
そういう意味では、大河ドラマは手柄の横取りがひどいですな
天地人の時は、千姫を助け出したのが加熱具でお茶吹きました。
Posted by 燈台森 at 2015年09月10日 12:02
灯台森さん
坂崎出羽守も消されましたね。他に八重桜では、「陸軍大将に賊の妹はやれない」と断る山川少将に、「おいどんは賊の大将の弟でごわす」と頭を下げて大山元帥と捨松を結んだ小西郷の手柄が、元帥が八重さんに腕相撲で負けたから、というとんでもない理由に変更されました。本能寺の変に崇源院が関わったシエもひどかった。でも死んだはずの時輔が赤いマフラーで朝鮮人の手下になって攻めてくる時宗にはかなわない。信長を殺さないで、小次郎を殺さないでは聞き入れないのに時輔(渡部篤郎大嫌い)を殺さないのはおかしいですよね。
Posted by デハ at 2015年09月10日 12:13
ストーリーが噴飯の天地人と時宗は、配役は皮肉にも良かったですねぇ…配役が史上最低だった信長は、今となってはまともなストーリーかもしれません。ただし配役では未だにあれを下回るものはありません。うなずける配役が皆無でした。
Posted by デハ at 2015年09月10日 12:27
ラーさん 水戸の人たちは会津は佐竹領だと思っていたんですね…。政宗がいなくなれば佐竹(芦名盛重)に返される宛てが外れたということなんですね。
Posted by デハ at 2015年09月10日 12:51
デハ様
>配役では未だにあれを下回るものはありません。うなずける配役が皆無でした。

確かに。唯一、加納随天だけは平幹二郎が圧巻でした。

しかし、信長の緒方直人といい、平岳大といい、渡辺大といい、二世は一世に比べて随分見劣りしますね。
Posted by ラー at 2015年09月10日 12:51
次回「花燃ゆ」ダンス

京都に一人旅立った美和は、偶然子連れの芸子と会う。
辰路とも知らず、夫の久坂の愚痴をこぼす美和に、辰路は…「!?」

次回も、必ず見るもゆバニー「!!」
Posted by 花…もゆバニー at 2015年09月10日 12:58
天痴人が宇津井さんの遺作だなんてあんまりです。ちなみに大坂志郎さんの遺作が稲葉一鉄、丹波哲郎さんの遺作がタッキー義経の源三位頼政でした。私はタッキー義経にはあまり不満がありませんでした。平家の兄弟も堅物重盛へたれ宗盛剛毅な知盛やんちゃな重衡と似合っていたし弁慶はがっかりした重鎮、伊勢三郎はいかにも山賊あがり、何よりも源頼朝公が肖像画から抜け出たようにそっくりでした。難点は実在しない上戸彩と義経の妹がゴマキだったことだけです。梶原を演じた中尾彬もGTOの教頭以来のはまり役でしたし。丹波哲郎さんの最後に相応しいと私は思います。大坂志郎さんは浪人のためちょうど志郎さんの出番が終わるまでしか見ていませんが、その時点では特に(志郎さんが一番目立っていたせいもあり)問題なかったようでしたがその後ひどかったらしいですね。
Posted by デハ at 2015年09月10日 13:00
ラーさん 父親から原美濃守役を引き継いだ宍戸開がしいて及第点ですね。静御前の娘のはずの寺島しのぶはまだ実現してませんがどうみても政子に近いですが。寺島しのぶの政子、崇源院、義姫、土田御前が見たくて仕方ありません。弟の方はどうみても今川氏真ですけどね。
Posted by デハ at 2015年09月10日 13:06
訂正 がっかりした→がっちりした。
Posted by デハ at 2015年09月10日 13:11
ガもーん うじっ さとっ
里谷多英。むぉーぐる!

蒲生さんの名前を見ると、

蒲焼きを、思い出します。
蒲焼きを、思い出すのです。

総帥様、総帥様、
何の蒲焼きが、一番好きですか?

保証人の証書の蒲焼きよりも、美味しいものを、気長に、されど今週中と期限を切って、

お待ちしております。
お待ちしております。
Posted by 藤原 at 2015年09月10日 15:28
ラーさんは無事か!?
Posted by デハ at 2015年09月10日 15:32
デハ様

ご心配おかけして申し訳ありません。
私は今日は通勤困難で出社しておりません。
常総の方が酷いみたいですが、こちらは雨が凄い他は大丈夫です。

デハ様こそ大丈夫ですか?
Posted by ラー at 2015年09月10日 16:02
快晴となつた、甲府市内の夕。
テレビを通じて流れ来る、関東地方の雨の様子が、信じられない程、富士山もくっきり空に、映える。

サテ、デハサン、ラーサン。
大変な災害の中、息災でおられますように。
ラーサンに、一文を打電した後、消息の無い、デハサンが心配です。
恙無きよう、爺もお祈り申し上げます。
Posted by 百足衆 at 2015年09月10日 16:37
デハさん

やはり私は、大坂志郎さんは、天地人の稲葉一鉄でもなく、「東京物語」の「さらばとて 墓に布団も 着せられず」の平山敬三でもなく、戦後初めてのキスした啓吉でもなく、

大岡越前の、源さん

この役しか頭にありませんので、天地人どうこうは不問なんです。
Posted by シモン at 2015年09月10日 16:46
デハ様

今現在は、福島の二本松は雨が大変なのではないでしょうか?

心配です。ご連絡お待ちしております。
Posted by ラー at 2015年09月10日 17:18
>ラー様
ドラマでは当時の勢力図が良く分からないのですが、確か現在の福島県の大半と茨城県北が佐竹で、芦名他傘下の大名が政宗に屈服してから南下政策に転じ常陸国を固めたのですね。
Posted by HB at 2015年09月10日 20:18
おばんです。

取り敢えずは皆さん無事ですか。何よりです。私ら西日本の人間は台風慣れしてて子供の時は来るのをワクワクしてたものですが(学校休みやからね)東京より東はタマに来ると恐ろしいね。その分地震は逆やね。10年以上前東京に泊まった晩何度も感じて、一つ飛び起きて廊下に出たらおっさんが悠々と珈琲飲んでた…

で、氏郷とは通好みの武将を出しましたね。秀吉に警戒されて…て言われてもいますが侠気も有って
「家康が動いたらその尻に食らいついてやる」
て発言も有るから頼りにされてたとも思いますがね。確か山岡荘八作品では政宗に翻弄される猪武者扱いされてるけどね。
「へうげもの」では織部、有楽、高山右近、三斎さんらの仲間内では分別もある兄貴分的扱いされてて、実際仲が良ければそんな存在やったやろね。あの漫画もこの辺がつるんで利休に絡んでる時から利休、氏郷が死んで、秀吉が死ぬまでが一番面白かった。孤独な独裁者秀吉が死んでから急に落ちたな…

Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年09月10日 22:19
ラーさん
午前中は、二本松で墓参と役員会でした。墓参の時だけ一時晴れ間がのぞき、故人の仁徳だと思いました。
(故人の祖先は、二本松少年隊で、西軍の弾が命中するも、持っていた銅銭に命中したため命を取り留めた伝説の男でした。執政家から当家の2代前に養子として別れた、遠い親類でもありました。

郡山市中心部は今も雨が降り続いていますが、洪水の心配は今のところありません。
会津方面が大変らしいです。
Posted by デハ at 2015年09月10日 22:55
デハ様
ご無事でなによりです!

HB様
その通りです!水戸市民から見たら、佐竹領なんです。美人とハタハタを秋田に持ち去ってしまいました。。
Posted by ラー at 2015年09月11日 05:33
15年前の今日は東海豪雨のあった日だったな。
完成したばかりの新JR名古屋駅が帰宅困難者で溢れ返っていたのを思い出します。

ラーさん

西軍に属した佐竹氏が関ヶ原の合戦後、秋田久保田領へ移封になった際、父祖伝来の地から離された腹いせに、水戸から美人を引き連れて秋田へ出向いたせいで、秋田は美人揃いで水戸はブスだらけになったなんて話が伝わってますね。

Posted by 田舎帝王 at 2015年09月11日 05:53
おはようさんです。

あー思い出した。私は当時岐阜にいたのよね。テレビで観てた。おかんが心配して電話かけてきたワ。岐阜は何とも無かったんだけどね。そんなに経つんや。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年09月11日 06:20
IBM
Posted by デハ at 2015年09月11日 06:29
2枚目の写真で背中が泥塗れになっているブルマ少女は少し気の毒そうですね。でも、どしゃ降りの中での体育祭も味がありますね。
ブルマも下着もグショグショになって、帰りはどうしたのか気になります
Posted by 田舎帝王 at 2015年09月11日 06:52
デハさん

Ibaraki
Busu
Musume

ですね
Posted by シモン at 2015年09月11日 08:08
田舎帝王さん

こんな大雨の時に、ちょっと悪い意味でタイムリーな画像になってしまいました。

被災された皆様には一日も早い回復をお祈りします。
Posted by シモン at 2015年09月11日 08:09
シモンさま…。大陸間弾道弾になるためには隣の協力が必要です。因みに私の従姉妹はIBMですが姉は林真理子似、妹は菊川怜似です。 年齢は私を挟んで上下。
Posted by デハ at 2015年09月11日 08:13
ラーさん

茨城も大変ですね。
行方不明の方々が早く見つかりますように。

5132さんは駆り出されていそうですね。
Posted by シモン at 2015年09月11日 08:23
HBさん

私は高校で日本史をやらなかったので、
北関東〜南東北の戦国史の補完をしてくださって感謝しています。
Posted by シモン at 2015年09月11日 08:24
総帥さん

そうです、へうげものです。
利休七哲の中では氏郷が一番好きなんです。

のらくろが二等兵の時が一番面白いのと同様、
あのマンガも秀吉の死までがピークですね。
Posted by シモン at 2015年09月11日 08:26
百足衆さん

そうです、百足リレーは百足衆さんへのオマージュです。
Posted by シモン at 2015年09月11日 08:27
デハさん

百足衆さんには済まないのですが、私は林真理子大嫌いです。川島なお美に「二部のくせに昼間のキャンパスで写真撮ってんじゃないわよ」とか暴言かましてましたね。
で、その川島なお美が今や・・・むむむ・・・

菊川零も別の意味で嫌いです。
Posted by シモン at 2015年09月11日 08:31
シモンさま
単に従姉妹に容姿が似ているだけで、2人とも大嫌いです。高慢なところと知性をひらかすところは容姿の違いにもかかわらずそっくりです。 因みに従姉妹は東京女子大学です。
Posted by デハ at 2015年09月11日 08:47
管理人殿

後、あの漫画の名脇役は前田利家ですワ。有名な寛いだ観のある肖像画に似せたルックスと、狡いのか?天然なのか
「どっちやねん…」
と悩ませる発言、表情が良い味が在った。私はああいう男に成りたい。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年09月11日 08:57
デハさん

T女子大・・・私は毎日、そこの卒業生に叱られまくってますwww
Posted by シモン at 2015年09月11日 09:43
総帥さん

前田利家。
天地人で演じた宇津井健さんのボケ味はぴったりだったかもしれません。

宇津井健さんの映画の遺作は「タイムスクープハンター劇場版」でした。
私はNHKでは、あの番組好きです。
Posted by シモン at 2015年09月11日 09:45
すっかりシモンさまの気分を害してしまったようです。
Posted by デハ at 2015年09月11日 10:08
デハさん

いえそんな。T女子大が悪いわけではありません。
Posted by シモン at 2015年09月11日 10:16
私の職場で最悪な女は津田塾、最悪な男は慶応です。東大京大ICUはいません。
Posted by デハ at 2015年09月11日 10:23
快晴となつた、甲府市内。
だが、相変わらず茨城県常総市には、特別警戒が出ており、20名余の人々が、行方知れずと、なっていて、栃木県でも犠牲者が出、宮城県にも特別警戒の大雨が降り続いていることに驚き、悲しみを禁じ得ない。

サテデハサン。
林真理子嬢に似た、良いご親戚をお持ちですナ。
「るんるんを買って、おうちに帰ろう。」という本を、昨日書店で見かけ、読んでみたら、此れが意外と、面白かった。
Posted by 百足衆 at 2015年09月11日 10:25
デハさん

私のは、職場の上司ではなく、家長です。
Posted by シモン at 2015年09月11日 10:26
がもーん うじっ さとっ
近藤サト。みつごろ!

総帥様、総帥様。
国産鰻の蒲焼きを、送って下さい。

白焼きでもいいです。

by 前田利家。
Posted by 藤原 at 2015年09月11日 11:06
幕末大河ドラマって、「大政奉還や龍馬暗殺が不可欠「!!」」と誤解される方がまだまだ居ますね横目

でも、それじゃあドラマのテンポがめちゃめちゃ失敗
歴史年表辿ってるわけじゃないからショッキング

「花燃ゆ」は、21世紀の幕末大河ドラマですもゆバニー「!!」
Posted by 花…もゆバニー at 2015年09月11日 11:20
林真理子と菊川怜ではなく、陳美齢と麻丘めぐみ、河合その子と高井麻巳子、あるいは柏木由紀と渡辺麻友に似た従姉妹が欲しかったです。稲森いずみとミムラでもいいです。
Posted by デハ at 2015年09月11日 11:44
シモン夫人も豚女卒なんですか?
Posted by デハ at 2015年09月11日 11:45
大政奉還のない幕末大河ドラマって、
討ち入りのない赤穂浪士ドラマとか
本能寺の変のない明智光秀ドラマ?
Posted by 燈台森 at 2015年09月11日 11:46
ヨークタウン沈没だけのミッドウェー海戦。帝国海軍大勝利!
Posted by デハ at 2015年09月11日 12:05
攻撃隊29機を失って戦果ゼロの真珠湾とほほ
Posted by ラー at 2015年09月11日 12:57
光秀公は煕子さんが疱瘡でひどい顔になっても約束どおり結婚しました。煕子さんは黒髪を売って光秀公を助けました。そして2人の間には珠子というこの世で一番美しい娘が産まれました。そして文武両道に優れてイケメンで芸術家で足利将軍家につながる名家の細川忠興公と結婚しました。めでたしめでたし。光秀公は奥さんを大事にし、妾はいませんでした。
本能寺抜きでもドラマになりました。
Posted by デハ at 2015年09月11日 14:06
ブラックジャックが、
「ナム三・・・」
と言ったきり、手術をしませんでしたが患者は助かりました。

みたいなドラマ
Posted by ジョニー at 2015年09月11日 15:43
ジョニー殿

阪神大震災で、
「辻元が被災者を救った。」
みたいな捏造ドラマ(伊之助は村山www
Posted by 燈台森 at 2015年09月11日 15:55
東日本震災で、ヘリで駆けつけた菅直人の活躍で原発は救われ、妨害しようとした吉田所長は成敗され、その頃安倍氏はゴルフやってたというドラマ。
Posted by デハ at 2015年09月11日 16:27
忠相や源さんが活躍せず知恵蔵が悪者を成敗する大岡越前や、金四郎が桜吹雪見せる前に烈公が悪者を成敗する江戸を斬る。
Posted by デハ at 2015年09月11日 16:48
鳩山の土下座を受けて、韓国が日本を併合するという最悪ドラマが糞漏ゆ
Posted by ジョニー at 2015年09月11日 17:04
おばんです。

頭が異常に悪いおばんが出入りしとるな。相手にすべきではないのだが…幕末ドラマで大政奉還も鳥羽伏見も龍馬暗殺も無いなら歴史が“ドラマ"にならん。ましてや“創作"でも晋作臨終にかみさんも愛人のうのさんも野村望東尼も差し置いて長藩の奥女中如き(師匠の妹とは云え)が手を握って看取るなんてラノベにもならん。あの人の小説も無いしあの人に著書も無いしWikipedia見ても分かるように何もしてない人やし、原作無いし、脚本家が次から次へと泥縄に4人も出てくるから一貫性は無いし、切り札がよりによってこれ又替え玉疑惑も有る田渕やし…まあ素材もそうやけど“あの"キャッチコピーとポスター見た時に
「ヤッパリ地雷かな?」
と思ったら、剥き出しの地雷やったね。ああいうのを
「期待は裏切って、予想は裏切らない」
て言うのよね。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年09月11日 22:26
今期の大河は悪評しか耳にしませんね

ここ10年間の大河ドラマで最初から最後まで見たのは、義経、功名が辻、風林火山と平清盛ぐらいかな。

特に、風林火山は評価大会ですよ。自分の中では。

平清盛もなんだかんだと言われていたけど、院政期の朝廷内のグダグダ感が出ていて良かったと思いましたね。


篤姫、龍馬伝、八重の桜は幕末物ですからスルーしたし、天地人と江は戦国ものと期待してたけど途中で頭が痛くなったから視聴をうちきった。

逆に途中から見るようになったのが軍師官兵衛かな。

自分が大河ドラマにしてほしい人物を上げるとするなら、細川藤孝と渋沢栄一かな。

細川藤孝の処世術は見習いたいものがあります





Posted by 田舎帝王 at 2015年09月11日 22:57
田舎帝王さん

幽斎さん良いよね。個人的な武術も平均以上、怪力、戦も出来る、古典を中心に学問は天下一、更にそれらすら利用した政戦略も組めて、世渡り上手なのに其を「汚い」とは思わせない。更に茶目っ気も有る。
伏見城本丸?脇に柿の木が有って実もタワワに生ってるの見て自分で木にのぼり実を片っ端から懐に入れてる時に突如、枝近くの城の窓が開き秀吉が
「幽斎、お前何やっとるんや?」
て聞かれたら歌で返してお咎め無しとかね。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年09月12日 03:55
愛國さん

細川藤孝は和歌好きが高じて、子の忠興を叱るときも和歌を詠んでたしなめていたとか。

血筋が良くて身分が高くて教養があって知略、武略に長けていながらもおごり高ぶる事なく常に謙虚。

藤孝さんにまつわるエピソードに触れると、誰からも愛される要素を持っていますよね。




Posted by 田舎帝王 at 2015年09月12日 05:40
総帥さん田舎帝王さん

幽斎さん大河で取り上げるなら、マトモな脚本家に書いて欲しいですね。
そこら中に短時間で移動したり、矢鱈と周囲からヨイショされたり、挙句「戦のない世を作る。」とか言い出して欲しくないです。
Posted by シモン at 2015年09月12日 06:13
茶を立てながら「戦の無き世を作るのじゃ」と決意する幽斎殿ならアリかなと思います
Posted by 田舎帝王 at 2015年09月13日 23:37
あの人は“王佐の才"ですね。義昭を助ければ
「平和、秩序が回復出来る」
と、思ったのに器量不足を光秀と嘆く場面なんかは良さげですな。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年09月14日 07:02
快晴となつた、甲府市内の朝。
シモンさんは海外旅行との事、優雅で羨ましいですナ。

昨夜の、「花燃える」相変わらず、噴飯物だった。
戊辰戦争は1分足らずで終わった。
美和は久坂の子供探しを5分で断念し、辰路と世間話をし、伊之助といちゃついて帰路に就いた。版籍奉還は木戸ではなく伊之助が行った。
という、回でした。

サテ田舎帝王さん、総帥さん。
細川幽斎さんの子孫も、「戦の無き世を作るのじゃ」と、55年体制を打破し、新政権を打ち立てたが、3か月で断念し、陶芸家と、なつた。
やはり陶芸家とか茶人とかの血筋なのであろう。
Posted by 百足衆 at 2015年09月14日 08:05
老師

あの人には才は無いのは判明した。だから辞めた後そのまま殿様芸だけ黙って続けてれば良かったのに、去年又もや出張ってきて恥を晒して“殿様芸人"になってしもうたがなwww
血が繋がってるから尊いんじゃなく、尊い業績、信念等が有るからその血は尊いんや。血だけで出てたらああいう“痴人"が時々出てくる。そう言えばそのじい様は苗字は違う(もっと尊いwww)が一族で国を一度滅ぼした日本の憲政史上最悪の首相もいたしね。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年09月14日 08:41
そう言えば再来年の大河やけど…どうしても“女"を主人公にせなあかん理由は有るんか?どうしてもしたいならそれこそガラシャにして脇を幽斎、忠興で固めりゃ良いやろ?ガラシャで終われば
「終わりが良くない。悲劇で年末を迎えることになる」
て云うけど、それなら「武田信玄」はどうや?あの人も夢を果たせず終わったけど悪くはなかったやろ?
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年09月14日 08:48
昨日の「花燃ゆ」皆さん見ましたか〜ダンス
美和が京都に行きましたねウインク
素彦と会い、久坂の至誠を改めて宝物と思いましたキャラクター(万歳)
視聴率は、堂々の10%回復「!!」
来週は12%は確実もゆバニー「!!」
Posted by 花…もゆバニー at 2015年09月14日 11:09
総帥殿

直虎は最近ではゲームの影響で人気の出てきてる武将の一人らしいけど、北遠江の国人小領主からその後に続く幕府譜代の近世大名へと橋渡しをした人物ですから、何をしたのかさっぱりわからない杉文よりかは遥かに期待できると思っています。

作品の良し悪しは脚本一つですから、寝ぼけた作品にならない事を祈っていますw
Posted by 田舎帝王 at 2015年09月14日 12:01
帝王殿

ただ、主演が柴崎コウなんで、ちょっと引いてます。

脚本も、「ごちそうさん」の人でしたよね。
あのドラマも(視聴率は何故か良かったらしいですが)糞ドラマの極みだったので(戦時中に牛一頭食うか!)、期待薄です。
Posted by 燈台森 at 2015年09月14日 12:14
視聴率が悪いから悪い作品とは限らん。例えば「花神」「花の乱」「風林火山」ね。逆に数字が良いのが良いとは限らんが最悪でも無いんやな。此が質が悪い。支持が有るってことやから。「天地人」がせやな?だからあの路線(ダメな男、平和第1、お花畑etc…)で作られた理由やね。成功体験だもん。バカ脚本家でも成功例が有れば書かせちゃうのよね。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年09月14日 13:06
夏日となつた、甲府市内の昼下がり。

サテ総帥さん。
最近の、大河の、女性脚本家は、「平清盛」を、除き、全員不合格。
Posted by 百足衆 at 2015年09月14日 13:47
総帥殿、百足衆さん

ここ最近の大河だと、風林火山が最高傑作ですね。


>「終わりが良くない。悲劇で年末を迎えることになる」

と言うのなら、龍馬伝の坂本龍馬は近江屋で暗殺されて山本勘介の最期も第四次川中島の戦いで討ち死にする訳ですから、けっしてハッピーエンドじゃないですよね。

風林火山の次に面白かったのは平清盛でした。

法皇、上皇、天皇、親王の四者による朝廷内での陰謀や血みどろの権力争いとそれに付け入って勢力を伸ばそうとする源平両勢力の覇権争いが院政期のカオス感を前面に出ていて面白かったですね。
Posted by 田舎帝王 at 2015年09月14日 15:20
私はタッキー義経が好きでした。
美形の義経と逞しい弁慶、いかにも山賊あがりの伊勢三郎、純朴で誠実な佐藤兄弟、威厳ある御館と入道相国。
 堅物重盛、ヘタレ宗盛、剛毅な知盛、やんちゃな重衡。優柔不断な頼盛。 田舎ぼいが腹に何か抱えた時政、凶悪な政子、肖像画から抜け出たようにそっくりだった頼朝公。石原義純の蒲殿や小沢の木曽もよかったです。そしてなんとなく総帥っぽい中尾梶原。息子がイケメンだったのも史実通り。
 配役に関しては、これを上回る者はありません。
ただ、実在しない上戸彩がうざかったこと、義経の妹が私が大嫌いなゴマキだったこと、梶原は活躍したのに佐々木高綱が活躍しなかったのが残念でした。
Posted by デハ at 2015年09月14日 17:41
私が忠興公役で大河デビューしたいです。もちろんガラシャ役は柏木由紀です。肖像画に似ています。
幽斎公役は本当は子孫にあたる隆一郎氏がぴったりだったのに死んでしまったので細川元首相で我慢します。
秀吉が木梨憲武で、信長公が阿部寛で、光秀公が江守徹で、植木職人役が総帥です。完璧な配役だと思います。
Posted by デハ at 2015年09月14日 17:46
ガラシャ人質に獲って枝切りハサミ振り回して抵抗する職人でエエか?
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年09月14日 18:46
デハさん

滝沢版義経は最終回のあのシーンはいまだに語り草になるインパクトのある演出でしたが、配役でいえばかなりいい線を突いてましたね。

小林年侍の腹の底の読めない北条時政

財前直美の肝の据わった北条政子

大杉漣の頼朝を一歩出し抜こうと奔走する源義行

小澤征悦の木曽の荒武者を髣髴とさせる木曽義仲の演
技は印象に強く残ってますね

Posted by 田舎帝王 at 2015年09月14日 19:29
〉「…終わりが良くない…」

んなこと言ったらキリがないのは分かってますがな…人間最後は死ぬんやから。ただ、議論するとそんな事をいうやつが多いんですワ。描きかた次第でどうにでもなるんですがね。只、タッキー義経は最後の
「ドカーソ💥」
で笑いを取っちゃったてのはね…別に意識してなかったんやろけど。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年09月14日 20:53
田舎帝王さん総帥さん

あのタッキー義経の白馬がドカーンは、藤原さんの詩並みに笑ってしまいました。

「花萌ゆ」では、文(美和)のいまわの際に、口から萌えた菊の花が後から後から出てきたら、トラウマになります。
Posted by 菅原 at 2015年09月14日 20:57
菅原君

この、だらくそ!だらくそ!ぱげ!ぱげ!かわずやまの、小松江里子!

なあにが、「口から萌えた菊の花が後から後から出てきた」だ!
それでは、ボッチチェルリの絵画「春(プリマヴェーラ)」に出てくる、右から二番目の女じゃないか!
口から物を吐き出すのは汚い!菅原君がコメントするのと同じぐらい、不潔だ!
せめて、「花燃ゆ」の最終回は、美和が、野山獄で斬首刑になれば、視聴者の溜飲が、少しは下がることであろう。

ほげらっ ほげらっ。
Posted by 藤原 at 2015年09月14日 21:09
藤原さん

ボッチチェルリの『春』を持ち出すとは、インテリですね

口からものを吐きだすのが汚いといえば、古事記に出てくるオオゲツヒメは、口だけじゃなくて、鼻や尻の穴から食物を取り出したら、スサノオに頸を刎ねられてしまいましたね。

口から吐きだすのはよろしくありませんね


Posted by 田舎帝王 at 2015年09月14日 22:04
今日の優勝は菅原さんだなwww
「白馬がドカーンは藤原さんの…」のくだりは声を出して笑ってしまったwww

老師の最近の大河の女性脚本家…のくだりを読んで気になった事がありチョイと調べてみた。司馬作品は5つ大河になっとる分けだ。「龍馬が行く」「国盗り物語」「花神」「翔ぶが如く」「徳川慶喜」だが(徳川慶喜は長編て程のものじゃないからいろんな作品くっ付けて原型無いが)私なりに棚卸しをすると「龍馬…」は観たことも無いので除外するが、名作「花神」秀作「国盗り…」「翔ぶが…」まあ可もなく不可もなく「慶喜」(佐藤慶をもっと上手く使えんかったか?)てところですが、「慶喜」以外は脚本は“女性"なんですよ。因みに「慶喜」は田向正建。大河は三つ「武田信玄」「加納随天ショウ」「徳川慶喜」です。「武田信玄」は面白かった(ああ此も随天は信玄のオヤジで怪演しとったな)が後の二つは微妙やなあ…(続く…多分かなり長いよ)
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年09月14日 22:07
徳川慶喜は田向氏の脚本と言う事で、重厚感がありましたね。

信玄や信長とは違い、コミカルなシーンが随所にちりばめられていて、全体的に明るい感じの作品と言う印象です。

逆に信長は全体的に陰鬱な作品でしたね。

Posted by 田舎帝王 at 2015年09月14日 22:40
で、「国盗り物語」「花神」は大野靖子さん「翔ぶが如く」は小山内美江子さんです。司馬遼てひとは女性を描く事が致命的に下手くそです。あの人の作品に出てくる女性に魅力は無いね。だから其処を気にして女性視点みたいなのを必要と感じて脚本家は女性にしたのならNHKも大したもんです(多分偶然やろね)。だって例えば「燃えよ剣」に出てくる歳三の恋人のお雪さんなんか京都で知り合って京都滞在中は出喋張らずひっそりと付き合って、歳三が北海道に逃げたら最後の一戦を覚悟してその寸前に渡ってきて(そんな状態なら封鎖や制限も有るやろし、何よりも道中が危険で女性一人では無理ちゃうかな?)食事して、「せくーす」して静かに身を退く…て、そんな都合の良い女居ないよwww「女の業」云うんか「カルマ」みたいなもんが描かれて無いね。この辺は池波正太郎とかあんま好きやないけど早乙女貢とかの方が巧いね。
脱線ついでに更に脱線すると、司馬作品で
「ピン!」
と反応した女性は二人だけやな私は。短編で「おお大砲」てのが在る。主人公の嫂(後に兄が死んで家名の為に主人公と一緒になる)です。なかなか前半部にポルノチックな描写があり此処はワクワクしたwww作品としてもお薦め出来ます。司馬さんは'59に結婚してますね。因みにバツイチ。「おお大砲」は'61に文庫化…て事はリアルではその'61前後に執筆でしょうな。
後一つが「花神」やねん。この作品での村田蔵六とシーボルト・イネのやり取りは恋愛小説として読んでも切なくなる。他の司馬文学の中の女性とは全然違うね描かれ方が。「花神」'69〜'71くらいの作品やけど、断言しても良いけど絶対にこの時期に司馬さんは外に違う女性が居たやろね。そう思えるくらいイネさんの存在感と蔵六の心理描写がリアルに感じるねん。
ま、とんでもない方向に話が飛んだけど…
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年09月14日 23:23
ごめん。話が無茶苦茶になってもうた。つまり、女が分からん司馬さんの代わりに女性が脚本書いた。でも小山内、大野両女史共に橋田壽賀子みたいに「女」を前面に押し出す人やないからバランスの取れた良作になった。
其所んとこ今の女流作家は解らんのかな?
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年09月14日 23:32
脚本ワースト3→@鼻もゆA天痴人B信長次点シエ。
配役ワースト→@信長A鼻もゆB清盛
総合ワースト1位鼻もゆ、2位信長。皮肉にも天痴人は配役に関してはほぼ問題ない。逆にここ10年ではベストでは。
歴代なら、樅の木、草燃える、政宗、タイトル忘れたがる将門のやつ、黄金の日々が総合ベストですね。総合ワースト3は琉球でしょうか?あと見てなかったけど大原春日もひどかったみたいですね。

Posted by デハ at 2015年09月15日 08:15
快晴と、なつた甲府市内の朝。
夏冨士が、青々と稜線を浮かび上がらせて居る。

サテ総帥さん。
女性脚本家で、私が一番尊敬するのは、向田邦子さんです。
「阿修羅の如く」等の、現代劇はとても良かった。
きっと大河ドラマでも、大成功を収めた筈なのに、台湾で飛行機事故で亡くなられてしまった。痛恨事である。
Posted by 百足衆 at 2015年09月15日 08:16
ストーリーの破綻は鼻もゆ、配役は信長が他を圧倒します。信長はよくみるとシエよりまともな部分が多いのに配役が配役なためおかしいのです。逆に天痴人の利家、秀吉、景勝などはあの作品にはもったいない。政宗も謙さんと比較され酷評されたけど、主人公じゃない政宗って生意気な西洋かぶれのクソガキなんだからあれで正解なんですよ。愛姫は二代続けて黒かったが。
Posted by デハ at 2015年09月15日 08:20
脚本家よりも時代考証の小和田が悪い。あれで監修料取ったら詐欺だ!
Posted by デハ at 2015年09月15日 08:22
サテデハサン。
小和田教授は、駿河の人でしたナ。
監修した、「天地人」では、駿河・浜松城とやらかし、
「江」では、小谷城の炎上を黙認した。(実際は、焼けていなかった。)

歴史を教える身として、いろいろ事情はあれど、苦渋に満ちた決断だったように思える。
Posted by 百足衆 at 2015年09月15日 10:08
老師
浜松の人たちは怒っています。さ来年の井伊直虎も駿河にされるのでしょうか?浜松の人たちはサッカーのチームも別ということで静岡市と共通文化だとは思っていないので、嘆いたのでしょう。ただ島田市には川根両国という地名があり駿河と遠州にまたがった地域があるようです。
一方、肥薩線は肥後と大隅を通り薩摩国は通らないのに肥薩線と名乗り、霧島市民や姶良市民は自らを大隅人とは呼ばず薩摩隼人と名乗っています。
Posted by デハ at 2015年09月15日 10:30
薩摩芋の生産量日本第二位の我が茨城県もデハ様には「偽薩摩」の烙印を押されそうですね。
Posted by ラー at 2015年09月15日 11:52
ラーさん
それはない。むしろ「カリッと青春茨城の芋」の方が有名です。しかし芋はカリッとした歯ごたえはありません。
Posted by デハ at 2015年09月15日 14:50
デハ様

どうせ茨城県人は芋ですよー(違うって)
Posted by ラー at 2015年09月15日 19:58
ラーさん
茨城県にはご当地ヒーローの「イバライザー」と、「イモライザー」がいるそうですね。
茨城県が、IBMや芋の呪縛から逃れるためには、千葉県を抱き込むことです。そうすれば、ICBMになります。
私も親族が両県に多数住んでいるので、これ以上は辞めます。
Posted by デハ at 2015年09月15日 20:42
デハさん

遠州地方と駿州地方とは全く異なる文化県にありますね。

遠州地方は南信州の伊那谷地域と東三河との結びつきが強く、天竜川流域文化圏を形成してますよね。

愛知県に住んでいると、遠州地方までは東海圏と言う意識がありますが、駿河地方に入ると関東圏の印象ですね。

ついでに言えば、伊豆地方は静岡と言うよりも神奈川県のイメージです

Posted by 田舎帝王 at 2015年09月15日 22:02
田舎帝王様
伊豆・甲斐・越後は厳密には関東ではないのに、関東公方や北条氏や上杉氏の勢力であったために準関東で、逆に茨城の北の方は佐竹が東北支配を狙って北上したため準東北でした。
 遠州・三州は今川が支配した割には駿河との同化が進みませんでした。掛川城を守った朝比奈泰朝は、最後まで氏真公を見捨てず保護し続けた忠臣でした。
井伊直虎より大河の主人公にふさわしいと思いますね。
あとは神君が浜松に住んだため、三河色が強くなってしまったのかもしれません。

そういえば北勢も名古屋圏で、南勢は近畿ぽいのと対照的ですね。
Posted by デハ at 2015年09月15日 23:34
デハさん

三重県内でも伊賀地方は完全に関西圏ですが、東海圏に属していますね。

南信州の木曽谷地域は木曽川を通じて美濃、尾張地方との結びつきが強い地域ですね
Posted by 田舎帝王 at 2015年09月15日 23:58
田舎帝王様

伊賀の里、行きましたよ。不思議な形の建造物(お城?)がありました。

東海地方は三傑をはじめ、多くの名だたる戦国武将を生み出してますね。私は斉藤道三が好きです。
Posted by ラー at 2015年09月16日 04:23
私も先祖が織田の家来なので愛知県丹羽郡児玉村にルーツがあります。
Posted by デハ at 2015年09月16日 08:58
浜松は、駿河でもいいら。
Posted by ファンタジスタ・サブロー at 2015年09月16日 16:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック