2015年10月24日

ヒカルの碁

週刊少年ジャンプに1999年から2003年まで連載された、囲碁をテーマにした漫画作品です。

hikago.jpg

孫子の兵法に、「敵を完全に包囲すると死に物狂いで反撃してくる恐れがあるから、一か所逃げ道を開けておいて、そこから逃げるところを背後から叩けばよい」という記述があります。
古代の中国に於いて、攻城法とは即ち包囲戦でした。これを抽象化し、ゲームにしたものが「囲碁」なのです。

oct65.jpg

日本では、「囲碁」というと、主として高齢者の行うゲームと思われていました。「碁会所」のような施設が、囲碁ファン、将棋ファンを収容する施設として各地に設けられ、高齢者たちの憩いの場となっていました。

そんな高齢者のパラダイス「碁会所」に、年端も行かない若者たちを乱入させる契機となったのが、ほったゆみ(原作)・小畑健(作画)による囲碁漫画「ヒカルの碁」だったのです。
では簡単に登場人物を紹介しましょう。

進藤ヒカル:主人公。思ったことをすぐ言ってしまうトラブルメーカー。藤原佐為の霊と邂逅したばかりに、囲碁を打たされ続ける。打たされ続けるうちに、藤原さんより強くなる。

藤原佐為:主人公の背後霊。「神の一手」を教えるために進藤ヒカルに光臨。だが次第にウザがられる。趣味は自由詩。

菅原顕忠:藤原佐為の平安時代のライバル。藤原佐為を謀略に嵌めて都から追放し、失意のうちに自殺させる。

塔矢アキラ:囲碁の天才的少年。得意技は「四三」。これをやられると、対戦相手は投了せざるを得なくなる。

塔矢行洋:アキラの父。伝説的囲碁棋士。外見は、一見「美味しんぼ」の海原雄山。時々頓珍漢な受け答えもする。

藤崎あかり:進藤ヒカルのガールフレンド。学校では栗色のセーラー服と、時々ブルマーを着用している。

このような面々が、狭い碁盤の盤上で熾烈な戦いを演じていたのでした。

ちなみに、囲碁の世界では、一方が一つの石を取った後、もう一方の対局者がすぐに一石を取れる状態になる状態を「コウ」と呼びます。この取り合いを繰り返していると、永遠に対局が終わらないので、「コウを取ったすぐ後に、コウ取りを繰り返してはならない」というルールを設けています。

oct103.jpg

サテ、再来年の大河ドラマ。女性主人公の大河を1年おきに繰り返すという禁則を犯している上に、主演女優の名前がよりによって柴咲「コウ」・・・

いえなんでもありません。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(38) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まさか、その落が言いたくてヒカルの碁をネタに持ち出した訳じゃないですよね
Posted by 田舎帝王 at 2015年10月24日 06:47
田舎帝王さん

バレました?
Posted by シモン at 2015年10月24日 06:51
ところで、藤原一族好きな自分とすれば、藤原佐為は南家、式家、北家、京家、のうち、どこの流れを汲んでいるのか気になるところです。
恐らく、藤原式家から藤原佐世と言う人物が出ているので、藤原佐為は佐世の近親者ではないかと想像します。

Posted by 田舎帝王 at 2015年10月24日 06:59
田舎帝王さん

藤原佐世さんは「阿衡の紛議」という事件で東北に左遷されてしまった人ですね。
学者が正しいことを言うと世間に疎まれる、という意味では佐為に近いものがあるかもしれません。

にしても昨今の憲法学者とやらは、佐世の爪の垢を煎じて飲めよと。
Posted by シモン at 2015年10月24日 07:16
おはようさんです。

この作家は絵は上手いんやけどねえ、原作が付かないとパッとしない人ですね。再来年の大河の脚本家も原作無いとアカンのと同じですな。噂では逆に「ラッキーマン」の作者は絵は超絶に下手くそですがストーリーテラーとしては優秀だそうで?まあ其を見抜く編集の「目」も必要ですが相性も必要やね。往年の梶原一騎みたいに途中で空中分解てのも有りますから。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年10月24日 08:05
快晴となつた、甲府市内の空。
今朝の「朝が来た」朝(はる演)は、借金を申し込む為、奈良の豪商である笑福亭鶴瓶の邸宅に赴く。

という、回でした。
サテシモンさん。菅原さんや総帥さんが云われる様に、広い心でデハサンを許してやるべきですゾ。
サテデハサン。「この場をお借りして」という言葉がある。この場を無償で提供してくれているのは、シモンさん。そこを無遠慮に自説で踏み荒らすのは今後控えるように。爺も、他人の事を云えた義理はありませぬが。
Posted by 百足衆 at 2015年10月24日 08:17
老師

ま、私達に出来る事、する事は此処までや。後は流れに任せることやね。仰有られるで通り皆
「この場をお借りしてる」
分けやから、その辺の仕切りはお委せしましょ。

さて、しかしなんやね少年誌に「将棋」なら兎も角「囲碁」の漫画をやろうなんて、よく編集も許可したもんやね。これもあの「画力」有っての事やね。つまり「見た目」が良いと得やね…
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年10月24日 09:00
総帥さん

この漫画家の絵と、囲碁というストーリーそして90年代という時代が三拍子マッチした結果のヒットだったんでしょうね。
Posted by シモン at 2015年10月24日 09:45
百足衆さん
いつも「あさが来た」のレポートをありがとうございます。

「ヒカ碁」を今やっても受けないように、「女性主人公の大河ドラマ」自体が既に時代遅れだった、ということでしょう。「シエ」のときに既に終了していました。
Posted by シモン at 2015年10月24日 09:48
ああなるほど…好き嫌いはあっても「春日局」や「女太閤記」なんかは企画自体に批判は無かったもんね。素材や出来、設定もそうやけど企画自体が
「今更www…」
て事やね。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年10月24日 11:06
骨太な脚本にそれに見合う役者が揃わなければ、誰を主人公に持っていっても駄作、壮大な学芸会で終わってしまいますよ。
ビジュアル重視で演技力の無い役者ばかり起用していては何をやっても批判されるだけ。
大河ドラマをやるぐらいなら、BSでやっているような歴史ドキュメントをやった方が良いですよ
Posted by 田舎帝王 at 2015年10月24日 11:22
時代は巡り巡って、骨太のものを欲しているのかもしれませんね。
短小軽薄の時代は終わりつつある、ということでしょうか。
実際、あれだけ追い詰められた長州が、どうやって逆転していくかを丁寧に描いて欲しかったです。今の日本にも重なるので。

何事も、時が経てば古くなる。女性大河、女性専用車、ジェンダーフリー教育等がそろそろ「古いもの」に分類される時代に差し掛かっているかもしれませんね。
Posted by ラー at 2015年10月24日 11:52
理想てのは実現しようとすると必ず
「行きすぎた」
て事態に到達するんですよ。フランス革命なんかでも
「自由だ!自由だ!」
と叫んで血の雨降らせちゃって、揺り返して…てのを何度か繰り返したでしょ?で、落ち着いたら安全な物が出来たか?堅苦しい物が出来たか?ってえと落ち着くまで分からんワ。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年10月24日 12:45
総帥様

そうですね。理想とか追いかけない方がいい。
そのうち何が理想だったかなんてのは忘れ去られて、ちょっとでも外れると、そこには死が待っている・・・というのが恐怖政治で、

ということをたった4年で実行して見せたのが、民主党。
Posted by 無名X at 2015年10月24日 13:43
無名Xさん
確かに・・・事業仕分けの蓮砲はヒットラー親衛隊そのものでしたな。
Posted by A2Z at 2015年10月24日 13:52
理想がなければ政治家になれぬ
現実が見えねば政治は出来ぬ

野党の皆さんは理想は高いですが現実が見えてないです

国民の支持が得られないのもその辺りにあるのでしょう

Posted by 田舎帝王 at 2015年10月24日 14:09
で、それがまだ分からないってのが彼等の“痛い"ところやねんなwww
けど、彼奴らは“痛い"ままの方がエエワ。なまじっか知恵を持たれたら釣られるのが増えるからね。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年10月24日 14:31
彼ら、もう自分が詰んでいることすら気がついていない。
Posted by 燈台森 at 2015年10月24日 17:19
井上真央といい、柴咲コウといい、
どうしてNHKは目付きの悪い女優を大河ドラマの主人公にしたがるのだろうか?
Posted by ジョニー at 2015年10月24日 18:01
休憩中です。

で、この作者やねんけどこの人とか藤崎竜とか、腐女子に喜ばれそうに物凄く絵が上手いと言うより「綺麗」な分けだが二人とも本質的には「ドタバタ」向きやねんな。「サイボーグGちゃん(だっけ?)」なんか最後は息切れ気味やったけど悪くはなかったけどな。こういう処は編集の人達も資質を見誤らずに指導してあげれば良いもの更に出ると思うんやけどな…
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年10月24日 18:02
ジョニーさん

其は思った。大河の主人公なんか“良い人修正"かかるんやからソレらしい人を使えばエエのに。柴崎なんかはヒステリー気味バージョンの茶々=淀なんかエエと思うんやけどな。ミスキャスト。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年10月24日 18:19
やっとわかった、シモン様の真意。

佐世=サヨだったんですね♪
Posted by ラー at 2015年10月24日 18:47
大河主人公の男女持ち回り、朝の連ドラ制作局みたく固定化しても、10年でそろそろネタ切れのようですね。

同じ時代背景でやるなら、せめて今川義元か太原雪舟でしたね。
Posted by HB at 2015年10月24日 18:56
HBさん

雪斎の誤記ですね?雪斎和尚良いね。豊臣贔屓の私ですが雪斎か小早川隆景の方が勘兵衛より深みの有るドラマ出来たと思うね。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年10月24日 19:04
総帥殿
ご指摘ありがとうございます。正しくは雪斎でした。

晩年野心むき出しの官兵衛(大河の描写は正にダークサイド)よりも、私も参謀役に徹した人の生き様を描いて欲しいです。
Posted by HB at 2015年10月24日 19:56
女性大河ドラマの悪い点は、
ヒロインが齢を取らないことですね。
加齢に伴う人間の深みが表現されないと、全く面白くないです。
シエは、のだめのままだった。
美和も、おにぎり女のまま。
再来年もそうなると断言できます。
女優が、老けメークを拒否するんでしょうか?
優香だけはちゃんと成長した演技をやってますね。
井上真央よりもずっといいです。
Posted by ラー at 2015年10月24日 20:13
お久しぶりです(^^)

大原雪斎、いいですね♪
「風林火山」の伊武雅刀さんの演技が素敵でした。
Posted by Captured at 2015年10月24日 20:39
万人恐怖足利義教なんて見てみたいですね
Posted by 田舎帝王 at 2015年10月24日 20:47
少年ジャンプは盲点なんです。
いわゆる”波長”の問題か(笑)。
だから、自分が知っているジャンプ掲載作品はだいたいコミックスが出てからの後追いが多いですね。
Posted by ヨット at 2015年10月24日 21:01
藤原家好きな自分が推察するに、藤原佐為は『ふじわら の さい』と表記されていますが、おそらく、これは有職読みの読み方で『ふじわら の すけため』が本来の読み方だと思います。

身分は北家藤原氏九条流やのような高級貴族ではなく、中流貴族の流れをくむ一族ではないでしょうか。

おそらく、佐為の身分は従五位下〜正五位上辺りではないかと思います。

佐為の子孫は囲碁を家業とする家系として院政期以降は半家の家格で参議を極官をとする堂上家として子孫を残しているものかと思います。
Posted by 田舎帝王 at 2015年10月24日 23:19
おばんです管理人殿。

先程、会場を確保しました。こないだと同じで「月あかり」11/14土曜日18時〜であります。彼処で宜しいでしょ。飯は悪くないし、季節が違うから違う料理も有るやろし、駅も近いからギリギリ迄遊べるし。今回も
「シモン」
で取りました。後は楽しみに待つだけであります。

Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年10月25日 00:16
総帥さん

お手数多謝です。
では、現地にて合流しましょう。
Posted by シモン at 2015年10月25日 05:26
田舎帝王さん

あの時代に音読みの名前はなかった筈ですよね。「さい」は奇妙です。

ちなみに佐為のモデルは藤原佐理(すけまさ)だそうです。
Posted by シモン at 2015年10月25日 05:43
しかし何だね、この手の漫画やラノベのプロローグにある
「(主役の)○×は何処にでもいる小学○年生、中学生、高校生」
てのは今更何とかならんか?チンP…いや陳腐や。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年10月25日 17:29
総帥さん

どんな平凡な読者の僕だって、藤原さんが乗り移れば天才棋士になれるぞー

という妄想をまず読者に抱かせるためでしょう。
間違って詩人の藤原さんが乗り移らないことをひたすら祈ります。
Posted by シモン at 2015年10月25日 17:44
シモン様、シモン様

この、だらくそ!だらくそ!ぱげ!ぱげ!かわずやまの、オクラホマ州立大学祭突入運転手!

菅原君のようなことを、言わないでください!
私が降臨したほうが、良い!詩だけでなく、碁も打てる!将棋もだ!

ふーけーば 飛ぶような、将棋の駒に〜
ほげらっ ほげらつ。
Posted by 藤原 at 2015年10月25日 19:15
宗匠

腐腐腐…じゃない、フフフフフwww将棋や囲碁はアカンが麻雀ならお相手しましょうゾ。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年10月25日 19:46
藤原さんと菅原さんが同時に降りてきたら嫌ですねw
Posted by 田舎帝王 at 2015年10月25日 20:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック