2015年11月07日

フマキラー

日本で開発された殺虫剤です。

fumakiller.jpg

日本は地勢学的に、温帯地方に属します。比較的寒冷な西洋と比べて、日本には病害虫が住みやすい環境になっています。
そんな日本にあって、1920年に開発された殺虫剤が「フマキラー」です。

oct72.jpg

フマキラーを開発したのは、1890年に広島で開業した薬種商「大下回春堂」です。その店舗名が示すとおり、当初扱っていた薬は「回春」のためだったので、イモリの黒焼きだとかすっぽんの生き血だとか蝮のエキスだとか、そういった生薬が主だったようです。
しかし天然の生薬は供給が不安定だったため、同社は経営基盤の安定を図って工業的に生産できる薬を開発する必要に迫られていました。
その結果開発された薬が、病害虫を取り除く殺虫剤「フマキラー」だったのです。

「フマキラー」の語源は、何でしょうか。実は英語由来なのです。
「フ」:英語で「蝿」を意味するfly→「フライ」の先頭一文字です。
「マ」:英語で「蚊」を意味するmosquito→「モスキート」の先頭一文字「モ」→「マ」
「キラー」:英語で「殺人者」を意味するkiller→「キラー」
このように構成された造語だったのです。

日本、ひいてはアジアに於いて、病害虫の殺虫に関わる企業は数が限定されています。
「フマキラー」の他は、大日本除虫菊(金鳥の夏、日本の夏)を、アース製薬(アース渦巻き)の2社しか存在せず、これら各社と並んで家庭用殺虫剤のシェアを寡占しているのです。

oct73.jpg

フマキラー株式会社は、世界初の電気蚊取り線香「ベープ」の開発・販売元でもあります。
ベープの語源は定かでありませんが、別府温泉を想定して命名されたという説もあります。2012年には、ワンプッシュ式蚊取り「おすだけベープ クリスタ」を発売し、雌の蚊に優しく、雄の蚊だけを退治するエコな電気式蚊取線香も開発しました。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(25) | TrackBack(0) | 医薬品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お帰りなさい。

全然関係無いんだけどね、停止してる間に過去ログ見てたんやけど、5年前の記事でファンタジスタ・サブローさんのHPの紹介の記事が有ったけどアレ面白いね。私、ああいう馬鹿馬鹿しい話題から真面目な処に着地するの好きでね。所々意見の合わない処(意見そのものもそうだが時代の変化で時流的に)も在りますが
「ウルトラマンは礼儀正しい…先ずは笑顔だ、笑え…」
の処なんざは思わず笑ってしまって、最後はホロッと涙出たね。
実はねいやもう仕事がね、何もかんも投げ出したくなっちゃってたんやけどね…大袈裟に云えば、こないだ紹介した坂口安吾のエッセイ以来やねこんな気持ちになったのはwww
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年11月07日 05:44
お帰りなさいシモン様。
蚊取りは大切ですが楫取はいりませんね。
Posted by デハ at 2015年11月07日 07:07
総帥さん

過去記事までご覧下さったんですね。有難うございます。
サブローさんの記事の方がずっと面白いでしょう?

仕事の話は、今度相談しましょうよ。人間誰もが同じ悩みを抱えていて、悩みとはつまり、幻想だったりします
Posted by シモン at 2015年11月07日 11:01
デハさん

楫取も美和もフマキラーで一掃してほしいですね。
いえもちろん史実の二人をではありません。
Posted by シモン at 2015年11月07日 11:02
関西ペイントが防虫作用のあるペンキを販売しているみたいですね。
東南アジアでちゅうもくされているみたいですよ
Posted by 田舎帝王 at 2015年11月07日 11:34
曇り空となつた、甲府市内の午後。
今日の「朝が来た」朝(ハル演)は、九州の炭坑に向けて、旅立つ。

という、回でした。
サテ総帥さん。ファンタジー某のホームページなどを、見ない方が、佳い。花燃える同様、貴重な人生の時間の無駄遣い、だからです。

サテデハさん。カトリックはいけませんかナ。耶蘇教を、迫害し過ぎても、いけませんゾ。

サテシモンさん。今度こそ、歴史研究会の名前でホームページを再出発すると期待していたのだが。
サテ田舎帝王さん。その塗料に触れると、かぶれませんかカナ。
Posted by 百足衆 at 2015年11月07日 15:36
ご無沙汰です!

花燃ゆ「二人の夜」だそうです。がく!
Posted by 燈台森 at 2015年11月07日 15:49
百足衆殿

人畜無害らしいので大丈夫ですよ
Posted by 田舎帝王 at 2015年11月07日 16:37
田舎帝王さん

人畜無害・・・私を塗料にしたようなものですね(でも蚊には弱いw
Posted by シモン at 2015年11月07日 16:54
百足衆さん

いつも「あさが来た」のレポートを有難うございます。
blog名を「歴史研究会」に変えるのは、ちょっと待って下さいね。
Posted by シモン at 2015年11月07日 16:55
燈台森さん

私の知ってる大河ドラマの副題は「決戦!川中島」とか「大政奉還」とかなんですが、「二人の夜」ハァ??何なんですかこのドラマ??
Posted by シモン at 2015年11月07日 16:56
何か…チャンネルとか時間帯を間違えてるねwww
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年11月07日 17:52
よく田舎にホーローの看板て残ってるやろ?ハイアースとかオロナインとかキンチョールとか、つまり水原弘とか浪速千恵子とか大村崑とか。フマキラーだけはそういうの無いね?
いや、20年程昔に岡山県の高梁市に居た時に解体したお店の脇に棄ててたボンカレーの其を酔った勢いで持って帰ってね、どういう理由か?ずっと保管しててね、3年程前に遊び半分で骨董品屋に持って行ったら¥2万で売れてねwwwただ其を思い出しただけやねんけどね。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年11月07日 18:25
シモンさん

ブルマ画像があっての微ゑろブログです。
名前は変えない方がいいです

どうも、ブルマ画像をスルーしている傾向にありますが、ブルマこそが、本ブログの肝だと思っています。

もっと、ブルマに関心を持とう
Posted by 田舎帝王 at 2015年11月07日 19:24
雨となつた、甲府市内の朝。
今朝は、「朝が来た」は、ない。日曜日だからだ。つまらない。代わりに、「花燃える」が、ある。益々、つまらない。
サテ田舎帝王さん。ブールマの話題では、間が持ちませんゾ。それにここは、歴史を回顧するホームページなのだから、堂々と「歴史研究会」を名乗って、佳いと思う。
「日本史探訪の会」でも、佳い。
Posted by 百足衆 at 2015年11月08日 08:50
おはようさんです。

そう言えば花もゆバカを規制したら、取り敢えず花もゆ絡みの荒らしがが無くなったね。ヤッパあの数ヶ月延々と来てたのは同一人物やったんかね?つまりけっこう仮面のBBA。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年11月08日 10:45
>日本、ひいてはアジアに於いて、病害虫の殺虫に関わる企業は数が限定されています。

某国製だと人までフマキラーする強力なものか、変な混ぜ物して役に立たないかの二択を想像してしまいますw
Posted by HB at 2015年11月08日 10:54
田舎帝王さん

そうですね、やはりblogの名前はこのままで行きましょう。

百足衆さん

残念ですが、またの機会に検討させていただきます。
Posted by シモン at 2015年11月08日 11:10
総帥さん

こなければ来ないで寂しいですか?(=んなわけ、
Posted by シモン at 2015年11月08日 11:11
HBさん

戦時中のドイツでは、「病害虫」の定義範囲が日本より広かったようで、そういう広い意味の病害虫駆除のガスがいろいろ開発されました(メルケルはしらばっくれてますが)
Posted by シモン at 2015年11月08日 11:12
私のオヤジは現役時は住友化学に勤めてたんやワ。時々社内販売で安く買ってくるのか、貰ってくるのか色んな薬を持って帰ってきたんや。で、住友の農薬て有名らしいんだワ。で、ゴキブリが出る季節になったら殺虫剤のスプレーも持ってきてね、市販されてるの見たこと無いやつ。白地に商品名と能書きだけがグリーンや赤の字で細々書かれてるだけの味もソッ気も無い缶なんやワ。で、コレがキツいのよ。跳ね返りみたいなのを顔面近くに来ただけで目や鼻にツーンと来るんやけど、ヤッパリ効きは凄い。ゴキブリなんか中中死なんけどコイツは直撃させたらその場で即死。飛んでるハエや蚊なんかは進行方向にシュッとしたら、その霧の端っこを通過しただけで垂直に落下するような代物で、もう、殺虫剤というより諸に農薬を詰め込んだようなヤツでね。それを経験してるから、私の場合市販のヤツは弱いような気がして、キンチョールとかは盛大に吹きまくるクセがあるんやワ。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年11月08日 11:35
サテ総帥さん。
昔の便所は、大概汲み取り式でしたので、夏場は病害虫の溜まり場でした。
銀蠅、黒蠅、竈馬。これらが、大をしていきんでいる小生の尻っぺたに、体当たりしていました。
昔の殺虫剤は、スプレーではなく、ポンプ式でした。
Posted by 百足衆 at 2015年11月08日 11:42
総帥どん、何だね昔の記事はこっぱずかしいだけんね。
何しろまだ40台のときに書いただもん。
ところで殺虫剤だと、百足さん死んじゃうね。病害虫の定めだからあきらめてくんな、南無妙法蓮華経。
Posted by ファンタジスタ・サブロー at 2015年11月08日 15:36
起 〉総帥どん…
承 〉何しろまだ…
転 〉ところで殺虫剤…
結 〉南無妙法蓮華経…


な?綺麗に出来上がってますな?元は漢詩の基本やけど小説、小論文から四コママンガまで通ずるもんやね。此は訓練せな上手く出来ない。多分冷飯食ってた…て時期にプレゼンの為に訓練もしたんやろね。
私もこう在らねばならんのだが…徒然なるままに筆の赴くままに連ねるから当たり外れがデカイのよねwww
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年11月08日 17:54
総帥どん。成程無意識のうちに、我が文章中々良い出来なんだ、うれしいねえ。

では病害虫さん、もとい百足の旦那の文章を分析してみるらか、、

起)サテ総帥さん
承)昔の便所は
承)銀蝿、黒蝿、竈馬。
転)ポンプでした。

支離滅裂!こんなんでよく教師やってただね!大笑い!!
Posted by ファンタジスタ・サブロー at 2015年11月08日 18:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック