2015年11月15日

パセリ

セリ科の植物です。

parsley.jpg

レストランで食事をすると、メインディッシュの皿の片隅に必ず乗っている緑色の野菜があります。
それがパセリです。
皿の上のものが綺麗に食べられていても、パセリだけは手をつけずに残されていることが多々あります。日本には、この野菜が単なる色づけの飾りで食用ではないと誤解している人が多くいるのかもしれません。

nov21.jpg

レストランで出されるパセリの9割以上は食べずに捨てられているそうです。
かつて80年代初頭には、パセリは食べずに残す人が多いことを見越して、レストランはパセリを使い回しているのだろうと言われていました。実際にはテーブルから下げた皿からわざわざパセリを取り出して次の食材にリサイクルするのは結構な手間だと思われますので、そんなことはなかったと思いますが、そういった伝説がより一層「パセリには手を出さない」人を増殖させていたのでしょう。

パセリは「オランダゼリ」とも呼ばれ、ハーブの一種です。葉がちぢれているものがポピュラーですが、実はこの状態は人間の品種改良がもたらしたもので、イタリアンパセリと呼ばれる品種のものは葉はちぢれていません。イタリア料理はパセリを多用しますが、このイタリアンパセリはちぢれていないので日本人が見たらパセリだと気がつかないかもしれません。

パセリの栄養価は実は極めて高く、各種ビタミンやミネラルを多く含む野菜で、食べ残すのは本来もっての外です。
パセリを食べると口臭が消えるとか貧血に効果があるとか食中毒の予防効果があるとか様々な効能もありますが、実は生のままパセリを食べるのではなく火を通して「パセリ料理」として食すと実に美味しく、一緒に調理された食材の旨味を十分に引き出してくれるのです。

nov24.jpg

例えば豚肉のパセリ炒めとか、ジャガイモやベーコンとパセリを一緒に炒めるとか、オムレツの中に具材としてパセリの微塵切りを混ぜるとか、パセリのおひたしとか、様々なレシピを試してみると新しい発見があるようです。

(本文と写真は関係ありません)

posted by シモン at 05:00| 東京 ☔| Comment(15) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぱせーン リッ リッ
踊るリッツの夜。 蛸!

パセリは大好きです。大好きです。
セロリよりも好物です。

パセリは、セリだから、パセリだったとは知りませんでした。
芹洋子さんのうたう「野菊」が好きです。

遠い山から 吹いて来る
小寒い風に ゆれながら
けだかく清くにおう花
きれいな野菊
うすむらさきよ

ちょうど、清貧に生きる、私の生き様を象徴しているかのような、歌なのです。

ほげらっ ほげらっ。
Posted by 藤原 at 2015年11月15日 07:47
パセリはみじん切りにして調味料として振りかけると料理の風味が良くなりますね

Posted by 田舎帝王 at 2015年11月15日 08:06
雨となつた、甲府市内の空。寒くなつて、きた。
今朝の「5分でわかる朝が来た」朝(パル演)は、相撲で炭鉱夫に、打ち勝つ。

という、一週間でした。
サテ田舎帝王さん。パセリはそのまま食べても、美味しい。
Posted by 百足衆 at 2015年11月15日 09:28
自分はダメですね
そのまま食べるのは
Posted by 田舎帝王 at 2015年11月15日 11:04
雨がやみ、曇り空となつた、甲府市内。

サテ田舎帝王さん。私は、パセリをご飯茶碗に一杯よそい、上から生卵と醤油をかけ、豪快に食べるのが、気に入っています。
パセリの苦味と、卵醤油の味が、調和し、健康に良い。
貴殿も一度は、試してみるべきですゾ。微塵切りでも、佳い。
Posted by 百足衆 at 2015年11月15日 11:18
パセリは千切りでスープに浮かべますね

クノールの美味しい時期がやってきた
Posted by 燈台森 at 2015年11月15日 16:04
「パセリ」から真ん中の「セ」を取ると
「パリ」になる・・・という謎賭けでしょうか?

世界がパリのために祈りを捧げています。
Posted by 無名X at 2015年11月15日 16:27
百足衆殿

今日、付け合せのパセリを一つつまんでみたけど、やっぱり、ダメでしたね

みじん切りにしたのをスプープに浮かべて飲むのがせいぜいです
Posted by 田舎帝王 at 2015年11月15日 18:17
温かい夜となつた、甲府市内。
今夜の「花燃える」(BSにて視聴。)美和と楫取が二人で旅館に泊まったという噂で、群馬の町は騒然となる。
楫取は西南戦争の捕虜たちを民間に押し付ける。

という、回でした。今回も、くだらない話だった。
サテ田舎帝王さん。無理強いは、致しません。各人それぞれ好きな形で食べるのが、一番。
生パセリよりも、「花燃える」の方が、食えませんしナ。(笑い。)
Posted by 百足衆 at 2015年11月15日 20:17
会津は戊辰で負けて斗南に飛ばされましたが、薩軍も青森県のどこかに飛ばされたそうです。先日薩摩旅行を案内してくれた薩摩隼人の曾祖父がそうだったとのこと。彼は鹿児島県と宮崎県で生産されたもの以外は口にせず南日本新聞以外は認めない筋金入りの薩摩隼人で曾祖父が薩軍で青森県に流されその弟が戦死したことを誇りにし、長州人と川路を憎んでいます。不思議と会津贔屓なのは私淑する原口泉先生が会津贔屓だからです。原口泉先生は会津関連の著者が多く井深一族に造詣が深いです。一方わが二本松が誇る朝河貫一博士は薩摩に伝わる入来院文書を解読して薩摩の歴史を明らかにしました。このような縁から私たちは平成の薩会同盟を結んでいます。
Posted by デハ at 2015年11月15日 20:29
因みに私の祖父は会津から婿養子に来ています。戸籍を見ると祖母の祖父の養子(曾祖父は関東大震災で殉職)となってから祖母を娶る形をとっていました。
Posted by デハ at 2015年11月15日 20:31
今日もドヤ顔美和のイミフな演説と、未来人蚊取の適当な演説で全員蚊取アゲの不気味なシーンだけでした>糞燃ゆ

デハさんが脚本書いた方がまともな大河ドラマになります絶対に。
あと、再来年のおんな大河は中止にしてほしいな。
Posted by ジョニー at 2015年11月15日 21:05
薩会同盟ね…貴方の嫌いな久光がこさえて貴方の好きな西郷どんが踏み潰したんですよ、アレ…

さて、パセリは微塵にしてスープなんかに浮かすのは良しとして、添え物の其は食わんな。山本七平やったかな?日本とイスラエルの財界の人間が会食した時に日本側はみんなパセリを残したから
「日本にはパセリを食っちゃイカンという宗教的戒律でも有るのか?」
てやつ。私は此を読んだ時に、逆に
「西洋人は平気でアレを食うのか?」
と疑問に思ったね。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年11月16日 00:55
西洋人は、寿司に添えられた菊の花も食べていました。
Posted by ラー at 2015年11月16日 04:35
総帥さん

山本七平=イザヤ・ベンダサン
ですね。

ユダヤ人はつけ合わせのパセリ、食べそうです。
Posted by 菅原 at 2015年11月16日 04:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック