2015年11月21日

眠気覚ましガム

眠気を覚ます効果のあるガムです。

nemuke_gum.jpg


一週間のご無沙汰でした。今日から3連休という方も多いかと思いますが、皆様如何お過ごしでしょうか。

kajo01.jpg

11月も20日を過ぎると、そろそろ朝布団から出るのが辛くなります。「春眠暁を覚えず」という諺がありますが、暁を覚えないのは晩秋も同様です。「眠気」というのは考えてみれば不思議なもので、地球上の動物はあまねくこの「眠気」に支配されており、一日に一度は生体活動が極端に低下することを余儀なくされているわけです。

そんな眠気に従ってばかりでは、社会生活が正常に営めません。例えば、車の運転中だとか、会議中とか、昼食後のデスクワークでも容赦なく襲ってくる眠気に打ち勝たなくては自らの存続に関わります。といって、眠気のたびに覚醒剤を注射していたのでは、これはさらに別の意味で社会生活を営めなくしてしまいます。

そんな社会生活を営む人間のために開発されたのが、「眠気覚ましガム」です。
1983年6月に発売されたロッテの「眠気スッキリ!ブラックブラックガム」は、強力なミントガムにカフェインを配合し、噛み続けることで脳を刺激し、血液循環を活性化して、眠気を解消するというコンセプトの製品でした。
このガムは多くの人々に歓迎されました。長距離トラックやバスのドライバー、デスクワークに励むサラリーマン、受験勉強をする受験生、集中力を高めたいスポーツ選手、といった人々が競って駅のキオスクやコンビニで買い求めたのです。

しかし、80年代の発売当時は「口をモグモグ動かしているのは不遜だ」という価値観がありました。なので、会議中に眠気覚ましガムを口にすることは出来ませんでした。その代わり、80年代は会議中にタバコを吸いながら行うことには企業は比較的寛容だったため、眠気を覚ますために何本もタバコをふかす人で会議室の空気はニコチンで溢れることになりました。1996年ワールドカップでも、集中力を高めるためにガムを噛んでいた日本代表FWの城選手を「態度が不遜だ」と誤解し、帰国直後の空港で水を浴びせられた、という事件も起こりました。シンガポールでは、地下鉄乗車中に集中力を高めるためにガムを噛んでいた人が罰金刑に処せられることは日常茶飯事だそうです。

kajo02.jpg

「居眠り」と「ガムを噛むこと」のどちらが公共のマナーとしてより悪いことなのかは、状況によって異なりますが、今でも「眠気覚ましガム」を利用できるシーンは比較的限られていると考えて間違いなさそうです。

(本文と写真は関係ありません)
【関連する記事】
posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(18) | TrackBack(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お帰りんさい。

あの手のヤツって効くか?のど飴もそうやけど、不味いだけやないか?
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年11月21日 12:44
藤原さん

眠気覚ましガムはお好きですか。
Posted by 菅原 at 2015年11月21日 14:01
いやあ、やはり宗匠の目覚めは…「ミズポちゃんカレンダー」だなwww
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年11月21日 16:19
総帥様この、
だらくそ!だらくそ!ぱげ!ぱげ!かわずやまの、オクラホマ美姫!

なあにが、目覚めは、みずぽちゃんだ?
せめて、高市早苗にしてください!
のだ聖子は嫌いです。
松田の方が野田の1,000倍良いです。
Posted by 藤原 at 2015年11月21日 19:38
おばんです。

松田聖子www私達の世代は聖子、明菜、キョンキョンなんだよねwww私はキョンキョンだなwww
聖子はその、何だ…性的なアレが強すぎる。うん!キョンキョンが一番だなwww
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年11月21日 20:11
総帥さん

キョンキョンは、写真集で尻の割れ目を見せていました。

私は、知的な早見優ですね。はんなり京都人の三田寛子もいいです。
Posted by 菅原 at 2015年11月21日 20:23
菅原君
この、だらくそ!だらくそ!ぱげ!ぱげ!かわずやまの、北の湖rijityiyこっれ
Posted by 藤原 at 2015年11月21日 21:02
シモン様お帰りなさい。
私は聖子ちゃん世代だと好きなアイドルいませんでしたね・・・。
 アグネスの次は河合その子まで空白期でした。
アイドルがナベプロ好きなのと同様、お菓子は森永派でした。ちなみにアグネスは明治、その子は森永でした。
まあグリコ・森永・明治が無難でしょう。
 ロッテに金落としたくないので眠くてもガムは我慢です。一時鐘紡も出していたのですが。
コージーコーナーもメリーチョコもレデイボーデンも喰えなくなってしまいました。
 業績が傾くとみんな朝鮮人に乗っ取られてしまう。
不二家が傾いた時山パンに取られてがっかりしたけど今思えばロッテにとられるよりずっとましでした。
Posted by デハ at 2015年11月21日 22:07
皆さん、ご無沙汰しました。
最近の若手会社員は、ゲームのやり過ぎなのか居眠りしている人が多いです。
昔は洗面所で顔を洗ってこいとしかられたものですが、最近は叱るとパワハラなんですよね。

総帥さん
キョンキョンは実物を見たことがあります。可愛かったですね。
菅原さん
早見優は熱海出身のハワイ人ですね。
藤原さん
北の湖がどうしました?
デハさん
お口の変人ロッテは、ガム業界を独占してますね。昔はハリスチューインガムなんてのがありましたが最近は見ませんね。
Posted by シモン at 2015年11月22日 05:06
曇り空となつた、甲府市内の朝。
今日の「五分でわかる朝が来た」朝(パル演)は、銀行の寄合に出席し、「びっくりぽんやわ」と、発言する。

という、一週間でした。

サテ総帥さん。本屋に行ったが、福島みずほカレンダーは置いていなかった。
サテデハサン。ロッテ歌のアルバムで司会者だった玉置宏さんの落語のラジオ番組が、好きでした。
Posted by 百足衆 at 2015年11月22日 06:55
おはようさんです。老師

壁に懸けて風流に酒の肴にでもしますかな?販売は通販(ネット、メール、電話)らしいですよ。社民党事務所辺りじゃないですか?選挙対策でしょ。次は彼奴も改選ですから。多分個人の支持者に纏めて買わせて近所に配るんでしょ。¥30の値段設定は無料だと公職選挙法に引っ掛かるし、事務所で配っても同様だから“個人”に買わせてあまり負担にならない…って設定でしょ。社民党事務所に問い合わせてみては?www
しかしあの修正だらけの顔はねwww昔「必殺仕置人」の主水の台詞思い出しましたよ
主水「やめとけやめとけ。男が30過ぎて良い格好しようなんざ落ち目になった証拠だ」
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年11月22日 08:12
朝餉を終え、日の光が差し込む、甲府市内。

サテ総帥さん。要は、社会党本部に連絡しないと、買えないのですナ。
つまり、カレンダー自体は30円でも、その後の因果を含めると、高くつきそうである。

そもそも、社会党身内の分だけしか刷ってないだろうし、残部僅少でしょうナ。(笑い。)
Posted by 百足衆 at 2015年11月22日 08:51
百足衆さん
社会党ではなく、社民党です。
Posted by 菅原 at 2015年11月22日 09:04
菅原君

この、だらくそ!だらくそ!ぱげ!ぱげ!かわずやまの、プレミア12小久保監督!

ご老体を、指弾するようなことを、するな!
それはまるで、花燃ゆで、井上真央が、三田佳子のことを、「人間じゃあ、ない」と馬鹿にしていることに匹敵するぐらい、失礼なことだぞ!
井上真央は、役者のことも、東出棒太郎のことを、「今ダン」などと、呼び捨てにしていた!「今の旦那役」の、意味とのことだ!

謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!

もう、花燃ゆは、見ないことと、する!!
Posted by 藤原 at 2015年11月22日 09:14
老師

最初から沢山は刷っとらんでしょ。写真代、フォトショの技術代、紙の原価、印刷代etc…考えれば¥30じゃとてつもない枚数刷って売れんとペイ出来ませんよ。で、売れるわけ無いwww社民党の懐も寂しい。無理を言える支持者も少ない。まあ、貰っても裏に子供がお絵描きするぐらいやろね。
老師の言
「その後の因果の方が高く付く…」
ってのは至言でして、警察ってのは怖いのよwww彼らは駐禁の取り締まりの時に車内や訪問時に玄関口に「赤旗」なんか見つけたらチェックするからね。


Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年11月22日 11:13
社会党=社民党で問題ない
Posted by デハ at 2015年11月22日 11:59
曇り空となつた、甲府市内の夜。
今日の「花燃える」
楫取の妻、寿は、遺書に「美和を正妻にするように。」
と書いて死ぬ。

という、回でした。
酷い話でした。「花燃える紀行」では、ドラマと真逆の史実を、紹介してました。
主人公の、女優は、同じ演技しかできない。はっきり言って、下手糞過ぎる。
Posted by 百足衆 at 2015年11月22日 21:07
やる気無くしたんやろwww此処まで来たら評判知っとるやろから。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年11月22日 22:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック