2015年11月29日

まな板

食材を包丁で切る時に使用される台です。

manaita.jpg

何か失敗をして処分を待つ時のように、「じっと相手に身を委ねる」状態のことを「まな板の上の鯉」と言います。
これが諺になるぐらい、かつて日本では鯉料理が盛んだったということでしょう。

nov104.jpg

日本ではまな板は必需品です。まな板を用いずに調理される日本料理は、茨城県の鮟鱇の吊るし切りぐらいしか例がありません。「板前」という職業の名前が、「まな板の前に立つ作業者」から来ているのもそのためです。
日本に限らず、東アジアでは台所で調理する時には必ずまな板(Cutting Board)を使います。
逆にヨーロッパでは食材を手持ちにして削ぎ切る調理法が多いそうで、東アジアほど道具として定着していないそうです。

日本の中世の絵巻にも、まな板が登場します。当時の日本人の生活の場は板の間であったため、まな板には四本足がついていました。このような足つきのまな板は、ごく最近の昭和前期まで用いられていたそうです。
まな板の「な」は「魚」を意味し、かつては魚を調理すること専用に用いられていたようです。また別の説には「な」は「魚」でなく「菜」であり、広く副食を調理するための道具(台)であった、ともあります。

まな板は、かつては木の板が使われていました。生ものを扱い、滅菌をしないと食中毒を起こす危険性があるので、念入りに手入れしないといけません。湿度の高い日本の気候ではすぐに黴が発生しますので、木のまな板は絶えず殺菌が必要です。
近年では、抗菌加工されたプラスティック(ポリエチレン)製のまな板が主流で、手入れが簡単で安く乾きが早いなどのメリットがあります。他にもゴム製のまな板も黴がつきにくい等のメリットで最近徐々に人気のようです。

nov103.jpg

まな板に 小判一枚 初鰹 (宝井其角)

江戸時代、初鰹の人気は高く、歌舞伎役者・三代目中村歌右衛門は鰹一本3両(約20万円)支払ったそうです。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☁| Comment(32) | TrackBack(0) | 道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まな板というと、「デラックス東寺」のまな板ショーを思い出します。
ね、藤原さん?
Posted by 菅原 at 2015年11月29日 05:30
山内一豊の妻は大きな桝を裏返してまな板として使ったそうです
Posted by デハ at 2015年11月29日 06:21
菅原君、この、
だらくそ!だらくそ!ぱげ!ぱげ!かわずやまの、ロシア爆撃機!

なんで私に、同意を求めるのだ!?私は、普通の東寺は、知っている。(教王護国寺とも、言う。)
だが、デラックスな東寺など、知らない!菅原君だけだ!そこに通いつめるのは!
総帥様に、付き合ってもらえ!

ほげらっ ほげらっ。
Posted by 藤原 at 2015年11月29日 09:00
藤原さん菅原さん
私はデラックス東寺は知りませんが、「デラックス金閣寺」「デラックス銀閣寺」「デラックス平等院鳳凰堂」「デラックス法隆寺夢殿」なら持っています。これらはフジミのプラモデルのお寺です。「デラックス」は屋根がメッキになっています。現在はメッキのデラックスは絶版になり通常版が大幅に値上がりして「荘厳の輝き」シリーズと改めています。最近札幌時計台や厳島神社などが新たに加わりました。平等院、金閣寺銀閣寺、法隆寺夢殿・金堂・五重塔、東照宮、清水寺、時計台、厳島神社などがラインナップされています。童友社や倒産した河合からも発売されています。幸い河合のものは有井が引き継ぎました。また新興メーカーから愛知県庁と田舎舘町役場が発売され韓国アカデミー社では崇礼門が発売されています。これらの殆どを所有していますがスペースの関係で組み立てられずつらいです。
Posted by デハ at 2015年11月29日 09:25
デハ様

懐かしいですね、建築物のプラモデル。
「デラックス」がつくと金メッキでしたね。
中国人富裕層が買っていくのでしょうか。
そういう点では、秀吉は明の文化を理解していたのでしょうね。千利休には嗤われましたけど。
Posted by ラー at 2015年11月29日 09:58
藤原氏の氏寺興福寺は童友社から発売されています。
Posted by デハ at 2015年11月29日 12:05
ラーさん
童友社は金メッキ版を「ゴールド」と称しフジミは「デラックス」でした。ゴールド安土城は人気商品でした。ゴールド姫路城はさほど人気がなかったです。二本松城や丸亀城がないのが残念です。久保田城や青葉城、米沢城、鶴丸城は天守閣がないので発売されません。しかし伊達、佐竹、上杉、島津のような名門大大名には信玄公の精神により城は不要なのです。そのことを老師から学びました。
Posted by デハ at 2015年11月29日 13:24
まな板の消毒というと”次亜塩素酸ナトリウム”が定番ですが、飲食店や総菜屋の客のクレーム内容1位を争う困った存在でもあるようです。
(よくすすぎ落さないと、皿や食器にもにおいが残ります。)

空手の演武になぜ、(入手しやすく、視覚的にも手ごろな)木製まな板が使われないのか?
実はけっこう頑丈で、素直に割れてくれないらしい・・・。
Posted by ヨット at 2015年11月29日 13:48
ヨットさん

柾目の板って、至って割れ易いらしいですね。
Posted by シモン at 2015年11月29日 15:28
デハさんラーさん

現代日本人は、キンキラキンの好きな中国人やインド人を軽蔑の眼差しで見たりしてますが、実は自分たちもつい最近までは金メッキ版プラモデルを作ってたぐらいなので、他人様のことは言えませんよね。
Posted by シモン at 2015年11月29日 15:30
私は朝鮮人以外を民族単位で軽蔑したことはありません。もちろん日本人にも中国人にも白人にも軽蔑に値する者はいます。ただ、軽蔑に値する者が多いので結果的に中国人を軽蔑していることになりますが、その場合でもその言動や行動ゆえに軽蔑しているのであり、中国人だからという理由で中国人を軽蔑したことは断じてないと言い切ります。だが朝鮮人は別です。朝鮮人であること自体が軽蔑の対象になるのです。
Posted by デハ at 2015年11月29日 15:45
より詳しく言えば中国人はモラルが低く自分勝手な人間が大多数で、卑怯で、卑屈で、意地悪な人間が多く迷惑なのです。しかしそういう人間は残念ながら日本人や白人にもいるのです。ただ、日本人で10人中そういう奴が1人か2人なのに対し中国人は7人か8人いるということなのです。しかし朝鮮人の異常性は他の民族に全く類似しない狂気の沙汰です。理解不能です。わがままとか傲慢とかモラル以前に精神構造そのものが狂っています。これが民族単位で固定されているのです。シナチョンとひとくくりに出来ない差があります。絶版おかしい。中国人は10のうち9は嘘でも1ぐらいは正しく、1を10に誇張しますが朝鮮人は全て嘘で、0を10と言う。かけ算は0を掛ければ1000でも万でも億でも0になるのに奴らはその計算が出来ない。
Posted by デハ at 2015年11月29日 15:53
デハさん

金ぴかの安土城建設に強制連行されて働かされる高麗の人たち。
なんていうジオラマを作りかねませんねw
Posted by シモン at 2015年11月29日 16:25
シモン様
安土城を建設したのは丹羽家なのでその場合極悪非道に描かれるのでしょうね。ちなみに学生の頃プラモデルを敵味方に分けて遊んだ時、自軍の本拠地は会津若松城、敵は崇礼門でした。
Posted by デハ at 2015年11月29日 17:13
レジャー用の薄いプラスチック製のまな板、軽いんですけど樹脂の収縮で変形して帰って切るのが面倒です。
Posted by HB at 2015年11月29日 18:46
HBさん

携帯利便性と実用性は多くの場合相反しますね。
折り畳み自転車を日常の通勤に使いたくないのと同じです。
Posted by シモン at 2015年11月30日 05:10
快晴となつた、甲府市内の空。
昨夜の「花燃える」富岡製糸工場が閉鎖されることとなり、かとりが手をこまねいているうちに、美和が嘆願書を持って奔走し、閉鎖を免れる。

という、史実に全く基づかない、創作話でした。
今朝の「朝が来た」朝(パル演)は、正吉(近藤正臣演)の体調が心配だと、云う。

という、回でした。
サテデハサン。人は石垣、人は城、人は堀、と、云えり。
Posted by 百足衆 at 2015年11月30日 10:50
百足衆殿

昨日は、貴重な日曜日のお時間を浪費されましたね。

脚本家の粗末先生は、富岡から前橋の美和の学校まで徒歩10分ぐらいと勘違いされてますな、まあ「駿河浜松城」の人ですから仕方ないです。にしても、江守徹や三田佳子みたいな名優に、意味のわからない美和アゲをやらせるのはやめてほしいです。
Posted by ジョニー at 2015年11月30日 11:53
いや、もうヤケクソなんやろ…
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年11月30日 12:12
はなーん もゆっ もゆっ
もゆるん。花燃え!

今日は、出張で東京に、来た、昼食は本郷で蕎麦だった。(高いな。)
夕食は、丸の内オアゾの、「つばめキッチン」と、決定された!
ジャーマンハンバーグを、朗々と、食う。今日は菅原君もいないし、

良い夕餉と、なりそうじゃ。
良い夕餉と、なりそうじゃ。

そしてのぞみ号で、帰る!
Posted by 藤原 at 2015年11月30日 12:54
私も明日は早朝から三河だか東尾張だかに出張です。味噌ではなく酢の町の近くだから東尾張になるのかな。風邪ひいたから嫌だな…
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年11月30日 13:20
水木しげるさん・・・(涙)
Posted by ラー at 2015年11月30日 14:32
とうとう逝ってしまわれたか…
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年11月30日 14:58
いよいよ妖怪の世界に引っ越しされたんですね。

藤原さんも、お早めに。
Posted by 菅原 at 2015年11月30日 15:55
原節子さん・・・水木しげるさん・・・
つい最近までお元気だった「昭和」が逝く。
悲しい・・・
Posted by 燈台森 at 2015年11月30日 17:03
まな板を使わない主婦も最近多いとか(´ー`)

スーパーのお惣菜コーナー、充実してると自分ちで料理しないんですよね┐(´-`)┌
Posted by まろん at 2015年11月30日 19:29
単身赴任のオッサンみたいな事を言うたらアカンよwww
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年11月30日 20:12
単身赴任のオッサンみたいなコト言うたらアカンよ、
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年11月30日 20:13
ゴメン。別に大切な事でもないのに二重投稿してしまいました。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年11月30日 20:15
総帥殿、酢の町というと知多に来られますか

知多はいい土地ですよ
Posted by 田舎帝王 at 2015年11月30日 22:37
3年程前に近くの東浦に居ました。つまり帰るようなものです。知ってる者もいるんだが…一泊二日なのだが二日目はトンボ返りなんだな…出張が前もって解っていたら強引にでも二日目の次の日には休みを捩じ込んでブラブラしたかったのだが…何処で有ろうと身体にキツい。急だったから私の意向も無しよ。パートの連中の休み希望だけよ、優先されたのは。良い人の振りもそろそろ止めようかね。ドイツもコイツも此で日頃色々文句は抜かしよる。
こうなったら私の居る間精々甘やかしてやる。私が居なくなったら希望が通らなくてストレスも貯まるだろしイサカイも起こるだろう。此が俺の報復よ。

と愚痴ってしまったが、知多方面の出張は良いのだが、タイミング悪く風邪もひいてしまったのがな…しかしエスタックイブFtてのは良く効くね。かなり楽になった。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年11月30日 23:14
昨日は帰宅して、すぐ寝てしまったので気づかなかったが、、

菅原君。この、
だらくそ!だらくそ!ぱげ!ぱげ!かわずやまの、こなきじじい!
Posted by 藤原 at 2015年12月01日 04:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/430117331
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック