2015年12月19日

目覚まし時計

指定した時間に音によって睡眠者の眠りを覚ますことを目的にした時計です。

mezamashi.jpg

深夜に一度目が覚めてしまい、時計を見て
「なんだまだこんな時間か」
と、再び眠りに入ってしまうことを「二度寝」と呼びます。この状態になると、しばしば普段の起床時間を寝過ごしてしまい、出勤までの支度が大変なことになります。

dec114.jpg

このような状態に対処するための道具が「目覚まし時計」です。
目覚まし時計の使い方は
(1)あらかじめ目覚まし時間を、時計の針とは別の赤い針を回してセットしておく
(2)寝る
(3)時計の針が赤い針と一致した瞬間、けたたましくベルが鳴る
(4)寝ていた人はその音に驚いて起きる
というものです。

昔は駅のホーム等に設置されていたベルが鳴る仕掛けが一般的でしたが、80年代以降は
・人間の声
・バイブレーターの振動
・ラジオ
・音楽(=しかし、ゆったりした音楽では再び眠りにつく危険性あり)
・光
・香り(コーヒーの香りとか味噌汁の匂いとか)
等、多彩なやり方で睡眠者の注意を喚起します。

江戸時代。目覚まし時計等がなかった頃、火消しの人たちは夜間に火災が発生した時はどのようにして起きていたのでしょうか。
(1)一本の長い木を枕にして全員が大部屋で寝ます
(2)火災が発生した時は、不寝番がその枕木を「ガン」と叩くと、全員飛び起きます
このようなシステムで運営されていました。
この原理を応用して、「目覚まし時計付き枕」というような製品も売られていたような記憶があります。

dec115.jpg

冬場は目が覚めてもなかなか布団の外に出るのが一苦労です。
目覚まし時計で目を覚ますことには成功しても、布団から起き上がれずに遅刻した、等という心配のない週末は勤め人や学生にとっては束の間の幸せな朝ですね。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☁| Comment(23) | TrackBack(0) | 道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。夏は4時に起きれますが冬は7時にならないと起きれないため、6時代に起きる必要がある時だけ使います。蒸気機関車のけたたましい汽笛とドラフト音でしばらく起きないと踏切音もします
Posted by デハ at 2015年12月19日 08:05
寒い日は、目覚まし時計が鳴っていても、布団から出られない。

Posted by 田舎帝王 at 2015年12月20日 06:46
快晴となった、甲府市内の
Posted by 百足衆 at 2015年12月20日 09:17
百足衆様、大丈夫ですか?
Posted by ラー at 2015年12月20日 11:34
曇り空となつた、甲府市内の朝。
今朝は朝がきたは見ていないので、昼過ぎに報告致します。
サテラーサン、心配をお掛けした。頭痛がしたので、取り止めました。
Posted by 百足衆 at 2015年12月21日 08:42
百足衆様、安堵致しました。

シモン様はどうされたのでしょうね?
Posted by ラー at 2015年12月21日 11:00
百足衆殿、頭痛がしたなら、脳外科に行ってスキャン取ってもらって下さい!

この二回程、百足衆殿の書き込みが少しいつもと違うので、心配してます。寒くなったし、気をつけすぎる程気をつけて!
Posted by 燈台森 at 2015年12月21日 11:08
シモン様はしばらく休むと予告しております。年末で多忙なのかと。御自愛ください。
Posted by デハ at 2015年12月21日 12:17
皆さんありがとうございます。

あさっての天皇誕生日に再開しようと思います。
Posted by シモン at 2015年12月21日 19:50
快晴となつた、甲府市内の空。
今朝の「朝が来た」朝(パル演)は、娘千代を連れて東京に行く。

という、回でした。
サテ燈台さん。ご助言、有難う、ですがマダマダ爺は元気なので、病院には、行くつもりは、ありませんゾ。
サテシモンさん。明日の朝が待ち遠しいですナ。「歴史の会」への改名、まだ諦めてはいけませんゾ。
Posted by 百足衆 at 2015年12月22日 09:03
百足衆殿

そうですか、でも寒い時期だし。
年末になる前に一度受診されてください。

燈台森からのお願い。
Posted by 燈台森 at 2015年12月22日 09:40
燈台さん、ご心配ありがとう。

だが、耳鳴りがひどいのと少し手足がしびれるぐらいで、大したことは有りません。

なまじ年寄り扱いして、やれ病院、やれ点滴、の方が、早く老け込んでしまいますゾ。

心配を、し過ぎない様にしましょう。
Posted by 百足衆 at 2015年12月22日 11:00
百足衆様。

実は私は脳外科の医師なのですが、お書きになられた所見から、直ぐに専門医の受診を強くお勧めします。

もし百足衆様の電話番号がわかれば、直ぐにでも連絡するレベルです。
Posted by 燈台森 at 2015年12月22日 11:19
燈台森様

脳外科医の方が、こんなブログにお越しになっていたとは、想定外でした。(なんて書くと、シモン様に怒られますね。。)

百足衆様、何もなければ笑い話で済みますので、検査をお受けになってください。

ところで最近総帥様の書き込みがありませんが、心配になってきました。お元気でしょうか・・・
Posted by ラー at 2015年12月22日 13:18
めざーん ましっ ましっ
益子焼。トツィギ!

総帥様、総帥様。
お亡くなりになる前に、

国産鰻を、お歳暮で贈って下さい。
国産鰻を、お歳暮で贈って下さい。


まだ間に合います、31日までは、年内です。
Posted by 藤原 at 2015年12月22日 13:35
藤原さん

総帥さんがお忙しい年末にそのようなコメントは、どうかと思います。
Posted by 菅原 at 2015年12月22日 14:00
菅原君、この、

だらくそ!だらくそ!ぱげ!ぱげ!かわずやまの、B案!

何十年生きてきて、私の意図が、わからないんだ!?
私は、総帥様が息災でいることが第一なのだ!
お歳暮などではない!いつも元気に書き込みされていた、総帥様の、安否が知りたい、ただそれだけだ!

安否確認は、このコメント欄でなくとも、良い!総帥様が忙しければ、ここにコメントをされずに、私に国産鰻を贈るだけで良いのだ!そうすれば、私がここに「総帥様から、国産鰻をもらいました。少しタレの味が薄かった。」と、コメントし、このブログの読者に、安堵の渦が、広がる!!

なので、総帥様、総帥様。
コメントは、不要ですので、私に国産鰻を、
贈って下さい。
贈って下さい。

安心して、贈って頂いて、大丈夫です。
Posted by 藤原 at 2015年12月22日 14:22
みんな頭いいなあ〜。
Posted by デハ at 2015年12月22日 15:48
デハ殿

頭の良し悪しは、健全か否かです
おつむが多少足りなくても、脳出血するより1,000倍増しです。

それはさておき、デハ殿も総帥殿もシモン殿も皆さんも、ある意味「頭いい!」分類の人達なんですよ。きっと!
Posted by 燈台森 at 2015年12月22日 17:01
痛いねん…後で又。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2015年12月22日 19:40
想定内ですが、総帥さん
息災で良かった>ALL
Posted by 菅原 at 2015年12月22日 20:30
総帥殿

痛い部位の専門医に、かかってください。
命あっての総帥さんなんですから。
Posted by 燈台森 at 2015年12月22日 20:42
総帥さん

肛門科の医師の診断を、直ぐに受けてくださいね。燈台森さんの御意見です。
Posted by 菅原 at 2015年12月22日 23:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック