2016年02月01日

料理物語

寛永年間に刊行された、著者不詳ながら日本最初の本格的料理書です。

ryorimonogatari.jpg

今日から如月。そろそろ節分ですね。もう一ヶ月あまりで春です。

ryori_monogatari01.jpg
(引用元:西尾市岩瀬文庫

このところ食に関する記事が続いていますが、今回ご紹介するのは江戸時代前期、徳川家光の治世である寛永20年に刊行された「料理物語」です。シンプルなタイトルは、現代でも通用するものですが、20巻で構成されたその内容は、江戸時代の様々な階層の人達の食生活を明確に浮かび上がらせる史料的な価値の高いものです。
この本には、江戸後期になって発明された天麩羅・握り寿司・蕎麦のようなファーストフードは収録されておりません。また「海の魚」にも鮪は記載されておらず、家光の時代の食生活が幕末期のそれと明らかに異なっていたことがわかります。
内容は、「具材ごとにどのように調理するのが良いか」を書いた指南書の構成になっています。

では簡単に20章の内容をご説明しましょう。

第1章:海の魚(鯛、鱸、真鰹など71種)
第2章:磯草(昆布、若和布、浅草のりなど25種)
第3章:川魚(鯉、鮒など19種)
第4章:鳥(鶴、白鳥、鴨、雉子など18種)
第5章:獣(鹿、狸、猪など7種)
第6章:きのこ(12種)
第7章:青物(野菜 76種)
第8章:なまだれだし(調味料 14種)
第9章:汁(汁物 46種)
第10章:なます(18種)
第11章:指身(霜降、くじらなど刺身 27種)
第12章:煮物 (いり鯛、いり鯉など35種)
第13章:焼物 (はま焼、まくり焼など11種)
第14章:吸物 (うの花など6種)
第15章:料理酒 (卵酒など9種)
第16章:さかな (玉子ふわふわなど酒肴 27種)
第17章:後段(素麺、うどん、すいとんなど)
第18章:菓子 (玉子素麺など13種)
第19章:茶 (クコ茶など3種)
第20章:萬聞き書(FAQに相当)

こんな構成です。

特に興味を引くのは、第5章の「獣(けだもの)之部」で、

鹿 汁 かひやき いりやき ほしてよし
狸 汁 でんがく山椒(さんせう)みそ
猪 汁 でんがく くはし
莵 汁 いりやき
川うそ かひやき すい物
熊 すい物 でんがく
いぬ すい物 かひやき


と記載されていることからわかる通り、当時の日本人は川獺や犬を食していたことが記録として残されているのです。

ryori_monogatari02.jpg

「犬も歩けば棒に当たる」という諺も、野良犬が町を歩いていたら町民に食べられてしまったことを表しているのかもしれません。さながら現代では猫が食べられないように室内で飼う中国と同じような状況だったのでしょうね。
posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 古典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
りょおーり もの!がたり!
Posted by 藤原 at 2016年02月01日 10:09
綱吉の生類憐みの令がなければ、我が国でも犬食の文化が続いていたかもしれませんね

Posted by 田舎帝王 at 2016年02月01日 10:58
寒い曇り空となつた、甲府市内の昼。
今朝の「朝が来た」朝(パル演)は、加野銀行の経営を、推進する。

という、回でした。
サテ田舎帝王さん。犬を食べている、あの国では、「犬も歩けば棒に当たる」でしょうナ。
そのお隣の国では、「猫も歩けば棒に当たる」さうです。
Posted by 百足衆 at 2016年02月01日 12:26
私の思い込みかね?当然現代の物だが、料理関連の本って筆力の有るソレを好きな素人(池波正太郎、荻昌弘、初期の美味しんぼとか)の書いた物に面白いモノ多いんやけどプロのものってあまり面白いと思ったの無いんよね。小林カツ代さんのモノぐらいかな?
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年02月01日 13:34
犬も食わねど高楊枝。
Posted by フューチャー at 2016年02月01日 22:11
我が国はこんな昔から料理が確立されていた。あそことは違う
Posted by デハ at 2016年02月02日 00:01
晴れとなつた、甲府市内の朝。

サテデハサン。かの国では、料理本を出しても、食べ物は辛いものばかりですナ。
Posted by 百足衆 at 2016年02月02日 09:00
やはり蕎麦が一番!
Posted by 燈台森 at 2016年02月02日 13:58
今月からは、本文と関係のない写真は掲載しません。









というのは嘘です(多分
Posted by シモン at 2016年02月02日 20:45
あゴメン。今其に気づいたwww私の場合、猥談は話の流れで勝手にしてますから。ま、私と百足の老師は写真はあまり気にせんで、ひたすら“お題”だけに頭捻りますからねwww
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年02月02日 21:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック