2016年02月17日

戸塚ヨットスクール

ヨットによる航海技術を教える学校です。

totsuka_yacht.jpg

学校教育とは究極のところ、社会に出る前の子供を立派に社会で通用するための訓練を行うことです。
学校の中では、「とりあえず毎日出勤すること」という社会のルールに適合させるために、「毎日学校に来ること」を教えますが、そういった生活に馴染めない子供は不登校になります。

269_large.jpg

そんな不登校の生徒や家庭内暴力といった問題を抱えた子供たちは、通常の学校教育の中で立ち直らせることは至難の業です。
「戸塚ヨットスクール」は、ヨットによる航海技術を教える過程で、そんな問題のある子供たちの精神を主として体罰によって叩き直し、社会に適合できる人間に改造することを目的にして設立されました。

当初、この学校は「通常の学校教育についていけない子供たちを救済する施設」として脚光を浴び、マスコミも好意的に取り上げていて、保護者たちも自分たちの手を離れて子供たちをこのスクールに入校させ、生活指導をしてもらおうとする人が急増しました。
戸塚宏校長は、当時の「画期的な教育者」として一躍有名人になりました。

この学校の様子は、「スパルタの海」としてドキュメンタリー映画化されました。
しかしちょうどその映画が公開されようとした82年、戸塚校長は訓練生の死亡事件に関与した疑いで逮捕されました。所謂「戸塚ヨットスクール事件」です。

この事件を境に、マスコミは掌を返したように行き過ぎた体罰を糾弾する論調に一変しました。世間でも「戸塚ヨットスクール」といえば、無抵抗の相手に一方的に暴力を振るう組織の代名詞となりました。
2002年、最高裁が被告の上告を棄却し、戸塚校長の傷害致死罪による懲役6年の刑が確定しました。

370_large.jpg

2006年、収監されていた刑務所を出所した戸塚校長は、再び戸塚ヨットスクールを再開しました。戸塚ヨットスクールの教育・更生方針に賛同する支持者たちの支援もあり、2016年現在も活動を行っています。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(30) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
更衣室から少し恥ずかしそうに出てくるスクール水着の女の子の写真はいいですね

Posted by 田舎帝王 at 2016年02月17日 06:18
快晴寒冷となつた、甲府市内の朝。
今朝の「朝が来た」朝は、女子大創設にいくらかかるか費用を計算する。

という、回でした。
サテ戸塚ヨットスクール、と迄はいかないが、爺も70年代頃までは、軽い体罰を実施して居ました。
子供を指導するのに、スバルタ教育は不要だが、体で痛みを伴った指導は必要と云うのが爺の信念です。
Posted by 百足衆 at 2016年02月17日 08:27
「藤原詩の教室」という、酷似したスクールを知っています。
Posted by 菅原 at 2016年02月17日 08:40
菅原君、この、
だらくそ!だらくそ!ぱげ!ぱげ!かわずやまの、宮崎元衆議院議員!

全く、違う!藤原詩の教室は、親身な指導と的確なアドバイスがモットーだ!

戸塚ヨットスクールのように、生徒に八つ当たりなど、しない!暴力は勿論、暴言なども一切、ない!
それをなんだ!風評被害だ!この私に、
謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!
Posted by 藤原 at 2016年02月17日 10:16
ちょっと、百足衆さん。
軽い体罰でも、子供の心にトラウマを残すんですよ!
あなたが過去に犯した罪の謝罪をしなさい!
Posted by 韓流大好きおばさん at 2016年02月17日 11:15
ハハハwwwハンネでお里が知れるねェwww
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年02月17日 11:41
さてと、私が小・中学生時の事件やね。で、私が中学で生徒会役員やってた時の顧問の先生(美術)が戸塚が好きでねぇ、批判したら本気で怒りよったらしい。其を聞いた私、天の邪鬼なもんで総会が終わった後に雑談でその話をしたら案外穏やかに話せたね(内容は殆ど忘れたけど)。まあ誰かさんみたいにいきなり全てを否定するような下品で不躾なやり方はやらなんだのは確かやけどなwwwお浚いから始めて問題点の指摘と私の考えなんか並べた上での総括やからね。多分先生も議論・討論のやり方を
「教えてやる」
てな気持ちも有ったんやろね。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年02月17日 12:03
総帥殿の言う通り。
どうも、おばさんは途中経過を省略していきなり結論に持って行こうとする傾向がある。
これは、途中経過を思考する脳の部分が欠落した空洞になっているからでしょう。
キムチの摂取で空洞化は加速されるようです。
Posted by 燈台森 at 2016年02月17日 12:17
ま、死人が出たってぇのはネ。しかも何人も…どんなに理屈を展開してもどもならんネ。で、彼処を支援してる石原慎太郎とか伊東四朗とかは息子には甘々な人やろ?どうも説得力無いのよねwww
戸塚のやったのがいっそのこと務所帰りのオッサン達の更正施設なら兎も角、弱い子供を集めて…ってのがね。聖帝サウザーじゃねえか。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年02月17日 12:19
確かに、子供相手の更生施設だったら、死人が出た時点でアウトですね。

ニート向けの更生施設が最近出来てきたけど、戸塚ヨットスクールの真似だけはしないで欲しいです。。
Posted by ラー at 2016年02月17日 15:34
サテ韓流大好きおばさん。
体罰と云っても、生徒の頬を軽くつねっただけですゾ。
びんた等は、していません。
同僚の体育教師がびんたしていたのを、止めたことがあるぐらいです。
Posted by 百足衆 at 2016年02月17日 15:54
教師の体罰ってのは大阪名物どつき漫才みたいなもんでね。やってる方、やられてる方、そして観てる側も理解してのが成り立つ条件だな。
夏目漱石の「坊っちゃん」読んでみな?アレが真髄だな。主人公の布団の中にイナゴを放り込んでしらばっくれる学生達を目の前にして、
「俺もイタズラはしたがその後は殴られるのは覚悟したもんだ。罪と罰は当たり前で、イタズラしておいて罰は逃げようなんて『悪党』だ」
みたいな表現が有ったワナ?躾ってのは学校であれ家庭であれこれだワナ。

しかし矯正施設のそれとなると素人には解らん。軍隊・自衛隊、部活、集団生活etc…でも要は当人にその意思が在るかどうかよ。体罰は兎も角、子供一人にオッサンが集団リンチかましてたってのは言い訳無用だな。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年02月17日 16:25
総帥さん

全く関係ありませんが、貴殿は2013年の「北斗の拳」への投稿が、こちらに来られた最初の機会だったんですね。読み返していて、気がつきました。

はじめまして。右なのか左なのかハッキリしないハンネでスミマセンwwwご存知の通りジャンプには人気投票至上主義ってのがありまして、コレが有るため起承転結の‘結’がグダグダになり口の悪い人間は「ジャンプに名作無し」とまで言う人がいます。この作品もその犠牲ですね。ラオウ篇で終わってれば文字通り不朽の名作だったのに…最後は脈絡の無い記憶喪失と小悪党ぽいラスボスで無理矢理纏めた感が残念だったのを覚えてます。(充分面白い作品でしたけどね)エンターテイメントでは人気の長期作品、シリーズ物ってのは「作らなしゃーない」ってのがありますからね。又お邪魔します。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2013年06月12日 20:25


フハハハハハハ・・・
Posted by シモン at 2016年02月17日 19:47
実は私は虫を何匹か飼ってましてね、退屈の虫というか、邪悪の虫と言うか…邪悪の虫が動くと「何とかおばさん」みたいに荒らしに出るんですよ。私が此に出現当時はチョソの正体が露骨に現れ始めた時でね
「韓日友好協会副会長」
と名乗って菅直人の息子みたいな事を書き込んだりして、反応みて遊んだんですよ(突っ込み処解るでしょ?“韓”を頭に持って来る処とか、ワザワザ火に油注いでる分けやね。他にも棄てネはありましたがね)。
で、此処には退屈の虫だけが出たって理由よ。
何故って?長居出来そうに思えたからよ。固定客はいるが、混みあってはいない…私は不特定多数に向かって喋るの苦手でね。つまり本質的には知らん人と話をするのは嫌なタイプだけど、此処は盛り上がった時なんかはその“相手”だけみて話せるような雰囲気が有るからね。いつも言ってるでしょ?
「一見で挨拶も無しにいきなりヅカヅカと出て来て捲し立てるような不躾な人は嫌いや」
って。かと言って、シャッチョコ張った挨拶、儀礼も嫌いやけどね。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年02月17日 20:21
この事件以来、先生による体罰は絶対悪とされてしまった一方、ガキの暴力は少年法で守られるのが目立つようになった気がする。
Posted by デハ at 2016年02月17日 20:26
デハ様

隣県の栃木で起きた、女性教師刺殺事件。
何故か犯人擁護の論調ばかりがマスコミで取り上げられて、
違和感ありまくりでした。
Posted by ラー at 2016年02月17日 20:33
総帥さん

ごめんごめん。
昔の投稿って今振り返ってみると、どこか恥ずかしいですよねwww

私も2013年以前の記事は全部削除しようかと思うぐらいでwww
Posted by シモン at 2016年02月17日 20:38
百足の旦那、ビンタは良くないな!往復ビンタにすべし!その方が効率が良い!
Posted by ファンタジスタ・サブロー at 2016年02月17日 20:43
御大

最近やっと其が又崩れ始めてますね。10年位前かな?国会で谷垣さん辺りがその辺を指摘したら、岡田克也が
「先進国は日本を初め『教育刑主義』だが其を理由に刑罰の強化をするってのは『懲罰刑主義』に走る事になりませんか?」
てやり取りが在ってね、上司と
「綺麗事だけ並べたら立派に見えるワナ?ヤッパお坊っちゃんは現場の事なんざ何も解っとらん。教育で有ろうが、懲罰で有ろうが此方は安心して仕事したいだけや」
言うてね。
でもそろそろ其も崩れ始めたな。何か明日の「週間文春」で、神戸の元少年Aのご尊顔が載るらしいよ。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年02月17日 20:44
総帥様

「犯罪加害者が住みよい社会を作ろう!」
という民主党の主張には首肯しかねます。
Posted by 無名X at 2016年02月17日 20:51
ホンマに…「ダーティ・ハリー」て映画が歴史に残る程になったのもそこでね、あの映画自体は別にメッセージ性の無い只の娯楽作品なんやけど、公開された時にアメリカでも問題になってたんよ
「人権て犯罪者を守ってるだけやないか?」
てのがね。内容が丁度クロスするやろ?みんな解ってはおるんよ。ただ、理想て拡大していくもんやからね。それも歪に…
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年02月17日 21:11
悪いことをすれば先生から叩かれるなんて当たり前だったのにな

ビンタよりも、吊し上げの方がトラウマですわ(笑)
Posted by 田舎帝王 at 2016年02月18日 00:21
田舎帝王さん

「XX検討会議」とやらの名目で、
吊し上げは会社で普通に行われています。

日本の生産性が低いのはそのせいもあるのでしょう。
Posted by シモン at 2016年02月18日 04:57
三連続で快晴寒冷となつた、甲府市内の朝。
昨日は不快なおばさんが来ましたナ。朝(パル演)と正反対です。

サテシモンさん。教師にも、「職員会議」という、似たような吊し上げの会議がありました。校長と教頭の派閥争いの場だったことも有ります。
人間、数十人も集まれば、必ず派閥争いやいじめが起きるというところですナ。
Posted by 百足衆 at 2016年02月18日 08:26
こんにちは。

韓流はあまり好きじゃない?おばさんです。

「ダーティーハリー」の粘着質な犯人は、まさしく「人権」を最も悪用した憎い犯人です。
ただ、あの映画のおかげで「人権=悪の温床」みたいな決めつけをしてしまうのも如何なものかと。

せめて「被害者の人権」も顧みてほしいものです。

山口県で起きた当時未成年の殺人犯の弁護士は「被害者は、既に死んでいるので人権はない」と言ったとか。頭を疑います。
Posted by FYI at 2016年02月18日 10:19
弁護士も商売人て事でね、クライアントの良いように事を運ぶってのが彼等の仕事でさ。唯、彼等は其処に“正義”の御旗を建てるんですよ。勝ち目が薄いとより強くね。社会正義は必要やけど、アレをヒステリックに叫ぶ連中て大体胡散臭いワナ。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年02月18日 13:13
自由主義社会の一番の問題は、利潤追求の目的の為に非人間的な行為をする事を(法律に抵触しない範囲で)容認されていることですね。

結果として道徳の崩壊を招いています。
Posted by ラー at 2016年02月18日 16:47
ラー様

重力波の観測のニュースを聞いて感じたことは、
既成の宗教に代わって自然科学が「神」としての
役割を担っているんだなという事実(=良いとは言っていません)を
改めて認識している次第です。

自然科学の概念では、人間が作り上げた「道徳観」というのは
無きに等しいですからね。唯物史観で生きることを強要される時代、と言えるのかもしれません。

宗教がそうだったように、自然科学だけでは説明のつかない事象が今後沢山出てくると思います。
唯物論的宇宙観というのも、長い目で見れば(それこそ数十世紀ぐらいの)、一種の「流行」で終わるかもしれません。
Posted by 無名X at 2016年02月18日 19:29
FYIさん
たしか「ドラえもんに生き返らせてもらえるから無罪」と主張したんですよね。
Posted by デハ at 2016年02月18日 22:38
あと、女性を殺した後に死姦しよってんな
「生き返りと思って…」
て。アレは山田風太郎の「魔界転生」の転生の儀式のねじ曲げやね。つまりやったことの正当化と云うか言い訳にの為に必死でそれらしい話を拾いまくったんやろね。弁護士も商売やから必死やろうけど、勝ちたかったらコンナのには頼めんなwww
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年02月18日 23:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/432932002
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック