2016年02月21日

はたき

日本の伝統的な清掃用具です。

hataki.jpg

洗濯や調理と並んで、家事の重要な仕事は「清掃」です。
現在の日本の家屋では、電気掃除機が清掃作業の重要な役割を担っていますが、「吸引によってゴミや埃を吸い込む」という構造のため、「ゴミや埃以外の物も吸い込んでしまう」という危険と隣り合わせです。
実際私も、結婚指輪から貨幣、重要書類といった種類のものを吸い込んでしまった事が幾度かあります。

jan1016.jpg

そのようなリスクを回避し、家具や電気製品の上に溜まった埃を除去するために使われる道具が「はたき」です。
はたきは、棒の先端に布切れを付加した道具で、これを操作することにより溜まった埃を空中に散布し、床に落ちたところを箒または電気掃除機との連携によって取り去ることが出来ます。また、戦の際には采配代わりにも使うことが出来る便利な道具です。

「はたきではたかなくても、雑巾で拭けばいいじゃないか」と思う人もいるかもしれません。しかし、障子のように基本的に濡らすことのできない対象物の上に溜まった埃を除去するには雑巾ではだめで、はたきの出番になります。電気掃除機の吸い口を無理に向けようとすると、障子紙を破ったり家具の上に飾られた装飾品を吸い込んでしまうことになりかねません。

漫画の世界ではたきがよく登場するのは、書店での場面です。書店で立ち読みする客を追い払うの二、はたきで書棚の掃除をしているという名目で、立ち読み者を追い払うという場面です。
私自身は本屋で立ち読みをしていてはたきではたかれた事は一度も経験がなく、漫画の中だけの世界なのかもしれません。実際、いまどきこんなことをする書店があれば誰も立ち寄らないでしょう。

jan1017.jpg

はたきは日本家屋の洋風化とともにハンディモップという道具に置き換わっていき、徐々にその姿を見なくなりました。
ですが、電気掃除機のアタッチメントの一つとしてはたき状の構造をした吸い込みノズルが重宝されています。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(21) | TrackBack(0) | 道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
雨上がりの快晴となつた、甲府市内。
けふは「真田丸」の日。
座してBSで、朗々と見よう思う。

サテ、はたきと云えば、かつて戦国武将ごっこを国少時代にやっていた頃、采配代わりのものでした。
それを親に見つかると、「ついでに掃除しなさい」と叱られた記憶が、今も鮮明に蘇る。
女の子はおままごと、男の子は合戦ごっこ。これが昭和前期の子供の遊びの定番でした。
Posted by 百足衆 at 2016年02月21日 09:48
静かな夜となつた、甲府市内。
今夜の「真田丸」BSにて、視聴。
真田昌幸が、滝川一益につくと見せ掛けて上杉景勝につくと見せ掛けて結局北条氏政につくようである。

という、回でした。
サテ今日は日曜日のせいか、デハサン、総帥さん、田舎帝王さんらの歴史評論家が来られませんナ。
真田丸の、率直な感想を、お訊きしたい処です。
Posted by 百足衆 at 2016年02月21日 19:27
長澤まさみのせいでぶちころし。
時代劇な一人だけ現代人が紛れ込んだみたい。
あと源次郎が何故あいつに敬語で、あいつがなぜ主君の子息にあそこまで無礼なのかも納得できません。
熱があり寝込んでいましたが悪化したので寝ます。
おやすみなさい
Posted by デハ at 2016年02月21日 21:02
デハ様おだいじに。
ほぼ同じ感想ですが、長澤まさみはいいと思います。
Posted by ラー at 2016年02月21日 21:48
仕事と重なって、リアルタイムで真田丸が見られない
今週回の感想は明日の夜になるかな
先週は信長の横死後の混乱は伝わったけど、話としてはバタバタし過ぎてあまり印象の残らない内容だった
Posted by 田舎帝王 at 2016年02月21日 23:41
百足衆さん
いつも「真田丸」のレポートありがとうございます。

はたき=采配
という見方は面白いですね。ちなみに徳川家康は、関が原の前哨戦の上杉征伐に向かう際に采配を忘れたのではたきで代用しようとした、という話が伝わっています。
Posted by シモン at 2016年02月22日 05:11
デハさん

くれぐれもゆっくり寝て、養生されてください。
間違っても布団の中でこのような糞blogをご覧になったりされませんように・・
Posted by シモン at 2016年02月22日 05:12
ラーさん

長澤まさみがウザキャラの才能全開の回でしたね。
Posted by シモン at 2016年02月22日 05:13
田舎帝王さん

12連続仕事ですね。お疲れ様です。

何故か自分はリアルタイムでなく録画で観るのが、レンジでチンするような感覚に捉われてしまいます。
Posted by シモン at 2016年02月22日 05:15
はたーん きっ キッ
きっころ。もりぞー。愛知万博!

田舎帝王様、田舎帝王様、

お勤め、ご苦労様です。
お勤め、お疲れ様です。

無理をされないで、ください。体に気をつけて、ください。
そしてなにより、真田丸の、レビューをお願い致します。

なお私は草笛光子さんの「とり」さんが、一番好きです。

ほげらっほげらっ。
Posted by 藤原 at 2016年02月22日 05:54
曇天となつた、甲府市内の朝。
今朝の「朝が来た」生き返った朝(パル演)は、元気に働く。

という、回でした。
サテデハサン。風邪を早く、治して下さいナ。
風邪には、卵酒が一番です。それと、歴史書を読んで、知恵熱を高くするのが、佳いでしょう。
Posted by 百足衆 at 2016年02月22日 08:23
皆さんお仕事お疲れ様です。

真田丸、主人公を変に持ち上げないところがいいですね。
草笛光子さんの演技も素敵です。

まあ、去年のアレを見たあとなので、3割り増しという感じですが。
Posted by FYI at 2016年02月22日 10:51
昨日の真田丸は、きり(演・長澤まさみ)のおかげで、微妙でしたな
Posted by 燈台森 at 2016年02月22日 12:09
きっころ。
もりぞー。
わーいわーい。

愛知万博は、知を愛した万博でした。
菅原君を愛さない万博だった、とも言えます。

菅原君、この、
だらくそ!だらくそ!ぱげ!ぱげ!かわずやまの、ナバーロ容疑者!

バーローナ!
Posted by 藤原 at 2016年02月22日 12:20
藤原さん

今度串八の串カツ奢る!

と聞いてから、3ヶ月経ちました。
Posted by 菅原 at 2016年02月22日 18:55
サテ、菅原君。

串はおごると言ったかもしれませんが。
串カツをおごるとは、一言も言っていませんゾ。
Posted by 藤原 at 2016年02月22日 19:56
串カツを奢らない、とも一言もおっしゃっておられません。

らげほっ らげほっ。
Posted by 菅原 at 2016年02月22日 21:01
藤原さんが哀・恥丘博の事を覚えていてうれしく思います


Posted by 田舎帝王 at 2016年02月22日 21:04
明日2月23日は、藤さん、否、藤原さんの日ですナ。
Posted by 百足衆 at 2016年02月22日 21:32
ああ、そう言えば今日の22時に
「大地震が来る」
て予言してた馬鹿がいたな…
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年02月22日 23:10
総帥さん

ノストラダムス以来、その手の話はすっかり狼少年譚になってますね。
Posted by シモン at 2016年02月23日 05:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック