2016年03月04日

トンカツ

豚のスライス肉を衣で包んで揚げた、洋食という名前の日本料理です。

tonkatsu.jpg

中高年の域に差し掛かると、淡白なものが食べたくなります。薇や茗荷、蕗のような山菜系や豆腐、蕎麦、おひたしのようなあっさりした食べ物です。
しかしそれだけでは物足りないので、週末は揚げ物等を外食したりすることもしばしばあります。

jan619.jpg

昭和時代の揚げ物洋食では、関西は「ビフテキ屋」が多かった一方で、関東では「トンカツ屋」が隆盛を極めていました。前者は牛肉、後者は豚肉の食文化圏が形成されていたからでしょう。
今では「ビフテキ」という言葉はやや死語になった観がありますが、「トンカツ」という単語はいまだに現役です。

トンカツの発祥は、銀座の「煉瓦亭」で、1899年に豚肉を使ったカツレツをメニューに加えたのが最初だそうです。西洋風のカツレツが温野菜を添えて供せられるのと違い、大量の生キャベツの千切りを添えており、日本固有の洋食として定着していきました。
昭和時代の小津安二郎の映画でわかる通り、地位ある中年男性たちが鰻屋で鰻重を食しているシーンが多く出てくる一方で、青年たちはトンカツやラーメンを食していて、トンカツが一般庶民の料理として定着していたことが垣間見れます。

食をテーマにした漫画「ミスター味っ子」でも、最初のエピソードは「トンカツを二度揚げすることで厚くても中まで火が通ったトンカツが出来る」という話でした。昭和後期には、大衆食堂で小学生が調理することも出来る料理にまで浸透していたのです。

jan612.jpg

ところで、トンカツにはロースカツとヒレカツの二種類があり、「ヒレカツの方がロースカツよりカロリーが少なくてヘルシー」という認識が広がっています。
しかし実際は「衣をつけて油で揚げるとどちらもカロリーは似たようなもの」だそうです。その理由は、元々脂身のあるロース肉は油を吸収しにくく、脂身の少ないヒレ肉は揚げ油を吸収しやすいからだそうです。
私は脂身のあるロースカツの方がヒレカツより若干安いので、ロースカツを好んで食しています。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☁| Comment(26) | TrackBack(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とんー かつ! 勝!
桂三枝。ブンシ!

とんかつは、清貧の生活を送っている私には、

無縁の、食べ物です。
怖い、食べ物です。

正直な話、とんかつを、送って来られても、困ります。困ります。

どうか総帥様、菅原君、国産豚のとんかつを、送ってこないで下さい。送ってこないで下さい。是非お願いします。
Posted by 藤原 at 2016年03月04日 06:11
藤原さん
とても良い詩ですね。

はい、絶対送りません。
Posted by 菅原 at 2016年03月04日 08:32
肉屋で揚げて貰ったのをウスターソースで食べるのが一番だと思うね。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年03月04日 08:47
トンカツは、ロースの方が好きです。

脂身のあたりに辛子をつけて食べたいです。
Posted by ラー at 2016年03月04日 09:48
菅原君、この、
だらくそ!だらくそ!ぱげ!ぱげ!かわずやまの、なでしこジャパン!

なんだその絶対送りませんという、素っ気ない言い方は!
本当に、それで良いのか!?
お世話になっている私に、嫌かも知れませんが、とんかつを送ります。云うのが、筋ではあるまいか!?

そおゆう疑問を持たない、菅原君は、人間失格だと、口を酸っぱくして、言ってあげよう!
これが私の恩情だ!
ほげらっほげらっ。
Posted by 藤原 at 2016年03月04日 10:22
快晴小春日和となつた、甲府市内の午前中。
今朝の「朝が来た」朝(パル演)が迷惑ばかり掛けている、と玉木宏に詫びる朝父。

という、回でした。
サテ田舎帝王さんにお聞きしたい。
矢張り、トンカツの一番美味しい食べ方は、味噌かつでしょうか。
味噌かつに胡麻を摺ってかけ、食べたい思います。
Posted by 百足衆 at 2016年03月04日 11:07
関西人に味噌カツはキツイ。アレ甘いワwww社会人になって最初が名古屋。25年以上の社畜として約半分が名古屋中心に三重(四日市、鈴鹿)〜静岡(浜松、藤枝、富士宮)の東海圏なので最近は流石に食えるようになったが、やっぱり飯のオカズとしては甘い。まあ、大阪の人間はソース好きやからね…
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年03月04日 12:58
ぴきゃっ ぴきゃっ。
総帥様、味噌カツは、
私が、責任を持って、処分致します。
私が、責任を持って、処分致します。

ですので、お気軽に、私に送って下さい。
国産豚でも、イベリコ豚でも、対応致します。対応致します。

ほげらっほげらっ。
Posted by 藤原 at 2016年03月04日 13:09
総帥様、
富士宮の肉屋でしたら、西町の桑原か、図書館の前のさの萬がお勧めです(^^)
Posted by Captured at 2016年03月04日 15:41
味噌カツは好みが分かれますね


自分はおろしポン酢で食べるのがすきです
Posted by 田舎帝王 at 2016年03月04日 16:10
とんかつ専門店の1枚800グラムのとんかつ定食を食べても平気ですが、スーパーのとんかつを2きれ食べると胸焼けして最後まで食えません。

会津のソースかつも3枚のセ大丈夫ですが、立ち食いソバやかつやのは2枚が限度です。

私の場合とんかつは、質がよければ量も無制限ですが、質の悪いものは量が少なくとも腹いっぱいになって胸焼けします
Posted by デハ at 2016年03月04日 19:04
昔。京都の寺町通りに「ムラセ」て店が在ってね、別名ワラジと言って皿からはみ出るバカでかいカツを出しててね、昔の洋食屋でアルミだかステンレスだかのお皿に載って出てきた。此処は本当はビフカツの方が名物やってんけどヤッパ高いwwwで、バイトでもサラリーマンでも其れなりの給料取ったら其を
「喰おう」
と思ってたんやけど私が大学生時には閉店したんだよね…
肉を叩くのかね?薄くて広いんだよね。で、ウスターソースで食ったんだが昔からの肉屋のトンカツもそうやね。イオンとかユニーとかヨーカドーの惣菜売り場のヤツとは違うねんな。もうああいうの食えんのかね?吉行淳之介も同じ事を70年代後半か80年代初頭にエッセイで書いててね
「トンカツってのはウスターソースで食うものだ。“あんな”どろどろとしたソースは最近出てきたものだ…」
て在ってね、確かあの人は岡山で私のオヤジは宮崎→神戸→大阪で私は大阪やから西日本の傾向なのかね?
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年03月04日 19:06
デハ様と総帥様という二人の重鎮がコメントされると深みが増しますね。

トンカツのソースは、実は醤油でも美味しく頂けます。
やはり関東は醤油文化で、関西はソース文化なんですね。
Posted by ラー at 2016年03月04日 19:18
わらじといえば秩父駅のわらじはいつも4枚です。4枚食わなくてはわらじ食った気になりません。
Posted by デハ at 2016年03月04日 21:10
藤原さん

なでしこ、ほんまにかわずやまでしたね。
Posted by 菅原 at 2016年03月04日 21:40
総帥さん

「ムラセ」のわらじカツは知ってます。
ビーフカツですよね。懐かしいです。
Posted by シモン at 2016年03月04日 21:55
ミュンヘンリトルトーキョーの「カミカツ」も平たくて大きなとんかつです
Posted by デハ at 2016年03月04日 21:58
オーストリアはウィーンの「ウィンナーシュニッツェル」は、
叩いて伸ばした一種の「わらじビーフカツ」ですね。

日本の方が、あらかじめ切ってあるので食べやすいですが。
Posted by 無名Xo at 2016年03月04日 22:08
ラーさん、そうっす!
関西人はソースですよ。
ひょっとして、総帥さんの名前は、
ソース胃酸の意味だったり?
Posted by 通りすがりの関西人 at 2016年03月05日 04:34
通りすがりの関西人さん
>ひょっとして、総帥さんの名前は、
>ソース胃酸の意味だったり?
その通りです。
Posted by 菅原 at 2016年03月05日 06:25
とんかつ屋の大量の千切りキャベツ、胃もたれ対策か野菜で満腹にさせる作戦のどちらかでしょうね・・・。
後者はブラジル料理のシュラスコ店のサラダバーがそうです。
Posted by HB at 2016年03月05日 07:30
快晴となつた、甲府市内の朝。
今朝の「朝が来た」千代(朝の娘)は、女子大を卒業し、家で花嫁修業を始める。

という、回でした。
サテHBさん。なるほど、サラダバー。満腹作戦ですナ。つまり、食べ放題では、食べてはいけないメニューなんだと、云う事のようですナ。
シュラスコというものを、生涯口にすることなく、人生の終焉を迎えそうです。寂しいものです。
Posted by 百足衆 at 2016年03月05日 08:05
しゅらーん すこっ すこっ
湖池屋スコーン。食べたい!

総帥様、ソース胃様、
百足衆様の、痛切な願いを叶えてあげて下さい!
私に送って頂ければ、責任を持って、百足衆様にシュラスコ一年分を、

お届け致します。
お届け致します。

サテかわずやまの菅原君。サッカーボールもまともに蹴れない君にかわずやま呼ばわりされる覚えは、なでしこジャパンでも、ない!
身の程をわきまえろ!
ほげらっほげらっ。
Posted by 藤原 at 2016年03月05日 08:45
菅原さん!
御教授ありがとうございます♪

矢張りそうでした?
ソース!

なんちて。
Posted by 通りすがりの関西人 at 2016年03月05日 10:34
通りすがりの関西人さん

その程度のギャグセンスだと、関西で生き抜くのは厳しいですよ。
Posted by 菅原 at 2016年03月05日 17:17
HBさん

トンカツについてくるキャベツの千切りは、肉ばっかり食ってないで野菜も食べろや と、いう、洋食屋の主人の優しさだと思います
Posted by 田舎帝王 at 2016年03月05日 21:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック