2016年03月10日

坂崎出羽守直盛

戦国時代末期〜江戸時代初期の武将です。

dewanokami.jpg

明日は、東北大震災から5年目です。
デハさんのお住まいの福島県をはじめ、岩手・宮城の太平洋側東北地方沿岸は、甚大な被害を受けました。
一日も早い復興をお祈り申し上げます。

yoshi_01.jpg

「出羽国」として知られる山形県と秋田県南部は、揺れの被害こそあったものの、津波の被害を免れました。
その国の国守を名乗る「出羽守」には、多治比家主以来、源義家、平正衡、最上義光、簗田政綱、柳沢吉保・・・と多くの著名人が「出羽守」を名乗っています。

そんな出羽守の歴史の中で、最も「可哀相な人」として歴史に名を刻むのが、今回ご紹介する坂崎出羽守直盛です。

当初宇喜多詮家と名乗っていたこの人は、お家騒動で本家の宇喜多秀家と決別し、徳川家康にお預けとなります。
直後の関が原の合戦では東軍に与し、その戦功により津和野に三万石を与えられ、坂崎直盛と名乗るようになります。

ここまでは順風満帆な人生だった坂崎出羽守ですが、1615年の大阪夏の陣。落城寸前の大阪城に乗り込み、実質人質となっていた家康の孫娘で豊臣秀頼の正室である千姫の救出を、家康から命じられます。その際の付帯条件は「首尾よく救出したら、千姫を娶らせる」というものでした。
直盛は火傷を負いながら千姫を城内から救出したにもかかわらず、その火傷が醜かったため、千姫によって「こんな人に嫁ぐのは嫌!」と拒絶されます。
千姫は、姫路新田藩の初代藩主となる本多忠刻に嫁ぐことが決まり、怒った直盛は千姫奪回計画を立てますが、家臣によって斬首されます。

この伝説にはいろいろ創作が付加されており、例えば千姫を火中の大阪城から救出したのはフィクションで、実際は豊臣方の武将である堀内氏久に護衛されて直盛の陣まで安全に届けられたとか、火傷も別に負っていなかったとか諸説あります。
さらに近年の大河ドラマ「天地人」では、千姫を救出したのは坂崎出羽守ではなく直江加熱具だったという新説もあります。
つまり、坂崎出羽守の死に至る経緯は、未だに真相は歴史の闇に埋もれている、と見るべきでしょう。

yoshi_00.jpg

近年、「日本の男は最低!イギリスでは〜、フランスでは〜」と、日本人男性に嫌悪感を催しながら、海外の事例を紹介する人(主として女性)のことを「出羽守」と呼ぶそうです。
理由は、「〜では」を頻発するからだそうです。
千姫のような女性は、現在の日本にも現存する、ということでしょうか。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 🌁| Comment(28) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ばみゅーん シャッ!シャッ!
ばみゅーん シャッ!シャッ!

愛子様が ばみゅーんと飛んできて シャッ!シャッ!と、
悪を斬る。

デハ様、デハ様、出羽守。
佐村河内守より、
正しいのです。
正義なのです。

記者は、正義では、ありません。
シャッ!シャッ!
Posted by 藤原 at 2016年03月10日 06:04
アルフィー 高根沢 桜井 坂崎 という歌がありました
Posted by デハ at 2016年03月10日 07:10
今朝の藤原さんの詩は春の陽気を思わせるような躍動感溢れる歩絵夢ですね

坂崎出羽守が反乱を起こした時、説得に当たったのが出羽守の友人である柳生宗矩で、この際、坂崎家の家紋である二蓋笠紋を柳生家の家紋として使い始めた逸話が残っていますね

Posted by 田舎帝王 at 2016年03月10日 08:00
曇天、寒冷となつた、甲府市内の朝。
けふの「朝が来た」次男の結婚で、宮崎あおいと柄本夫妻は、喜ぶ。

という、回でした。
サテ藤原さん。愛子様と云うのは、皇太子様のお子様の事ですか。或いは、市井の子どもですかナ。
そのいずれかに依り、詩の意味は、大きく違って、来ますゾ。
Posted by 百足衆 at 2016年03月10日 08:34
ソッ ソッ ソックラテスか、
トランプかー。

田舎帝王様、田舎帝王様、
大絶賛、ありがとうございます、ありがとうございます。
国産やつめ鰻の蒲焼きも、期待して、お待ちしております。

百足衆様、勿論、雅子妃殿下のお子様、愛子様です。なのです。
鬱病になられた雅子様をバッシングする、悪のマスコミを、愛子様がばみゅーんと飛んできて、シャッ!シャッ!と、斬る。

どうです良い詩でしょう。
田舎帝王様もおっしゃいましたが、躍動感に満ち溢れた、春の詩なのです。なのです。
Posted by 藤原 at 2016年03月10日 08:59
サテ藤原さん。

不敬罪に、該当しますゾ。

皇族の愛子様が、ばみよーんと、飛ぶ訳がなかろう。
妄念を、インターネットと云う、厳粛な世界に、投稿することは、如何なものかナ。

愛子様が目にされる可能性も、否定できません。

藤原さんは、もっと我々のやうに、発言に気を配らねば、為らない。
Posted by 百足衆 at 2016年03月10日 09:50
藤原さん

百足衆さんのおっしゃる通りだと思います。

愛子様は、ばみよーんではなく、ばみゅーんと飛びます。
Posted by 菅原 at 2016年03月10日 11:05
菅原君
この、だらくそ!だらくそ!ぱげ!ぱげ!かわずやまの、高浜原発差し止め裁判官!

愛子様がばみゅーんと飛ぶ訳が、ない!
百足衆様がおっしゃる通り、ばみよーんだ!その方が、気品が、ある!

不経済に相当するのは、菅原君の方だ!
日本国民全員に、
謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!
Posted by 藤原 at 2016年03月10日 12:04
菅原殿百足衆殿藤原殿、

ここは、総帥殿の裁定を仰ぎましょう。
Posted by 燈台森 at 2016年03月10日 12:21
菅原君 この、
だらくそ!だらくそ!ぱげ!ぱげ!かわずやまの、篠永美代子!

ばみよーんでは、ない!
ばみゅーんだ!
Posted by 藤原 at 2016年03月10日 13:46
曇天の続く、甲府市内の昼下がり。
朝日新聞は、山梨県では、夕刊を止めるそうだ。

サテ藤原さん。篠永美代子とは、何者ですかナ。
Posted by 百足衆 at 2016年03月10日 14:33
百足衆様、百足衆様。

罪もない生徒を、万引きしたと決めつけ、推薦を取り消し、自殺に追いやった、担任教師です。
Posted by 藤原 at 2016年03月10日 15:34
西軍派やからあんまり好きじゃないんよね。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年03月10日 20:50
藤原さん。
信じられませんよね。

総帥さん。
坂崎は、信じられませんよね。
Posted by ラー at 2016年03月10日 21:52
し!の!なが!
し!の!なが、
し!の!なが、
し!!
Posted by 藤原 at 2016年03月10日 22:43
美代子・・・。
Posted by デハ at 2016年03月10日 23:12
おばんです。

この人どうも好きになれんねんなwwwキチガイ殿様扱いされる殿様がこの時代は多いよね。例えば細川三斎さんとか福島の市松さんとかね。でも三斎さんは自分の綺麗なかみさんと芸術に狂っただけやし、市松っつぁんは悩みを酒で誤魔化しただけで、自分の部下の生活は成り立つ事を考えたやろ?三斎さんは家中を将棋に例えて
「一番大切なのは『歩』だ。一般藩士や百姓を大事にしなければ、家なんかアッという間よ」
と言ったり、市松さんも大坂攻めが始まった時には
「私を大坂城に派遣してください。絶対に秀頼と淀を説得します」
と訴え(この辺は講談臭いけどね)たりしながらも余計な事はしてません(大坂蔵屋敷の兵糧の城移入を黙認したのは余計やな)。
「〜家はもう自分一人の物じゃない」
って自覚が有ったでしょうが、坂崎さんは駄々捏ねた時に塗籠の部屋に籠って
「津和野三万石は俺の槍先で取った物だ。守るも捨てるも俺の勝手だ」
と嘯いたそうな。堪らんよwww部下は生活の為に仕えてるんだし、息子は良くて乞食決定、下手すりゃ巻き添えで切腹か首チョンパなんだから
「産むなよ!」
だワナwwwこの辺は現代と感覚は同じやと思うね。でもな、こんな社長も居らんことも無いからねwww

Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年03月11日 01:59
総帥さん

敵の王様には肉薄できない癖に、
味方の歩ばかり詰めに行く上司
に囲まれて生活の糧を頂いています。
Posted by シモン at 2016年03月11日 05:11
曇天となつた、甲府市内の朝ぼらけ。

サテ藤原さん。篠永美代子は、教師とは云えない。殺人者ですナ。
Posted by 百足衆 at 2016年03月11日 06:23
きんーっ ようび!ようび!
週刊金曜日。極サヨ!


今日は、金曜日た。昼食は、自宅で、摂る。

まだ本日の昼食は、発表に、なっていません。後ほど、リポートする!
Posted by 藤原 at 2016年03月11日 08:36
発表が遅れたが、今日の昼食は、チキンカレーだった。
チキンの皮が入っていた。私はチキンの皮が、菅原君の次に嫌いだ。見ただけで、鳥肌が立つ。別に、感動しているのではない、あしからず。
チキンの皮は、丁寧に取り分けて、食べた。肉はほとんどなかった。これでは、チキンの皮カレーだ。ぎゃふん!!
Posted by 藤原 at 2016年03月11日 15:08
宗匠

鳥と魚は皮が旨いと思うんですがね(ブリ、ハマチはのぞく)。ま、其ればっかりだとイヤですがね。鰻なんかも東京風の蒸しを入れたヤツじゃ意味無いですが、大阪風の蒸さずに焼くだけのヤツだとタレに漬けてもバリッとした歯応えがあってね、コッチの方が良い。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年03月11日 16:01
うほっ 総帥様、
うまそうじゃ、 うまそうじゃ!

是非国産鰻を関西風蒲焼きで、送ってください。送ってください。

お礼に、今日食べ残した鳥の皮をビニール袋に詰めてお送り致します。
Posted by 藤原 at 2016年03月11日 16:26
ハイ!ドーン!人事異動セーフ確定wwwお祝いに宗匠の娘さんのお顔を私の大鰻でペシペシしてあげようwww
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年03月11日 17:27
私の支線時異動の内示は来週木曜です
Posted by デハ at 2016年03月11日 19:10
総帥様、セーフということは異動なしですか?

デハ様も、つつがなきように。
Posted by ラー at 2016年03月11日 20:25
ま、私はどっちにしろ後2〜3カ月で出向解除で、そこで異動やけどね。ただ、ゴミ屋敷の掃除が今はまだ寒い。ぼちぼち始めるけどね。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年03月11日 20:43
では引越し前に、富士宮でデハさんも。
Posted by シモン at 2016年03月12日 07:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック