2016年03月22日

ホンダ・ドマーニ

1992年に販売が開始された本田技研工業の小型乗用車です。

domani.jpg

1990年代はバブル景気でスタートしました。80年代にホンダ・プレリュード等の基本的に2人乗りのデートカーに乗って結婚した若い夫婦は、90年代になるとセダンタイプの車を必要としました。
そんな需要に応えるために、本田技研工業が開発した車が「ホンダ・ドマーニ」です。

apr01.jpg

「ドマーニ」とは、イタリア語で「明日」という意味だそうです。イタリア車には見えず、どちらかというと英国車に近いフォルムのこの車は、実際本田技研が英国のローバー社と共同開発したローバー400の兄弟車に相当します。

発売当時、高級車といえば大きなクルマ、という一種の社会常識がありました。しかし日本の道路や車庫事情では3ナンバーの大きなクルマよりも5ナンバーのクルマの方が取り回しが良く、実用的でした。
そこで、「扱いやすいボディサイズの、快適でセンスの良い新鮮なデザイン」を前面に打ち出して、80年代のプレリュードユーザーの結婚後の乗り換え需要を狙って販売されました。全車に運転席用SRSエアバッグを標準装備したのは、ホンダ車ではこの車種が最初でした。

ドマーニは、当時小型自動車から撤退していたいすゞ自動車の「ジェミニ」としてOEM供給されました。FFジェミニはジウジアーロデザインと、先鋭なCMでヒットしたのですが、モデルチェンジを重ねる毎にカッコ悪いデザインとなって次第に売れなくなり、バブル期の終焉を待たずにいすゞ自動車は個人向けの小型自動車の市場から撤退せざるを得なくなってしまったからです。

バブル以降の97年にフルモデルチェンジされた二代目ドマーニは、「4ドアセダンならではの、落ちつきのある上品さと、スポーティさを合わせ持つフォルム」というテーマで登場しましたが、実態はコストダウンのため、殆どベース車のシビックフェリオと相違がなくなってしまいました。

apr02.jpg

結果的に、至って平凡なクルマとなったドマーニは2000年のシビックのモデルチェンジの際に車種整理され、生産を終了しています。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ばみゅーん シャッ!シャッ!
ばみゅーん シャッ!

ばみゅーん シャッ!シャッ!
ばみゅーん シャッ!

愛子様 今日も朝から 悪を斬る。

今日は、資源ごみの日でした。いつものように、
朝4時28分頃、ビニールごみの入ったビニール袋を持って、
ごみ集積所に行くと、自転車に乗ったおばさんが、
私めがけて、突っ込んできたのです。その瞬間、
「ガッ!」
おばさんが、自転車の荷台に、横向きに指していた傘の柄が、私のわき腹を、直撃しました。
「ううう!」
私はうめいて、その場に座り込みましたが、おばさんは、停車して
「大丈夫ですか。」
などと、言う気配もなく、スピードを上げて、走り去っていきました。
これは、明らかな、ひき逃げです!
糞!あのおばさんは、きっと韓流が大好きに違いありません。

不愉快な、朝でした。愛子様に、悪を斬って頂かねば。

ばみゅーん シャッ!シャッ!
ばみゅーん シャッ!

ばみゅーん シャッ!シャッ!
ばみゅーん シャッ!
Posted by 藤原 at 2016年03月22日 05:25
怒りが滲み出てくる歩絵夢ですね
憤怒に満ちたお不動さまのお姿を頭に浮かびました
Posted by 田舎帝王 at 2016年03月22日 05:31
藤原さん
とても楽しい詩ですね。
Posted by 菅原 at 2016年03月22日 09:52
晴れとなつた、甲府市内の空。
今朝の「朝が来た」朝は、日の出女子大学創設式に際し、演説をする。

という、回でした。
サテ藤原さん。憤怒のようですナ。
田舎帝王さんもおっしゃるように、憤怒の気持ちを芸術に昇華してください。
Posted by 百足衆 at 2016年03月22日 11:43
初代ドマーニ乗ってました。
割と取り回しが良くて、シビックと違うクルマということで好きでした
Posted by 燈台森 at 2016年03月22日 12:29
曇りとなつた、甲府市内の空。
けふの「朝が来た」来週から、とと姉ちゃんとなるそうだ。 某、富士山南麓未開県を舞台にしたドラマだそうです。大いに、不安ですナ。

サテ総帥さん、是非一度甲府市にお越し下さい。
Posted by 百足衆 at 2016年03月23日 08:34
シビックが三ナンバーは隔世の感がある
Posted by デハ at 2016年03月23日 11:10
サテデハ殿。
あれは、もはやシビックではおまへん。
Posted by 燈台森 at 2016年03月23日 12:10
シビックタイプRですね。

北米向けですね。
Posted by ラー at 2016年03月23日 12:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/435379229
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック