2016年03月24日

ジョウロ

鉢植え等に水をかけるための道具です。

jouro.jpg

「趣味の園芸」というNHK教育テレビ(現:Eテレ)の長寿番組があります。人間は、食料とする目的以外に鑑賞するために植物を育てる趣味を持っています。ただしその育て方は偏っており、雑草類の植物は率先して根を引き抜かれ、打ち捨てられることになります。

apr05.jpg

植物に水を遣るための道具が「ジョウロ」です。
ジョウロという言葉の響きは、少し日本語離れしていますが実際外来語で、ポルトガル語の「jarra」(=
水差し)あるいは「jorro」(=水の噴出)から来ているようです。ちなみに英語では「watering pot」というそうです。漢字では「如雨露」という当て字で表記されています。

ポルトガル語が由来していることからわかる通り、この道具は17世紀には日本に伝来していました。
つまりその時代に既に日本では植物を育てるために、柄杓などではなく雨のように水を与える道具が使われ始めていたことを意味します。実際、盆栽は江戸時代には庶民にも定着していたので、盆栽の水遣りにはジョウロが使われていたはずです。

昭和時代、ジョウロは主としてブリキ素材で出来ていました。70年代以降、ポリエチレンやポリプロピレンなどのプラスチック系素材のジョウロが安く作られるようになり、その軽量さと手軽さで現在は殆どがこの素材です。
金属製のジョウロはブリキの他に銅製のものもあり、見た目のデザイン性を優先する向きには愛用されています。
中の水自体は、植物が必要とする水ですので、容器の素材に関係ないはずですが、「金属製のジョウロで水を与えると金属が水に溶け出して養分となる」という風に考えている人も少数ながらいるそうです。

apr06.jpg

ジョウロに似た形状の道具に、病気の時に寝たままでも水分を摂れる「吸い飲み」があります。
こちらは、私が小学生の頃はまだ使っていましたが、最近は殆どの家庭から姿を消しました。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☁| Comment(21) | TrackBack(0) | 道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
幼児にとって、ジョウロを持てるかどうか、は一つの壁でした。
まず、水が入るので重い。
水をかける際に傾きを生じさせなければいけなかったりして、高く持ち上げる必要も出て来る。

2枚目の画像は、生徒2人と指導の先生のようですね。
Posted by ヨット at 2016年03月24日 08:26
子供の頃画をガンダーラをガンジョーロだと間違えていました。吸い飲み病院とで祖母が使いました
Posted by デハ at 2016年03月24日 10:05
曇り時々雨となつた、甲府市内の空。
けふの「朝が来た」朝(パル演)は、大学創設を果たして、死の床に就く。

という、回でした。
サテヨットさん。お見立ての通り、一人の教師と二人の生徒たちの和気藹々とした姿に見えますナ。良い良い。

サテデハサン。ガンダーラが何故ガンジョーロと間違ったか。それは、モヘンジョダロと混同したからに違い有りませんナ。
Posted by 百足衆 at 2016年03月24日 12:30
おばんです。

今日は東京に来てましてね、数時間前に人事部員と組合幹部と面談終えて帰るとこです。で、趣向を変えて高速バスで帰ろうと思ってネ。で、6時20分経発のに乗ったんだワ。さっき経済産業省のビルの横を通過したんやけど、ビルの前にホームレスの家みたいなのが並んでるけど、アレが噂のサヨクのテント村やな?
「汚水止めろ!」
とか書いてるけど、首都の国家中枢のビルの真ん前にあんな汚物みたいなもん並んでる方が恥ずかしいね…て思うのは田舎者の私だけでしょうか?
デモをするにしても第三者に共感、同情をよぶようにせんとなぁ。アレじゃ嫌悪感しか湧かんよwww禿げゾエとかシールズとか東京は病んでいるなぁ。

しかし、東京はエエなあ。時間とお金が有ったらブラブラしたいなぁ。三軒茶屋の手前にバカでかい楽器屋が在るんやね。ギター見たいなあ、アレくらいデカかったら掘り出し物有るやろうしなぁ…
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年03月24日 19:01
総帥さん

そういえば、こないだ八重洲南口を通りかかったら、富士宮駅行きの高速バスが出るところでした。
Posted by シモン at 2016年03月24日 21:07
ああ、それそれ。
行きは普通に新幹線使ったんやけど
「何とか安く済まんかな?」
と思って調べたんよ。私も悪よのうwww行きは領収書付けてそのままの代金だけど、帰りは“その”代金を申請して
「少し浮かせよう」
と思ってネ。お察し下さい。東京駅↔富士宮駅が¥2700位やったかな?で、18時20分→20時20分。実際は首都高速云うんかな?が渋滞で21時30位に着いたかな?順調なら新幹線使うのと大して変わらんし、今回の調子でも在来線乗り継ぎよりは早いし、何と言っても乗り換えせんで良いし以外と本数が有るからね。管理人殿もググって見なはれ。新幹線と比べたら約¥2000浮いて、乗り換え時間考えたら大して変わらん。しかも空いてる(今回はネ)。こんなんもっと早く知ってたらなぁ…
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年03月24日 22:35
でだ、今回の上京は異動絡みやねんけど、以前書いたけど私は子方から親方に出向しとったんやけど解除になったんよ。最初からなら兎も角40過ぎてから
「こんな所堪らん…」
思って
「俺は帰るよ」
とは前から言ってたんやけどね。名前だけで言うたら皆知ってる“あの”会社やけどね、別に戻っても良い事が有るとも思わんねんけどね…

「死に場所くらい俺に決めさせてくれ」

て感じでね。私は猫の性(サガ)やね…イヤ別に死ぬ予定は無いけどね。まあ、今の“会社”で前の上司がマ○○ル上がりで、今の上司がダ○エ○上がりやからね。業界ネタは凄いよ。
昔の某アニメの大佐やないけど
「戦いは此で終わりでは無いのだヨ。私の仕込んだネタを見よ。此でジオンwwwは10年は戦える」
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年03月24日 22:57
ヨットさん

幼児にとって、水の入った重いジョウロは苦役のシンボルなのかもしれませんね。
Posted by シモン at 2016年03月25日 05:07
百足衆さん

いつも「あさが来た」のレポートありがとうございます。
来週からは「TOTOねえちゃん」のレポートを楽しみにしています。
Posted by シモン at 2016年03月25日 05:08
デハさん

「ガンジョーロ」

なんか、いい響きですね。
Posted by シモン at 2016年03月25日 05:09
総帥さん

流通業界、斬った張ったの世界で大変ですね。
それだけ生きる充実感も半端ないでしょうが・・・。

ところで、異動日は決まったのですか。
Posted by シモン at 2016年03月25日 05:11
快晴となつた、甲府市内の空。
けふの「朝が来た」宮崎あおいの亭主、久兵衛(柄本演)が、亡くなる。

という、回でした。
サテ総帥さん。
新天地でも、立身出世出世ばかりでなく、自分のやりたいようにお生きなさい。
其れが人生後悔しないで済む生き方ですゾ。
Posted by 百足衆 at 2016年03月25日 08:27
ジョローン ジョー!ジョー!
あしたのジョー。力石!

今日は、金曜日。自宅で、昼食の日だ。
今日の昼食が、発表に、なった!
五目蕎麦だ。店屋物を、朗々と、食べる。
朝が来たの放映も、見よう思う。百足衆様に習い、レポートもしたい!
Posted by 藤原 at 2016年03月25日 11:52
藤原さん

五目ソバ、おととい食べたばかりじゃないですか?
Posted by 菅原 at 2016年03月25日 12:25
菅原君
この、だらくそ!だらくそ!ぱげ!ぱげ!かわずやまの、ベルギーテロ犯人!

おととい食べたら、今日五目蕎麦を食べたらいけないのか!?どこにそんな法律が、ある!?

法律の条文を示したまえ!もしあるなら、法律に従う!私はソクラテスだからだ!

条文、示せ、はっ
条文、示せ、はっ
条文、示せ、はっ
条文、示せ!
Posted by 藤原 at 2016年03月25日 14:44
宗匠

バカボンのパパみたいな事を言わないで…
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年03月25日 16:23
総帥さん
バカボンのパパ同様、藤原さんの奥さんは美人ですし、お子さんは天才です。(残念)
Posted by 菅原 at 2016年03月25日 20:27
総帥さん

藤原さんも菅原さんも、奥さんは美人ですよ。

ジオン・・・一文字変えると
Posted by シモン at 2016年03月25日 20:34
フハハハハハwww従業員は悪くはない。首脳陣が悪いのだよ。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年03月25日 21:02
総帥の送別会・・・・・
Posted by デハ at 2016年03月25日 21:03
百足衆さま。浜松の遠州っ子と申します。ジュビロ磐田ファンです。ヴァンフォーレ甲府さまには、どうかお手柔らかに!

とと姉ちゃんの舞台は、静岡といっても遠州、浜松ですので、富士山南麓とは違います。というか、遠州気質は、静岡県東部中部地方と違い、むしろ甲州に近い進取の気質です。

「真田丸」で前回、室賀が浜松城に行ったことを真田信之が「うなぎを食べましたか。」と打診する場面がありましたが、あれは変です。浜名湖でうなぎが有名になったのは、養殖を始めた明治時代以降です。
Posted by 遠州っ子 at 2016年03月25日 21:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/435380462
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック