2016年03月26日

不二家LOOKチョコレート

1962年に発売が開始された、チョコレートのロングセラーです。

look_chcolate.jpg

ニーチェが発狂する前に書いた自伝に、「この人を見よ」という作品があります。
神の存在を否定したニーチェにとって、「自我」を見つめることはさぞ苦い思いだったことでしょう。

apr07.jpg

そんな人生の苦さを和らげるために、1962年に不二家が開発したチョコレートが「LOOKチョコレート」です。
チョコレートの苦味と調和する、バナナ・ストロベリー・キャラメル・コーヒーの4種類の味。パッケージとロゴのデザインは、当時の有名な工業デザイナーで「シェル」グループのロゴやタバコの「ピース」のパッケージなどで知られる、レイモンド・ローウィ氏が担当しました。

このチョコレートは、当時「チョコレートといえば、チョコレート味」一本槍しかなかった当時の子供たちに画期的な味わいを提供しました。一箱で、四種類もの味わいが楽しめることで、チョコレートの地平が一気に拡大していったのです。

4種類の組合せは、発売後世の中の嗜好に合わせて様々に変化していきました。
最も長く使われた組合せが「パイン・苺・アーモンド・バナナ」です。子供たちにとっては、フルーツ系の味が歓迎され、アーモンド味が一番下位に位置づけられた時代もあったため、アーモンドが外れてすべてフルーツ味となったこともありました。

チョコレートの形状も、当初はすべて一体整形だった板チョコ状でしたが、その後二家の「F」マークロゴが刻印された曲線型の一粒型に変更され、さらにそれぞれの粒に「L」「○」「 ◎ 」「K」が刻印された形状、そして現在の角形の直線的なデザインへと都度進化を遂げています。
中に入れるクリームも、一時期はジャムとなり、現在ではホイップされたクリームとなっています。

apr08.jpg

そのフレーバーの豊富さは、以前ご紹介したチロルチョコレートには敵いませんが、安定の定番商品としてのLOOKチョコレートはこれからも多くの愛好家を生み出していくことでしょう。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☁| Comment(15) | TrackBack(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。
昔二代目コロナマークU(ウルトラマンエースの車)が、このチョコレートの箱および、チョコレートそのものに似ていました。
Posted by デハ at 2016年03月26日 07:17
業務多忙でご無沙汰しておりました。
チョコレートは、元来コーヒー、タバコと並ぶ嗜好品で、子どものおやつや女性向けスイーツではないですからね。
私も最近、健康に気を付け甘みの少ないカカオ成分高めのチョコを食べる事が多いです。
Posted by HB at 2016年03月26日 08:53
デハさん
コメント有難うございます。

あちらは、ルックじゃなくてタックでしたね。
Posted by シモン at 2016年03月26日 09:57
HBさん
お久しぶりです。

あと4営業日で年度末終了です!共に頑張りましょう。チョコレートは脳の補給にもなりますね。
Posted by シモン at 2016年03月26日 09:59
快晴となつた、甲府市内の土曜日の朝。
今朝の「朝が来た」今日で、大団円。と思ったら、まだ来週に続くことが、判明した。

という、回でした。
サテ、不二家ルックチョコレート。爺は甘い物は食べませんが、細君が息子たちに買い与えていました。
チョコレートは鼻血を出すので、高校生まで食べさせるなと厳命していたのに、細君が勝手に小学校高学年になったら良い、というルールを作り、私に内緒で食べさせていました。
おかげで、長男の子供たちの好物もチョコレートです。こちらには、爺が小学校低学年の時から買い与えてしまいました。そんな孫たちも、すでに二人とも成人しました。今では佳い思い出です。
Posted by 百足衆 at 2016年03月26日 10:39
ルクーン ルック!ルック!
不二家ペコちゃん。腹ペコ!

シモン様、シモン様。
ルックチョコレートが、食べたいです。
ルックチョコレートが、食べたいです。

ばみょらへー ばお!ばお!
ぱみょらっぱ!ルック!

不二家と藤原は、

遠戚関係に、あるのです。
外戚関係に、あるのです。

それを理不尽な叩きで潰した、みのもんたが憎い!憎い!
自分はセクハラしておきながら、よくわかりもしない事情で不二家を叩いたみのが憎い!憎い!

お陰で、焼肉屋に行っても、
上ミノは、注文しなくなりました。
上ミノは、食えないと知ったから。

ずびゅーん ぶめらっ!ぶねだ!
Posted by 藤原 at 2016年03月26日 11:01
快晴、時々曇りとなつた、甲府市内の朝。

サテけふは「真田丸」の日。今夜もBSで、視聴する。
徐々に人気が低下している、というような報道もあったが、好き好きであろう。去年のあの出来と比ぶべくもない。
しかし真田昌幸は、騙し過ぎの感も、なくはない。むしろあれだけ寝返りを繰り返したので、信用を亡くし、九度山で最期を迎える結果と、相成ったと云えよう。

そういう点では、藤原さんのご指摘に、共感するナ、みのもんた。社会的信用を失墜しても、まだ本人は、テレビに出たがっているようで、「およしなさい」と云ってあげたい。
Posted by 百足衆 at 2016年03月27日 09:28
どうやら真田丸も馬脚を現してきたようね
低迷の真田丸の中にあって一番人気はきりby長澤まさみ
そう、現代女性のクレバーな代弁者。

今日も視聴率落ちるわよ・・・記録更新まで、あとわずか
Posted by はな・・・もゆ at 2016年03月27日 15:44
そうそう!
真田丸は打ち切りにして、日曜夜6時のBS2は先行大河じゃなく韓ドラ枠にして、「伝説の魔女」とか「ミセン-未生-」とか「私はチャン・ボリ」とか、傑作韓ドラをヘビー・ローテーションで放映してほしいわよね〜(できれば地上波の8時台ごと!(‘∀‘)

ヒョンビン最高〜( ´ ▽ ` )
Posted by 韓流大好きおばさん at 2016年03月27日 16:58
私自身は韓流になんら興味はありませんが、韓国には
「ハン・ジミン」
というまさにX日な名前の女優さんがいるそうですね。伝聞によればw
Posted by 燈台森 at 2016年03月27日 17:05
すっかり日も落ちた、甲府市内の夕べ。
けふの「真田丸」(BSにて、視聴。)
上杉景勝の人質となつた真田信繁は、直江兼続にも関らず、徐々に景勝の信頼を得ていく。
この為、兼続も仕事が増えると言いながら、真田を赦す。
愈々、徳川との第一次上田合戦が、迫る。

という、回でした。今日は、真田昌幸の出番が少なかったが、面白く、見れました。

サテ寒流おばさん。たわけた事を言うな。そんなに韓国のドラマが見たければ、韓国に行きなさい。放映時間を指定する等、言語道断。
Posted by 百足衆 at 2016年03月27日 18:48
景勝公の善人ぶり全開でした。そして、景勝公の正義だけでなく、弱さや現実直視の姿勢も描いていて秀逸。
それなのに、同じ脚本家が何故、長澤まさみを・・・・。敵の刺客に殺されるか、徳川に人質にでも行けばいいのに。
Posted by デハ at 2016年03月27日 21:25
真田丸は色々と話題に上っていますが、去年の大河は何か話題になったことがありますか?観光誘致に大失敗したという話題しか耳にしませんでしたが(笑)

 
Posted by 田舎帝王 at 2016年03月27日 22:45
おばんです。

断言しよう。三谷は長澤を抱いたか?それとも抱きたいか?のどっちかだなwww

なんか口の臭いオバハンが来とるなぁwww
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年03月27日 23:15
昨日の話は、デハさんが書かれている通り、上杉景勝の人間性が丁寧に描かれていて良かったです。
兼続も、それを十分承知しながら主君を支える陪臣として、人間らしい部分をちらりと見せていたところが良かったですね(少なくとも、天地人の1,000倍ぐらいは)
Posted by シモン at 2016年03月28日 05:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック