2016年04月05日

イタリアの戦車

隣国ドイツの戦車とは独自路線を歩みました。

italian_tank.jpg

欧州車を購入する時、
・安全性・メンテナンスフリーを重視する人はドイツ車
・デザインを優先する人はイタリア車、またはフランス車
・両方に特にこだわらない人は英国車
という分類ができるそうです。
アルファロメオを筆頭に、イタリア車というと「デザインの国・イタリアの生んだ名車の宝庫」と考えている人が多いことでしょう。

SpinglerGerman02.jpg

同じクルマでも、戦闘車両である戦車はどうでしょうか。
田宮模型に、「1/35ミリタリーミニチュアシリーズ」という戦闘車両のプラスティックモデル・コレクションがあります。ここには第二次世界大戦から現代に至るまで、各国を代表する戦闘車両のスケールモデルがラインアップされています。その中はドイツ・アメリカ・ロシアが多くを占めています。

あまり多くない国の代表が、日本とイタリアです。日本軍は、第二次世界大戦中は「チハ車」と呼ばれた中戦車(しかし米国陸軍の軽戦車に負ける)が代表的ですが、欧州で日本陸軍の戦車同様、「弱そう」な戦車を生産し前線に投入していた国、それがイタリア軍です。

semobente.jpg

ミリタリーミニチュアシリーズのイタリア軍の戦車は、M13カルロアルマート中戦車(チハ車に相当)とセモベンテ突撃砲戦車(一式砲戦車に相当)でした。
どちらも、同じシリーズのドイツ戦車(パンサーとかロンメル戦車とか)に比べると、脆弱な印象がある車体です。

この外見だけを見て、「イタリア戦車弱し。日本戦車と同等レベル」と判断するのは早計です。さすがにドイツと国境を接する国イタリア、日本戦車の一歩先を行っていました。
チハ車が47mm砲を搭載して最初の実戦であるフィリピンに投入された1942年より先に、同じく47mm砲を持つカルロアルマート中戦車は北アフリカ戦線に参戦しています。
しかし悲しいかな、砂漠用の防砂フィルターが装備されていなかったため、カルロアルマートは次々に故障していきます。戦車一個中隊の稼動率は一個小隊程度だったそうです。

IT_P40.jpg

イタリア陸軍は、P40というリベット打ちの重戦車も開発・生産しています。しかし少数しか生産されず、製造された僅かな数のP40はドイツ軍によって使用されました。P40が必ず鉄十字のマークをつけているのはそれが理由です。
posted by シモン at 05:00| 東京 ☁| Comment(29) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
イターン リアッ リアッ
リアップ 髪の毛!

イタリアは、軍事車両みたいな外見二の次の戦車は苦手みたいな印象がありますが、ルネッサンス時代の巨匠、レオナルドダビンチは、

戦車のデザインを、残しています。
ヘリコプターのデザインも、残しています。

15世紀に、世界初の空挺戦車がイタリア発で発売されたかも、知れないのです。

戦車先進国イタリア、これからも目が離せません。
ほげらっほげらっ。
Posted by 藤原 at 2016年04月05日 05:51
世界二大可愛い戦車みたいなの有るやろ?日本のチハタンとイタリアの豆戦車?アレ何て言うたかなぁ…チハタンがキューブとかマーチならコイツはベンツのスマートやな。まぁあの辺見ても精々日本陸軍はラーさん…もとい馬賊に毛が生えたぐらいの中国軍。イタリアは土人国家的なアフリカ諸国相手しか想定してなかったんやろね。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年04月05日 07:12
藤原さん
全日空を思い出します
Posted by デハ at 2016年04月05日 07:12
雨となつた、甲府市内の空。
今朝の「とと姉さん」常子(とと)の妹(子役)が、西島の得意先のラサール石井の書類に落書きをする。

という、回でした。
サテ総帥さん。日本の戦車は、満州国で運用するため、防寒対策をしていた筈です。その点はイタリア戦車を凌駕していた。
南方向けにクーラーが有れば、なお良かったことでしょう。
Posted by 百足衆 at 2016年04月05日 08:04
老師

おはようさんです。
そう言やあ、南方と北方じゃ装備や仕様が変わるのは当たり前だな。て、ことはマレーやフィリピンで97式を使うのも無理が有ったんですな。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年04月05日 08:10
ガルパンおじさんですから、イタリアの戦車と聞くとCV33が頭に浮かびますね
二人乗りのタンケッテ。
ちっちゃくって可愛いですよね
Posted by 田舎帝王 at 2016年04月05日 09:03
白足衆さん。太平洋戦争中の戦車は勿論、日本の最新鋭の10式戦車にも、乗員用クーラーは搭載されておりません!

はい!論破されました!
Posted by 通りすがりの軍事オタク at 2016年04月05日 09:48
軍事オタクさん、
白足じゃないよ百足だよ。害虫の百足。
だもんで、百足さんにとっちゃエアコンない方が快適だら。
Posted by ファンタジスタ・サブロー at 2016年04月05日 11:08
う〜ん…この軍事おたくってヤツの一番の問題点は
「一つも面白くない」
ちゅうことやね。韓流ばばあもそうだがハンネにも捻りが無い、努力のアトも無い。※もパターンが一つしかないし、知性もユーモアも無い。ケッコウ仮面みたいに、読んだ瞬間に嘲えるようなぶっ飛んだバカっぷりも無い。昔懐かしスキャンティ・スキャンティみたいに此方をムカつかせもしない。
荒らしにしても必要なものって有ると思うよ?
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年04月05日 11:45
日本とイタリアの戦車はヘタレなのね。クーラーさえついてないとか何よ。熱中症って知らないの?
韓国の戦車の方が強いんじゃないかしら。サッカーも韓国代表はタフだしイケメン揃いだし目がハート
Posted by 韓流大好きおばさん at 2016年04月05日 12:16
韓流大好きおばさんさん。
韓国の主力戦車K2にもクーラーついてません。
そもそも、欠陥戦車です。

はい!論破されました!
Posted by 通りすがりの軍事オタク at 2016年04月05日 12:21
ちょっとあんたいい加減なこと言わないでよ!顔2(おこったカオ)
Posted by 韓流大好きおばさん at 2016年04月05日 12:49
内輪もめですかw

K2同士で撃ち合って互いに一発も当たらない状態www
Posted by 燈台森 at 2016年04月05日 15:32
私はK2ではなく、機動戦闘車です!

はい!論破されました!
Posted by 通りすがりの軍事オタク at 2016年04月05日 17:58
おばさんもオタクさんも、

避弾経始でサヨウナラ〜(^^)/^
Posted by Captured at 2016年04月05日 19:34
日本の戦車は燃費は世界一だった。
Posted by デハ at 2016年04月05日 20:21
こんばんは。

イタリア軍というと、どうも「悪党」のくせに「弱い」、下手をすれば「変態(パソリーニ監督の映画に登場するサロ共和国」のイメージですが、"Cefalonia" という映画には、なかなか勇ましいイタリア軍が登場しますよ。

モリコーネさんの音楽がまた素晴らしいです。
Posted by GATTO at 2016年04月06日 00:17
GATTOさん

イタリア=シチリアマフィアの国なので、本気出したら強いんでしょうね。

モリコーネさんと言えばニューシネマパラダイスの音楽です。
Posted by シモン at 2016年04月06日 04:33
おはようございます。
今日は早出です。。

モリコーネワールドの中では、個人的には「死刑台のエレベーター」ですね。
Posted by ラー at 2016年04月06日 05:23
イタリアといえば、2002年サッカーW杯で審判買収されてて負けちゃいましたよね。
あの時の相手は確かえーと
Posted by 燈台森 at 2016年04月06日 06:05
快晴となつた、甲府市内の朝。
けふの「とと姉ちゃん」とと達が落書きした絵を高額でラサール石井から買い取る西島は、結核に倒れる。

という、回でした。
サテまたファンタジー某が、某フラのように、涌いてきた。
春は、暖かいのは良いが、害虫も増えて困りますナ。
Posted by 百足衆 at 2016年04月06日 08:18
こないだの真田虫…つまらなかったですね♪眠い

花燃ゆだったら、女たちが立ち上がり、おにぎりや羊羹を作って、視聴者の目を楽しませたことでしょうウインク

来年のおんな城主直虎が早く見たいゴメン/お願い
Posted by 花…モユバニー at 2016年04月06日 10:23
おんな城主?
話に行き詰まって、主人公が大奥に入ったとかなんとか支離滅裂になると予想。
Posted by ジョニー at 2016年04月06日 12:22
イタリアといえばTOTO
とと姉ちゃんのあらすじがわかってしまいました。
Posted by 通りすがり at 2016年04月06日 13:17
ほう、「…直虎」を早く見たい。其処まで此処に粘着し続けるつもりかね?変態、バカ露出、恥知らずストーカー宣言かね?無職は強いなあwww
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年04月06日 18:24
総帥さん
バカは方t5絵を見ないと?
Posted by 菅原 at 2016年04月06日 21:28
とと姉ちゃんの出身は浜松、来年のなおとらもは浜松、今年も家康が浜松に住んでいて、浜松は当たりですね。
6日に浜松行きたい。
Posted by デハ at 2016年04月06日 22:51
シモンさん、こんばんは。
第二次世界大戦時のイタリアは、日本やドイツと異なり、あまりまとまっていなかったようです。総力戦とはいかなかった一方、休戦後はイタリアを離れたサロ共和国を作って戦争を続けるとか・・・

ラーさん、こんばんは。
「死刑台のエレベーター」、スリルありますよね。見ていて主人公の気持ちになります。

燈台森さん、こんばんは。
あの時のAZZURI は仙台でとてもあたたかくもてなされたようですね。違う国に入ったとたん地獄が待っていました・・・
Posted by GATTO at 2016年04月07日 00:27
やはりイタリアも日本同様、海洋国家=シーパワーの国なので、ドイツのようなグランドパワーを前提にした戦略も兵器も作ることが出来なかった・・・

というところでしょうか。
Posted by シモン at 2016年04月07日 05:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック