2016年05月11日

シェブ・マミ

アルジェリアの歌手(アーティスト)です。



「中東の音楽」というと、私を含めて一般の日本人は「コーランの音楽」だとか、向田邦子さんのドラマ「阿修羅のごとく」に使われたトルコ軍楽隊の音楽ぐらいしか思いつかないかもしれません。

apr81s.jpg

しかし、日本にJ-POPが存在するように、中東世界にもポップな音楽が存在したのです。
その一例が、アルジェリアの「ライ」というポップ音楽です。その当代一の歌手が、シェブ・マミさんです。

「マミさん」というと、日本人の皆さん(私含めて)は、女性を連想されうに違いありません。「魔法少女まどか☆マギカ」に登場し、悲劇的な死を迎える巴マミさんの印象が強かったのかもしれません。
しかし、このアルジェリアの歌手であるシェブ・マミさんは正真正銘の男です。

男性とは言え、この冒頭にリンクを張ったyoutubeの「Yo Yo」という曲を再生して頂ければわかるように、女性のような透き通った高音がこの人の持ち味です。
アルジェリアは旧宗主国であるフランスと繋がりが深いのですが、アルジェリアのポップス「ライ」はアラブ系二世の多いフランスの音楽界に於いて極めて重要な役割を演じています。

ポップ音楽のジャンル名である「ライ」は、元々掛け声からとられたそうです。
「ライ」といえば、10年ぐらい前に「藤崎マーケット」というお笑い芸人のコンビによる「ラララライ体操」が流行したことがありました。彼らの芸で使われる「ラーイ」という言葉も掛け声でしたので、共通点を持っていると言えるかも知れません。
ライというと、年配の人には松本清張原作「砂の器」を思い出す人も多いかもしれませんが、時代は変わりました。

apr82s.jpg

シェブ・マミは、1999年に「Desrt Rose」で、英国の人気歌手・スティングとの競演を行います。
しかし、「アラビアのロレンス」の頃から、英国人が砂漠に進出するのはアラブ人にとってろくなことがなかったようで、シェブ・マミは2009年に中絶強要未遂事件で逮捕されました。残念ながらここ数年は活動を停止しているようです。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(38) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ラーヰ!
ラーゐ!
ララララ ラーブソーング!

今回も、
一番槍です、一番槍なのです。
なにはなくとも アルジェリア!
そうなのです、アフリカの音楽が、良いのです、良いのです。

この曲に合わせて、私の詩を口ずさんでください。
きっと大地の声が、聞こえてくることでしょう。

ばみゅみゅばみゅみゅばみゅみゅ、
あーいこー(さま)
Posted by 藤原 at 2016年05月11日 05:17
チャンピオンの最後だと思いました。
ところでブルマの子が一人だけですね
Posted by デハ at 2016年05月11日 07:39
乾坤一擲、大雨のち晴れとなつた、甲府市内。
けふの「とと姉ちゃん」とと母(木村演)は、大地真央の援助に激怒し、支援を断る。

という、回でした。
サテシモンさん。この御時世、アラブの音楽を取り上げるのは勇気が要りますナ。
イスラム国とは一切関係有りません、と注釈が欲しかった。
Posted by 百足衆 at 2016年05月11日 08:13
こんにちは。海岸の方は強風のため砂嵐となり、中東の砂漠のようです。こんな時にこそ、こんな音楽が合うのかもしれませんね。

サテ、百足衆先生。アラブ人やイスラム教徒の中でも、テロリストこそ例外的な存在です。うちの近所にも大勢いて、同じスーパーで一緒に買い物をしていますが、まったく平和なものです。あまり警戒してはかわいそうかと思います。
Posted by GATTO at 2016年05月11日 13:09
味の素をラードから作った時を別とすれば、インドネシア人が日本人を襲ったり、テロをしたという記憶がない。
世界最大のイスラム教国はインドネシアだ。
 それを考えると過激思想やテロリズムは、イスラム教と言う宗教に由来するのではなく、アラブ人と言う人種に由来するのではないかと疑ってしまう。
Posted by デハ at 2016年05月11日 21:17
藤原さん

とても良い詩ですね。
Posted by シモン at 2016年05月11日 22:03
デハさん

そう、この曲、なんか「エンディングの曲調から始まる音楽」なんですよね。

日本にくるインドネシアやマレーシアの皆さんはもちろん、アラブから来る人も概ねオイルダラーで裕福な人が多いせいか、まともな人が多いです。
Posted by シモン at 2016年05月11日 22:05
百足衆さん

いつも、「とと姉ちゃん」のレビューを有難うございます。視聴しなくて済みます。

まあ、トランプさんでない限りアラブの人やイスラムの人に偏見は持ちませんので。
アラブの音楽はなかなかいいですよ。
Posted by シモン at 2016年05月11日 22:06
GATTOさん

そうなんです。砂嵐に合うワインや食べ物があるように、音楽も砂漠を連想させる乾いた曲調がなかなか日本の湿潤気候と違っていて面白いですね。

「サテ」百足衆さんの本歌取りですね^^
Posted by シモン at 2016年05月11日 22:08
こんばんは。

自分のコメントの後、しばらく沈黙が続いたので「地雷踏んじゃったかな・・・」と心配しておりましたが、ホッと一安心しております。デハさん、シモンさん、ありがとうございます!

本歌取り
そうなんです!百足衆先生や藤原さんのように素敵なフレーズをお持ちの方が多いですね。私もあやかりたいです。
Posted by GATTO at 2016年05月11日 22:38
そうだ!大切なことを忘れておりました。

藤原さん、藤原さん、擬音の多い藤原詩は、どこの国にも、言語にも合いますよ。結構世界中に広まるかも。
Posted by GATTO at 2016年05月11日 22:46
GATTOさん

藤原さんの素敵なフレーズは、国産鰻をお中元に送ってくださいうまそうじゃうまそうじゃと、菅原君このだらくそぱげかわずやまの(その日の悪人)の2パターンしかありません。
Posted by 菅原 at 2016年05月11日 22:52
菅原さん、こんばんは。あと、あれも楽しかったです・・・

うなごーにゃ!うなごーにゃ!

(笑)
Posted by GATTO at 2016年05月11日 23:12
そうそう、菅原さんのツッコミも楽しみにしておりますよ。

何といっても最高だったのは、藤原さんと同じ苗字の誘拐犯が逮捕された直後のお話ですね(爆死‼︎ )。私が読んだのはつい最近ですが、「あの事件だ!」とすぐに分かりました。本当に声に出して笑いましたよ。
Posted by GATTO at 2016年05月11日 23:26
私と菅原さんはデハさんと宗匠にとっての「神」のような存在なのであります。私達はいつも彼等(の足を)すくうのが役目です。尤も危険度は私の方がはるかに大きいですが。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年05月12日 05:01
総帥さん、おはようございます。

ひえー、ただのツッコミではないんだ!
Posted by GATTO at 2016年05月12日 06:45
マミといえば北川真美死刑囚です。夫の実雄、長男の孝、次男の孝紘死刑囚ならびに被害者の小夜子さんの全員がデブだという超大型事件の首謀者です
Posted by デハ at 2016年05月12日 10:14
晴れとなつた、甲府市内の昼下がり。
けふの「とと姉ちゃん」とと(高畑演)の学費の支援を断られた大地真央は、ある決断をする。

という、回でした。
サテGATTOさん。藤原さんと菅原君、デハサンと総帥さん、のような、持ちつ持たれつの相互関係は、佳いですナ。

相互互助会のような人を、GATTOさんも、見つけられると、佳い。
Posted by 百足衆 at 2016年05月12日 15:27
フハハハハハwww

左様。老師にもサブちゃんが居るワケであるんであるんでアル。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年05月12日 17:28
サテ総帥さん。
私は、北島三郎とは、面識はありません。
Posted by 百足衆 at 2016年05月12日 18:25
駿河の国のサブちゃんで御座る。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年05月12日 18:28
デハさんと私、宗匠と菅原さんが互助会ではなく実は私と菅原さんがタッグなのかも知れない。ま、差し詰め3年程前に
「良い子の諸君」
で盛り上がった四次元殺法コンビだな。二人とも何処かコメントが“冷めてる”もんなwww
こないだもやってもうてね。現在、我が企業グループは会社間で人員のシャッフルが多いのよ。で、私は親方の処から5年振りに帰って来た分けだが、上司が私より若いのよ。別にソコんところどうでも良いのだが、理想論語ったり(私はこういうのが嫌い)熱(苦しい)くてネwwwんなもん5年振りやもん元の型なんて忘れてるし、その間変更った事も多いんやから最初から出来るかいな…で、業務なら兎も角生き方まで語り始めよってな

上司「総帥さん、逃げたら負けですよ」
私「まあ逃げ切ったら勝ちやけどネ」
上司「…」

wwwうん、世の中に善いことはあまり訪れないなwww
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年05月12日 19:46
総帥さんのそういう意味での相棒は、花・・・もゆさんですかナ。
Posted by シモン at 2016年05月12日 19:47
まあ、うらがねずみ小僧次郎吉で、百足の旦那がいつも取り逃がす岡っ引き、というのが正しい。

木曜時代劇、見るら!
Posted by ファンタジスタ・サブロー at 2016年05月12日 20:01
私と総帥は意見や考え方が違うだけですが、藤原さんと菅原さんの場合、明らかに支離滅裂な藤原さんの発言を、訂正またはフォローする菅原さんと言う関係であり、同列視されても困ります。
そして私は総帥に逆切れしませんが藤原さんは・・・。
しかし私も遠祖が藤原氏のため、藤原さんに味方せざるを得ないのです。
しかし菅原氏を敵にまわすと祟られるので、菅原さんにも逆らえないのです。
Posted by デハ at 2016年05月12日 20:11
デハさん

藤原さんだけでなく、天然ぼけの百足衆さんの対応もしています。
Posted by 菅原 at 2016年05月12日 20:17
そう、御大の逆ギレを誘うんだがね…
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年05月12日 20:38
菅原君この、
だらくそ!だらくそ!ぱげ!ぱげ!かわずやまの、北の委員長!

百足衆様は、天然ぼけでは、ない!
老人ぼけだ!不可抗力だ!

ぼけらっ ぼけらっ。
Posted by 藤原 at 2016年05月12日 20:47
なんという楽しい連中なんだろう。
Posted by カリオストロの庭師(GATTO演) at 2016年05月12日 22:22
そういえば、私も総帥さんみたいなやり取りしたことありますよ。

上司 : 自分に敗けたらだめだよ!
GATTO : ということは、勝っている自分もいるわけですよね。
上司 : ・・・

どうも、スポ根思想を押し付ける輩をからかいたい衝動は抑えられないものです・・・
Posted by GATTO at 2016年05月12日 22:50
GATTO様
こちらの常連さんたちの中にはとぼけた人が多いように見えて、その実高偏差値な面々なのです。驚きました。東大、京大もざらにいます
Posted by デハ at 2016年05月12日 22:58
どう言うたら良いのか解らんが、活字で読んでも感動したり違和感無く感じる言葉でも口に出すと変…と言うより
「恥ずかしくないか?お前」
てなる言葉有るんよネ。役者の違いも有るんやろけど、自己啓発本とかに出てくる言葉ネ。
私の昔の上司が勤めてた会社の副社長(業界では伝説的な女性。社長の奥さんでこの方がお亡くなりになってからその会社は傾いた。凄いカリスマでも在った)が

「お客様の為だけを考えてたら自然に会社も良くなって皆の暮らしも良くなるのよ。生活の為にお客様に頭下げるじゃダメなの」

て教わったそうだが…てやんでいwwwその副店長死後の事だが、会社が傾いて労組が追及したら創業者、経営者一族が凄い贅沢してた…ってのが解ってねぇwwwその上司は私に熱心に説くんですが、それを知ってる私は冷めちゃってねぇwww(続く)
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年05月12日 23:13
で、その上司が私に語った話が凄いwww

「こないだ○○屋(チェーン店)という所でかみさんと食事をしたんだ。で、最後にハニートーストってのを頼んだんだ。其は分厚いトーストにウェイトレスがハチミツを掛けてくれるんだが
『コレからハチミツ掛けまぁす。良いって処でストップて言って下さぁい』
と言って、それから
『♪ブンブンブン〜ハチが翔ぶぅ〜』
と歌いながら掛け始めたんだ!少しの間でもお客様を楽しませようて言うサービス精神だ!」

ておwww
ヤだよ。そんな奴隷労働見せつけられて物が食えるかよwww強要されたらパワハラ、モラハラだよ。第一料理の上で歌われたらツバも飛ぶがな。
此に感動するのがサービス業なのかね?今さら後戻り不可能だが、私には向いてなかったんだねえ…

Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年05月12日 23:33
デハ様、こんばんは。
私もそれを感じています。教養のある人たちが大切なことをおさえてボケをかますから面白いんですね。特に、シモンさんがドラマの登場人物をわざと間違えて説明するところなど本物のユーモアセンスを感じます。

総帥様、こんばんは。

お客様のため < お偉いさんのため

なんですよね、本当は。私も白々しいものを感じます。
Posted by GATTO at 2016年05月13日 00:20
GATTOさん

ま、何でもエエんやけど、自分が前線に立った時に実行出来ないのは最早作戦とは言えないと思うのよ。例えば前の職場で贈答品を
「30個作れ」
て言われた時に
「40分下さい」
て言うのよ。この40分てのはやはり急ぐのと同時に
「何が有るか(別のお客さんの対応もせんならん、包んでる間に不良が見つかってやり直さなあかん物も有るかも知れん、レジも打たなあかん)解らんから、その対応の為の余裕も見なアカン」
のよ。でもお客さんにも都合も有ればキチガイみたいなこと言う奴も居るのよ。で、苦情が立ったら偉いさんてのは小言抜かしよるし
「終わったから良かったやないか」
なんて言う偉いさんは物分かり良さそうやけど、そうとは言い切れん。だって何時でも矢面に立つのは俺らやからね。無責任の場合も有る。そういう事無いように
「人員を増やすか、出店をセーブしろよ。じゃないと又、起こるよ」
言うんです。しまむらが何故19時閉店なのか解りますか?パートのオバサン達が家族で食事出来るようにです。だから安心して求人に応えてもらえて結果的に無理の無い人員確保が出来る理由やね。イオンもユニーもセブンも背伸びのしすぎやね。
で、相田みつをの書とか詩とか其をテーマにした映画(人間だものだっけ?臭いんやwww)とか観さされるんやね。
余談ですが相田みつをの“詩”て“詩”か?アレはただのフレーズやと思うんやけど。と、あの人の“書”云うのもなあ…アレはわざと下手に書いとるネ。ギターはキース・リチャーズとかジミー・ペイジみたいな
「下手なのか?実は上手いのか?ヤッパリ下手なのか…?」
てのは面白いんやけど、“字”て言うのか“書”てのはそのまま書くもので其をわざと下手風に書くのって、なんか“あざとい”て言うのか“わざとらしい”て言うのか“胡散臭い”言うのか(ま、私が別名“楔型文字”と言う凄まじい“字”を書く故のコンプレックスですがね)は“裏”を感じちゃうのよね。

と言っても「ゴマメの歯軋り」ですがね。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年05月13日 01:25
総帥さん

>ま、何でもエエんやけど、自分が前線に立った時に実行出来ないのは最早作戦とは言えないと思うのよ。例えば前の職場で贈答品を
>「30個作れ」
>て言われた時に
>「40分下さい」
>て言うのよ。この40分てのはやはり急ぐのと同時に
>「何が有るか(別のお客さんの対応もせんならん、包んでる間に不良が見つかってやり直さなあかん物も有るかも知れん、レジも打たなあかん)解らんから、その対応の為の余裕も見なアカン」
>のよ。

これ正しい対応ですよね。仕事にはリスク分も含めて時間も金も見積もりしないと。値引き要求に屈してリスク分を外して安い金額にすると、なにかあるとたちまち赤になったり、結局お客さんのためにならないですね。

で、こういう仕掛けをお客さんはもとより肝心の上司が理解してないことが多いです。総帥さんの(会社組織上の)上司の人が、「お客さんのために、もっと早くやるんだ!(目に炎)」とか言ってたら、その上司を相手にする分も余分なリスク分なんですよね。

だいたい、仕事というもの自体が、例えて言えば前後に数cmの間隔しかないところに縦列駐車された車を「運転して、車庫に移送しろ」と命令されるようなもので、ぶつけずに移動できたら「当然の仕事」としてほめられないのに、ちょっとでもぶつけたら「何やってる!」と怒られる・・・ようなものです。

ちなみに、仕事量は売り上げに対して指数関数的に増えるので、損益分岐点を越えればずっと儲かるわけではなく、ある限界を超えると売れば売るほど(働けば働くほど)赤になるという収支限界点があることが「高田式操業度分析」によって知られています。
Posted by シモン at 2016年05月13日 05:01
GATTOさん

>ドラマの登場人物をわざと間違えて説明するところなど

以前ニューミュージックの記事で、ニューミュージシャンを斜めな解説をしたらコアなファンの人に食って掛かられたことがあります。あとコナンの記事とかも。

中庸が肝心ですね。
Posted by シモン at 2016年05月13日 05:53
総帥様、総帥様
ブンブンブーン、鰻が泳ぐー
と歌いながら、丹精込めて焼き上げた国産鰻を蒲焼を、是非お中元といわずもっと早めに贈ってください、贈ってください。
ブンブンブーン、鰻が届くー
と、みなしごハッチになった気分で、
お待ちしております。
お待ちしております。
うなごーにゃ、うなごーにゃ。
Posted by 藤原 at 2016年05月13日 05:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/437447513
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック