2016年05月19日

甘辛カレー

大阪独特のカレーです。

amakara_curry.jpg

「人生は甘辛」と表現される通り、人間の生涯とは起伏に富んでおり、幸せだからといっていつまでその状態が続くとは限らないのと同様、不幸だと嘆くよりは少しでも努力して運気が向くのを待つのが正道というものでしょう。

may_03.jpg

「甘辛カレー」とは、このような人生を凝縮したかのようなカレーです。
東京の渋谷の「ボルツ」のカレーや、グリコのレトルトカレー「LEE」はただひたすら辛かったのですが、大阪の地に独自に発展したこのカレーは「最初は甘くて、後で激辛」なのです。

大阪のカレーで最も有名なのは、自由軒のカレーです。大阪の生んだ、夭逝した文豪織田作之助の名作「夫婦善哉」では、自由軒でライスカレーを食べるうちにろくでなしの亭主柳吉が恋しくなる蝶子の姿が鮮明に描かれています。

「夫婦善哉」というと、漫才師のミヤコ蝶々と南都雄二が司会をした「新婚さんいらっしゃい」の先駆け的なトーク番組を思い出す人も多いことでしょう。この番組で、元々夫婦だったミヤコ蝶々と南都雄二は離婚をしています。しかし離婚した後も、かえって自由に結婚時代の思い出を語っていたという、大阪ならではの人情番組でした。まさしく、「甘辛」な人生模様が浮かび上がってきたそうです。

その自由軒のカレーに何故生卵が載っているか。私は近年までその理由を正しく理解していませんでした。
生卵で中和しないと、自由軒のカレーは最初甘いのですが後に大汗をかくほどの激辛カレーだったからです。
最初は甘いと思って油断していると、おもむろに辛くなってくるカレーこそが、自由軒、そして大阪のカレーの真骨頂です。

may_04.jpg

先日、神田で「上等カレー」を食しました。このカレーは大阪福島区発祥、第5回カレーグランプリ優勝という店だそうで、店で一押しのトンカツカレーを生卵のトッピングで美味しく頂きました。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(35) | TrackBack(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最初は甘くて後から激辛なんて、甘い誘惑に乗せられた詐欺被害者みたいですね

辛いカレーに卵をのせると、辛さを押さえるだけではなくて、味に深みが増しますね
Posted by 田舎帝王 at 2016年05月19日 06:01
Posted by 菅原 at 2016年05月19日 06:09
快晴となつた、甲府市内の空。
けふの「とと姉ちゃん」とと(高畑演)は、歯槽膿漏の女性を救わんと、練り歯磨きを作成する。

という、回でした。
サテ田舎帝王さん。確かに、生卵を加えると、味わいに深みが増しますナ。
我が家は、レトルトの「銀座カレー」で試みています。
Posted by 百足衆 at 2016年05月19日 08:01
めおーと ぜん!ざい!
全財産。私に暮れ!

織田作之助の夫婦善哉は、愛読しました。しました。
「じ、じ、自由軒のカレーは、た、た、たまごがのっているので、むまい」
という一説に、感動しました。

菅原君!誰も鯰を食べたいとは、言っていない!このだらくそだらくそぱげぱげかわずやまの、ベッキー!
Posted by 藤原 at 2016年05月19日 08:16
藤原さん

そんな一節は、夫婦善哉にはありません。
Posted by 菅原 at 2016年05月19日 11:18
生卵をトッピングする時、白身をかけるとカレーの味が薄められてしまうので、黄身だけトッピングするようにしています。

大阪甘辛カレーはエスビー食品からレトルトで売ってます。
Posted by ラー at 2016年05月19日 12:12
こんにちは。辛いものは苦手なので、大阪に行ってもちょっと無理かなあと思っております。

それよりも、菅原さんにお教えいただいたナマズの方が食べたいですね。千葉県はウナギも美味しいのがあるのですが、さすがに高いです。たとえ代用でも美味しいものを安くいただけるのはうれしいです。この夏くらい、自分も中国に行きたいと思うのですが、ピーチって遼寧省方面に便があるかなあ・・・
Posted by GATTO at 2016年05月19日 12:46
私も食べてみたい。因みにボルツは全然辛くない。りーは辛さより塩辛さと苦さを感じる。高円寺の裏道で道に迷って入ったカレー屋のは辛くてしばらく口が聞けず陰部が痛くなりました
Posted by デハ at 2016年05月19日 13:39
GATTO様、私も見てみました。近大、最近ビジネスで頑張ってますね。

開発者が大阪甘辛カレーファンだったら、タレの味も甘→激辛かも知れませんな‥
Posted by A2Z at 2016年05月19日 17:02
田舎帝王さん

会社に入ったばかりの頃、名古屋出身の人が社食のカレーに必ず生卵をかけていましたので、なんとなく、カレー+生卵という組合せは中京地区の食べ物と先入観を持っていました(実は大阪なんですね)
どっちかというとエビフライカレーの方が愛知県なんでしょうね(実利的)
Posted by シモン at 2016年05月19日 19:35
菅原さん

藤原さんに食べられる運命のナマズが、ちょっと可哀相ですね。どうせなら柳川で我慢しておけば・・・>藤原さん


>
>藤原さん、朗報です。
>http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ18HS7_Y6A510C1TI5000/
Posted by シモン at 2016年05月19日 19:37
百足衆さん

いつも、「とと姉ちゃん」のレビューをありがとうございます。

レトルトの中では、「銀座カレー」は実は一番大阪甘辛カレーに近い立ち位置にいると言えます。
まあ、卵を載せたり載せなかったりで、味の変化を楽しんでみてください。
Posted by シモン at 2016年05月19日 19:39
藤原さん

織田作の夫婦善哉は私も詠みましたが、その前に「京都版ぴあ」みたいな雑誌に、織田作の
「あんじょうま、ま、ま、まむしてあるよって、うまい」
という一節が引用されていたので知っていました。

ただ、菅原さんも書かれているとおり、ご指摘の一節は見つかりませんでした・・・
Posted by シモン at 2016年05月19日 19:43
ラーさん
>
>生卵をトッピングする時、白身をかけるとカレーの味が薄められてしまうので、黄身だけトッピングするようにしています。

それはそのとおりですね。
おそらく、ラーメンにトッピングする場合も白身はないほうがいいかもしれません(鍋焼きうどんは例外なのですw
Posted by シモン at 2016年05月19日 19:44
GATTOさん

>辛いものは苦手なので、
ははは!
私はインド方面はじめ、アジア諸国に社用で行かされているので、辛いモノは得意になりました!(初めて「勝った!www

ピーチアビエーションに乗ったことはありませんが、遼寧省というか大連方面は中国の中でも親日なので、日本より美味しい鰻を食べられるかもしれませんね。
Posted by シモン at 2016年05月19日 19:48
デハさん

ボルツ、辛くないですか!?
昔の思い出なので、なんかすごく辛いカレー=ボルツと思ってました(今は耐性が上がってますねきっと)

辛口で口が利けなくなるのは了解ですが、陰部の活性化は是非お願いします。
Posted by シモン at 2016年05月19日 19:50
A2Zさん

最近は関西の大学で京大以上に頑張っているのが近大です。
Posted by シモン at 2016年05月19日 19:51
真田虫…人気ないですね♪(ワラ

6月で打ち切って、花もゆの再放送が、現実味をおびてきました!
Posted by 花…もゆ at 2016年05月19日 21:38
まむーん しっ しっ
鼻もゆ シッ!シッ!

そうでした、そうでした。シモン様、そうでした。
「あんじょうま、ま、まむしてあるよって、うまい」
でした。弘法も筆の誤りでした。

この一説を読んで、まむしカレーを想像して、しまいました。まむしカレー。沖縄では、ハブカレー。滋養強壮には、良さそうですが、味の方は、どうでしょう。
菅原君!試食したまえ!
Posted by 藤原 at 2016年05月20日 05:09
藤原さん

まむしカレーは鰻の味で美味しかったです。
Posted by 菅原 at 2016年05月20日 06:17
晴れとなつた、甲府市内の朝。
けふの「とと姉ちゃん」とと(高畑演)は苦難の末、歯磨き粉を完成し、弁当に混ぜて売り出すのだが。

という、回でした。
サテ菅原さん。まむしカレーは、存外美味しいかも知れませんナ。爺もいつか食してみたいです。
Posted by 百足衆 at 2016年05月20日 07:59
百足の旦那にはムカデカレーがイチ押し!
Posted by ファンタジスタ・サブロー at 2016年05月20日 08:10
おやまた、害虫がわいて来ましたナ。

悪霊退散。
Posted by 百足衆 at 2016年05月20日 08:21
菅原君この、
だらくそ!だらくそ!ぱげ!ぱげ!かわずやまの、アメリカ軍属!

本当に食べて、言っていないだろう!余をたばかったな!

今日は金曜日。自宅で昼食の日だ。もうじき、本日の昼食が、発表に、なる!

うほっ楽しみじゃ楽しみじゃ。
Posted by 藤原 at 2016年05月20日 10:03
今日の昼食が、発表に、なった!
海老フライのタルタルソースだ。ピーマンの炒め物、千切りキャベツ、具なし味噌汁も、つく。

田舎帝王様一押しの、エビフリャーだ。
うほっうまそうじゃうまそうじゃ。
Posted by 藤原 at 2016年05月20日 11:17
フフフ藤原さん。
貧しいお昼ご飯ですね青ざめ

花燃ゆの、文のおにぎり最高キャラクター(万歳)
Posted by 花…もゆバニー at 2016年05月20日 15:21
本当にそうだね。真田丸では、おいしそうにご飯食べるシーンが出てこない、変な大河ドラマだものね。

もうじき朝鮮出兵をやるだろうけど、韓国水軍に秀吉軍がさんざんに敗退したシーンはきちんと放映してほしいね。
韓国の農民をかばって味方に切られた秀勝は漢だね。
Posted by 韓流大好きおばさん at 2016年05月20日 16:25
菅原さんの「まむしカレー」
って、蝮を食材に使っているという意味ではなく
ご飯とカレーが混ぜ合わさった状態のカレーのことを言ってますよね?
Posted by シモン at 2016年05月20日 20:05
ファンタジスタ・サブローさん

百足は、貴殿のお好きな漫画「釣りキチ三平」の釣餌ですよね。
Posted by シモン at 2016年05月20日 20:06
藤原さん

いつぞやは、「ダンボールを水で戻してソースをかけて食べた」と言ってらっしゃった記憶が・・・
だいぶ食生活も改善されましたね。
Posted by シモン at 2016年05月20日 20:07
百足衆さん

いつも、「とと姉ちゃん」のレビューを有難うございます。

歯磨きチューブ付の弁当・・・あまり食べたくありませんw
Posted by シモン at 2016年05月20日 20:08
韓流大好きおばさんさん、鼻・・・もゆさん

ひょっとして、お二人は「高度な釣り」というか、
あえてこのblogを盛り上げてくださるための「サクラのヒール役」なのでしょうか??

もしそうでしたら、たまには本音ベースで投稿ください。お時間があるときでかまいません
Posted by シモン at 2016年05月20日 20:10
シモンさんとやら、勝手に仲間に引き込むじゃないよ。
私は客観的にもの言ってるだけで、
どう考えても韓流ドラマの方が真田丸よりよく出来てるし。
日本人が、歴史を捏造する傾向だってこと知ってるから。
そういった中で、朝鮮出兵をドラマに出すんだったら、キチンと日本の負け戦だったって、描いてほしいね。

せめて真田丸では、プルコギを振舞われた日本人が、文化の差が埋めようにもないことを悟った場面とか入れてほしいね。
ジェームス・ジラユ最高。
Posted by 韓流大好きおばさん at 2016年05月20日 20:43
おばんです

やったじゃんwww管理人殿。
此方から下手に出たのに、手切れの宣言と言うか言質を取れたんだからwww此で遠慮はいらないね。わざとなら中々な外交手腕ですよ。

「○×さんとやら…」

てのは殿様が自分の領民に対してぐらいしか使って赦される言葉やね。私はコレが一番イケ好かん。他人のブログに乱入しておいてコレや。大好きなチョーセン人そのものやね。
無視無視。一切居ない者としましょう。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年05月20日 21:41
こんばんは。昨日の朝からまた時間があいてしまい、失礼しました。

A2Z様
激辛のウナギですか。山椒すらかけないのに・・・むむむ(横山光輝か)無理だあ!

シモン様
いやあ、あまりかいかぶると、後でがっかりしますよ(笑)。私、背はちっちゃいし、お腹出ているし、髪の毛乏しいし、メチャメチャ強いメガネかけているし・・・
でも、そんなふうに喜んでいただけるのは本当にうれしいです。ありがとうございます。
Posted by GATTO at 2016年05月20日 22:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック