2016年05月31日

シトロエンGS

70年から80年代の中頃まで生産された仏シトロエンの小型大衆車です。

citroen_gs.jpg

多くのフランス人の人生とは、どんなものでしょうか。
それは基本的に週末を目指して平日に働き、週末はバカンスに出かける。という、週末重視型のライフスタイルです。
従って、耐久消費財である自動車はそのニーズに応えるべく、荷物室には子連れの家族4人が数泊旅行できる荷物を積載できることが必要条件です。

may_07.jpg

そんな要求を満たすべく、70年に登場したシトロエンの大衆車が「シトロエンGS」です。
当時シトロエンの車種は、フラッグシップである「DS」と、2気筒エンジンの「2CV」のラインしかありませんでした。トヨタにたとえると、レクサスとピクシスしかないようなものです。
その中間のセグメントに属する車がなかったため、そこを補完するためにGSが開発されたのです。

シトロエンの特徴であるハイドロニューマチックサスペンションを搭載し、後輪が隠れるお馴染みのスタイルです。排気量は当初1,015ccの空冷水平対向エンジンが横置きされましたが、のちに1,129ccと1,222ccの4気筒SOHCエンジンが縦置きされました。ブレーキは後輪がドラムブレーキ主流の時代に4輪ディスクブレーキを採用しました。ビロトールというモデルは497.5cc×2の水冷ロータリーエンジンを搭載し、パワーが増強されていました。

日本では西武自動車販売が取り扱い、200万円を切る安価な価格設定が人気となりましたが、エアコンを後付けすることが出来ないため、夏場の運転は過酷だったそうです。また、ラテン車の特徴の一つである「しょっちゅう故障する」特性はこの車も例外ではありませんでした。

may_08.jpg

GSが製造された時代は欧州の鋼板は品質が悪い時期でもあり、現在では日本はもとよりフランスでも稼動している車を見ることは稀ですが、ロベール・オプロンデザインのそのスタイリングは現在の目で見てもカッコ良いと思います。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☁| Comment(40) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
シトローン えん!えん!
ドゥセボー。トレビアン!

シトロエンは、ミシュランのタイヤです。
ミシュラン五つ星の鯛焼きが食べたいです。

総帥様、総帥様。
前の記事の、続きが読みたいです。読み鯛焼きです。
Posted by 藤原 at 2016年05月31日 05:57
曇りとなつた、甲府市内の朝。
けふの「とと姉ちゃん」とと(高畑演)は、仕事を妨害され、手書きで文書化する。

という、回でした。
サテシトロエン。フランスの名車ですナ。自動車評論家のHBさんの評価をお聞きしたい。
Posted by 百足衆 at 2016年05月31日 07:58
藤原さん

とても良い詩ですね。
Posted by シモン at 2016年05月31日 19:29
百足衆さん

いつも、「とと姉ちゃん」の詳細なレビューありがとうございます。
Posted by シモン at 2016年05月31日 19:29
こんばんは。

今朝からすっかり体調を崩してしまいました。久々の野良ネコ生活、楽しいようでも身体にはちょっと負担だったようです。まあ、あと1週間くらいで嫁さんも帰ってきますので、それまでの辛抱です。

シモンさん、腹のたつことはあっても、やっぱり奥様は大切にしましょう。お互いにね。

今日は他の皆さんのご不在かな?でも、百足衆先生と藤原さんがお元気なようでうれしいです。

それではまた、よろしくお願いします。
Posted by GATTO at 2016年05月31日 19:35
GATTOさん

お互い、奥さん同様自らの身体も労わりましょう。
我々の世代、それが奥さん孝行の一環だったりしますね。
Posted by シモン at 2016年05月31日 19:40
車高が変わるのはすごいと思いましたが、後輪を交換するのが大変だと思いましたね。
Posted by デハ at 2016年05月31日 22:41
それにしてもフランス語には「エン」「サル」「モン」と猿を連想するモノが多いですね。
サルトル、サルコジ、モンブラン、シトロエン、ルシエン・・・。
英国は「豚」ですが。
Posted by デハ at 2016年05月31日 22:42
そういえば、映画「グランプリ」に登場したフェラーリのドライバーもサルティでしたね。ベルギーGPの事故で男の子を二人巻き添えにした後、その父親に「サルー!」と怒鳴られ掴みかかられていました。

デハさん式のやり方は、日本人が外国語を勉強する時、固有名詞などを覚えるのに有効だと思います。

一方、イタリア人の名前は、アレッサンドラ(虎。私の先生にもいました)やデ・チェザリス(栗鼠)など、連想される動物がバラエティに富んでいます。
Posted by GATTO at 2016年06月01日 03:11
デハさん

その理屈でいうと、怪獣国は「丼」ですね。
Posted by シモン at 2016年06月01日 04:25
GATTOさん

アレキサンダー大王が虎で、シーザーはリスさんなんですね。
Posted by シモン at 2016年06月01日 04:27
がびょーん ぶがらっ!ぶがらっ!

咆哮せよ 若い魂たち
疾走せよ まだ見ぬ朝に向かって

ばぶーん ばぶ!ばぶ!
イクラちゃん。はーいー!
Posted by 藤原 at 2016年06月01日 06:09
70年代のシトロエンの鋼板の質が悪いとあり、同時期のイタリアのアルファロメオの問題と共通で労働運動の激化で手抜きが横行し品質が落ちたのと、社会主義国のソ連から粗悪な鋼板を輸入したかのどちらかでしょう。
最近のフランス車の外装は、ツートンカラーにしたり各部にメッキ加飾を付け見栄えがありますね。
Posted by HB at 2016年06月01日 07:26
快晴となつた、甲府市内の朝。
けふの「とと姉ちゃん」とと(高畑演)の意地悪な女上司は、所詮女は雑用係ですよ、と語る。

という、回でした。
サテ満を持して、HBさん登場。そう云えば、ユーロコミュニズムの時代、フランスはソ連や中国と通じて居ました。お陰で質の悪い鋼鈑を使ったのかナ。共産主義は、ストライキをしたり、品質が悪くなります。
Posted by 百足衆 at 2016年06月01日 08:15
おはようございます。

GS は BX の前のモデルなんですね。BX の方は、知人も乗っていたので結構馴染みがあります。でも、GS のロータリー・エンジンの事は全然存じませんでした。

ところで、2CV は、正式には’90年のポルトガルでの生産が最後となっていますが、実際には現在でも新車が買えるようですよ。


藤原さん、ここ2日の間に急お洒落な詩になりましたね。フランス車の影響でしょうか?あまりに格好良いので、菅原さんもツッコミ入れられないのかな?

シモンさん
シーザーはカエサルだから、猿でもあるのですね。

HBさん
チャールストンでしたっけ、私もツートン・カラーの2CV 大好きです。
Posted by GATTO at 2016年06月01日 09:18
アレキサンダー三世が呆れ三太、ドミトリードンスコイがごみ取りゴン助
Posted by デハ at 2016年06月01日 10:36
「坂の上の雲」やね。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年06月01日 11:41
GATTOさん

藤原さん、あまりに良い詩なので、呆気に取られていました。
Posted by 菅原 at 2016年06月01日 15:30
同じ設計者でも、シトロエンはシトロエン風味ですし、フィアットはフィアット風味ですよね。

今は、シトロエンは個性が薄まりましたね。アルファロメオとマツダは赤が似合う個性がいいと思います。
Posted by ラー at 2016年06月01日 16:33
真田虫、視聴率激減の3ポイントダウン!16%台に!ショッキング

そろそろ、メッキが剥げて来ましたね…わからん

と同時に、花燃ゆ待望論が!キャラクター(万歳)

悪い新作よりも、良い再放送ですね目がハート
Posted by 花…燃ゆバニー at 2016年06月01日 17:05
そうだね真田丸はいつもしょうもない話ばかりだね。
北条は室町幕府に滅ぼされたのにまだ出てくるとか変だね。歴史のリスペクトがないよね。
真田丸は半年で終わって、韓流ドラマを放送してほしいね。
Posted by 韓流大好きおばさん at 2016年06月01日 17:14
GATTOさん

> シーザーはカエサルだから、猿でもあるのですね。

あっ、確かに。
ブルータスはブルドッグだから犬猿の仲だったかもしれませんね。

ちなみに、私ブルドッグ顔の女性(女優)は苦手です。
Posted by シモン at 2016年06月01日 17:53
HBさん

うーんなるほど。
私は、この時代のフランス車が粗悪な鋼板だったことは知っていましたが、何故というところまで突っ込んでいませんでした。
専門家の視点からフォローありがとうございます。

ツートンは塗装技術が求められそうですね。広重の多色刷り版画みたいな世界でしょうか。
Posted by シモン at 2016年06月01日 17:55
百足衆さん

いつも、とと姉ちゃんの解説を有難うございます。

共産主義で品質が悪くなる・・・確かにそうですね。
と同時に、そんな仕事をしている従業員の生活の品質も悪くなりそうです。
Posted by シモン at 2016年06月01日 17:56
総帥さんデハさん

「坂雲」あれだけ制作費かけたのだから、もっと再放送してほしいですね。
しかしそんな「坂雲」にも森本レオ軍曹のような存在を(原作者の意図を無視して)紛れ込ませるN○K。・・・
Posted by シモン at 2016年06月01日 17:59
ラーさん

そう、フランス車はイタリア車に比べてそこはかとなく「プライド」を感じますね。乙に高くとまった感じ、と言うんでしょうか。

イタリアはデザインは優れているけど、フランス車のような露骨な知性主義は感じません。私が知らないだけかもしれませんが・・・
Posted by シモン at 2016年06月01日 18:01
菅原さん

藤原さんの詩、とても良い詩ですね。
Posted by シモン at 2016年06月01日 18:02
デハさん

プーチンのチンは犬のチンでしょうか。
Posted by シモン at 2016年06月01日 18:03
おいシモンさんとやら、
せっかくコメントしてあげてるのに返信なしでスルーかい、
人格を疑うね。

東京のアイドル刺傷事件も、SNSでコメントをスルーしたせいだよ。わかってるのかい。ストーカーしてるわけじゃなし、韓流にもっと好意的な返信しないと、不公平だよ。
Posted by 韓流大好きおばさん at 2016年06月01日 18:56
韓流大好きおばさん

母国に、お帰りになるのがベストです。
Posted by 菅原 at 2016年06月01日 19:06
管原とやら、何を言ってんだい。
国籍は関係ないだろう。そこに住む住民の主張を最大限に取り入れ、手厚くもてなすのが、敗戦国の責任だろうが。
韓国は、連合国の立場にたって、日本を指導しているのに、日本が言うことを聞かない、と最近よく聞くね。
Posted by 韓流大好きおばさん at 2016年06月01日 19:19
菅原さん

管理人殿からみんな無視してババアが寂しがって苛つき始めたのに何でぶち壊したのよ?放っとけよT
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年06月01日 22:56
ま、リアルチョンコストーカーてのだけは解った。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年06月01日 23:01
こんばんは。やっと体調回復しつつあるナリ。とはいえ、昨日休んだ分、病みあがりで残業はチト辛かったです。

まあまあ、総帥さん。菅原さんもついいつものちょっかい癖が出てしまったのでしょう。私は菅原さんのそんなところ結構好きですよ。でも、さすがにこれを最後にしましょうね。相手してもらいたいのミエミエですから。それにしても、自分から返信を要求する荒らしって・・・ストーカーしてることを否定するストーカーって・・・vvvv
Posted by GATTO at 2016年06月01日 23:55
それより、総帥さん、力尽きて寝てしまい、忘れてしまったやつ思い出しましょう。読んでみたいです。
Posted by GATTO at 2016年06月02日 00:17
私が殿(しんがり)戦をよくやる理由は、仕事柄こういう時間になる事が多いってのが大きな理由の一つやけど
「退く…」
と見せ掛けてばら蒔いた地雷や伏兵で、調子に乗って追ってきた敵を皆殺しにする…って醍醐味が良い理由よ。私のカキコに乗って来るのがいたら
「よし!掛かったな!」
てな感じでね。いや別に殺したりはせんよwww

三国志の劉玄徳は戦下手みたいな言われてるが、実は曹操が直に来た場合と関羽の弔い合戦以外は殆ど負けてないのよ。実際に
「公叔の殿は戦の見本」
て意味合いの評判も在ったそうで。夷陵の戦いでも劉備の陣に仕掛けようと皆が騒ぐのを陸遜が押さえていたら、藪から伏兵がゾロゾロ出て来てみんな
「ゾッ」
としたって話もある。普通ならやられてた分けよ。

ま、何が言いたいかってえと、そういう話ややり方が好きなだけに解るのよ、キチガイババアの手が。で、皆がスルーしまくってたら相手にしてくれないもんどから自家中毒起こして拗ね始めたから
「お、バカのバカ踊りが始まったゾwwwさぁ次はどう踊るかな?」
と思ってたら…相手にして欲しい奴の相手したら喜ぶだけやがな。其が残念でね。
ま、もう一度構築してみるベエ。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年06月02日 00:28
GATTOさん

いやホンマに忘れたwwwまあ一つ付け加えたら例の日照時間の件は富士宮に居た時のミーティングで出た話でネ。当時の私の部所が生活用品、インテリア等も扱ってたのでこういう資料が出てきたのよ。
「斯くの如く静岡、山梨(大きなショッピングセンターが山梨南部には無いらしいので富士宮に来るお客さんが多い)は日照時間が長いから商品として○×の確保を…」
てな感じでね。まあ流石ジオンは細かいワwww
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年06月02日 00:41
あらら・・・もうお忘れですか、それは残念です。でも、思い出されたらよろしくね。気長にお待ちしております。

それよりも、総帥さんは劉備ですか。私は三国とも縁があるので全部好きなのですが、一番好きなのは孫権をはじめとする呉の国なんですね。実際の歴史では三国の中で最後まで滅びずに残っていた国なのに、ドラマなどではだいたい最初に存在がフェイド・アウトしている、あのマイナーさが何とも(笑)。
Posted by GATTO at 2016年06月02日 01:13
どめらっどめらっ。
Posted by 藤原 at 2016年06月02日 04:00
どめらって何ですか?
Posted by 通りすがり at 2016年06月02日 16:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438123457
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック