2016年06月10日

ナス

英語で「eggplant」と呼ぶ、ナス科ナス属の植物です。

eggplant.jpg

今日6月10日は、電機メーカー他多くの企業の夏のボーナス日です。
ボーナス日→ナス日→なすび
という連想で、今日はナスを使った料理が多くの家庭の食卓に載ることでしょう。

may_27.jpg

ナスは一年生の植物です。原産国はインドという説が有力で、日本には既に平城京の時代には栽培されていたことが判明しています。

ナスは夏に収穫されます。
「秋茄子は嫁に食わすな」
という諺がありますが、この意味は「秋に収穫されたナスは美味しいので、嫁などに食わせたら勿体無い」という意地悪な姑の意見だという説や、「秋にナスを食べると体を冷やしてお腹を壊すので、嫁に食べさせてはいけない」という奥さん思いの主人の意見という説の2説あり、どちらが正しいのか判然としません。

ナスの形状はいろいろあり、「丸ナス」は京野菜や信越地方で、「卵型ナス」は関東で、「長ナス」は東北と関西以西で、「大ナス」は九州で栽培されます。「米ナス」は主食の米とは全く関係なく、米国のブラックビューティーという品種を日本で改良したためについた名前です。

ナスは油を吸いますので、油で炒めた料理に向いています。
変わったレシピとして、「ナスの蒲焼」があります。

1.ナスの皮を剥き、形のまま柔らかくなるまでレンジで温める
2.ナスの中心から少しずつ開き、平らにする
3.フライパンに油を引いてナスを入れ、ナスの両面に焼き色を入れる
4.砂糖・醤油・みりんそれぞれ大さじ3倍を混ぜて蒲焼のタレを作り、ナスに絡める
5.ご飯に載せると、一見国産鰻の蒲焼丼になる(好みで山椒をかけて召し上がります)

may_28.jpg

動物性蛋白質がない分、カロリー少なめでヘルシーな蒲焼が出来上がります。
我が家はナスが少なかったので、鰻ではなくこちらを戴く事とします。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(20) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なすーん ナスッ!ナスッ!
ナスダック。為替と株の値動きです。

蒲焼きは、ナスではなく、国産鰻がいいです。国産鰻に限ります。

菅原君!君は、ナスの蒲焼きを食べたまえ!
Posted by 藤原 at 2016年06月10日 06:07
藤原さん

蒲焼の味はほとんどタレで決まりますので、
小骨の多い中国産鰻の蒲焼よりも、良いタレを使ったナスの蒲焼の方がおいしいかもしれません。
Posted by 菅原 at 2016年06月10日 06:12
私ら”軽薄短小“系の業界は鉄鋼や自動車等の”重厚長大“系の実績を見てからですので7月10日がナスの日です。ま、業績良くないし、上司ともなあ…
「あのままジオン公国に居た方が良かった」
なんて思っちゃいない。こうなるのはある程度予測はしてたから。でもあのデリカシーの無さは堪らんワ。秋田の人やけど、東北の人間は私ら大阪人を
「雑で下卑た人種」
やと思ってるんやろけど、私らも
「東北人はなんであんなに洒落も解らん、陰険・陰湿なんやろ?」
て思うね。
いや、俗にいうステレヲタイプってやつで、自虐しかん私がそう思えるだけまだ余裕が有るんやろけどネ。

では私の大なすびを…
「嫌あねー。すぐにシモの話に走るから」
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年06月10日 06:22
ご免なさい。さっきは途中で送ってもうた…

私ら”軽薄短小“系の業界は鉄鋼や自動車等の”重厚長大“系の実績を見てからですので7月10日がナスの日です。ま、業績良くないし、上司ともなあ…
「あのままジオン公国に居た方が良かった」
なんて思っちゃいない。こうなるのはある程度予測はしてたから。でもあのデリカシーの無さは堪らんワ。秋田の人やけど、東北の人間は私ら大阪人を
「雑で下卑た人種」
やと思ってるんやろけど、私らも
「東北人はなんであんなに洒落も解らん、陰険・陰湿なんやろ?」
て思うね。
いや、俗にいうステレヲタイプってやつで、自虐視感やから、デハさん気にしないでね。そう思わなやっとれんのヨ。私がそう思えるだけまだ余裕が有るんやろけどネ。

では私の大なすびを…
「嫌あねー。すぐにシモの話に走るから」
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年06月10日 06:25
快晴となつた、甲府市内の朝。
けふの「とと姉ちゃん」大地真央に諭され、とと(高畑演)はとと三女(演者不詳)に謝った。

という、回でした。
サテ総帥さん。地域違えば風習違う。是常識也。富士山の北側には、刻苦勉励に励む賢人がいるかと思えば、南側には享楽優先の倦人たちが住んでいたりする。

一番大事な事は、己を見失わないことでしょうナス。(笑い)
Posted by 百足衆 at 2016年06月10日 08:05
秋ナスには種が少ないから子供が出来なくなるから嫁に食わすなと言う説もありますが、種が少ないと言うのなら、嫁ではなく夫が食べてはいけないと思いますね。
Posted by 田舎帝王 at 2016年06月10日 09:16
トマトは赤い茄子。ピーマンは緑の茄子。ジャガイモは茄子の根塊。
Posted by デハ at 2016年06月10日 11:04
茄子は、味噌煮(茄子田楽)が一番好きです。
次が、シンプルに油で炒めたもの。
油と茄子はよく合うと思います。
Posted by ラー at 2016年06月10日 15:21
給料日前は夜に値下げしたナスと同じく値下げした挽き肉を炒めたのをよく食うワ。一本は炒めて、一本は縦に包丁を入れて塩をたっぷり挟み込んだのを力任せにギュッと握りしめたのをイチョウ切りにした一夜漬けモドキにして食うワ。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年06月10日 15:35
すいません。
主婦なのに、ナスのレパートリーはナスのお味噌汁しかありません…主婦失格ですね。

総帥さん。そのレシピ、頂きました。
Posted by FYI at 2016年06月10日 15:57
シモン殿
>我が家はナスが少なかったので、鰻ではなくこちらを戴く事とします

はて?冷蔵庫にナスが多ければ蒲焼にするのがよろしいが、少なかったのにナスの蒲焼とはこれ如何に
Posted by 燈台森 at 2016年06月10日 16:40
印度人はまる茄子派だそうです
Posted by デハ at 2016年06月10日 16:48
燈台森さん

棒ナスが少のうございました。
Posted by シモン at 2016年06月10日 18:02
ナチスから、チを引くと、ナスになる。
Posted by 通りすがりの軍事オタク at 2016年06月10日 21:12
5月に固定資産税と自動車税と軽自動車税を支払ったマイナスが埋まるか埋まらないかが重要です。
15日
Posted by デハ at 2016年06月10日 21:25
おばんです。

あのねFYIさん、それのメインの味付けは醤油でも良いですが、味噌なら赤いの使った方が良いと思う。

でだ、今日は悪くはない日であった。フハハハハハwww鬱々たる気持ちで出勤したら“彼奴”がおらん。休みにしたようだ(開店景気や人手不足で休めんかったのは同情するが)。引き継ぎの内容に
「ムッ」
ともしたが、パートの奥さんと二人だけだが気分よく働けたゾ!更に売り上げ予算も達成。昨日は私休みで達成しとらんな。先週は“彼奴”休みの日に取れなんだから
「何やってた!」
みたいな事抜かしやがったが一昨日は“彼奴”休みで俺は達成。先週は俺休みで未達。俺は1敗の後連勝で“彼奴”は最初勝って連敗wwwざまあみろ。
「此からは競争じゃなくて戦争です。負けたら死ぬんです。だから総帥さんしっかりしてください!」
と来たもんだ。
よろしい、では戦争だ。内戦だなwww
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年06月10日 23:29
ずみゃっ ずみゃっ。
総帥様、総帥様
昨日は、佳き日でしたか。
ことほぎじゃ、ことほぎじゃ。
ことっほぎゃっ! ことっほぎゃっ!

総帥様。予算達成の為に売上を上げる努力をすることは、
指数関数的にコストを増やすことでもありますので、
どこか最適な売上を超えると、利益は減っていくのです。
せめて上司氏が、そのぐらいのことは知っている人であってほしいです、欲しいのです。
売上至上主義、売上に比例した成功報酬、手数料で従業員を鼓舞する商法は、数学的には、自滅戦略なのです。
Posted by 藤原 at 2016年06月11日 05:36
藤原さん

今日はまともな意見ですね。

売上を上げるために逆ザヤで売ったりするのは、流通業から製造業も巻き込んだ自滅戦略、疲弊戦略ですね。
Posted by 菅原 at 2016年06月11日 06:17
快晴となつた、甲府市内の空。
けふの「とと姉ちゃん」とと(高畑演)は、帝大生の結婚申し込みを断り、帝大生は、東京駅から大井川鉄道に乗車した。

という、回でした。
サテ総帥さん。上司がいない日は、気分がいい。そんな上司には、なりたくないものですナ。
Posted by 百足衆 at 2016年06月11日 08:28
かつては、賞与の査定に一喜一憂していた時代が、自分にもありました。

今では、賞与はおろか雇用が維持できるだけで満足しないといけないですね。
ただ、私たちの次の世代の人たちの多くは、AIに仕事を奪われることが現実になりそうで可哀相です。
Posted by 無名X at 2016年06月11日 14:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック