2016年06月26日

周恩来

毛沢東を支え続けた、中国のNO.2でした。

Zhou_Enlai.jpg

戦後の中国で、最も長い期間首相を務めたのは周恩来首相です。政争の中で失脚するリスクが常に付きまとう中国共産党の中で、ここまで長い期間首相を続けられたのも、高い人徳と、毛沢東の厚い信頼があったからでしょう。

jun05.jpg

周恩来は、知日派の中国の政治家として知られています。1917年に日本に留学し、明治大学に学びます。その期間、日比谷公園、靖国神社、三越呉服店、浅草といった各所を積極的に回っています。
1919年に帰国し、南開大学入学後五・四運動のリーダーとして抗日運動を指導します。
その後、国共合作〜日中戦争〜国共内戦を経て1949年に中華人民共和国が建国されると、毛沢東主席の下で政務院総理となりました。

日本人の捕虜に対する戦犯裁判で、起訴された155人のうち死刑7人、執行猶予付き死刑3人が確定したものの、周恩来の「復讐や制裁では憎し-みの連鎖は切れない」との意向により、最終的に起訴された者は51人、死刑も無期懲役もなく、懲役20年4人に減刑されました。当時の中国人の間では、この寛大過ぎる措置に抵抗がありましたが、周恩来は「今は分からないかも知れないが、20年後、30年後に分かる」と諭したのだそうです。

1972年の日中国交正常化の際は、「小異を残して大同につく」という言葉を残し、日本に対し損害賠償を求めませんでした。
このことは当時の日本のマスメディアも大絶賛しましたが、それは周恩来が中国の国益を損ねたわけではなく、むしろ日本人に喜んでODAの無償援助をさせる道を選択したわけです。中国と日本の国交正常化で多くを得たのは中国の側でした。下手に日本に賠償請求をして国交正常化が頓挫していたら、おそらく現在の経済大国としての中国は成り立たなかったことでしょう。

jun06.jpg

キッシンジャーによって「上品で、とてつもなく忍耐強く、並々ならぬ知性をそなえた繊細な人物」と評された周恩来は、親日派というよりはしたたかな政治家でした。
現在の国家主席以下、中国指導部の中に周恩来のような知的な風貌の人物が皆無なのは、政治家の小物化が日本同様に進んでいることを示しているのでしょう。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(18) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようさんです。

案外晩年は毛沢東に対し
「この、だらくそ!だらくそ!ぱげ!ぱげ!かわずやまのくそじじい!」
ぐらい思ってたん違うかね?彼が毛より2〜3年長生きしてたら日中どちらにも良かったやろうし、田中角栄の評価にも影響あったやろね。
ただ、尖閣諸島に関しては下手すりゃ今ほど日本にアドバンテージはなかったかもしれん。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年06月26日 05:47
総帥さん

おはようございます。
多分文革の頃の毛沢東には「この、だらくそ!だらくそ!ぱげ!ぱげ!かわずやまの何某!」と毎日言われていたことでしょう。

この人が長生きすれば日中関係は良かったでしょうね。尖閣を言い出したのはケ小平だったかもしれません(当時の外相、園田直さんが言質を与えてしまった)。

で、今のキンペーの顔には知性のかけらも・・・もっともそれを言い出すと、トランプもケリー国務長官もですが。
Posted by シモン at 2016年06月26日 06:18
快晴となつた、甲府市内の朝。
今週の「5分でわかるとと姉ちゃん」とと(高畑演)は、花山安治(唐沢寿明演)と出会い、検閲にあい、大地真央は材木屋をたたむことを決意する。

という、一週間でした。
サテ今日は、「武田信玄」再放送、ならびに、「真田丸」の日です。
そのうち大河ドラマ「田中角栄」が放映されるかも、知れませんナ。周恩来役には、唐沢寿明が、良いと思う。
Posted by 百足衆 at 2016年06月26日 07:16
周恩来が文革で失脚していたら、日米との国交正常化も進展せず、経済発展も遅れ今の共産中国はなかったでしょう。
Posted by HB at 2016年06月26日 07:23
周恩来はゲイだったという暴露本が今年香港から出版されましたね
Posted by 燈台森 at 2016年06月26日 08:27
園田さんはねえ、南朝鮮に対しては皮肉交えて強硬に立派にやったけど、中国に対しては
「何をやっとんの?」
て感じやったもんな。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年06月26日 10:25
中国が尖閣諸島の領有権を主張する前の時代、尖閣諸島は日本領というよりもアメリカ支配下の琉球政府の管轄にありました。

アメリカと事を交えるのを避けていたので、領有権の主張は隠していたんでしょうね。
沖縄が日本に復帰した途端に、中国が触手を伸ばし始めました。

英国のEU脱退で、これを機会に民族主義が世界中に波及しそうですね。どの程度かは想像できませんが、沖縄でもそういう主張をする人が増えるかもしれません。
Posted by 無名X at 2016年06月26日 11:16
しゅうーん オンライ!オンライ!
オンライン。接続!

周恩来は、同じしゅうでも、習とは人物の大きさが、全く違います。全く違うのです。

AIIBの顧問に、ぽっぽっぽが就任したそうです。

こちらも、同じ鳩山でも大違いです。
Posted by 藤原 at 2016年06月26日 12:57
藤原さん

とてもよい詩ですね。
Posted by 菅原 at 2016年06月26日 13:58
おばんです。

「馬上で天下を取ることは出来ても、馬上から天下を治める事は出来ない」
て言葉が有りますが、周と毛の関係はそんなもんでしょうね。毛が指導者じゃないとあの国が出来た分けで、周じゃ無理だったでしょうし、自身解ってもおり、毛を立てていたのにね…ヤッパリ馬上人の方が強いからね。まあ、ヤッパリあたしゃ周は好きだが毛は大キラいだがね。

`70年代やったかな?雑誌だったかでのアンケートで
「古今の英雄は?」
てのが有って、上位は当然「秀吉」「家康」「信長」「義経」らが並んでたんですが、彼らと張り合うように「松下幸之助」さんや「本多宗一郎」さんの名前が出てたんです。ソレを聞いた宗一郎さんは
「フウン…」
て感じだったんですが
「今の時代なら、その連中相手なら俺や松下さんの方が上だな。何故ならソイツらは沢山人を殺したけど俺は一人も殺してないからな。うわっはっはっはっwww」
て話が有る。その時代でも毛は更に殺してたからね。
「殺して天下を取ったから他人も殺しに来る」
と思ってたんやろね。

胃が痛い…明日休みやのになんで4時に出ていかなアカンねん。なにがセミナーや。馬鹿馬鹿しい。一日朝鮮征伐でもしとこ思ったのに。今治の朝鮮軍は弱いね。私の手にかかれば赤ん坊のおちんちんを捻るも同然だ。今日は鰻でも食って寝よう。地元のスーパーですごい大鰻を売っててなwww私の大鰻に退けを取らないくらいデカくてなwww………食わなやっとれんワ。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年06月27日 00:29
快晴となつた、甲府市内。
昨日の「真田丸」鶴松が死んだ。

という、回でした。
けふの「とと姉ちゃん」大地真央が、出なくなった。

という、回でした。

サテ総帥さん。馬上にあっても徒の兵の事を思いやってこそ、将の将たる処です。

中国の指導者は、横山光暉著「まんが三国志」を読みべきですナ。
Posted by 百足衆 at 2016年06月27日 08:14
業務連絡。
菅原君、1140ほくとにて、待つ。

国産鰻を持参の事。ラジャー。
Posted by 藤原 at 2016年06月27日 11:19
周恩来の娘(実の娘ではなく、養女ですが)は、毛沢東の妾、江青に虐殺されたそうです。
ひどい話ですね。
Posted by デハ at 2016年06月27日 15:53
デハ様

江青・蓮舫・辻元の中で、誰が一番ましですか。
Posted by ラー at 2016年06月27日 16:51
こーせーです。

理由:日本人に害を為しませんでした。
Posted by 燈台森 at 2016年06月27日 20:42
私はつじもとさんですね。

といっても、清美さんではなく、丸い仁鶴が四角く納めまっせ〜のNHK土曜昼「生活小百科」に出演されている、辻本茂雄さんです、
Posted by シモン at 2016年06月27日 21:01
おばんです。

ま、その指摘の3人なら「悪」っちゃあ江青が一番の「悪」やけど、デハさんの言うとおりで自分の所属するコミュニティーに迷惑かどうか?が第1やね。ミズポは私の親父の実家周辺、かりあげハグキ女は私の実家周辺が地盤やで?なんちゅう運命やwwwスッゴい迷惑や…
でもな、俺の親父みたいな昭和一桁〜十台前半の人間は“タカ”の匂いの政治家を生理的に嫌うんやね。“あの辺”の胡散臭さみたいなのには気づいてるみたいやけど、例えば、旧岸・福田系への投票には凄い抵抗が有るみたいやねんな。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年06月28日 00:44
で、そういう意味ではエリマキトカゲ女は
「あんまり可愛くないモデルやな…」
で済むんやけどな…
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年06月28日 00:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438648598
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック