2016年07月11日

カルネアデスの舟板

「緊急避難」とは、どこまで厳密に規定されるのでしょうか。

Carneades.jpg

私が中学校の時に流行った言葉遊びに、
「先生が先制攻撃!生徒が、正当防衛!」
というのがありました。正当防衛という言葉には、「敵の攻撃を受け、止むを得ず防衛行動を実施せざるを得なかった」という、現代の自衛隊の存在にかかわる意義が多く含まれています。

jul07.jpg

「カルネアデスの板」とはどのような板なのか、想像できない人も多々おられると思いますので解説してみます。
古代ギリシアの哲学者・カルネアデスが、次の問題を出しました。
「地中海で一隻の船が難破し、乗組員全員海に投げ出されました。
この時、一人の男が壊れた船舶の板切れにすがりつきました。
するとそこにもう一人、同じ板につかまろうとする者が現れました。
しかし、二人がつかまれば板そのものが沈んでしまいます。
そこで最初に板にすがりついた男は、後から来た者を蹴飛ばして、水死させました。
この男の行為は、罪に問われるでしょうか?」

これは一種の、思考実験です。一人の命は、生存のために他の一人の命を抹殺しても良いかどうか、という問題です。客観的、あるいは現実的にこういった局面に遭遇していない人たちは、
「そりゃ二人とも生存するようにすべきでしょう」
と安易に答えます。ですが、この考え方が極限状況で切羽詰った人間に適用されるでしょうか?

「緊急避難」という言葉から、多くの人(私を含み)は、「緊急災害の時に、指定避難所に避難すること」を連想しますが、ここで言う「緊急避難」とは、刑法第37条に定める「自己又は他人の生命、身体、自由又は財産に対する現在の危難を避けるため、やむを得ずにした行為」のことです。その罰則規定には、「これによって生じた害が避けようとした害の程度を超えなかった場合に限り、罰しない。」とあります。
つまり、もう一人を抹殺しない限り、自らの生存が不可避なこの状況では、「緊急避難が適用され、罪に問われない」という判決が下される可能性が極めて高いと思われます。

jul08.jpg

芥川龍之介は、この問題の触発され、「トロッコ」という小説を上梓しました。
「トロッコをこのまま走らせると5人の工夫が宿に着く。向きを変えると1人の子供(私)だけ家に無事に帰れる。向きを変えるべきか?」
この類似問題を、現代でもISのようなテロ組織が出題していて、その解答は「向きを変えるべきではない」にほぼ固定されています。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☁| Comment(48) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カルネアー デス!デス!
デスおにぎり。美和様!

真田丸、昨日は7時から、放映していました。いたのです。

多分、視聴率は下がることでしょう。下がることでしょう。

鼻もゲラの最高視聴率より、少し上、程度まで落ち込んだ筈です。

鼻もげらの視聴率と、民侵党の支持率とでは、どっちが上なんでしょうか。顕微鏡で調べてみたいと、思いませーん。
Posted by 藤原 at 2016年07月11日 05:35
おはようさんです。

月曜は私の休みです。
私がこの言葉を知ったのは中・高校生時(´80年代初頭)に高槻市立図書館で偶然見つけた今東光の「最後の極道辻説法」て本で知りました。週間プレイボーイの人生相談のコーナーを纏めた本でしたが
読者「恋人とそうなったら和尚ならどうします?」
今「確実に彼女が助かるなら譲るよ。けど、普通俺の方が助かる可能性は高いよな?だから俺が彼女を蹴落として板にシガミつくね」
と…なんとも
「凄い坊さんだなあ」
と感じ、最初は好きになれなかったんですが、今はこの人の「毒舌・仏教入門」は私の愛読書の一つです。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年07月11日 06:44
それと、上記の本で和尚さんがチラと紹介してた松本清張(この和尚さんは極右なのに共産党の松本清張と親友だった)の短編やね。

戦前は国家史観、皇国史観やったのに戦後は唯物史観に転向して、大物になった学者がいた。で、落ちぶれた恩師が学会に戻れるように助ける分けや。で、教科書執筆で大儲けしてた主人公が其を外され更に元の立場に再転向しようとするが、助けた恩師に追い落とされかねない状況になって…

てやつでね。
「教科書って儲かるんやな」
と思った事と、初版は´57やけど
「そんな時期から教科書問題て在ったんやな」
て思ったね。

Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年07月11日 07:01
総帥さん

和尚さんの逆を映画化したのがタイタニックですね。
Posted by 菅原 at 2016年07月11日 08:00
快晴となつた、甲府市内の朝が来た。

けふの「とと姉ちゃん」雑誌の在庫を抱えてしまったとと(高畑演)は、花山安治(唐沢演)の家を訪ねる。

という、回でした。
サテ朝が来たさん。「武田信玄」の解説は、昨日のど自慢を見てウッカリ信玄さんを見忘れました、なので書けません。悪しからず。

サテ総帥さん。清張は、心理的には左翼といい切れない部分を包含して居ました。「砂の器」などは、寧ろ非左翼的な見方で被差別部落を描いてますゾ。
Posted by 百足衆 at 2016年07月11日 08:07
いよいよ改憲の体制が整って来ましたね。

まずは、改憲の手続きを規定した条文を変えて、改正し易くすべきでしょう。

GHQの呪いを解くために。
Posted by ラー at 2016年07月11日 08:33
菅原さん

「タイタニック」に関してはお姉ちゃんの方が体格が良くて
「説得力に欠けた…」
て意見も有ったなwww私もどうも”あの手“の映画(「青い珊瑚礁」とか)は素直に観れないのよね。


老師

まあそこが@ホンマものの左翼とA職業左翼、そしてBサヨクの違いやろね。特にモノ書きは書いた物がずっと残るから矜持を持ってるからね(本物はね)。
因みに私が考える@は清張さん(好き)とか徳田球一(面白みが有るから嫌いじゃない)とかミヤケン(嫌い)A福島瑞穂(死ね)土井たか子(@の要素も有るね)とかBはシールズの連中(共産党の手先って考えるとAかもね。だけど変な風に染まり切ってるね)とか「アベ政治を許さない」とかほざいてる連中とかウチに荒らしにくる連中とかね。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年07月11日 08:57
この左翼ってのもホンマにそう考えて説明してくれるような人なら、此処に来て話を聴いてみたいんやけどね。どうせ決裂するやろけど…
スキャンティ・スキャンティとか鼻もげくんは荒しやから話にならん。
昔「朝まで生テレビ」に出てきた左翼の論客てのが、国防の話題で自衛隊を解散しても安上がりで
「国を守れる方法がある」
と言って、ボランティアみたいな民兵みたいなのを話(かなり昔やから詳しいこと忘れた)てたけど、あまりに安易やから
「その程度の訓練や教育でエグゾセとかパトリオットとか扱えるの?」
て誰か質問したら、堂々と
「んなもん無理だよ」
てやって
「じゃそういうので攻めて来られたらどうするの?」
少し困ったような、開き直ったような態度で
「その時は仕方ないな」
てやって田原総一朗に顔しかめてさせて、会場では”嗤われ(笑いじゃないのよ嗤いなのよ)“てたのが居てね。
「左翼の論客てこんなもんか…こんなのが意見言う権利が有るんか…」
てガッカリした記憶が有るね。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年07月11日 09:29
そういえばシールズ解散だそうですね。目出度い
Posted by ジョニー at 2016年07月11日 10:10
ラーさん
改憲反対派は、逆に改憲によりアメリカの完全な属国になる、と言っています。
また、よくわからないのは、安倍首相に反対する者の中に、安倍首相は日本を破壊する新自由主義者だからダメだ、と言う意見と、安倍首相はせっかく小泉内閣が作り出した新自由主義を否定し古い自民党体質に戻ろうとしている、という相反する意見があります。

 わたしは安倍の満面の笑みが憎かった。
自民党圧勝?
私の住む東北地方では岡村孝子の元夫を除き、全滅しました。
大惨敗です。
これから安倍総理の理念が日本に浸透していく中で、民進党の支配する土地=敵対地域として、切り捨てられないか不安なのです。
逆に、福島県はもともと敵対地域だから、見捨てるつもりだったのかとも思いました。
 自民党が負けた県は、=、アベノミクスに見捨てられた県、ということになり、悪循環で次の選挙でも負ける気がします。
Posted by デハ at 2016年07月11日 10:20
シールズ解散いうてもやねぇ、アレは言ってみれば共産党の企画みたいなもんやからね。でもまさかアレ程に阿呆だとは思わなんだやろなあwwwせめてトップにはなあ…偏差値28号なんてネタを提供しただけやん?企画物としても「太陽とシスコムーン」程も行かんかったせいぜい「スター・ボウ」くらいやなwww
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年07月11日 10:44
ゴメンwww「スター・ボウ」じゃなくて「スターボー」やね。受け狙いで思いくそマイナーで、際物的なのに例えたけどマイナー過ぎて捻り出した私が間違えたワwww
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年07月11日 10:48
昨日の真田虫…たったの15.1%泣き笑い

馬脚が、表れて来ました…失敗

一方、一年前の「花燃ゆ」は…「妻のたたかい」大いに盛り上がった回でした!ウインク

花燃ゆの背中が、遠くなりましたね…真田虫横目
Posted by 花…燃ゆバニー at 2016年07月11日 11:02
鼻もげくん

独特の歴史観と言うか審美眼をお持ちのようだが、一体今までどういった作品を観て来られたのかね?私は基本的には洋画派だが、黒澤や深作作品を愛します。管理人のシモンさんは小津作品を又、藤原さんや菅原さんも映画には中々五月蝿そう。
去年のアレを消化して絶賛出来る程の感性を知りたいので、映画でもドラマでも文学でも構わんので是非お奨め出来る作品をご教授願いたい。人生に於て参考にしたい。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年07月11日 11:35
私は違う考えを持つ人間の話を聞くのが大好きでね。映画にしろ絵画にしろ音楽にしろ文学にしろ良い物をつくる、理解出来るてのは其までに積み重ねた物が有る”筈“やからね。其を知りたいね。簡単な理由でも付けてくれれば楽しいが、先ずは作品の羅列だけでも宜しい。ならば、
「理由なんか要らないわよ」
なんて逃げ口上は有り得んからね。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年07月11日 11:53
総帥ふっ

やはり、映画だと「パッチギ!」みたいな、井筒和幸作品でしょう…にこにこ
Posted by 花…燃ゆバニー at 2016年07月11日 12:13
つまらん…言動から予想出来るような答えね。しかも一つだけwww
京極夏彦さんは普段から和服を愛用されとる。此は
「新しい物を作り出すには古いものを知らねばならない(あの人は時代物、歴史物が多いが)」
て考えからやねん。又、ピカソなんかはあの絵を完成させる前に徹底的にデッサンを練ったんや。例えばリンゴを描いたら思わず掴みたくなるようなのを描きよった。荒しでもそういう
「奥の有る」
のを期待したんだが、偏差値28号並みであったか…残念。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年07月11日 12:32
はなもゆ殿

今ググったら、はなもゆ「妻のたたかい」10%しかなかったジャン。はなもゆの中ではマシな方?
Posted by 燈台森 at 2016年07月11日 12:55
偏差値28号レディやからエエんやろ。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年07月11日 13:05
永六輔さんが亡くなりましたね。
Posted by ジョニー at 2016年07月11日 14:55
永六輔が死んだが

昔は好きでしたが、悠仁殿下に見立てたサルのぬいぐるみを投げ飛ばすパフォーマンスを行ったイベントに参加した話を聞いてからは嫌悪感しか抱きませんでしたね
(該当のパフォーマンスを行ったときには会場入りしていなかったそうですが、同罪は同罪です)
Posted by 田舎帝王 at 2016年07月11日 15:28
哀悼の意を表します。

揶揄はしてないよ。
「上を向いて歩こう」なんてアメリカチャートを制覇なんて偉業を遂げてるからね。偉人ですよ。でもタイミングがなあ…選挙結果堪えたんちゃう?「九条の会」の人でもあるやろ?
話が逸れるけど俺、三木武夫は嫌いじゃないけどあのカミさんはどうにも好きになれなかったんよネ。安倍ちゃんのカミさんは家庭内野党なんて言われてるけど、元祖はコッチやね。其も安倍ちゃんとこと違ってあの人は独立した存在やね。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年07月11日 15:46
田舎帝王さん

何ソレ?皇室もヘッタクレも無いよ。特定の人の子供を例えてぬいぐるみを投げるって何よ?悪趣味やね。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年07月11日 15:54
ああ自己解決しました。「週間金曜日」のやつやね。又もや”佐高信“が関係しとるねwww総会屋の資金源の業界紙のライターあがりが。もう一つ言うたら更に教師あがりやからね。失職して良かったワ。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年07月11日 16:03
中山千夏もその一味みたいですな
Posted by 燈台森 at 2016年07月11日 16:29
千夏さんねぇ。全盛期は凄かったみたいやけどねえ、私は先ずは「驚異の世界」のナレーションが記憶に浮かぶけど、「奥さまは18才」にゲスト出演した時に(勿論再放送)
「ああ千夏さんやん」
てオカンが教えてくれた。当時参院議員でもあったな。私ら関西人にとって最大の仕事は「じゃりんこチエ」のチエちゃんやけどな。西川のりおとのコンビは最強やったwwwのりおは大嫌いやったそうやけどwww此れ対策でテレ朝は「ドラえもん」持って来たんやからね。徐々に食われたけど、関西ではコッチの方が長らく優勢やってんけどね。

しかしなんやね、はくしんくん…じゃなかった革新系から出るタレントてのは最初は華やかやけど、大概落ちぶれるのになんでまだやるんやろね?話が飛びに飛ぶけど、山本コウタローなんかせやろ?フォークで人気取って、「…いいとも」で更に人気取って「おもいっきりテレビ」の初代司会になったのに選挙出てアボーンやもん。苦戦はしてたけど素直にやってたらテコ入れとかで、後のみのの立ち位置に居れたかも知れんのにな。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年07月11日 17:21
中山千夏・・・ひょっこりひょうたん島で大人しくしていればいいのに、なんかブサヨ劇に加担したそうですね。
老人ボケで、何が日本人を怒らせるのか、本人もわかってないんじゃないかな。
晩年の秀吉が晩節を汚したのと同様、A6すけはパーキンソンで脳が縮退した後のことでしょうが、中山千夏より同世代の名古屋の兵藤ゆきとか漫画家の水森亜土のほうが、やりたい放題だけど政治的には中庸を保っていてエライです。
Posted by シモン at 2016年07月11日 19:34
永六輔さんは、作詞家としては感謝しますが、それ以外の活動は肯定しません。
Posted by 無名X at 2016年07月11日 20:38
ぷぎゃぴー ぽがー!
こんな、皇室と日本人を侮辱したイベントが、あったとは!

ばみゅーん シャッ!シャッ!
ばみゅーん シャッ!シャッ!

愛子様が ばみゅーんと飛んで来て シャッ!シャッ!と、悪を斬る。
Posted by 藤原 at 2016年07月12日 06:10
酷暑となつた、甲府市内の朝。
けふの「とと姉ちゃん」とと(高畑演)の依頼を、唐沢は断る。

という、回でした。
サテ永六輔。角刈り頭でお釜のような声だったので、爺は余り好きではありませんでしたが、ほぼ同い年なので、爺もそろそろ哉と考えてしまいました。
Posted by 百足衆 at 2016年07月12日 07:59
藤原さんの怒りが伝わるポエム哉
Posted by 田舎帝王 at 2016年07月12日 10:45
藤原さんの 怒りを鎮める 屋爪鰻
Posted by 菅原 at 2016年07月12日 11:33
待っても来ぬが 運命(さだめ)哉
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年07月12日 11:55
来ないなら 取りに行きます 国産鰻
Posted by 藤原 at 2016年07月12日 12:34
取りに来たとて 男(おのこ)は食えず
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年07月12日 12:51
大鰻 ああ大鰻 大鰻
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年07月12日 12:52
イオンに行って ナマズ食うべし
Posted by 菅原 at 2016年07月12日 14:27
トップバリウの 怪しさ満開
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年07月12日 14:50
ゴメンwww575の方やったね。さっきの忘れてwww

他人(ひと)知らぬ トップバリウの 怪しさ哉
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年07月12日 14:52
他人(ひと)知らぬ トップバリウの 怪しきを

にすべきだったな。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年07月12日 14:56
鯰召されて 天に召さるる
Posted by 藤原 at 2016年07月12日 14:56
百足さん 美味しいナマズ ありますよ
Posted by ファンタジスタ・サブロー at 2016年07月12日 15:06
鯰食うより 沼津魚河岸
Posted by 百足衆 at 2016年07月12日 16:43
西友の広告に国産特大ウナギ特売だそうです。
菅原さん、今すぐ西友へGO!
藤原さんの機嫌をたまには取っておくのもよいでしょう。
それにしても、セゾングループって西武が損するみたいな矛盾した名前ですね。
Posted by デハ at 2016年07月12日 21:00
時は今
 タレが滴る
  鰻かな!
Posted by 藤原 at 2016年07月12日 21:13
空呉れないに

水くくるとは!
Posted by 菅原 at 2016年07月12日 21:20
おばんです。

ヤッパ、合わない人と合わせようてのは無駄な努力かね…田中角栄も言ってたね
「生きてて良い奴とか良いことなんてそんな会えないよ。そのくせ嫌な野郎や嫌な事は頼みもせんのにワンサカやって来る。そんな時は酒飲んで熱い風呂入って寝て忘れろ」
てね。あたしゃアルコールダメだから大飯でも食うかね。近くのスーパーでね¥980でバカでかい鰻を売ってんだワ。こないだ私の逸物ぐらい有る…なんて言ったがマジで2リットルペットボトルくらいあるんだワ。ああ宗匠に献上しようと思ったが”中国産“なのよネ。宗匠は鰻は
「国産故尊い」
らしいが、私は
「大なる故尊い」
だからね。ずわぁ〜んねぇ〜んだわ〜www。

友も無く 一人食する 大鰻
唐土(もろこし)故の 遠慮寂しき

オーッホホホホホwww
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年07月12日 23:19
総帥さん

昔の会社組織では、どんなに嫌な上司も最後は和解してたような精神的余裕がありましたが、最近は「どこまで行っても平行線」ということが多いですね

しかし、皆さん見事な連歌会w
Posted by シモン at 2016年07月13日 04:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック