2016年07月15日

ラタトゥイユ

南仏プロヴァンスの野菜煮込み料理です。

ratatouille.jpg

夏は暑さと湿度で「夏バテ」に陥りやすい季節です。
加えて、エアコンに慣れきってしまった体には、戸外と室内のギャップが激しく、これに体が適用できないという現実も加わります。
そんな夏には、夏野菜で体調を回復することが効果的です(ある程度は)。

jun32.jpg

90年代のベストセラー「南仏プロヴァンスの12ヶ月」(ピーター・メイル著)ですっかり日本人にもお馴染みになった「ラタトゥイユ」という野菜煮込みは、そんな夏バテ回復のための献立のひとつでもあります。
ではそのレシピをご紹介しましょう。

【材料】
パプリカ:1個
タマネギ:小1個
にんにく:1片
ズッキーニ:1本
ナス:2本
トマト:1個
トマト缶詰:1缶
オリーブオイル:大さじ1杯
塩胡椒:適量
香草:マジョラム、フェンネル、バジル、ベイリーフ、タイム等 適量

【調理】
1.1cm角に切った玉ねぎとみじん切りしたにんにくをオリーブオイルで炒める。
2.2cm角に切ったズッキーニ、ナス、パプリカを加えて炒める。
3.角切りトマトとトマト缶に香草を加え、蓋をして野菜の水分で煮込む。
4.煮詰まってきたら(約30分)、塩胡椒を加えて味を調える。

ということで完成です。

jul10.jpg

ラタトゥイユという言葉は、地中海に面するフランスに属するオック地方の言語に由来しており、18世紀後半頃までには料理として成立していたようです。
野菜だけで動物性タンパク質の不足を感じる向きには、チキンやベーコンを一緒に炒めて加えるのも良いでしょう。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☁| Comment(26) | TrackBack(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そこにカレールゥを入れると夏野菜カレーの出来上がり
広がりますね
Posted by 田舎帝王 at 2016年07月15日 08:06
おはようございます。

夏バテしている今の私にぴったりの料理かもしれませんね。
Posted by GATTO at 2016年07月15日 08:11
小雨模様となつた、甲府市内の朝。
けふの「とと姉ちゃん」花山安治(唐沢演)は、とと(高畑演)の申し出を受け入れ、絵を描くこととなる。

という、回でした。
サテ総帥さん。担任のクラスから生徒会役員を輩出すれば、担任の教師の査定が加点される、という話は公立では聞いたことがありません。私立ならあるかも知れないが。
Posted by 百足衆 at 2016年07月15日 08:28
老師

さいですか?ほな彼の自己満足やったんやね。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年07月15日 10:24
サテ総帥さん。
教師とは得てしてそういうものです。
生徒会役員にせよ、部活動の指導にせよ、大方本人が学校の役に立っている、という自負心を養う為のもので、給料とは別のものです。

爺は、部活動や生徒会ではなく、本業の社会科教育の中で、自負心を満たす努力をしました。
真摯に、しかし中立の立場で、歴史を教えたのです。
Posted by 百足衆 at 2016年07月15日 10:54
百足衆さん

ということは、中には真摯に中立でない歴史を教えた教師もいたかも知れないってことですね。
Posted by 菅原 at 2016年07月15日 11:52
小雨模様の続く、甲府市内の昼。

サテ菅原さん。いましたナ。朝鮮人強制労働と教えた組合教師。実際は、徴用で労働を強制されたのは殆ど日本人で、朝鮮人は徴用の対象から外すような指導をしていました。むしろ密入国が多かった。

サテGATTOさん。夏ばてには、ラタトウイユが良いですか。爺も食べてみたいが、婆さんが作れるか、疑問符が付きます。
Posted by 百足衆 at 2016年07月15日 12:15
田舎帝王様

カレー粉で夏野菜カレー、いいですね♪

私はラーメンに載せて、酸ラータンにしてみます。
Posted by ラー at 2016年07月15日 12:36
結局そこなんやろね。私達の時代の教師ってのは嫌いなのにも一目置いてたからね。今、只の職業の一つになっちゃったもんな。角栄の秘書の早坂さんなんかは
「今の教師は嘘を教える…」
例を挙げれば、
「円の面積は半径×半径×3」
此れを認めれば正六角形だか八角形だかの全ての辺に内接する円とは同じ面積…って事になるワナ?今現在なら「安保法」を「戦争法」言うて教えとる。ねじ曲げや。馬鹿が見たら
「そう読む」
と思いかねない。反対なら反対で「安保法」と読んで説明せなあかんよ。尤も学校てのは将来政治の判断を間違えない知識を得る所で未だ未成熟な頭に政治その物を叩き込む所や無いんやけどな。んなことしたらポル・ポトの子供医者や子供軍人になってまうワナ?
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年07月15日 12:44
この料理って、早い話にんにく炒めてから野菜適当に放り込んでケチャップで煮たようなもん違うん?以前俺が食ったのがそんな感じやったから。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年07月15日 16:01
で、この料理って、早い話にんにく炒めてから野菜適当に放り込んでケチャップで煮たようなもん違うん?以前俺が食ったのがそんな感じやったから。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年07月15日 16:08
アレ?何で二重投稿になったんやろ?
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年07月15日 16:09
総帥さん

天皇陛下の生前退位の報道以来、二重橋が頭に浮かぶようになったのではないでしょうか。
Posted by 菅原 at 2016年07月15日 16:35
菅原君
この、だらくそ!だらくそ!ぱげ!ぱげ!かわずやまの、ニース暴走トレーラー!

総帥様は、大事な事なので二度言ったまでだ!それを何だ!皇室にまで、迷惑をかけたいのか君は!総帥様が皇室に目の治療費を、請求してもおかしくない!
その場合、皇室から菅原君に請求書を回してもらうぞ!
それが嫌なら、風評被害を流すんでは、ない!

今日の夕食が、発表に、なった!
きつねうどんだ。揚げ玉も、つく。ねぎもだ。

うほっ うまそうじゃ、うまそうじゃ!
Posted by 藤原 at 2016年07月15日 16:43
藤原さん

清貧な夕食ですね。清廉な藤原さんに相応しいメニューだと思います。

私は黒豚トンカツと蛸の酢の物、もずく酢に冬瓜の味噌汁です。
Posted by 菅原 at 2016年07月15日 19:27
田舎帝王さん

カレールーより八丁味噌の方が、めちゃめちゃうまいでかんわ
Posted by シモン at 2016年07月15日 19:51
GATTOさん

もう若くない(?)ので、美味しくて体(胃腸系)に負担をかけない食材で楽しみましょうね。

お互いに。
Posted by シモン at 2016年07月15日 19:53
百足衆さん

いつも、「とと姉ちゃん」のレビュー有難うございます。

そうですか、教師の皆さんは、利益だとか成果だとかにそこまで追われない世界だとしたら、ある意味羨ましい限りです。
Posted by シモン at 2016年07月15日 19:54
総帥さん

しかし、色物選挙となってしまった都知事選。
BBAは嫌いですが、消去法で小池さんがマシかもしれません。

鳥越さん、1980年の大平首相みたいにならなければいいですが。(いえ、なっても一向に構いませんがw
Posted by シモン at 2016年07月15日 19:57
ラーさん

私は坦々麺の方が好きです。
Posted by シモン at 2016年07月15日 19:57
菅原さん藤原さん

私はメカブが好きです。
Posted by シモン at 2016年07月15日 19:58
シモンさん

>めちゃめちゃうまいでかんわ

どえりゃーうみゃーでかんわ

が正解です。千種高校出身者より
Posted by 菅原 at 2016年07月15日 20:27
私としては、外国人参政権を与えなくてはならない、と積極的に主張(自民党の綱領に反する)増田と、有罪が確定した前科者の山口だけは、絶対に当選させてはならないと思います。この二人に比べれば鳥越の方がまだましです。それに4年もたないと思う。

ところで、アッキーや純一郎が、増田以外を応援したり、評価すると、安倍総理や進次郎氏が自民党から追放除名されるそうです。バカげてますね。
Posted by デハ at 2016年07月15日 21:34
まあ、石原息子はバカですからね。
政治家にしては、視界が半径3m以内です。

増田には投票したくないですね!もう、小池でいいかも!
Posted by A2Z at 2016年07月15日 21:46
曇天となつた、甲府市内の朝。
けふの「とと姉ちゃん」花山安治(唐沢演)の助言を受け、とと(高畑演)の出版する雑誌は、飛ぶように売れ、大金持ちと、なる。

という、回でした。
サテラタトユイ。婆さんに聞いたら、案の定、知りませんでした。知らない料理は、作れない、と云う。道理である、残念。
Posted by 百足衆 at 2016年07月16日 07:48
おはようございます!

ラタトゥイユとカポナータの違いは何ですか?

5時までに教えて下さい!
Posted by ドンガバチョ at 2016年07月17日 04:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/439769940
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック