2016年08月16日

佐武と市捕物控

石森章太郎さんの手による、下っ引きの佐武とあんま師の市が殺人事件の解決に邁進する漫画作品です。

sabu.jpg

お盆休みをお過ごしの皆さん、よい休暇でしたでしょうか。
私は地中海のマルタ共和国に行き、思う存分家内との口喧嘩を堪能して帰国しました。
皆様にとっても良い夏季休暇(流通業の人を除く)でありますように。

aug07.jpg

「サイボーグ009」「仮面ライダー」「ひみつ戦隊ゴレンジャー」「ホテル」等の数々の漫画作品で知られる石森章太郎(後に、石ノ森章太郎と改名)先生が、江戸を舞台に若い下っ引きと居合斬りの達人が江戸の治安を守るために奮闘する姿を描いた漫画版時代劇が、「佐武と市捕物控」です。

では簡単に、登場人物をご紹介しましょう。

佐武:主人公。下っ引。捕縄術の名手で、「ファンタジスタ」と呼ばれる。本来、岡っ引(御用聞き)は同心に十手を与えられるが、下っ引には付与されないので、自分で作成したという説が濃厚である。甲斐の寒村の出身だが、駿河に住んでいる。
:主人公。盲人。普段はマッサージ業を営んでいるが、実は居合抜きの達人。ちなみに、丁半賭博で、「五一」=「市」は、親のカキ目である。何故かと言うと、「目がない」=「市」に通じるからである。
みどり:佐武の上司である、岡っ引の佐平次の娘。佐武と結婚する。
佐平次:岡っ引。佐武の親分だが、いつも寝たきりなので、捕り物は佐武(と市)に任せている。
むささび銀平:職業巾着切り。今風に言えばスリ。その腕を買われ、佐武の部下になる。
為公:佐武の部下。いつも「大変だ大変だ!」と駆け込んでくる、水戸黄門で言えば「うっかり八兵衛」的な存在。

だいたい、このようなメンバーが、お江戸八百八町の治安を維持するため、日夜池波正太郎や藤沢周平の時代劇ばりの活躍をしていました。

aug08.jpg

この漫画が連載されていた60〜70年代当時、市のような視覚障碍者のことは「メ○○」と表記されていました。後に「○ク○」は差別用語だと指弾され、メディアから姿を消しましたが、実は「○○ラ滅法」などのように、熟語の中では現代も生き残っていたりします。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 08:19| 東京 🌁| Comment(47) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マルタは地中海の要所で争いの絶えない地域でした
そのマルタ島で夫婦喧嘩を起こすのも何かの因縁だったのでしょう
マルタ島は冷戦の対立構造が終結した土地でもありますから、きっと管理人さんの夫婦喧嘩も終結したものと思われます

ところで、メ○ラだの○クラだのメク○だのと雑誌やテレビのキーワードクイズみたいですね

答えが分かってしまいます
Posted by 田舎帝王 at 2016年08月16日 08:35
田舎帝王さん

早速のコメントありがとうございます。
世の中から戦争が無くならないのと同様、マルタでゴルビーとブッシュが会談したぐらいでは尖閣諸島や我が家の夫婦は安泰ではなさそうです。

「明らかに答えがわかるクイズ」ありますよね。
「日本で一番多くの人が集うショッピングセンターはどこ?」
みたいな質問の解答欄3文字に、無理矢理「「成城石井」とか記入しそうなのは総帥さん・・・ですね?
Posted by シモン at 2016年08月16日 08:42
江戸もの時代劇のテンプレ言うんか、良くも悪くも“甲斐の寒村”から出てきた孤独な人物が出てくるんやねwww今なら「おしん」の姑の佐賀が嫌な奴ばっかみたい…みたいに
「山梨が貧乏臭い」
みたいだとお花畑さんが騒ぎかねんなwww
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年08月16日 10:46
総帥さん

コメントありがとうございます。
佐賀とか山梨とか、環境の厳しいところ出身者はしっかり者が多いですね(百足衆さんとか)

そういえば今日の「とと姉ちゃん」はどうなったのでしょうか。心配です。
Posted by シモン at 2016年08月16日 13:33
シモン様おひさしぶりです。良い旅行でしたでしょうか。

連載当初は、サブやんが主人公だったんですが、徐々に市の存在感が大きくなっていって、文字通りサブやんはサブキャラになっていったような・・・。
座頭市には、かないませんもんね。
Posted by ラー at 2016年08月16日 14:14
日本の名作て言われる漫画・劇画、連ドラの特徴の一つやね。主役を食う脇役か格好良いおっさんが出てくるのは。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年08月16日 15:13
快晴酷暑となつた、甲府市内の午後。
けふの「とと姉ちゃん」とと(高畑演)は、取材中に、傘で遊んでいた女の子が、傘の色落ちで服に染みをつけるところを、目撃する。

という、回でした。
サテシモンさん。お帰りなさい。奥様と口喧嘩とは、これ如何に。しかし手を出さないだけ、大人だと、云えましょう。

サテ総帥さん。山梨に、寒村はありますが、皆健気に生きていますゾ。主人公が、サブ。少々、気に入らないですナ。市といえば、私は市川大門に祖父以前の墓地があるので、爺が市と云えなくも、ありません。
Posted by 百足衆 at 2016年08月16日 15:59
シモン様お帰りなさい。
総帥様、
>主役を食う脇役
といえば、大河ドラマでは「信長」の平幹二朗とか「真田丸」では草刈正雄や内野聖陽とかがそれですね。
Posted by 無名X at 2016年08月16日 16:13
今日も富士宮は暑いら!

で、「サブと市」テレビで見てた!主人公のサブがおいらで、めくらの市が百足爺!それ、合ってる!
百足の爺さん、メクラだからって、人斬り過ぎんなよ!
Posted by ファンタジスタ・サブロー at 2016年08月16日 16:22
陽は傾けれど、今なお暑い、甲府市内の夕べ。

サテ、下手人が一匹、うろついてますゾ。どうやら、駿州の野良犬のようです、シモンさん、早く掃除されるがよろしい。
Posted by 百足衆 at 2016年08月16日 17:34
スーパーカーブームの頃に、イタリアの車でマセラティー・メラクというのがありましたが、いまいち人気が出ませんでした。
子供たちが好きだったのは、マセラティー・ボーラの方。
Posted by ヨット at 2016年08月16日 19:27
市って英国人俳優のサイボーグですよね
Posted by デハ at 2016年08月16日 20:43
真田丸の内野聖陽と言えば、徳川内府がとうとう覚醒しましたね

あの狸っぷりは見ていて気持ちいいものがあります

そういえば、最近、通称や官職名ではなく諱で呼ぶ方が礼儀だったという説が出てきましたね。

当時の事を知るには文献しか知る由がありませんから、実際のところはどうだったのでしょう





Posted by 田舎帝王 at 2016年08月16日 21:34
老師はサブマシンガンやめ組のかしらも気に喰わないんだろうな。めぐみつながりで麻丘めぐみちゃんのことも嫌いだったりして。ただあの人は本当に左巻きだけどね。村山と言い、大分は少しやばい土地かもしれない。
Posted by デハ at 2016年08月16日 22:05
>主役を食う脇役
時宗の時の時頼。
Posted by デハ at 2016年08月16日 22:08
私のアパートの裏が田んぼでね、カエルが煩うて寝れん…

御大の
「市って英国人俳優のサイボーグですよね」
って、今やっと意味が解ったwww言われてみりゃその通りやワwww手塚治虫のハム・エッグやアセチレン・ランプみたいなもんやろなwww

でだ、主人公を甲州出身にしたのも性格形成かなんかで表現はしとるだろうね。読みゃ解るだろうが…5年位前かな?愛知県の大府の古本屋で何巻か揃いを売っていたがべらぼうなプライス付いてた代物やったから覗くことも出来なんだ。(続く)
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年08月17日 01:27
で、甲州財閥ってのが昔在ってだな
「栄光なき天才たち」
でサラッと触れられてたし、謙信が甲州への「塩止め」に参加しなかったのも商売…って話になった時に
「甲州商人が正札で買う筈あるかいwww」
てサブちゃんの書き込んだ(実は此を読んだ時、電車の中だったのだが笑いだしてしまった。肖像の伝信玄が謙信に
信玄「もう少し何とかならんか?」
謙信「(こめかみヒクヒクしながら)貴方、私の好意と同情を理解出来んのか?」
信玄「いや、感謝しとるよwwwでも此方も困ってるんやwww其処を助けてこその“義将”やないかwwwよっ!関東管令!軍神様!毘沙門天!ホモ!」
謙信「ホモはお前やろが!」
て場面が浮かんでなwww)程で、彼らが歩いた後は
「ぺんぺん草も残らない」
「砂漠になる」
と言われるくらいどケチなんてす。大阪商人と言われる何割かが実は甲州商人(有名処は小林一三と日向方斎)やねんな。
で、ヤッパ佐武も生真面目で粘り強いんだが吝嗇…みたいな設定も有ったのかね?
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年08月17日 04:09
それとね、サブちゃん

富士宮は涼しいよ、四国は洒落にならん…
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年08月17日 04:15
夜が明けてからカエル静かになった。遅いんだよ…

無名X様

「主役食う脇役」
て実力無いと出来ん。平幹とか佐藤慶とか内野は解るけど、草刈さんて昔はルックスだけの大根やったけどね。
主役が空気でも
「脇が名を揚げれない」
の有ったけどねwww
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年08月17日 05:24
ラーさん

ご無沙汰しました。
佐武:前期石森作品の典型的主人公
市:後期石ノ森作品の典型的主人公
ですよね。
Posted by シモン at 2016年08月17日 06:04
百足衆さん

いつも「とと姉ちゃん」のレビューを有難うございます。
口喧嘩 どこに行っても やってます。

市川大門という駅が身延線にありますね。
Posted by シモン at 2016年08月17日 06:05
無名Xさん

>「真田丸」では草刈正雄や内野聖陽とかがそれですね。

そうですね。
堺信繁は、有能なんだか無能なんだかよくわからなくなってきました。
さすがにマルタではNHKの海外放送は見れなかったです。
Posted by シモン at 2016年08月17日 06:07
ヨットさん

>マセラティー・メラク

海外の言葉が、日本語では禁忌語になってしまうのはよくありますね。バリ島にある山とか(キンタマーニ)

マセラティー・ギブリてのもありました。
Posted by シモン at 2016年08月17日 06:10
田舎帝王さん

帰国後ビデオで見ました。あの合掌した時に狸スイッチが入ったんでしょうね。

諱で呼ぶ方が礼儀?という説には、ちょっと同意しかねます。うーむ
Posted by シモン at 2016年08月17日 06:13
デハさん

総帥さんも言ってますが、手塚治虫同様の「スターシステム」ですね。
佐武は耳の奥に加速装置がついてる顔でしょう。みどりはフランソワーズですし。
Posted by シモン at 2016年08月17日 06:16
総帥さん

>草刈さんて昔はルックスだけの大根
でしたね。
今でも、丹波哲郎に比べればだいぶ風格が落ちますな

>主役が空気でも
>「脇が名を揚げれない」
>の有ったけどねwww

大河ドラマ「信長」の緒形直人は空気でした(今でも
で、平幹二朗の「加納隋天」はwが3つぐらいつくお笑いキャラでした。
Posted by シモン at 2016年08月17日 06:19
おはようございます。シモンさん、おかえりなさい❗外房地方は、台風直撃で昨日は挨拶さえできず失礼しました。

昨夜から今朝にかけて、我が家はフェンスが強風で倒れ、オリーブの木が下敷きになってしまいました。幸い軽い材質のものだったので、幹も折れず、何より他人様に迷惑をかけなかったことにホッとしております。

千葉県、特に海の近くは、百足衆先生の甲州とは逆に、気候が穏やか過ぎてボーっとした人が多く、スポーツ選手と芸能人以外に大物も少ないのですが、やはり自然の力はすごいです。その土地ならではの大変さもあるなあ、と実感しております。

総帥さん、うちの近所もカエルちゃんたちが大合唱していますよ。最近は、ザリガニを食べにウシガエルまで登場しました。でも、可愛いものですよ。今では楽しみにしております。
Posted by GATTO at 2016年08月17日 08:03
ご無沙汰しております。
長らくマルタ騎士団の末裔が英国支配から独立した国だと勘違いしていました(笑)騎士団の本部はローマでしたね。
Posted by HB at 2016年08月17日 08:25
GATTOさん

全然関係無いのだが千葉にはマックスコーヒーという恐ろしく甘いコーヒーが有るそうだな?富士宮時代に千葉出身の社員が居て、そんな話題を振ったら
「ああ、静岡には有りませんね。大阪にも無いでしょうね。土産に買って来ようかな?」
なんて言ってましたが、そんなに甘いのかね?私は甘いものは好きだが、コーヒーはお茶と理解してるから時間が無い、飯抜きの時以外は薄めのを何も入れずに飲むんで想像出来んのよ。虫歯が有ったらぶっ飛ぶ程甘いそうだが本当ですか?
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年08月17日 08:32
快晴となつた、甲府市内の朝。
けふの「とと姉ちゃん」傘の色落ちにヒントを得たとと(高畑演)は、実験比較記事を、「暮らしの手帖」に掲載する。

という、回でした。
サテデハサン。私は寛容ですゾ。ファンタジー某以外なら、大丈夫です。
サテシモンさん。いつも、爺のとと姉ちゃん報告を楽しみにしてくださって、光栄極まれり、です。
サテGATTOさん。台風は、大変でしたナ。甲州には被害はありませんでした。オリーブの木、大切に育ててあげてください。やがて家族の、絆の木になることでしょう。
サテHBさん。マルタ騎士団という、一国に相当する組織がある事は存じて居ましたが、マルタ共和国とは別なのですナ。不肖、初めて知りました。
サテ総帥さん。甲州商人は、吝嗇ではありませんゾ。甲州ワインを飲んでみなされ。さすればわかります。さ、はよう。
Posted by 百足衆 at 2016年08月17日 08:43
サブーっと イチ!イチ!
位置直し。菅原君!

私が市(注・目は見えます)で、菅原君がサブ。

そうなのです。
そうなのです。

菅原君は、いなくとも、良いのです。佳いのです。

ぷぎゅぺらー、ぼざよ! ばぎやゃぺら!ばぎやゃぺら!

芸術は、ぼざよ!この私!
Posted by 藤原 at 2016年08月17日 09:58
GATTOさん

ご無沙汰いたしました。
台風の影響は、大丈夫でしたか?オリーブの木も、その他大過なければ良かったと思います。

千葉県もそうですが、地中海の地方の人は野心家というより今生きることを愉しむ人が多いかもしれませんね。
マルタはイタリアより遥かに治安も良く、安心して旅行できました。英語ですしねw
Posted by シモン at 2016年08月17日 10:24
HBさん

ご無沙汰しました。

マルタ騎士団だったり、聖ヨハネ騎士団だったり、いろいろ呼称が変わったみたいです。今はローマが本拠地ですか。軍事組織というよりは、薬品の製造販売に従事しているようですね。

マルタ共和国ではマルタ騎士団のフィギュアがお土産に売られていて、私も何体か買って来ました。
Posted by シモン at 2016年08月17日 10:27
総帥さん

MAXコーヒーは茨城でも売られていたみたいです。
ラーさんとGATTOさんしか知らない味でしょうね。
ただ、普通にインスタントコーヒーに練乳と砂糖をたっぷり入れると再現できるようです。
Posted by シモン at 2016年08月17日 10:28
藤原さん

とても良い詩ですね。
Posted by シモン at 2016年08月17日 10:28
真田虫…完全終了のお知らせキターNG

視聴率、たった3.7%!ショッキング

なにこれ!大河以前に、ドラマとして成立してないわ!青ざめ
Posted by 花…もやバニー at 2016年08月17日 14:06
「日本じゃ何処に行けばトンスルは買えるニカ?」

とまでは読めました。


さて、この作品は大人の観賞にも耐えうる分けだが、昔は此やとか横光さんや白土三平とか子供も時代劇診てた分けよ…と言いたいが今でも「流浪人剣心」とか…「ナルト」とか「銀魂」とか有る分けで、時代劇を観る土台が無い分けでも無いんやけどね。作るのが面倒くさいんやろね。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年08月17日 15:58
総帥さん、「作るのが面倒くさい」というのはあるかもしれませんね。

今日未明の豪雨で、出勤も大変でしたがなんとか乗り切りました。今トイレから書き込んでます。

3.7%?BSでの視聴率でしょ。去年のアレのBS平均視聴率は1%割ってたような・・・。
Posted by ラー at 2016年08月17日 16:54
茨城県の誇る石井中将の丸太とは関係がないですよね。
マルタ島をめぐる英国と独伊の大決戦・・・。
必死で粘る英陸上軍に物資を届ける船団を執拗に猛爆撃する独伊空軍。
 空母イーグルをはじめ、巡洋艦サザンプトン、フィジーなど次々撃沈されながらも、守り通したジョンブル魂。
 戦艦・巡洋艦は全く活躍しなかったイタリア軍も航空機と潜水艦、それに特攻艇は大活躍しました。
これを以て「イタリア海軍の士気および戦果は、その使用する兵器の大きさと反比例する」

 一番手柄を立てたのが人間魚雷(回天とは異なり、魚雷にまたがって敵艦に近づき、爆薬をしかける)次いで雷撃機、潜水艦、水雷艇、駆逐艦、軽巡洋艦。
しかし戦艦は敵駆逐艦を撃破しましたが(1隻も撃沈できず)重巡洋艦は全く戦果がなく、マタパン沖海戦でウォースバイト1隻のため全滅させられました。
Posted by デハ at 2016年08月17日 17:48
総帥さん

江戸時代を舞台にした白戸/横光漫画は、忍者をテーマにしていましたね。そう、昔の時代漫画は、忍者だったんです。

佐武と市は、その点異色?の漫画でした。一種の刑事漫画ですね。

るろうに検診とか、最近の時代漫画は剣豪の話が多いですね。要するにバトル漫画です。
Posted by シモン at 2016年08月17日 18:58
ラーさん

明け方の雨は相当でした。
私は明日から会社なので助かりました。

真田丸のこの前の視聴率は15%台で、BSと合わせると19%ぐらいは見てるってことですね。
一方アレは、BS合わせても13%ぐらいで「安定」してました。
Posted by シモン at 2016年08月17日 19:00
デハさん

マルタでは、ソードフィッシュ=メカジキの料理が堪能できました。

戦争博物館というところに、英軍の航空魚雷が置いてありましたが、我が軍の酸素魚雷に比べるとシンプルで貧弱でした。

カルカーラという町に、第一次大戦で戦死した駆逐艦「榊」の慰霊碑がありました。♪海ゆかば・・・と思わず歌ってしまいました。
Posted by シモン at 2016年08月17日 19:03
こんばんは。

百足衆先生、やはり命を育て成長させるというのは素晴らしいことですね。

総帥さん、あれは冬飲むと結構美味しいです。身体の冷えきっているときに自動販売機であれを見つけるとホッといたします。買うと、まず手を温めます。それから飲むのですが、特に空腹のときなど血糖値も上がりますので、とても身体が温まります。とはいえ、しょっちゅう飲んでいたら糖尿病は免れないでしょう。だからほどほどにね。それに今のように暑い季節はまず飲む気になれません(笑)。
Posted by GATTO at 2016年08月17日 19:27
また連続で失礼します。私が初めて「マルタ」という地名を知ったのは「マルタ島の砂」という曲を聴いたときでした。こんな人は結構多いんじゃないかな?ちょうどモーター・スポーツに関心を持ち始めた頃で、オートバイのレースで有名なマン島(こちらはイギリスですが)とちょっと混同しておりまして、ここはレースが開催されないとしったときはちょっと
Posted by GATTO at 2016年08月17日 19:41
途中で送信してしまいました。

・・・開催されないと知ったときはちょっと残念な気持ちになりました(笑)。何しろ、あの曲、えらくスピード感があるものですから(爆)。
Posted by GATTO at 2016年08月17日 19:49
おばんです。


いやあwww恫喝されたよwww
「殴る」
ってよwww
「なんとか殴ってもらおう」
と思ったねwwwどうしよっかな?先ずは大袈裟にぶっ飛んで、医者に…いや、お客さんか回りのショップの人に119してもらって、診断書貰って後日会社に電話して駆け引きするか?病院から出たら診断書もってストレートに警察に飛び込んで警察から本社に電話してもらうか?
ペン型のボイスレコーダーでも買っておこうかな?まあ努力もしたんやけどね。最悪の上司やね。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年08月17日 22:56
総帥さん

難儀ですね。
しかしおっしゃられているように
こちらから手を出すのではなく、相手に先に手を出させる
というのが良いでしょう。
Posted by シモン at 2016年08月18日 04:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック