2016年08月28日

シジミ

淡水域や汽水域に生息する小型の二枚貝です。

shijimi.jpg

8月最後の日曜日になりました。
皆様夏バテや夏風邪を回避してお過ごしでしょうか。

aug12.jpg

シジミ(蜆)は、古来夏バテというか、夏にビールを飲みすぎた肝臓に優しい食材として知られています。
シジミに含まれるオルニチンは肝機能を向上させるのに役立っており、これを用いた健康食品的おつまみ(オルニ珍味)が販売されています。私も家飲みの際は、必ずこれをツマミにするように家内に厳命されており、結構ビールに合うのでこれをツマミにするといつもより1杯多く飲んでしまいます。
肝臓だけでなく、視力の回復にも効果があると言われ、「蜆」の漢字はそこから来ているという説もあるそうです。

シジミにもいろいろ種類があり、日本に生息するのは主として汽水域(淡水と海水が交わる河川の河口付近)に生息するヤマトシジミ、湖などの淡水域にいるマシジミです。沖縄には、シジミといいながら体長10cmにも達する「マングローブシジミ」なるものも生息しているそうですが、案の定大味で食用には向かないようです。
中国系のタイワンシジミは、中国人が食用に日本のみならず欧米にばら撒いたため、あちこちで外来種の被害を撒き散らしているそうです。

日本のシジミの産地は、北海道の網走湖や青森県の十三湖、宮城県の北上川、茨城県の利根川、それに島根県の宍道湖が有名です。
島根県を舞台にした連続テレビ小説「だんだん」では、成長したマナカマ姉妹が「シジミ汁」というグループを結成して島根県を本拠地に音楽活動をする、という内容でした。

シジミの調理法は、シジミを味噌汁に入れる「シジミ汁」が有名ですが、他にもアサリ飯のように出し汁で炊き込んだ「シジミ飯」や、紹興酒とラー油で炒めた「シジミのピリ辛炒め」、シジミの酒蒸し、シジミ汁ラーメンと、バリエーションは限りなく広がります。

g1979-0009.jpg

シジミを食べながら、しみじみと暑かったこの夏を振り返ってみるのも良いかもしれません。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(30) | TrackBack(0) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
蜆は身を食べるのか食べずに捨てるのかの論争が巻き起こる貝類ですね

Posted by 田舎帝王 at 2016年08月28日 05:54
小雨模様となつた、甲府市内の朝。
けふの「5分でわかる、とと姉ちゃん」とと(高畑演)は、昔の知人星野(元帝大生)の子供の世話を、する。

という、一週間でした。
サテけふは、武田信玄、真田丸の日。気を引き締めて、テレビに向かいたい。
サテ田舎帝王さん。蜆は、身を食べることにしています。
Posted by 百足衆 at 2016年08月28日 06:50
「だんだん」は、名作朝ドラです。
世界的タンバリン奏者が、演奏を支えていた「シジミジル」ちなみに、マナカマ姉妹ではなく、マナカナです♪
Posted by シジミジル at 2016年08月28日 07:59
日本から、頭下げての韓日スワップ協定再開…失敗

アベノミクス破綻のつけを、韓国に背負わせる気かしら青ざめ

チョッパリさん、いい加減にしてくださいNG
Posted by 花…燃やバニー at 2016年08月28日 08:25
スワップ すわ!すわ!
諏訪神社。岩手!

鼻…もげ様、鼻…もげ様、

そうです日本が間違っていました。
スワップ協定、やめましょう。はっ
スワップ協定、やめましょう。はっ
スワップ協定、やめましょう。はっ
スワップ協定、やめましょう。はっ!
Posted by 藤原 at 2016年08月28日 09:47
しじーん みん!みん!
大詩人。藤原!

そうです
そうです。
シジミは島根県の、名産です。

我が故郷、島根県の…

シジミを食べましょう。はっ
シジミを食べましょう。はっ
シジミを食べましょう。はっ

シジミを食べれば、菅原君も、

少しはまともに、なるかも知れません
なるかも知れないのです。

ほげらっほげらっ。
Posted by 藤原 at 2016年08月28日 10:04
真田丸の前に武田信玄の再放送も楽しんでます。
真田丸と武田信玄を見比べてみると、戦国中期と末期とでは全く異なったベクトルで世の中が動いている事がよくわかります。
真田幸昌が時代の流れに翻弄されるのも二つのドラマを見比べれば至極納得出来る話だと思います。
ところで、鼻もゆ殿
東アジアのバランサーを自負しつつ、その実告げ口外交で支那のご機嫌を伺っていた南朝鮮はサードシステムの導入で宗主国様のご機嫌を損ねて日本にすり寄ってきましたね。
かつての朝鮮王朝がそうであったように、日本にすり寄る前に近習平の御前に出て三跪九叩頭の礼をもって、赦しを乞う方が先決だと思いますがね
Posted by 田舎帝王 at 2016年08月28日 10:39
東アジアのバランサーwwwww

バラスト(お荷物)の間違いなのでは???
Posted by 燈台森 at 2016年08月28日 11:23
田舎帝王様のおっしゃる通り、
時代の流れは常に変化していて、
80年代の日本に喩えて言えば、
日本式モノ作りの時代からグローバル化への転機で、
その潮流に乗れなかった企業は90年代から2000年代にかけて
衰退していきました。
家電メーカーがその最たるものでしょうね。
グローバル化さえなければ、量販店で安売りなどはなく、定価販売でした。
安売りしたから消費者の利益になったかというと、定価販売のときには当然タダでやってもらえたサービスがすべて有料になりました。
Posted by 無名X at 2016年08月28日 12:52
最近NHkで「貧困女史」なるものがあり、ねつ造ではないかと騒がれています。
その真偽はともかく、時代劇においては「しじみを売っている少年少女」は、まさに「貧困少年」「貧困少女」の象徴でした。
 たいてい母子家庭か、内職をしている浪人の子供と相場が決まっていました。

 
Posted by デハ at 2016年08月28日 18:55
デハさん
NHKの捏造と言えば、「奇跡の詩人」を思い出します。

藤原さんが出ていた方がまだましでした。
Posted by 菅原 at 2016年08月28日 19:55
www藤原さんの方が“まだまし”www
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年08月28日 20:59
2時間ぐらいこのブログにつながらなかったのでアレあたりのF5攻撃かと思いました。
Posted by デハ at 2016年08月28日 23:12
デハさん
時代劇に出てくる蜆売りは以外に根拠のある演出みたいですよ
大川では蜆がたくさん獲れたので、元手がかからず需要のある蜆売りは子供でも出来る商売だったみたいですよ
Posted by 田舎帝王 at 2016年08月29日 00:31
田舎帝王さん

東南アジアで新聞売りをする子供たちがいますが、
現代の蜆売りのような仕事ですね。
Posted by シモン at 2016年08月29日 04:44
晴れ時々雨となつた、甲府市内の朝。
けふの「とと姉ちゃん」アイロンの商品試験をするとと(高畑演)は、星野に会い、アイロンを掛けっぱなしにする。

という、回でした。
サテ田舎帝王さん。「武田信玄」の時代と、「真田丸」の時代は、かなり違ってますナ。何しろ、画面サイズが異なります。
Posted by 百足衆 at 2016年08月29日 08:08
百足の旦那、田舎帝王どのは戦国時代の話してるのに、旦那はテレビの進化論の話してて、ずれてるよ!
Posted by ファンタジスタ・サブロー at 2016年08月29日 09:43
サテ、山梨県の南でくすぶっていた台風が、矛先を変えて向かってきたようですナ゛。
Posted by 百足衆 at 2016年08月29日 11:44
真田虫…

13.2%!ショッキング

このペースで行くと、来週は8%ぐらいに…青ざめ

メッキが、禿げたようで…NG
Posted by 花…燃やバニー at 2016年08月29日 12:10
おい、鼻もげェッ。

お前も忙しいのう。BSやったり地上波やったり。で、何回メッキ禿げるんやwwwお前こそ禿げるゾwww

作品ちゅうのは脚本もそうやけど歴史考証とかでも変わるワナ?今回は上杉が小物臭いけど、3人の考証のうち丸島さんてのが武田家研究で有名な人で
「信玄大好きで謙信大嫌い」
な人やからかね?
ん?老師、嬉しそうやね。この学者好きになりそうやね。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年08月29日 12:50
散々コケにされても顔を出す鼻もげ殿はMなのか?
Posted by 田舎帝王 at 2016年08月29日 16:57
うんwww変態に違いないwww
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年08月29日 18:21
まあ、私と菅原さんのオモチャやからね。しかし最近飽きてきたけどな。もうちょっと知的になるか、ミズポか有田みたいにぶっ飛ぶかしてくれんかね?
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年08月29日 18:35
総帥さん

蓮崩による岡田代表の評価とほぼ一致しますね
>最近飽きてきた=つまらない
Posted by 菅原 at 2016年08月29日 19:31
ああいう物言いはどうか?と思うがなwww散々世話して貰っておいてなwwwあれじゃ、選挙で勝っても、その後の運営で本気で支えようとは思わんよwwwまあ岡田は無派閥(要するに友達が居ない)だから彼自信が気にしなきゃ良いが普通は回りが吹き込むからな。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年08月29日 19:39
蓮舫の、あの上から目線発言を見ると、まだ鼻もげさんの方が庶民的にはだいぶマシですわ。
Posted by ジョニー at 2016年08月29日 21:14
再来年の大河は西郷隆盛らしいとまことしやかにささやかれているみたい
Posted by 田舎帝王 at 2016年08月29日 21:44
来年の大河、中止にできないか。
というか、井伊直虎を裏切ったやつの扱いがよさそうで(裏切らない)予感がして胸糞わるい。

せめて井伊直虎の曽祖父を毒殺したお田鶴の方という悪い女を寺島しのぶにして、徹底的にわるものにして、直虎をいじめて、本当は小野がやった讒言も彼女のせいにして、泥沼の女同士の対決に描いてほしい。
Posted by デハ at 2016年08月29日 22:26
おばんです。

薩長大河は「花神」と「翔ぶが如く」で極まってると思うがね。で、薩藩て殿様独裁だから幕末で主役張れるのって斉彬と西郷さんくらいじゃないか?久光はちょっと違うし、人斬り半次郎じゃ軽い。おまけに西郷さんて意外と良い作品無いのよね。「翔ぶが如く」と海音寺潮五郎の「西郷隆盛」くらいじゃない?海音寺さんのは未完だし「翔ぶが如く」は既に作品化されてるし…微妙やで文学作品としては。アレは映像が原作を越えた珍しい例だと思います。西郷さんて真ん中じゃ作りにくいよ。

でだ、ヤッパ真田てブームなの?うちの職場の前にシネコン宣伝用のディスプレイが有って、次期公開作品の宣伝やってんねやワ。片付けしてたら
「狙うは家康の首一つ!」
て聞こえたから
「あれ?岡准の『関ヶ原』てまだ撮影にも入ってないよな?」
と思いながら覗くと「真田十勇士」の宣伝やってん。マツケンが特別出演で家康やって合戦シーンは中々スケールもデカクて良さげやった。真田は浮かばれるけど、松陰は浮かばれんねえwww大河作品がアレじゃあねwww
「吉田松陰物語」みたいなの出来んもんな。俺が松陰やるゾ!

♪吉田松陰は〜鉛筆の芯をナメナメ勉強をしていた〜松陰芯舐める〜しょうい〜んしん舐め〜る〜♪

あ〜また私は変態と誤解されるんだろうか…

Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年08月29日 23:41
毎度の如く非番の前日は寝れん私。出向が解けてから休みが少なくなってから(親会社→子会社だから従業員が減ったからね)余計その傾向が強くなったな…
で、何気に調べてたらホンマに噂が有るね、「西郷隆盛」。原作は兎も角、作るの難しいよ「翔ぶが如く」の頃より。間に“征韓論”有るからね。
「あんなもん熨斗を付けて貰っても要らないでゴワス」
てのが本音やけどね。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年08月30日 04:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック