2016年09月03日

牛丼

日本の外食産業で最もポピュラーな丼物のひとつです。

gyudon.jpg

社食のないサラリーマンが昼に食べる丼物の人気トップは、牛丼なのだそうです。丼物といえば、カツ丼・親子丼・天丼・中華丼と、他に選択肢がいくつもありますが、牛肉が載っているのは牛丼ぐらいの上、安いからです。

g1974-0050.jpg

私が牛丼を食べたのは、学生時代に京都の友人と行った関西発祥の「なか卯」という店が最初です。当時、牛丼専門店の吉野家は東京が本拠地でしたが、吉野家の経営者も大阪出身ですし、基本的に牛肉を食べる文化は関西由来なのでしょう。
80年代以降、現在では牛丼を扱うチェーン店が増え、すき家・松屋に前述の吉野家・なか卯を加えた四強の寡占状態となっています。

牛丼は、もともとすき焼きをご飯にかけた「すき焼き丼」がルーツだそうで、店によっては牛肉に加えてすき焼きの具である糸こんにゃくや焼き豆腐、葱などを入れるというバリエーションがありますが、基本的には牛肉とタマネギを醤油・砂糖・味醂などの調味料で煮込んで調理されます。
牛丼の主食材である牛肉は、「美味しんぼ」によれば、高級な霜降り肉では駄目で、安いスジ肉の方が良いそうですが、弱火で数日煮込まなければいけないそうで、結構手間と時間がかかる食べ物になりそうです。

私の友人の一人は、牛丼にしろ天ぷらうどんにしろ、丼物を目の前にすると七味唐辛子を表面にぎっしり掛けて食べることが好きでした(鰻丼の時は山椒を敷き詰めていました)。そういった調味料の使い過ぎが祟ったのか、30代に届く前に早世してしまいました。やはり調味料はほどほどに使うのが良いようです。
トッピングは七味唐辛子の他に、紅しょうが、生卵、天かすなどもあります。

g1972-0031.jpg

最近「スタ丼」という丼物の名前を初めて聞いて、スターバックスでも丼物を始めたのかと誤解しましたが、実は牛丼から派生した「スタミナ丼」の略称だそうで、こちらは牛肉ではなく辛めに調理された豚バラ肉が丼に大盛りになっています。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☔| Comment(40) | TrackBack(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようさん。

よく言われるのが
「吉野家は味が落ちた」
て言われるね。アレは狂牛病騒動で禁止になった部分入らんようになったから…て説も有るわね。まあ事実やろね。材料変わると味も変わるやろね。ま、尤も
「昔の味を再現」
て今更入れてもらわんで結構やけどねwww
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年09月03日 05:26
総帥さん

おはようございます。

昔の味をそのまま再現したら、大概の食品は不味くて食べられないのではないかと思われます。特にお菓子系とか。

牛丼の味が落ちたのは、「飽きた」要素も多分にあるかもしれません。
Posted by シモン at 2016年09月03日 05:47
大阪の芸人さんで坂田利男さんて知ってるやろ?有名な「アホの坂田」ね。彼の相棒が前田五郎さんて人で事実上吉本から追放食らって引退してるんやけど、まあ正直坂田さんと違ってあまり人望の無い人やってんね。ハッキリ言って仲の良くないコンビでね。で、この五郎さんが若手を集めて

「お前ら!付いてこい。肉食わしたるワ」

て宣った。

「あのケチが焼き肉だかステーキご馳走して呉れるんか!」

と思って付いて行ったら
「吉野家」
やったと云うお話を西川のりおが本に書いたら(実はそれだけやない)、五郎さんマジギレして同伴の上で謝罪会見をさせられてね。でも五郎さん否定もせんかったし、のりおも反省してる風は無かったから多分本当の話やねんやろねwww

斯くして牛丼てのは確実に肉料理なのに、格落ちな扱いなんですな。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年09月03日 06:27
ぎゅぅーん どん! ドン!
ドンジョバンニ。 石像!

総帥様、総帥様

国産黒毛和牛の牛丼なら、格落ちしません。しないのです。
ばみゅーん ぼっ ぼっ
ボンカレー。

ボンカレーも、国産黒毛和牛高級ボンカレーを売り出したことが、あります、あるのです。

鰻の蒲焼、函館チャーシュー麺特盛、そして黒毛和牛丼。

楽しみが、増えてきた、にひゃっにひゃっ。
Posted by 藤原 at 2016年09月03日 06:33
彦根藩は江戸時代から牛肉を食べる風習があったから、牛肉文化は関東よりも関西の方が一日の長がありますね。
吉野家の味は狂牛病前に比べて変わりましたね。
Posted by 田舎帝王 at 2016年09月03日 06:41
彦根井伊家から付き合いのある各大名に牛肉の大和煮だか味噌漬けだかを配ってたのに直弼の時に止めたのが水戸との確執の始まりやって話も有るワナ?ま、ネタやろうけど。
昭和末期のテレビ東京の正月時代劇の「花の生涯」でも烈公(佐藤慶)が北大路直弼に
「何故今年は贈って来んのじゃ⁉」
と問う場面もありましたからね。アレもう一度観たいんやけどな…
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年09月03日 07:13
総帥様、総帥様

私が水戸斉昭を演じますので、井伊直弼の役を、お願いいたしします。

うなごにゃ、うなごにゃ。
Posted by 藤原 at 2016年09月03日 07:23
藤原さん
木曜日に立て替えた昼食代、月曜日には返してください。
Posted by 菅原 at 2016年09月03日 07:46
なか卯とすき屋は同じゼンショーなので、実質3社ですね。
以前は牛若丸、牛丼太郎、神戸屋もありました。
牛若丸が高田馬場で牛丼太郎が新橋だったかな?その逆かも。
渋谷にはアッシュドウがありました。
松屋はあまりおいしいとは思いません。

しかし、バカな店員や強盗被害はなぜすき屋に集中するのでしょうかね?
すき屋の牛皿1キロは平気で食べられるのにココイチの1キロカレーは苦しいのはなぜだろう?やはり油かな?
Posted by デハ at 2016年09月03日 07:57
総帥。
そうですか。烈公は彦根の牛肉が好きなんですか。それで井伊大老におねだり。
息子の慶喜公は薩摩の黒豚が好きで、催促に困り果てる小松帯刀の文献が残っています(原口泉先生の本)
親子で牛と豚、彦根と薩摩、なんとも対照的ですね。

しかし佐藤慶(会津出身)烈公は牛肉が好きでも、森繁烈公は豚みたいに醜いおばはんに手を付けて、松坂慶子を産ませました。
Posted by デハ at 2016年09月03日 08:02
御大

此は本当らしくて烈公は毎年楽しみにしてたそうやけど、直弼が藩主になってから来なくなったのでそれとなく催促(其処はヤッパリ大人やし貴人やから)したら
「殺生は止めました」
みたいな素っ気ない返事で
「ムッ」
としたとか?贈り物って
「やるなら徹底的に、途中で止めるなら最初からやらないのが良い」
というお話ですな。どっとはらい…
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年09月03日 08:17
烈公て攘夷論者やけど、牛肉食うワ(貰ったら井伊家にちゃんとお礼の手紙も送ってたのだから、個人的には意外と良い人なんじゃないかな?)、チーズ食うワ、バターも食うワ、牛乳を愛飲していて健康に良いの知っていたから、筆頭老中の阿部伊勢守が身体を壊したの知ったら
「牛乳は身体に良いぞ。少し持って行こうか?」
とお手紙書いたり(ヤッパリ良い人なんじゃないかな?)、カリスマは有ったし、実は攘夷なんて無理だってのは知ってた人(建前があるから露骨には言えないでしょう)だから煽てようでは幕末を巧く切り抜ける力にはなったんちゃうかな?少々野心が大きいのと、女癖が…やけどね。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年09月03日 08:34
デハさん総帥さん

烈公の先祖は、日本で初めてラーメン食べた人ですから新しいモノ好きなんですよね、ラーさん?
Posted by シモン at 2016年09月03日 09:04
総帥。
>女癖が…やけどね
だからといって春川ますみはありえないんじゃないんですか?
しかし時は流れあの松坂慶子が春川ますみと同じ体型になるとは思わなかった。
Posted by デハ at 2016年09月03日 09:11
晴れとなつた、甲府市内の朝。
けふの「とど姉ちゃん」とど(高畑演)は、石投げ犯人を、突き止める。

という、回でした。
サテデハサン。松坂慶子が春川ますみの娘と見抜いた、江戸を斬るのプロデューサーは、慧眼でしたナ。
Posted by 百足衆 at 2016年09月03日 09:18
それと田舎帝王さんのいう通り再来年は西郷ドンになったね。普通もっと早く発表になるのにね。震災からの復興て事考えりゃ、「清正」だけどねえ…ごきぶりが五月蠅いんやろね。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年09月03日 11:31
総帥さん
今年の大河での清正の描き方、最初はあの国向けに劣化させているのかな、と思っていましたが、徐々に変化してきました。
三成とは朝鮮出兵直後に仲違いしたという説が有力ですが、関ヶ原直前でも、まだ三成との心の絆は保たれているようです。
Posted by 無名X at 2016年09月03日 12:25
シモンさん、
そうです水戸黄門こと光圀公が最初のラーメンを食べた人物だそうです!

ただ、水戸のラーメンというとスタミナラーメンを始め、B級が主流です・・・。
Posted by ラー at 2016年09月03日 13:43
ラーさんは水戸にある地獄ラーメンを食べたことはあるのだろうか?ちゃあしゅう屋の「将軍慶喜」も。
以前は郡山にもあったが撤退した。
Posted by デハ at 2016年09月03日 16:26
デハ様
地獄ラーメンは月に一度は行きます。翌日のトイレが辛いです・・・。
将軍らーめん慶喜は、2500円するのでなかなか食べられません><
Posted by ラー at 2016年09月03日 17:27
無名Xさん

なんかあの脚本家なりの解釈が有るんじゃないかな?個人的には悪くはなかったのに小西との関係でおかしくなった。市松さんに引きずられた…実は市松さんともそんなに悪くはなかった…とか色々話は有るからどうお話を作るか?は見守るしかないね。

上記の根拠は市松さんにも大阪に戻るように手紙を送ったら
「解っとる解っとるwww」
と返事をしたって話もある(続く)
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年09月03日 17:52
ラーさんはラーメン三銃士の一人でしたね^^

チャーシュー・メンマなど具の専門家でしたよね。よっす、どうも。
Posted by A2Z at 2016年09月03日 18:06
加藤に関しては、此は最近解った話らしいですが、薩摩の家老が反乱を起し(庄内の乱)、コレが又かなりデカクて(コレが基で関ヶ原には島津は大軍を送れなかったという)大老として家康も必死で押さえてたのに清正が反乱軍を裏で煽っていて、コレが家康にバレたらしいwwwで、当然ヤスは大激怒して清正に謹慎させていた…だから清正は上方に居なかった理由だ。で、ヤスも当然良くは思ってはいない。で、東西手切れの時にヤスからだけでなく、毛利からもお手紙を貰ったけど、恩賞を吹っ掛けたらヤスは飲み、テルは渋った…だから東軍に付いただけって話らしいね。

Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年09月03日 18:07
ラーさん
水戸には地獄と慶喜まだあるんですね。
Posted by デハ at 2016年09月03日 18:42
慶喜にはチャーシュー3種類とギョーザが入っていて、それがくどくてマイナス点でした。量も多すぎ。
Posted by デハ at 2016年09月03日 18:43
総帥
伊集院を増長させたのは三成。
ガラシャ夫人を焼き殺したのも三成。
だから私は三成嫌い。
しかし伊集院や石川和正も憎い。
片倉小十郎や新納忠元、山田有信は、サルや三成にそそのかされても決して主家を裏切らなかったのに。
特に、有信が受け入れれば鍋島は滅んでいたのに(竜造寺遺領を有信にくれるはずだった。有信は二つ返事でこれを受け、義久公に献上しようとしたので、やっぱりなし、ということになった。忠元は秀吉に怒鳴りつけて断った。小十郎も同じです。)
主君と家臣の絆をずたずたにする三成なんかに義があるものか。
忍城を落とせず女と戦って負けた三成。
美女を焼き殺した三成。
それなのに三成ファンの女が多くて悔しい。
Posted by デハ at 2016年09月03日 18:47
水戸のスタミナラーメンと名古屋の台湾ラーメンはメディアに取り上げられるだけで主流(醤油・味噌・豚骨)にはなれませんね・・・
Posted by HB at 2016年09月03日 20:07
HB様

仙台と並んで、水戸と名古屋は「共通点」がありますからねぇ…。
Posted by ラー at 2016年09月03日 20:49
HBさん
郡山にも台湾ラーメンがあります。
しかし、やや辛さが抑えられている「台湾ラーメンアメリカン」、激辛は「台湾ラーメンイタリアン」と名付けられています。コリアンやインディアンはありません。
Posted by デハ at 2016年09月03日 20:57
インディアンは認めます。
Posted by ジョニー at 2016年09月03日 22:03
ジョニーさん
しかしインディアン台湾ラーメンはたぶんカレー味に、つまりキーマカレーの乗ったラーメンになってしまいます
Posted by デハ at 2016年09月03日 23:00
おばんです。

家康ラーメンてのは無いんかい?有ったら多分、赤味噌ラーメンだろうねwww

さて、考えが反対の部分多いけど…というかだからかな?デハさんの座ってる座布団を引ったくるような問答が好きやねwww
そうそう庄内の乱の首謀者は伊集院家やったね。まあこの辺も豊家並びにミッちゃんにとってはある程度想定はしてたやろうね。中央集権化の為には大きな勢力は削った方が良いのは当たり前やからね。自民党内の勢力争いも同じやワ。それも戦じゃなく調略で済めば安上がりやし、調略も戦の一部やからね。でも天才秀吉も“政略”単位では意外と成功率低い。石川和正、長束正家、あと宇喜田家くらいかな?直江も小早川隆景も伊集院も形の上では独立してないからね。ヤッパ、地は水より濃いんやね(続く)
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年09月03日 23:45
で又、壮大な枝葉に行くんやが、歴史漫画・小説の楽しみ方の一つに登場人物に対する、或いは登場人物を通しての作の“歴史観”“思い込み”“主張”を読み取るってのが有ります。武田鉄矢みたいに「竜馬が行く」を読んで此を全くの事実・真実と思い込み、善悪(好悪じゃなく)まで決めてかかって他人に強制するのは俗に言う
「痛い奴」
であります。例えば題名は忘れたけど、かなりオカルトの強いやつで信長が異世界で甦るかなんかして戦を語るんですワ。
「戦ってのは只の手続きだよ。其処までに有りとあらゆる手を打って、実行する為に戦を“手続き”としてするだけだよ。ま、尤も此を理解出来たのは“サル”だけだったね…」
と、最後は寂しげな表情をしたのね。ま、要するに此は調略を語ってるんやね。信長と其を理解した秀吉の天才性を著者が語ってる分けやね。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年09月04日 00:02
薄曇となつた、甲府市内の早朝。
けふの「5分でわかるどと姉ちゃん」どと(高畑演)の比較実験を阻止せんと、赤羽電機の社長は鱈場蟹を食べる。

という、一週間でした。
サテ総帥さん。歴史小説はその小説ゆえんの虚構が不可欠な要素であり、かつその虚構の部分を見抜けない読者が真実の歴史と見誤る、之歴史の必定也、と云う。
再来年の大河ドラマは、西郷隆盛に決まったそうですナ。マッサンに出演していた大将が主人公だそうです。面白い。卵かけご飯を食べるのだろうか。再来年と云わず、来年放映してもらいたい、爺も見れるかどうか、聊か不安です。
Posted by 百足衆 at 2016年09月04日 06:48
むかーで  しゅっ しゅっ
しこしこしゅっ!

百足衆様、百足衆様、
案じるには、及びません。
按じる必要は、ないのです。

むかーでしゅっしゅっ
しゅらしゅしゅしゅっ!

ご唱和ください、

むかーでしゅっしゅっ
しゅらしゅしゅしゅっ!

元気よく、

むかーでしゅっしゅっ
しゅらしゅしゅしゅっ!

大きな声で、

むかーでしゅっしゅっ
しゅらしゅしゅしゅっ!

Posted by 藤原 at 2016年09月04日 09:11
藤原さん

とても良い詩ですね。
Posted by 菅原 at 2016年09月04日 11:50
曇りのち快晴となつた、甲府市内の午後。
けふの「武田信玄」今川に身を寄せる信虎(平幹二朗演)は、酒に溺れる日々を改め、変身する。一方越後では上杉憲政(滝田演)が、景虎(柴田演)を養子にし、関東管領職も譲ると、言い出す。

という、回でした。
サテ藤原さん。何やら、元気が出てくる詩ですナ。しこしこしゅっしゅ、しゅらしゅしゅしゅ。しこしこしゅっしゅ、しゅらしゅしゅしゅ。
Posted by 百足衆 at 2016年09月04日 14:40
その大河やけど、今日かな?群馬で去年のヤツのゆかりの銅像が出来たそうやね。香取と最初のかみさんと後二人の。主役おらんがなwww金が集まらんで完成遅れた…って要するに県民も興味無いっちゅう事やがなwww一部税金やしな。集客も見込めんし、相変わらず自治体てのは無駄遣いの意味が解らんのやね。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年09月04日 16:21
私はむしろ「吉野家の牛丼は味が向上した」ように感じているのですが、少数派でしょうか?
甘い汁のべたべたさやネギのどろりとした面が解消され、シャープになったような印象。
あと吉野家で生ビール(180円?)を飲むと、え?と思うくらいおいしい時がある・・・・。

昨日の欅坂46握手会
http://pbs.twimg.com/media/CrZnWZOWEAAgCid.jpg

Posted by ヨット at 2016年09月04日 16:41
ヨットさん

吉野家の味は、人の好き好きですよね。
握手会、さぞ暑かったことでしょう。
Posted by シモン at 2016年09月05日 04:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック