2016年09月05日

猫の妙術

享保年間の1727年に書かれた、剣術の指南書です。

neko_no_myoujutu00.jpg

「巨人の星」や「てんとう虫の歌」等の作品で知られる川崎のぼる先生の傑作柔道漫画、「柔道一直線」いなかっぺ大将」には、主人公の風大左衛門に、柔術を指南する「にゃんこ先生」が登場します。

sep06.jpg

「猫が武術の指南役」という設定は、江戸時代に既に存在しました。
享保年間、佚斎樗山という武術理論家が書いた「田舎荘子」の一節に、猫が武術を説いた「猫の妙術」というエピソードが登場します。

その内容を、簡単にwikipedia から引用しましょう。

===引用ここから

剣術家の勝軒(しょうけん)の家に大鼠が現れ、ネズミを捕えるため、初めは自家猫を仕向けるもネズミに噛まれ、そこで近所中のネズミ捕りに実績がある猫達を集めさせるも、どれも敵わず、とうとう勝軒自身が木刀を手に振り回すも、逃げ回って逆に噛みつかれそうな勢いとなり、手に負えない。最後に名立たるネズミ捕りの古猫を連れてこさせるが、その姿はきびきびとせず、元気がない。ところが、いざネズミのいる家に入れさせると、ゆっくりと追い詰め、大した抵抗をされることもなく、造作もなく咥えてきた。

その夜、猫達が集い、その古猫に教えをこう。一匹(若い黒猫)は所作を鍛錬したことを、一匹(少し年上の虎猫)は気を修行したことを、一匹(さらに年上の灰猫)は心を練ったことを語り、古猫はそれぞれ虚を指摘し、実を説いていく。自分は何の術も用いないし、無心で自然に応じるのみと語った後、自分自身も過去に出会った猫に比べれば、まだその境地(周囲に敵が生じない)に達していないと諭す。最後にそれらの問答を聞いていた勝軒の問いに対し、古猫は、敵とは何か、心のあり方を説き始める。

===引用ここまで

少々難解ですが、要するに猫が鼠を捕らえるためには、自らの「気」を完全に殺すことで達成できる、ということを語っているのです。
少しでも「意図」が動いた場合、相手にその気配を悟られて失敗する。ゆえに「無の境地」に入らなければならない。しかし、意図的に「無になろう」としたら、その気配を相手に悟られる。
なかなか難しい、悟りの境地です。
猫の言葉、「我あるがゆえに敵あり。我なければ敵なし。敵というは、もと対待の名なり。陰陽・水火の類の如し。およそ物、形象あるものは必ず対するものあり。我が心に象なければ対するものなし。対するものなき時は比ぶるものなし。これを敵もなく我もなしという」は、なかなか含蓄深い剣術の極意と言えます。

sep05.jpg

中島敦「名人伝」に、同じような弓の達人の話が出てきます。
この達人は、自らの「気」を消すべく精進を重ね、最後には弓矢を用いなくても飛ぶ鳥を落とすことができるようになりました。その代わり、弓矢を見てもこれが何の道具だったのかすっかり忘れていた・・・という結末は、まさしく「猫の妙術」の究極形なのでしょう。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(29) | TrackBack(0) | 古典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
にゃんーこ 先生!先生!
先制点。逆転負け!

昨日の真田丸、犬伏の別れ。良かったです。良かったです。
菅原君、君とも犬伏で別れよう。

ばさらっ ばさらっ。
Posted by 藤原 at 2016年09月05日 05:53
菅原さん肩の荷が降りたね。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年09月05日 06:12
快晴となつた、甲府市内の朝。
けふの「とど姉ちゃん」とど(高畑演)は、仕事で動物園に行けなくなり、「おばちゃまの嘘つき」と、云われる。

という、回でした。
サテ総帥さん。菅原君の新たな門出を、岩手あげましょうかナ。
どっちが信之で、どっちが信繁かは、分からない。
Posted by 百足衆 at 2016年09月05日 08:08
言っていたではないですか

心が繋がっていれば真田は一つと

藤原さんが犬伏で菅原さんと別れても二人は心で繋がっているはずだから、藤原さんと菅原さんは一つです。

良かったです。良かったです。

Posted by 田舎帝王 at 2016年09月05日 08:14
二人は一つ…怖い。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年09月05日 09:39
菅原君、この、
だらくそ!だらくそ!ぱげ!ぱげ!かわずやまの、G20!

誰が、君と2人で一人だと、言った!?
君とウルトラマンAになるのは、断固お断りだ!さっさと月に帰れ!

田舎帝王様と総帥様に、誤解させてすいませんでしたと、

謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!
Posted by 藤原 at 2016年09月05日 10:03
真田虫、視聴率わずか4.2%…ふらふら

まさに「しに」ましたね…ショッキング

犬伏で、ドラマそのものとお別れみたいです困り
Posted by 花…燃やバニー at 2016年09月05日 11:55
藤原さん、私は一度も藤原さんと2人で一人と言ったことはありません。
Posted by 菅原 at 2016年09月05日 12:10
突然で失礼致します。

私、「鼻もげ」の母の「鼻もげ代」と申します。ウチの娘が常日頃無礼を働いて申し訳ございません。実は先月病院に外出許可を取って出ていったきり行方が解らなくなってたのですが、やはり此処に居たのですね…あれでも元は少々勉強は苦手でもお花が好きな明るい優しい娘だったんです。
其が入試の社会科のテストで「安静の大獄」と書いてしまい更にその井伊大老が指揮した「『安政』の大獄」の原因は
「井伊大老が暗殺されたから」
等と答え、更に国語のテストでは「松花堂弁当」を「まっかどうべんとう」と記入してしまい、誠に穴が有るから挿入て欲しいくらい恥ずかしい答えを連発し、その結果、希望していた
ぬまっき高校
に受からず、皆と一緒に高校にも行けず鬱ぎ勝ちになりました。でも
「其ではイケない!」
と、自分を変えようと劇団に入りました。私は改めて次年度に再受験をするか、通信でも定時制でも良いので
「高校に入って欲しい」
という思いでしたが、もげの意志は固かったのです。そして遂にもげは昨年一年間のロングランのお芝居の主役に抜擢されたのです!
でもそのお芝居は客入りが悪く1日10人も入らない日も度々有りました。座長に
「武田君や伊達君、羽柴くんは度々30、40人は引き入れたのにね。もげちゃんも20とは言わないから、たまには17人くらいは入れてくれないかな?」
等と言われながら頑張ったのですが、最後には打ち上げの時に座長と共演のイケメン君がもげを放って、麻雀を打ちに行ったのです。一人取り残されたもげはそれ以来、暗い子になったのです。
でも、このblogを知って以来もげも少し明るくなりました。
「百足のお爺さんもドラマが好きなの」
「藤原さん菅原さんがよく遊んでくれるの」
「総帥さんて意地悪で嫌い」
「デハさんて人と結婚するの」
等と会話も弾むようになりました。
菅原さん此れからももげと遊んであげてください。総帥さんに苛めないようお願いしてあげて下さい。
デハさん、もげを貰ってくれるんですね?ありがとうございます。国際結婚になるニダ!
皆さん心の病は誰でもなる可能性の有るものです。これからももげを(なま)暖かく迎えてあげて下さい。あなかしこ。


「鼻もげ」の母の「鼻もげ代」
Posted by 鼻もげの母 at 2016年09月05日 12:23
鼻もげさん

お薬、増やしておきますね♪
Posted by ジョニー at 2016年09月05日 16:19
鼻もげ代様、
仕事中に、爆笑させないで下さい!
Posted by 無名X at 2016年09月05日 21:17
むしろ総帥が昌幸で藤原さんは性別は違うが高畑にそっくりだ。
Posted by デハ at 2016年09月05日 21:20
いや、鼻もげの母は俺やがなwww

今日休みでな、で休みの前って寝れんからネタ探してた。よく宗匠が菅原さんの代わりに必死に謝るのが有ったやん。それで、2chのネタで
「『1の母でございます。此度は1がくだらないスレを建てて申し訳ございません…』てのが有ったな」
と、適当なテンプレと今までのエピソード等を織り交ぜて作っておいて鼻もげが書き込んだの確認した直後に叩き込んだ分けやネ。
ハンネを偽ハンネを使うのを管理人殿は嫌うの知ってたけど、まあソコは正体が解るように幾つか伏線を張ったけどなwww最初の呼び掛けとか自己紹介の後に改行して少し空けるとか、各エピソードは俺とのやりとりが多いし
「穴が有るから挿入て欲しい…」
なんて俺のネタやがなwww
最後の所は絶対にデハさんは血圧上がりながら
「やっぱり、あのおっさんだな」
と確信するとは思ったけどwwwまあ、謝罪はするけど賠償は勘弁するニダ。

いやぁ時間掛けた力作だったのに誰も笑ってくれないのかな?と心配だったのよwww

Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年09月05日 21:50
総帥様、総帥様、娘ふさほせかわくまもなし!

私が、菅原君を擁護したこと等、
一度も、ありません。
一度も、ないのです。

どひゃめらー、ぼっ ぼっ!
菅原君!
食い改めよ!
食い改めよ!
食い改めよ!!

ばぼー ばぼー、ばーばぱぱ。
Posted by 藤原 at 2016年09月05日 22:00
いや、“あれ”をけちょんけちょんにバカにしたろ思ってね。
で、無名XさんとA2Zさんは感性が俺と似てるところ有るから助かるワwww私のオヤジと妹のネタとか、白影さんと飲んだ話とか、嵐山美術館の話とか、チハたんの話とか、まろんちゃんとお好み焼きに行く話とか、ラブコメの話とか、「くぱぁ」の話とか…役に立たない話を喜んでくれるのが嬉しいね。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年09月05日 22:04
総帥さん

平安時代にたとえれば、源氏物語ですね。

鼻もげさん

デハさんと幸せな家庭を築いて下さい。
Posted by 菅原 at 2016年09月05日 22:10
藤原さんと菅原さんは男同士だからバロム1では?ハナモルゲと戦う。
Posted by デハ at 2016年09月05日 22:30
デハ様と鼻毛さんは、ウルトラマンA ですか!

総帥さんが、ベロクロン(意味不明)
Posted by ラー at 2016年09月05日 22:37
あんなスケールは無いがなwww自分で言うのも何だが狐狸庵先生や井原西鶴みたいになりたいね。笑いも取るし、真面目も出来ると。
音楽にしろ漫画にしろ文学にしろパクりも天性でね、ツェッペリンのジミー・ペイジってのはパクりの天才で、ストーンズのキースがジミーとは仲が良いのにツェッペリンをあまり評価しないのは
「パクり元を知ってるから」
という話も有るくらいでね。
私もオリジナルは弱いかな?
ま、我ながらコレはコレで天才だろwwwあまり報われないがな…うん、私こそ
「栄光無き天才」
だなwww
ん?菅原さんなんか異議有るの?
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年09月05日 22:42
ラーさん

では、私のこのメガミサイルを…
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年09月05日 22:43
もげ代さんこと総帥さん

業務中に笑わさないでください・・・
Posted by シモン at 2016年09月06日 05:23
晴れとなつた、甲府市内の昼。
けふの「どと姉ちゃん」とど(高畑演)は、動物園に行かないことで星野の子供に嫌われる。

という、回でした。
サテ総帥さん。すっかり、騙されましたソ。鼻もけさんにも、娘の行状を心配する親御さんが居るンだナ、と少しポロリとしたが、騙された。
お詫びに、讃岐うどんを贈りなさい、じゃこ天でも、佳い。
Posted by 百足衆 at 2016年09月06日 12:23
はなーん もげっ もげっ

総帥様。鼻もげ代!

てっきり、鼻がもげたので、代金を請求するのかと思いました。
思いました。
Posted by 藤原 at 2016年09月06日 12:42
昨日は会議で忙しかった上に深夜帰宅で今日の昼にアクセスしたら、

総帥様・・・ちょっと困ります^^; トイレでむせび笑いしてしまいましたよ!!もう!!
Posted by A2Z at 2016年09月06日 19:49
何故か急に蓮舫さんに代表になってほしくなった。

http://blogos.com/article/189415/
Posted by 無名X at 2016年09月06日 19:58
良いだろ?良いだろ?今までで最高に力入れたもんwww座付き作者の面目躍如だろ?笑いネタとしては、私が加入以前含めて今まででも最高クラスだと自認してるゾ!

あれ?デハさん何「ムッ」としてるの?え?何で刀なんか持ってきてるの?寄りによって「歌仙」なの?エッ⁉あーっ!止めて!抜いちゃダメ!
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年09月06日 20:06
おばんです。

さて、無名Xさんのコレなぁ、問題になる自体が問題やね。長島はマトモな方と思ってたけど、ま
「民主党の議員は民主党」
やね。このコラムの通りで議員になってる事自体アカンね。岡田が調査命じて旧国籍を失していないなら議員辞職・除籍なだけやね。ま、その前に“身体検査”もしてない政党てのはどうかね?
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年09月06日 22:33
無名X様、総帥様、
ガソリーヌ山尾といい、民疹党は身内の説明責任は曖昧にする体質は変わらないので、このまま蓮崩が代表になりそうですなー。いや絶対そうなる。そして1年以内に舌禍で降板、まで読めまする♪
Posted by A2Z at 2016年09月07日 04:39
しかしコレは法の問題やし、R4は勝ったら
「衆院に乗り換える」
言うてるやん?この衆院乗り換えっちゅうのは
「参議院議員を辞める」
ちゅうのがセットになるよ。でも参院辞めたらその瞬間にただの
「脛に傷持つ候補」
やで?で、負けたら議員じゃない代表っちゅうことになるやん?

でも今までの見たらヤッパリうやむやごり押しかなぁ。で、参院辞めるリスクは避けて野党第一党の代表が参院なんて変態的な状態が暫く続いて、ヤッパA2Z様の線になるかなあ。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年09月07日 05:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック