2016年09月27日

日野コンテッサ

60年代の日野自動車の小型乗用車です。

contessa.png

日本国内のトラック・バス業界で、最大手は日野市に本社を置く日野自動車です。
バスに詳しいデハさんなら、その魅力を大いに語ってくれるでしょう。

volley100.jpg

そんな大型商用車の専業メーカー:日野自動車が、一般の消費者向けに開発した唯一の小型乗用車が「コンテッサ」です。
電機業界に例えてみれば、船舶・航空機を主軸とする三菱重工が、液晶テレビを開発するようなものです。

「コンテッサ」という、日本ではあまり聞き覚えのない名称は、イタリア語の「貴婦人」という言葉から採用されたものです。
今から55年前の1961年に発表された「コンテッサ900」は、総排気量893cc・出力35psのガソリンエンジンを搭載した、RR(リアエンジン・リア駆動)の乗用車です。なのでボンネットを開けるとそこはトランクだったはずです。

日野自動車は、初めての自社開発の乗用車といっても、全く小型車の生産経験がなかったわけではありません。フランス版のVWビートルとも呼ばれるルノー4CVのライセンス生産を行った実績があったのです。
この時蓄積されたノウハウを元に世に送り出されたコンテッサ900は好評で、タクシーとしても多く利用されました。

イタリアのトリノ生まれのカーデザイナー:ジョヴァンニ・ミケロッティがコンテッサのデザインに参画したのは、翌年の1962年からです。最初にデザインした「コンテッサ900スプリント」は、ベース車のコンテッサとは似ても似つかぬカッコいい車になりましたが、結局諸般の事情で発売に至らず、「幻の名車」になりました。

そして1964年、ミケロッティの手になる4ドアセダン「コンテッサ1300」が発表されました。4灯のヘッドランプは、どこか一時期の日野自動車のバスを連想させる顔つきでしたが、東京オリンピックの開催と合わせ、当時としては傑出したスタイリングで多くのユーザに親しまれました。

aug27.jpg

日野自動車は、67年にトヨタと業務提携を結び、その傘下に入ったことで小型車の自社開発を中止しました。
しかし現在でも、トヨタブランドの小型車の生産に携わっているようです。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(14) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まだ明けやらぬ、甲府市内の空。
けふの「とと姉ちゃん」は、後ほど、お送り致します。

サテコンテッサ。この車に乗っていた同僚が居ました。
数年前にくも膜下出血で彼岸に旅立たれました。
私はこの車の、ミニカーは、所有していた記憶があります。
Posted by 百足衆 at 2016年09月27日 05:34
日野が乗用車を造っていたのを知らず、この自動車はフランスかイタリアの自動車だと思っていました。
Posted by デハ at 2016年09月27日 07:10
赤色のボディーに独特な丸目のライト
何となく名鉄パノラマカー7000系を思い浮かべてしまいます
Posted by 田舎帝王 at 2016年09月27日 07:37
シモンさん

ガラケーから投稿できなくなったと、藤原さんが言っています。
Posted by 菅原 at 2016年09月27日 19:29
菅原さん

作成されたブログをスマートフォン以外の携帯電話で閲覧した場合の表示およびコメント投稿については引き続き行うことが可能です。

とのことですので、一時的な障害かもしれません。
明日また試してください、とお伝えください
Posted by シモン at 2016年09月27日 20:08
日野、いすゞ、日産と、かつては東京で乗用車を生産していましたね。今では東海地区以外では九州、東北、中国地方がメインで、残りは北関東と関西くらいですからね。
Posted by HB at 2016年09月27日 20:53
HBさん

してみると、自動車産業というのは地域格差が大きいんですね。

北海道や日本海側では自動車を製造していないんですね。
Posted by シモン at 2016年09月27日 21:40
こんにちは。

この名前、元々は「伯爵夫人」ですね。"conte" が「伯爵」で、その女性形が "contessa" になります。

実は、こんな車が今の時代にこそ欲しいです。外見がヨーロッパ車で、中身が国産車。この車が生産されていた時代は国産車の信頼性も大したことはなかったと思いますが、現在であれば、見た目に個性的で、信頼性の高い車が可能だと思います。

他にヨーロッパ・デザインの国産車といえば、いすゞですが、どちらもトラックのメーカーというのが興味深いですね。


総帥さん、今頃になって申し訳ないです。クイーンも、ビートルズとツェッペリンのタイプのバンドに含まれると思います。しかし、時代を創るまで至らなかったのは、フレディの死だけでなく、彼らの技術が高過ぎて他の人に真似ができなかったためかもしれませんね。


百足衆先生、カルチャークラブまで書いていらした先生のことですから、当然クイーンなどご存知かと思っておりました。イギリスのロック・バンドのことです。
Posted by GATTO at 2016年09月28日 16:55
百足衆さん

いつも「とと姉ちゃん」のレポートありがとうございます。
今週で終了ですね。
Posted by シモン at 2016年09月29日 04:23
デハさん

実際、欧州車の雰囲気のクルマでした。
Posted by シモン at 2016年09月29日 04:24
田舎帝王さん

確かに、ロマンスカー旧車の雰囲気です。
Posted by シモン at 2016年09月29日 04:25
GATTOさん

さすが、イタリア語のオーソリティですね。
「コンテ・デ・カブール」
を思い出して、得心しました。

いつから「日本製品=高品質」になったかは謎ですが、かつては日本製といえば「安かろう悪かろう」の代名詞だったようですね。
Posted by シモン at 2016年09月29日 04:26
トヨタと日野は小型トラックでも関わっていてダイナ・トヨエース=日野デュトロって言う関係です。
日産アトラス・ndトラックスコンドル・マツダタイタン=いすゞエルフと同じようなものですが。
(但しアトラスの1トン車は三菱ふそうのキャンターに)
Posted by マットマニア at 2016年09月29日 11:35
マットマニアさん

お詳しいですね。そういえば
富士重工はトラックを作ってないですね。
Posted by シモン at 2016年09月29日 21:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック