2016年10月28日

サボテン

漢字で「仙人掌」と書きます。

cactus.jpg

♪サボテンの花 咲いてる〜
 砂と岩の〜 西部〜
小学校時代の音楽で習ったこの歌の題名をご存知の方は意外と少ないと思います。私も、「赤い河の谷間」という題名だということを、すっかり忘れていました。

oct08.jpg

サボテンは、特定の植物を指す言葉ではなく、サボテン科の植物の総称です。
ちなみに英語ではCactus(=カクタス)と呼びます。太平洋戦争中、ガダルカナル島のヘンダ−ソン飛行場に展開していたアメリカ軍のF4Fの飛行隊は「カクタス航空隊」という愛称で呼ばれていました。台南空の笹井醇一中隊長機を撃墜したマリオン・カール大尉等の有名なパイロットを輩出しています。

サボテンの特徴は、なんといってもその棘にあります。多肉植物で、あまり水をあげなくてもなかなか枯れない事から、ぐうたらな園芸愛好家に好まれる傾向があります。マルタ島では、サボテンの実をジャムにしたりリキュールにしたりしていました。これがなかなか美味しいのです。

サボテンを模したウルトラ怪獣というと、男女が合体して変身する「ウルトラマンA」に登場した「サボテンダー」という、何のひねりもない名前の怪獣が知られています。
体中の棘が武器で、ちくちくして痛いのでウルトラマンAを困らせていました。ヤプールという宇宙怪獣の元締めも、水やりをしなくても良い手のかからない怪獣として、可愛がっていたそうです。

oct10.jpg

先日、夕食を大森の某社が入るビルの1Fにある「新宿さぼてん」で食しました。大粒カキフライは、生で牡蠣が食べられない体となってしまった私でも美味しく頂けました。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(26) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まだ明けやらぬ、甲府市内の朝ぼらけ。
徐々に日の出が遅くなり、夕日が沈む時刻が早くなる。
我が人生の如し。

サテサボテン。昔、冒険ガボテン島というテレビ漫画があったことをご存知の人は、居ないかナ。
爺はサボテンでもガボテンでもなく、ヤボテンです。(笑い。)
Posted by 百足衆 at 2016年10月28日 05:24
愚か者達め😩
ボダはボーダー、縞模様のペルシャ猫のこと🐱
英語も分からない人の集まりなの?ココは😓

デハとやら、東出昌大さんみたいな素敵な人だったら、考えてあげても良い🤔
Posted by 花…もゆ💐 at 2016年10月28日 05:59
鼻もげを踏みつけたモビルスーツパイロットです。

木馬(ホワイトベース)を追って此所まで来たのだが、見失い地表に降り立ったところ、ゲルググの足元で

「プチッ」

と音がしたので

「しまった!人を踏んだか!?」

と思い、すぐにゲルググの足をどけ、コックピットを降り踏みつけてしまった、と思われる人の基に駆けつけたのだよ。
その女性(?)は血塗れになって倒れてたが、よく見ると「鼻もげ」じゃないかwww

「人を踏んだか?と思ったら『人でなし』だったので、ホッとしたよ。本当に、人を踏んでしまったら又、マ・クベに足を掬われ冷飯を食うところだったよwww」

と思いコックピットに戻ろうとすると、鼻もげは息も絶え絶えに

「い…医者…びょ…病院へ…連れて…い…」

と呻くのだよ。

「人権など無い『人でなし』が何を言うかwww唾つけてりゃ治るよwww」

と私は愛機に改めて乗り込もうとして、息を飲んだ…な、なんと私のゲルググの爪先にキズが…「鼻もげ」を踏みつけた方の足の爪先が5o程凹んでいたのだよ。

「おのれーっ!」

コックピットに戻った私は改めて足を振り上げ「鼻もげ」を踏みしめたのだよ。

「ひでぶっ!」

奴は断末魔の叫び声を上げて息絶えた筈だ。勿論こんな事をしても傷は直りませんが、こんな奴に愛機を汚された事を考えると怒りを通り越して吐き気がする。飛び上がるにあたってもう一度「鼻もげ」を踏み込んでおいた。

皆さんも気をつけて下さい。何時なんどき「鼻もげ」が私達のモビルスーツを、車を、blogを汚しに来るか解ったものではありませんから。

「フッwww認めたくは無いものだな。自分自身の若さ故の過ちと言うものを…」
Posted by あるモビルスーツ乗り at 2016年10月28日 06:29
みんなにいじり倒されて、鼻もげさんはみんなのアイドルですね
Posted by 田舎帝王 at 2016年10月28日 07:16
フハハハハハwww

〉英語も分からない人の集まりなの?
漢字もよう読めんクセにwwwお前の為のお題みたいなもんや。サボテンにでも話し掛けとけ。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年10月28日 09:33
鼻もげさん

>デハとやら、東出昌大さんみたいな素敵な人だったら、考えてあげても良い

身長は、ほぼ同じぐらいと聞いています。
Posted by 菅原 at 2016年10月28日 09:40
>ボダはボーダー

英語の得意な人ほどわからないでしょう。特にネイティヴなどまず理解出来ないと思いますよ。

それよりも、ボーダーって、鼻もげさんって本当に境界線超えているんじゃ・・・
Posted by GATTO at 2016年10月28日 10:16
これから、鼻もげさんのこと、境界線おばさんとでも呼んでやりましょうか。
Posted by GATTO at 2016年10月28日 10:21
馬鹿と害虫度の境界線ならとっくに越えとるがな。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年10月28日 11:24
そうですね。こんなになっても、まだコメントやめないところ見ると、確実にMっ気あるでしょうし。
Posted by GATTO at 2016年10月28日 12:21
愚民達には、天才は理解してもらえないようね😰

わかります👎
Posted by 花…もゆ💐 at 2016年10月28日 12:30
そうですね。愚民の中でも特に教養の無い境界線鼻もげおばさんには天才なんてますます理解出来ないでしょうね。
Posted by GATTO at 2016年10月28日 13:11
天才?鼻もげ君は変態の間違いじゃろ。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年10月28日 16:16
花燃ゆは、傑作ドラマだと評価されてます😍

それを否定しようとするのは、真田虫ヲタ確定😏
Posted by 花…もゆ💐 at 2016年10月28日 16:49
ああもう、バカ確定や。相手したらバカ伝染るから止めよう。大体今までの話も繋がってないし。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年10月28日 16:56
カクタス石油。
Posted by 片山 at 2016年10月28日 16:58
・・・と、梅毒菌のスピロヘータが申しております。

皆さん、お気をつけください。感染すると鼻もげになります
Posted by GATTO at 2016年10月28日 16:59
あらら・・・間に二人も入ってしまいました
Posted by GATTO at 2016年10月28日 17:05
鼻もげさん

鼻も湯は、傑作ではなく、ケッサクでした。

違いが理解できますでしょうか。
Posted by 菅原 at 2016年10月28日 19:54
菅原君

この、だらくそ!だらくそ!ぱげ!ぱげ!かわずやまの、小学生の登校列に突っ込んだ高齢者軽トラ運転手!

デハ様を、ヒトミ悟空に、するでない!!
デハ様が、沼津北高校も落第した、鼻もげと、結婚でもしてみろ!はごろも缶詰シーチキンから、ゴキブリが出てきたりと、デハ様の一生は台無しだ!

むしろ菅原君がヒトミ御供となれ!君は既婚者かもしれぬが、(私もそうだが)、君が身を持って、鼻もげさんと付き合えば、デハ様の鼻もげに対する見方も、変わってきて、
「よおし俺も。」
という気に、なるかもしれない!!それが総帥様の、たっての願いでも、ある!あの壮大なドラマは、総帥様が友人・デハ様を幸福にするための、一世一代の渾身の力作なのだ!それが、わからないのか君は!?

デハ様を幸せにするために、

一肌脱げ!はっ
一肌脱げ!はっ
一肌脱げ!はっ
一肌脱げ!はっ
一肌脱げ!
Posted by 藤原 at 2016年10月28日 20:05
おばんです。

いや、もう暫く無理だwwwあのネタは常に幾つか作り置いていたのだよ。あのタワケが口挟む度に乳頭…じゃない投入するつもりで常に三つは作り置いてた。キャラは幾つでも作れるが、面白く作り替えれるコピペ探すのは意外と難しい。殆どそのまま使える(シャア編)のも有れば殆ど原型の無い(鼻家の家老編とか)のも在った。「ポチ編」作った時に
「コレ以上のモノは無理やな…」
と、思いストックを早々放出した。暫く考えるワ。此で暫くはデハさんもホッとしてるだろうwww
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年10月28日 23:40
総帥さん

無名Xさんや私もホッとしています。
職場のトイレでむせび笑いをしなくて済むので・・
Posted by シモン at 2016年10月29日 06:39
曇天となつた、甲府市内の土曜朝。
けふも「別嬪さん」視聴予定無し。

サテ総帥さん。花もゆおばさんは、総帥さんのファンなのでは、ないかナ。さすれば、何度もスートカー的な書き込みも、頷ける。

総帥さんのなりすまし小説は、特に「我輩は猫である」が面白かつた。ただ、名前はポチでは犬になる。ミケに、しなさい。
Posted by 百足衆 at 2016年10月29日 07:12
GATTO様、おひさしぶりです♪

GATTO様は、縞模様のペルシャ猫でしょうか??私は、ラーメン構造の猫小屋です^^
Posted by ラー at 2016年10月29日 13:12
なかなか面白い記事ですね

文も手慣れてるし、知識も豊富
シモンさんは、プロのライターですか?
Posted by 山田 at 2016年10月29日 13:40
夜となつた、甲府市内の夜。
「ブラタモリ」で、富士吉田市を、放映しています。
富士登山は、山梨県側から登山する人が6割。
江戸時代から、そうだったと紹介しています。

サテ、富士山南部土着民。ごきぶり入りの缶詰を、山梨県民に食べさせるのは、遠慮してほしいですナ。
Posted by 百足衆 at 2016年10月29日 19:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443174858
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック